人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

生物多様性はマインドフルネス

週に一度届くメルマガが幾つかあり・・・(無料のメルマガですよ)・・・

毎日いろいろと届くので、楽しんでいます~


今日は、「意識を広げることでストレスは緩和される」でした。

少し疲れたな・・とか、頭がぐるぐる回っていると感じるときなど、

その時の対応策が書かれていましたから、今日はそれを並べてみますね。


・空を見上げてその広がりを感じる

・お日さまの暖かさを体の芯まで伝える

・歩いたり走ったり泳いだりする

・木をハグしたりなでたりする

・流れる川を見る

・花、木、草などのかぐわしい香りをかぐ

・芝や砂の上をはだしで歩く

・夜空を眺め、月や星を身近なものと感じる

・小鳥のさえずりを聴く

・働き者のアリンコを眺める

・水を飲む

・周囲の環境を肌で感じる


など、ここに書ききれないほど並んでいます。

思いのほか、簡単なことで、

すぐにでもできそうなことや誰にでもできそうなことばかりですから

安心しました・・・


私たちが、意識して、注意して、母なる自然を観察しているときは、

その時には私たちは、マインドフルネスの状態になっているそうで、

全ての存在は繋がっているのだとわかるそうですよ。

地球に生きている生き物すべては、関連性を持って生きている・・・・

アリンコから宇宙までつながっている?

私たち人間もそのつながりの中で生きている・・・


庭の草ぬきをしながら私が感じていることが

今日のメルマガにそのまま書かれていて嬉しくなりました。

生き物の関連性って、生物多様性とも言われていますよね。

母なる自然を肌で感じること。

それがマインドフルネスであり、

それがストレスを緩和するのであれば、、

疲れたと感じたときには、一番簡単な方法は、

アリンコを眺めればよいことになりますね。

簡単ですね~

緑の中に身を置いたり、空を見上げたり、海を見て波の音を聴くのもアリでしょうけど・・・


無農薬無肥料でバラを育てて4年目です。

虫除けは何もしていません。

だから、虫はたくさんいます。

肉食昆虫も草食昆虫も、知らない虫もたくさんいます・・・

たくさんの種類の虫が、少しづつ棲んでいます・・・この小さなスペースに・・・

蚊も多いですよ~ 

ホント、困ってしまいます~ 

蚊を見て、マインドフルネスになれるでしょうか?・・・



花ショウガ
e0288951_16234338.jpg

我が家のバラは夏は汚れています・・・
e0288951_162523100.jpg

ハナグモのようですね メドーセージにいました。(ハナグモではなくてアズチグモのようです)
e0288951_1626223.jpg

クマンバチがうるさい位・・・
e0288951_16265698.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-21 18:47 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

キネシオロジー

テニスプレーヤーのジョコビッチが書いた食事の本が、

いろいろなところで話題になっています。

我が家でも家族が先月購入し、読んでいました。

それ以後、食に対しての姿勢が少し変わったようにも見られますが・・・


キネシオロジーという言葉があります。

キネシオロジーとは、私達の体にある筋肉が肉体的、感情的、
エネルギー的な様々なストレスに反応し弱化するという特性を
利用して、筋肉の強弱や反応を調べながら心身の不調を
トータルに改善していくホリスティックな統合セラピーです。


キネシオロジーでよく知られている簡単な実験があります。

手を伸ばして横にあげて立ちます。

その時にやさしい気持ちになったり、愛を感じたり、平和を願ったりすると、

他の人が腕を下ろそうとして、力を入れて腕を下に押しても、

腕はそのままです。

他の人が、腕を力で下すことはなかなか出来ません。

ところが、怒りや恨みや心配事を思い浮かべて、腕を横にして立つと、

腕は簡単に他の人が下ろしてしまうのです。

怒りや恨みを思っていると、身体に力が入らないようなのです。

不思議に思いますが、

いろいろなところでこのように書かれていますし、語られているのです。

思考が肉体に与えている影響など考えたこともありませんでしたが、


キネシオロジーを知ってからは、

思考と肉体の関係について意識するようになりました。

自分が今何を考えているかによって、

身体に力が湧いて来たり、力が入らなくなってしまうのですから、

注意するに越したことはありません。


キネシオロジーでは、そのことはよく知られているのですが、

ジョコビッチの本の中では、これをパンでしているのだそうです。

私はまだこの本を読んでいません・・・聞きかじっただけですけど・・・

パンを手に持ってお腹にあて、もう一方の腕を横に伸ばす・・・

すると、簡単に他の人の力で腕を下ろされてしまうのだとか・・・

力が入らないということですね・・・

昨年あたりから日本でも、小麦のグルテンについてはいろいろ言われていますが、

ジョコビッチの発言では、インパクトがありますね~


小麦については賛否両論があります.

その賛否両論の一つである小麦は身体に良くない一面があるという意見を、

すぐに受け入れることができる現代人は少ないでしょうね~

私もその一人ですが・・・

クッキーもケーキもパンもパスタも素麺も・・・

みな小麦ですものね・・・

私たちはプロのテニスプレーヤーではありませんから、

千分の一秒の反射神経に気を配る必要はないと思いますが、

小麦のグルテンには、ある作用があるということだけ知っていれば十分でしょう・・・


ジョコビッチが好きだというリコリスとミントのハーブティーが家族宛に届きました。

ネットで注文したようです・・・

リコリス(甘草)は庭で育てていましたが、場所がないので引っこ抜きました。

丈夫でよく育ちます。

フレッシュのハーブティーでも甘くて美味しいですよ。

また、植えようかしら・・・


シェイクスピア
e0288951_19193756.jpg

明日で10日経つミントの蛹です。そろそろ羽化ですね。
e0288951_19214697.jpg

フェンネルにカメムシ、フェンネルは虫に好かれます。(カメムシではなくてナガメでした・・・)
e0288951_19224097.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-20 22:31 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

キアゲハの幼虫が庭で蛹になっていました

パセリの近くに、メドーセージがあります。

スカイブルーの花が咲きだしています。

夏のこの暑い時期に次から次に涼しげな花を咲かせ、枝を伸ばし、

雨や風で枝が倒れるほどです。

先日の雨と風で伸びた枝が倒れていたので、

昨日、伸びたメドーセージの枝をまとめようと結んでいると・・・あら~、ここにも・・・
e0288951_1543855.jpg
キアゲハの幼虫が蛹になりかかっています。

そして、こちらも・・・もう1匹も・・・蛹になるつもりのようですね・・・
e0288951_15566.jpg

今朝、確かめると、2匹とも蛹になってメドーセージにくっついていました。
e0288951_159824.jpg

パセリとメドーセージの距離は1メートルくらい・・・
e0288951_1592752.jpg
パセリからメドウセージまでの距離を、短いおみ足で歩いたのです・・・

この2匹の冒険の旅は1メートルでした・・・

短いおみ足ですから、1メートルでも冒険の旅ですね・・・

パセリからメドーセージまでの冒険の旅でした。


今、この小さな庭に四つの蛹がいます。

嬉しいですね~

ミントに一つ、スイートフェンネルに一つ、メドーセージに二つ・・・合計四つです。

ミント、フェンネル、セージ・・・あら、良い香りがするものばかりだわ・・・

枝も葉も、良い香りがしますよ・・・

アゲハ蝶は香りが良い枝やハーブなどが好きなのかもしれません。

私が気が付いている蛹は四つですが、

葉の陰や枝の奥の方にひょっとするとまだいるかもしれません・・・


このメドーセージは、ミツバチやクマンバチがいつも飛んでいます。

このクマンバチの毛皮の厚さを見てください。
e0288951_15235760.jpg
この暑いさなかにこの毛皮・・・

クマンバチという名前の通りの迫力ですね~

メドーセージは枝をどんどん伸ばして倒れますから、

かなり枝を刈ろうと思っています。

今もすでに倒れかかっているのですよ。

蛹は間違って地面に落ちてしまうと、命取りになると書いてありました・・・

切っても切ってもすぐに伸びるメドーセージ・・・

刈り込んでも大丈夫です・・・すぐに伸びます。



こちらもすぐに増えるので、刈り込みました。
e0288951_15464762.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-19 18:51 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

血液検査が語っていること

今日の往診の時に、

前回(2週間前ですね)採取した血液の検査報告をしていただきました。

「素晴らしいですよ~ この血液検査の結果は、百歳を超えている人とは思えません。

健康体です。この調子でいきましょう。」

力強い先生のお言葉を頂戴しました。


ほとんどの検査項目の数値が、基準値の範囲内でした。

が、5項目だけ、基準値から外れたものがあります。

低かったり、高かったりしていますね。

5項目のうち、数字がほんの少しだけはみ出しているものが3つ、

驚くほど大きく離れているものが2つありました・・・

この2つの数値が示していることに、これから注意していけばいいのですね。

大まかな指針として受け止めておいて、

日々の暮らしの中で気を付けていくことにしましょう。


先生の説明によれば、

基準値というのは、若くて健康体の人が基準となっている数値ですから、

それと単純に比較するのも無理な話だそうです。

百年動いている心臓が送り出している血液です・・・

ネットで調べると、おおまかな年齢別に、基準値が書かれているサイトもありました。

後期高齢者が75歳ですから、これも年齢に差がありますよね・・・

健康な若者と比べた場合、扶美さんは健康な血液とは言えませんが、

百寿者の血液としては、元気な血液であると言えるのでしょう。


扶美さんは、このところ少し元気がなかったのです。

食欲が旺盛だったので、心配はしませんでしたが、

言葉少なくなり、昼寝の時間が長くなり・・・で、夏の疲れなのかしら・・・

そういえば、私も身体がだるく感じたり・・・

今年の暑さは体力勝負のところがあります。

少しづつ秋の気配が漂ってきて、

身体も少しはホッとしていることでしょう。


午後、血液検査のことを調べていると、

介護関連のサイトにたくさん飛びました。

私も介護を始めた当初は、

扶美さんの人間としての尊厳は守りたい・・・そう思っていました。

勿論今もそうです。

生きている喜び・・・

心躍る楽しさ・・・

美味しいものを口にする満足感・・・


せっかく生きているのですから、それを感じて暮らしていきたいですね。

老いも若きも・・・



レディーオブシャーロット
e0288951_192671.jpg

ローゼンドロフシュパリスホープ
e0288951_1915090.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-18 19:07 | 健康 | Trackback | Comments(0)

スイートフェンネルにもキアゲハの蛹が・・

朝方、激しく降る雨の音で目が覚めました。

かなりまとまって雨が降っています。

雨が上がった時に、

昨日、丸くなっていたスイートフェンネルのアオムシ君が蛹になっているかどうか

見に行きました。

蛹になっていましたよ。
e0288951_1571414.jpg

別の1匹は雨に打たれて困惑気味です。
e0288951_1520179.jpg

残りの1匹はどこかしらと探しましたが見つかりません。

冒険の旅に出発したのかもしれませんね。

バラ以外の枝を見つけることができたでしょうか・・・

虫には虫の生き方があり、それに従い頑張っている虫たちです。

そして、母なる自然は、いつも味方してくれるとは限りません・・・

試練が続くことも・・・

それでも懸命に生きている姿は勇気をくれますよ~

このようなちっぽけな緑の中でも精一杯生きています。

観察する蛹がもう一つ増えました~ 

ミントの枝に一つ、そしてスイートフェンネルに一つ・・・

二つのキアゲハの蛹が庭にあります。

飼育箱にアゲハの幼虫を入れなくても、蛹が観察できる・・・小さな庭の利点ですね。

冒険の旅にでた幼虫たちも、どこかで蛹になれたことと思います。

通過儀礼を経験したものは、一段と逞しくなっているでしょうからね。

雨の中で、シェイクスピアが咲いていました。
e0288951_16124963.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_1613131.jpg

クレアオースティン
e0288951_16133821.jpg

これらのバラは、暑さにも強く、虫にも強いです。

そして、無農薬、無肥料で咲いてくれます・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-17 18:49 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

フェンネルの幼虫も蛹に変身

スイートフェンネルにいるキアゲハの幼虫3匹のうちの1匹が、

少し丸くなった格好で、フェンネルの枝にくっついたまま動きません。
e0288951_15532558.jpg

蛹になる準備に入ったのでしょうか・・・

このスイートフェンネル君、冒険の旅にも出ないで、

スイートフェンネルの葉を食べて育ち、そのままここで蛹になるの?

普通はこのように考えます・・・・

そこで、スイートフェンネル君の立場から一言添えておきますね。

フェンネルの周囲は、バラの枝ばかりなのです。

バラの枝は、ご存じのように、トゲトゲです。

アオムシ君が登るには・・・・う~ん、登れませんね・・・

アオムシくんはバラの枝は登れません。

それで仕方なく、スイートフェンネルで蛹になろうと考えた・・・・

と、このように思われます。

フェンネルの3匹は、カマキリに食べられることもなく、ここまで育ちました。

無事に蛹となり羽化できるといいですね。

他の2匹はどこで蛹になるのでしょうか・・・

興味があります・・・

パセリにいた幼虫たちも丸々と太って来て、次々と冒険の旅に出かけています。

今日見ることが出来たのは大きな幼虫・・・多分終齢幼虫です・・・2匹だけでした。

蛹はミントにちゃんとくっついていますよ。

羽化の準備を着々と整えていることでしょう。

今朝は、乾いた地面にたっぷりと水やりしました。

地植えの植物が枯れかけているのに気が付いて、慌てました。

強い日差しは容赦ないですからね。



フリュイテ
e0288951_1645078.jpg

グラミスキャッスル
e0288951_16452326.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-16 18:33 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

ぺルセウス座流星群

13日と14日は、残念ながら夜空は雲っていました。

お星さまが見えないのですから、流れ星は見えませんね・・・

ネットで探すと、きれいなぺルセウス流星群の流れ星の写真がたくさん出てきました。

海外で撮られたものが多いです。

宇宙ステーションとぺルセウス流星群が一緒にに映っているきれいな写真もありました。

こちらです。

宇宙ステーションは、写真では、大きな流れ星のように写っています。

ペルセウス流星群


暑い日が続きますが、それでも時たまふと、秋の気配を感じたりして・・・

季節は廻っていますね~

バラが咲いています。

秋の気配を感じているのかもしれませんね。
e0288951_134054100.jpg


e0288951_13412315.jpg


e0288951_13414399.jpg


e0288951_13424863.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-15 19:00 | 宇宙 | Trackback | Comments(0)

昆虫ブログになっていますが・・・

しばし昆虫ブログになっていますが・・・・

今朝、スイートフェンネルにいるキアゲハの幼虫の数を数えて、1,2,3匹・・・

全部いました。良かった~

カマキリ君がいるので、ハラハラドキドキです・・・

数が減っていたら、フェンネルからパセリの場所に移そうと思っていました・・・

フェンネルはバラのそばなので、日差しが強く当たり、

日中強い日差しを浴びながらフェンネルを齧っているこれらの幼虫は、逞しいです。

パセリやセロリは半日蔭なので、こちらの幼虫たちはのんびりとしています。


基本的には、虫たちの世界に、口を出さない、手を出さない・・・・主義なのですが、

たま~に、見るに見かねて手を出すことがあります・・・

でも・・・手を出し始めると、収拾がつかなくなります・・・

引き上げ時を見極めるのが難しい・・・ので、

基本的に、見守り型でやっています。


カメムシは急に増えてすぐにコロニーをつくりますから、

増え過ぎていると思えば、私が捕まえたりはしますよ~

無農薬無肥料のおかげかどうかわかりませんが、

庭で、ハダニに困ったことがありません。

ハダニは、食物連鎖に組み込まれているようで、

何がどうなっているのかさっぱりわかりませんが、

とにかく、ハダニで困らないのですよ。

ハダニはいますが、困るほどいません。

ハダニは、繁殖できないのです・・・

増殖できないのですよ・・・この小さな庭では・・・

ハダニを繁殖させない何かが、この小さな庭にいるのです。

たまに、あれこれ観察してみたりしますけどね・・・

可能性としては、クモかアリ・・・でしょうね。

小さなクモがたくさんいます。

自分より大きなカメムシを捕まえていますから、クモは強いですね。

アリも凄いですよね。

次から次へ現れるアリンコ・・・敵なしです・・・


この暑さの中でも、咲いているバラがあります。

病害虫や暑さに強いバラ・・・このようなバラは元気が良いですね。

手をかけないバラ育てにぴったりです。

シェイクスピア
e0288951_16471084.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_1647599.jpg

レディーオブシャーロット
e0288951_16483516.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-14 18:48 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

カマキリ君がいました~

久しぶりに雨が降りました。

からからに乾いた地面は適度に湿り、空気もしっとりと感じられ、

潤った感じがします・・・何もかも・・・

雨上がりの朝、蛹やパセリの幼虫を見に行きました・・・異常なしです。

雨が降ったので、少し心配でした。

四季咲きのバラは、夏でも咲いてくれます。

花は小振りになりますが、それでも元気よく咲いています。

バラが植えてあるところにフェンネルがあり、そこにキアゲハの幼虫を3匹発見。

スイートフェンネルのキアゲハ幼虫3匹です。
e0288951_1712786.jpg

でもここは、昨年はカマキリが君臨していた場所、

注意してみると、やはりいましたね~ 

スイートフェンネルのカマキリ君です・・・ハラビロカマキリですね・・・
e0288951_1765440.jpg

狙っているような気がしますが、もうすでに食べたのかもしれません・・・

3匹しかいませんからね・・・


今日は、来客があり、近くのレストランでランチをしました。
e0288951_17281950.jpg

私は本当に久しぶりの外食です。多分、今年初めてですね・・・外食は・・・
e0288951_17283778.jpg

美味しいものをいただくと、幸せになります。

誰かと会ったり、お話しを聞いたりするのも、幸せなひと時です・・・

出かける前に、扶美さんの食事を済ませて、

新しい雑誌を手渡して、一人で2時間半のお留守番をしてもらいました。

まだ、しっかりとしているので、留守を頼むことが出来ます。

新しい雑誌をずっと読んでいたようです。

e0288951_1811976.jpg


e0288951_18112617.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-13 18:43 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

珍客がいました

今朝もまた、洗濯物を持って物干しざおのところへ・・・ルンルンです・・・

蛹をチェック・・・ミントの茎にちゃんと蛹がくっついています。

一安心です。

それから、パセリにいるキアゲハの幼虫たちが元気がどうか確かめて・・・

一瞬、顔が凍りつきました・・・

これはカマキリ?
e0288951_1431668.jpg

ではないですね。ショウリョウバッタです。

メスのカマキリよりもさらに大きい!  ホントに大きいです~

丸々と太ったキアゲハの幼虫が小さく見えます。
e0288951_1461582.jpg

パセリの茎が、ショウリョウバッタの重みでしなっています。

このバッタ・・・パセリが好きなのかしら・・・

でも、この巨体でパセリを食べると、幼虫たちの御飯が減ってしまいます。

意を決して、虫取り網でショウリョウバッタを追いやり、網で捕まえ、草むらへ放しました。

そして、鉢植えのものに水をやっていると、

あら~、ここにも・・・・プルモナリアにショウリョウバッタがいます。
e0288951_14142369.jpg

プルモナリアは美味しい葉っぱらしく、オンブバッタもこれをよく齧っていますよ。

ショウリョウバッタもプルモナリアが好きなようですね。

プルモナリアを食べるのなら別に問題はありませんから、これは放っておきます。

そして、今年は何かちがうなあ~と感じていたことが、また、頭に浮かんできました。

カマキリは、大きなオンブバッタを捕まえて食べます。

オンブバッタの数はおかげで多すぎもせず、

バジルはオンブバッタに食われて、穴だらけの葉もありますが、

それもまあ、仕方がないわね・・・で、済む程度です。

でも、この巨体のショウリョウバッタはどうなのでしょう・・・

カマキリは自分より大きなこのバッタを食べるのでしょうか・・・

初夏のころは、いつもなら、飛び跳ねている小さなオンブバッタがたくさん目につくのですが、

今年は、小さなショウリョウバッタがたくさん飛び跳ねていたような気がします・・・

カマキリやキリギリス・・・大丈夫でしょうか・・・

この巨体のバッタにビビらないでしょうか・・・

そして、今年はカマキリの数が少ないですね・・・今のところはですけどね。

カマキリは待ち伏せ専門ですから、葉の陰に潜んで獲物を捕まえます。

上手く潜んでいて、私が気が付かないだけかもしれません。

この夏もまた、活躍してくれることを願っていますよ。

昨年は、この小さな庭に数匹のカマキリがそれぞれの縄張りを持ち、共存していました・・・

頼もしい見張り番でしたよ~


パセリに10匹以上いたキアゲハの幼虫ですが、

昨日は6匹まで数えることが出来ました。

飼育箱ではありませんから、ハプニングは起きますよね。

それもまた自然の摂理だと思っています。

が、この6匹は大分大きくなってきましたから、

このまま無事に育ってくれるといいですね~

今日の蛹と幼虫たちです。
e0288951_1520740.jpg


e0288951_15214257.jpg


e0288951_1522096.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-08-12 18:47 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
更新通知を受け取る