<   2017年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「不食」の人 信じる力

12月に入って、気が付けばもう今日は27日。

お正月はすぐそこですね~

驚いてしまいます。


今年は何回か講演会に行きました。

その一つ、矢作直樹さんの講演会に行った時のことです。

「人は死なない」の著者であり、天皇陛下の主治医として知られていた矢作直樹さんです。

お話はとても面白くて、時間はすぐにたってしまいましたが、

そのお話の中で、タレントであり弁護士でもある「不食の人」秋山佳胤さんのことを知りました。

「不食」とは、食べないで生きている人のことです。

「不食」とは、食べ物の栄養は人間が生きていくために必要ではないと考え、

食べないでも生きていけるという考えに基づいて行われるもの。

「不食」は食べたいと思う欲求がないそうです。

「断食」は期間限定ですが、「不食」は食べない生き方を選択しているのです。


何年か前に、食べないで生きているインド系アメリカ人のことを

「Eat the Sun」という動画で知り、

また、ヨーロッパには、食べないで暮らしている人たちのグループがあると聞ていましたから、

「不食」についてまったく知らなかったということではないのですが、

そして、次の講演会に行ったときに、秋山佳胤さんが来ていて、実際に彼を見て、

まあ、痩せてはいましたが、

目は輝き元気いっぱいで、溌溂として颯爽としてエネルギーに溢れている彼を見て、

驚きました。

身体の中で何かのスイッチが入ると、身体は食べることを欲求しなくなるのでしょう。

「仙人は霞を食べて生きている」という昔からの言葉が日本にはありますし、

修業を積めば、われわれ普通の人も「不食」に近づけるのかもしれませんね。


夫の身内が入院しているので、先日、お見舞いに行きました。

完治は難しいので、持病と仲良く折り合いをつけている彼は、

「ほどほどの栄養を付けて、適当にの身体を動かして、気持ちに張りを持つようにしています」

そして、「身体にはやはり栄養が必要ですから、頑張って食べていますよ~」

こう笑顔で語っていました。

そうですね。

栄養が必要だと考えている人には、栄養が必要なのです。

身体は栄養を欲しているのです。

でも、食べ物の栄養は生きていく上で必要ないと考えている人は、

食べなくても生きていけるのでしょう。

何を考え、何を信じているかで、決まるのでしょうね。

それくらい、考えることや信じることはパワーがあるということです。


母を介護しているときに感じたこと。

私は生きる! まだ死なない!

こう思っている間は、死ぬことはない。

だから、楽しい介護を心がけていました。

母はそれに乗ってくれました~

感謝しています。



2017年は暮れていきます。

今年出会ったことは、本当に目新しいことばかりでした。

知らないことが多くて戸惑うこともありましたけど、新鮮でしたね。

新しいことに出会うということは、本当に素晴らしい。

2018年はもっともっと教えてくれそう~

そんな予感がします。

期待に胸が膨らみます。




e0288951_22283072.jpg



今年もたくさんの方にこのブログ来ていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。

みなさま、どうぞ素晴らしい新年をお迎えくださいね!







自由部門に応募します

第二回プラチナブロガーコンテスト

[PR]
by gutsuri | 2017-12-27 22:38 | 健康 | Trackback | Comments(2)

森戸神社 龍神さま

パソコンの写真のファイルがいつものように動いてくれなくて、

ブログに写真を張り付けるのに、どうしたものかと思案していたら、

気が付けば一週間が経っていました。

今まで写真のファイルに二度手間をかけていたのだと教えていただき、

このままの状態で難なく写真を張り付けられることがわかって、

6月にパソコンを新しくしてから半年間ずっと、写真の取り込みに二度手間をかけ、時間をかけ、

一体、何をしていたのだろうと自分にあきれると同時に、

知らないということはこのようのこと、

年内に分かって良かったなどという思いも湧いてきました。


12月13日、葉山の森戸神社に立ち寄りました。

雲がまるで龍のようでした。

e0288951_15263861.jpg


大きな龍と見ることもできますし

e0288951_15285214.jpg


小さな龍の一群とも見えます。

e0288951_15310519.jpg


森戸神社です。

e0288951_15330924.jpg

小さな神社ですが、この場所は本当に癒されますね~

青い海と青い空に私の身体も青に染まってしまいます。

気軽の立ち寄れる神社です。

最近はここに立ち寄ってからスーパーに買い物に行っていますよ。

そうすると何か気分が良い~

カメさんもいますよ~

e0288951_15395213.jpg



この日の夕日・・・家からです・・・森戸神社からの夕日は素晴らしいでしょうね・・・

e0288951_15442222.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





[PR]
by gutsuri | 2017-12-16 15:48 | 神社 | Trackback | Comments(2)

魂と霊 ソウルとスピリット


先日、スピリチュアルの一日ワークショップに参加しました。

楽しくて面白かったですよ。

スピリチュアル的な考え方は、合う合わないがありますけど、

この日は先生のおっしゃることに、心から納得出来、いろいろなことを理解出来ました。

初めて知ったこともあったり、お笑いも学んでいるといわれる先生らしく、

本当に楽しい一日でした。

西洋的な論理でかみ砕くスピリチュアルと、日本の神道を融合させたお話。

この日は、神道や神様がメインでした。


私は今まで、ソウルの一部がスピリットであり、

そのスピリットの部分で私たちは宇宙の源(ソース)とつながっていると思っていましたが、

最近別の見方を知りました。

この先生もそちらの意見で、ソウルとスピリットは別物です。

神道でもそのように言っているようですね。

これまでスピリチュアルの話をたくさん聞いてきたのに、

ソウルとスピリットについて、今一つはっきりと理解できず、

でも、神道ではそれがわかりやすく語られているようです。

西洋のスピリチュアルでも諸説があり、

その中で神道と同じように語られているものもあると知り、

その偶然がまた面白いと感じています。


そうですよね。

8月のお盆には霊(スピリット)が帰ってくるのです・・・

魂(ソウル)が帰ってくるのではありません・・・



12月になって・・・新しい年、2018年もすぐにやって来ますね。

このワークショップに参加して、

2017年の穢れを落とすことができたようで、

浄化されたでフレッシュな気持ちで、新しい年、2018年を迎えることができます。

本当に、頭と心が一新されたような感じなのです。

良かったです。



12月6日の夕日です
e0288951_21195666.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







[PR]
by gutsuri | 2017-12-08 21:22 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

お座りになりますか?


師走に入りました。

一年があっという間に過ぎ去っていきますね・・・

何をする間もなく一日が過ぎていくように感じる日もあります。

宇宙の仕組みが、まるで魔法にかけられたかのように、

すべて早送りにされているのではないかと真剣に疑ってしまうこともあります。

時間が速く進んでいるに違いないと感じてしまいますよね。

2017年もあと少し・・・


私はこのところ、家では本を読んでいることが多いのです。

ネットで頼んだ本が次々と届いており、積み重ねられています。

午後の暖かい日を浴びながら、夢中で本を読んでいますが、

知らないうちにウトウトしていて、

気が付いてはまた本に戻っています・・・何とも幸せなひと時ですね。

電車の中でも本を読んでいます。

先日出かけたときには、電車で立ったまま読書していた時に、

前に座っていた若い女性から「お座りになりますか?」と声をかけられて、

それが何のことだか、すぐにわからなくて、

ちょっと間をおいてから、

「いえいえ、結構ですよ。ありがとうございます。」と答えました。

私は席を譲られたのですよね~

正直なところ、ちょっとショックでした。

立ったまま揺られながら夢中で本を読んでいたから、

若い女性は私のことを気の毒に思ったのかも知れません。

揺れるから、足を踏ん張っていましたよ・・・時々はつり革を握りしめて・・・

電車の中で、席を譲りましょうかと声をかけられたのは初めてです。

昨今は自由に電車で出かけることができ、

時間を気にせず外出できるので、それもまた楽しくて、

ふらふらと出かけていますよ。


でも、これから、12月は、庭仕事に精を出さなくてはなりません。

しばらく手をかけていなかったので、庭仕事が山積みなのです。

毎日少しづつするつもりでしたが、膝を曲げたくなかったので、後回しにしていたのです。

すると、庭仕事が溜まってしまいました。

それでもけなげに今、バラが咲いていますよ。

逞しいですね。




今日の夕日です。こんなに素晴らしい夕日は久しぶりです。元気をもらえました~



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



[PR]
by gutsuri | 2017-12-03 22:05 | その他 | Trackback | Comments(0)

小網神社・・・最強の厄除け


先月、赤坂迎賓館に行った後、四つの神社にお参りに行きましたが、

四番目は人形町にある小網神社です。

15世紀に疫病が流行った時に、その疫病消滅祈願として建てられたのがこの神社です。

東京大空襲にも焼かれずに残り、

出征奉告祭に参列しお守りを受けた氏子の出征兵士が全員生還したといわれていて、

強力な強運厄除けのご利益があるそうです。

ビルの谷間に隠れるようにして立っている小網神社ですが、

たくさんの人が訪れていました。

e0288951_20384590.jpg


「こんなところに神社があるのですね~

20年タクシーの運転手をしていますが、小網神社に来たのは初めてです。」

これは、タクシーの運転手さんの言葉ですが、

入れ替わり立ち代わり参拝の方が来られ、

人力車に乗った海外の方もお参りしていましたよ。

e0288951_20394135.jpg


赤坂迎賓館に行くのだから、そのあと、その近くにある神社をお参りしましょうと、

駆け足で回った四つの神社です。

今の私たちの暮らしからみると、

多くの人にとって、神社というのは特別な時だけお参りするものかもしれません。

でも、神社の歴史をたどってみれば、

神社は人々の暮らしに根付いていたことが伝わって来ます。

神社にお参りすることで、

素直に神様を信じることで、

日頃から神様を身近に感じる気持ちがあればこそ、

そこにはある種のパワーが生まれ、

パワーというよりフォースかもしれませんね・・・

信じる気持ちがあるからこそ、人と神社のつながりが出来、

人は神様とコミュニケーションが取れていたのではないかという思いが湧いてきました。

神社のパワーは実際にあると思いますが、

それは、受け取る私たちのあり方次第なのでしょうね・・・




e0288951_21102698.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




[PR]
by gutsuri | 2017-12-01 21:14 | 神社 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri