タグ:輪廻転生 ( 2 ) タグの人気記事

不思議な世界の不思議な出来事


最近は、胎内記憶を維持している子供たちがいるそうです。

先日行った講演会で興味深いお話をいろいろと伺いました。

まったく知らないことだったので驚くと同時に、

身近なところにいる子供たちのこと(孫たち)を思い出して、

子供たちが持っている不思議な力のようなものを思い浮かべていました。


子供たちがどうしてこの世に生まれてこようと思ったのか・・・

ほとんどの子供がお母さんを助けるために生まれてきたのだと答えていますよ。

天から見ていて、この人をお母さんにしようと決めてやってくるのだそうです。




講演会で教えていただいた動画を貼り付けます。



小さな子供が知っている語彙を使って懸命に説明する様子が可愛いですね。




こちらのさだまさしさんが歌っている歌も素敵です。






私は輪廻転生を信じていますから、このようなお話は素直に心に入ってきます。

が、輪廻転生の仕組みやあの世とこの世のこと、

肉体を脱ぎ捨てて魂が帰っていく場所についてなどは諸説ありますし、

扶美さんがあの世に旅立ってから、扶美さんの魂は今はどうしているのかしらと、

たまに考えることもあるのですよ。

また、このような動画を見ると、扶美さんのことだけでなくて、

私自身のことや、我が子や孫たちのことにも考えが及び、

そして、みんな、どのような気持ちで地球上にやって来ようとしたのだろう・・・

それはいつ思い出すのだろう・・・などと、自分の記憶を辿ってみたりしています。


目に見えない不思議な世界のことに思いを巡らして、気が付けば時間が経っています。

不思議な世界の不思議な出来事・・・想像して楽しんでいます。



クリスマスローズが元気です。
e0288951_19453820.jpg



皆さま、素敵な一日をお過ごしくださいね!














ほっとフォトコンテスト





by gutsuri | 2018-02-25 19:55 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

人は死なない

お盆ですね。

先祖の霊が、年に一度、お帰りになる日です。

そのお迎えや準備は、家それぞれ異なっていたり

その地方独特のものもあるそうですね。


昔は、日本では、人間の身体に、霊が宿っていることを

みんなが、知っていたのですね。

それは当たり前のことで、改めて口にすることでもなくて

生きているときには、霊は身体に宿っていて

肉体が滅びても、霊は生きていて

お盆になると、霊は(死んだ人の魂は)

我が家へ帰ってくると、

みんなが信じていたのです。

それが自然なことだったのですね。


私たちの身体には、魂が宿っていて

肉体が死んでも、魂は死なない。


今の私たちの暮らしは便利で快適です。

しかし、便利で快適な生活とは、ほど遠かった時代には

母なる自然との繋がりは、必要不可欠なことで

動植物すべてと、密接につながっていました。

生きているものすべての生命を感じて

動植物すべてを尊重して

そして、その生命を戴いて、食べ物としていました。


命の生まれ変わり。

輪廻転生。

死んで、また生まれ変わる。

ヒンズー教や仏教などの教えにあるようです。


上手く話すことは、難しいですね。

面白いビデオを見つけたので、今日はそれをアップします。

エイブラハムやバシャールなど、たくさんの人が

魂の不滅のことを話しています。

日本人が、そのことについて話しているものがありました。

「人は死なない」とは

肉体は滅びても、魂は死なないということです。

その題の本も書いていらっしゃいます。

お盆にピッタリの話題ですね。


クリックをお願いしますね
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
今朝は少し草抜きをしました。スッキリしていい気持ちです。
ほんの少しのことでも、気分が良いのですよ。
バラは元気がいいです。猛暑の中、良く咲いてくれます。
「いつも同じバラだね。」という声がありましたから(身近なところで)、バラ苗を少し増やそう
かなと思っています。今注文しても、届くのは秋なので、しばらく同じバラばかりですけど・・
あと、3~4本は、増やせるかなあと思っています。
なにせ、ホントに、小さな庭なのですから・・・

どういうわけか、今日は写真がアップできませんでした。
いつも通りに、朝、写真は撮ったのですが・・・
このような日もあるのですね。








by gutsuri | 2013-08-13 13:49 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri