カテゴリ:スピリチュアル( 90 )

見える世界は、目に見えないもので成り立っている


今日は春分の日、お彼岸の中日です。

寒さ暑さも彼岸まで・・・このような言葉がありますが、

今日の春分の日は、窓の外は一面の銀世界で、今も雪が降っていて寒いです。

驚きましたね。

開花が始まった桜の枝はこの寒さに震えあがっていることでしょう。


3月に入ってからは暖かい日が続き、

木蓮の花は早くも散り始め、

1月に植え付けたヒヤシンスの球根は、寸足らずのまま花が咲きかけています。

それでも花をつけてくれて嬉しいですね。

先月植え付けたチューリップの球根もどんどん伸びてきました。

花木は季節の巡りを敏感に感じ取っていて、

少しくらいの温度変化や気象異常など物ともしない強さを持っているのだと、

大自然の持つ頼もしさや逞しさが眩しいくらいです。

とはいっても、今年は秋に球根類を植え付けたいと思っています・・・



先週、夫の身内である義兄(姉の夫)が89歳で亡くなりました。

持病があり、その持病と仲良く暮らしていました。

ここ3~4年は、アップダウンを何回か繰り返し、

具合が悪くなった時には入院し、

体調が良くなれば家に戻り、自宅療養をしていました。

夫の姉は7年前に亡くなっていて、

2世帯住宅に住んでいますが、長男は海外勤務なので、お嫁さんが頼りでした。

3月の初めに夫とお見舞いに行ったときには、大分弱っている義兄が病室に横たわっていました。

でも、また以前のように回復して持ち直すだろうと、

周囲はみなそのように考えていたと思います。

まあ、希望的予測ですが・・・そうあってほしいですから、そう思いますよね。


その時に、3月の初めですからついこの間ですが、

お見舞いに行ったときの会話が非常に印象に残っています。

3月になって急に暖かくなり、外には生命力真っ盛りの世界が広がっていること、

身体も春になったことを喜んでいて回復に向かっていることなどを話していた時に、

健康における微生物の働きの重要さを、義兄が話始め、

思わず、「そうですよね~」とあいずちを打ちました。

見えない微生物については、普段あまり気にしませんが、

病に伏せっている義兄はいろいろと考えながら対処していたのだなあと思われ、

見えない世界が私たちの現実を作っているのだということが病室の話題になりました。

私はこのような話は好きですから、話につい熱が入り、自分でも笑ってしまうほど・・・

その折、「金子みすゞのような人だ」と言われました。

金子みすゞについては知っていました・・・透明感のある詩は心にしみこんできますよね。


見える世界は、目に見えないもので成り立っている・・・

私たちの身体もそうですね。

この肉体は目に見えますが、分子、原子、電子など目に見えないもので構成されています。

身体に限らず、この世界のすべてものは見えないもので成り立っているのです。

色即是空、空即是色。


櫛の歯が欠けるように人が去っていく・・・寂しいですね・・・

肉体は滅びようとその霊魂は滅ぶことはないそうですが、さて、その行方は・・・




雪が降る前の写真です。
e0288951_21425925.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






[PR]
by gutsuri | 2018-03-21 21:54 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

不思議な世界の不思議な出来事


最近は、胎内記憶を維持している子供たちがいるそうです。

先日行った講演会で興味深いお話をいろいろと伺いました。

まったく知らないことだったので驚くと同時に、

身近なところにいる子供たちのこと(孫たち)を思い出して、

子供たちが持っている不思議な力のようなものを思い浮かべていました。


子供たちがどうしてこの世に生まれてこようと思ったのか・・・

ほとんどの子供がお母さんを助けるために生まれてきたのだと答えていますよ。

天から見ていて、この人をお母さんにしようと決めてやってくるのだそうです。




講演会で教えていただいた動画を貼り付けます。



小さな子供が知っている語彙を使って懸命に説明する様子が可愛いですね。




こちらのさだまさしさんが歌っている歌も素敵です。






私は輪廻転生を信じていますから、このようなお話は素直に心に入ってきます。

が、輪廻転生の仕組みやあの世とこの世のこと、

肉体を脱ぎ捨てて魂が帰っていく場所についてなどは諸説ありますし、

扶美さんがあの世に旅立ってから、扶美さんの魂は今はどうしているのかしらと、

たまに考えることもあるのですよ。

また、このような動画を見ると、扶美さんのことだけでなくて、

私自身のことや、我が子や孫たちのことにも考えが及び、

そして、みんな、どのような気持ちで地球上にやって来ようとしたのだろう・・・

それはいつ思い出すのだろう・・・などと、自分の記憶を辿ってみたりしています。


目に見えない不思議な世界のことに思いを巡らして、気が付けば時間が経っています。

不思議な世界の不思議な出来事・・・想像して楽しんでいます。



クリスマスローズが元気です。
e0288951_19453820.jpg



皆さま、素敵な一日をお過ごしくださいね!














ほっとフォトコンテスト





[PR]
by gutsuri | 2018-02-25 19:55 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

Self-Love からくるもの

今日は「Happy Valentine’s Day!」です。

周囲に愛を放射する日ですね。

昨日、バレンタインカードを2通投函したので、

今頃届いているかなあ~などと思いながら、パソコンを開くと、

いくつか届いたメルマガの一つに、Celebrate Valentine’s Day With Self-Love と書かれていました。

そうよね・・・ Self-Love・・・これが大切なのよね・・・

これがあってこそ、周囲に愛の放射ができると・・・こう思っています。


先日焼いた「ガトーインビジブル」というリンゴのお菓子がとても美味しくて、

このケーキには大きなリンゴを二つ使いますが、

最近のリンゴはとても甘みが強いので、お砂糖なしでもきっと美味しくできるはず・・・

ということで、朝から「ガトーインビジブル」というケーキを焼きました・・・

お砂糖抜きにして・・・

美味しくできましたね。

リンゴが甘いので、リンゴの甘さだけで十分です。

優しいリンゴの甘みが口の中いっぱいに広がり、何とも言えず幸せな気持ちになりました。

「この甘さで十分だ」という声も聞かれましたから、

リンゴの甘みに満たされた今日のティータイムでした。


午後からは庭仕事。

今日は風が強かったので、庭に咲いていたバラを切り取りました。

四季先のバラは冬でも咲いています。

バフビューティーです。
e0288951_20235865.jpg



そして、草抜きをしていると、手に何かくっついていました。
e0288951_20255140.jpg
ナナホシテントウムシの幼虫ですね。

この寒さの中、草陰で元気です。

草抜きは止めにしましたよ~

虫たちに取って、草は寒さ除けに役立っているのかもしれませんよね。


この冬の寒さはこのあたりでも厳しくて、

越冬するツチイナゴという昆虫がブッドレアの枝でかじかんで動けなくなっていました。

例年に比べてかなり冷え込むのでしょうね。

我が家は海のそばで、氷点下の気温になることはほとんどないのですが、

この冬の寒さは例年より厳しいと感じられますから、虫たちもそれを感じ取っているのでしょう。

でも、お日さまが出ればまさに春ですね!

その強い日差しに暖かさを感じ取れます。

そして、春はもうすぐ、そこまで来ていますよね。



母の介護の思い出はたくさんあり、

母はいつもニコニコしていて、お世話に来られる皆さんと楽しく過ごしていました。

先日、母のその写真を、雑誌に載せてもよいかという問い合わせの電話がありました。

母が亡くなったのは一昨年の2016年、もうずいぶんと前のことのように思えます。

母の写真の問い合わせの電話をいただき、改めて母のことを思い出しています。

高齢化社会に向かっているわが国では、

在宅介護というのは避けては通れない道であり、

皆で取り組んでいくべき問題なのでしょうね。

だって、楽しくありたいですからね。

みんな、楽しく日々を過ごしたいですから・・・

年齢にかかわらず、みんな気持ちの良い時間を過ごしたいに決まっています~

高齢者になっても、

老化した肉体になっても、

身体が不自由になっても、

病気を抱えてしまっても、

その日その日を精一杯楽しく笑って暮らしたいですよね。


毎日を楽しく過ごすには・・・

気持ちの良い時間を過ごすには・・・

それは「Self-Love」あってこそです。

Valentine's Day の日だけでなく、毎日をSelf-Love」でいきましょう~




富士山がきれいです
e0288951_21070597.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!












ほっとフォトコンテスト






[PR]
by gutsuri | 2018-02-14 21:11 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

人生は思い込み


今日は立春です。

我が家にお泊りに来ていた孫を送っていく帰りに、神社に参拝したいなと考えていました。

立春は新しい一年がスタートする日ですから、

立春の日には毎年鶴岡八幡宮にお参りしています。

今日は江の島の傍を通るので、江の島神社と鶴岡八幡宮、そして森戸神社にも行きたいななどと

のんびりと考えながら走っていると、江の島方面の道路が大渋滞でした。

そうでしたね・・・今日は立春で日曜日、しかも良いお天気です。

お出かけしたくなりますよね。

昨年の立春もたしかお休みの日で、鶴岡八幡宮はとても賑わっていました。

休日だったから参拝の人が多かったのか、

それとも立春の日に神社にお参りする人が増えてきたのか、定かではありません。

でも、道路が込んでいるのを目の当たりにして、

江の島神社と鶴岡八幡宮のお参りは、今日は止めにしました。

森戸神社にはいつも通りに参拝をして、

嬉しいことがありましたからそのお礼を申し上げました。

お礼参りは気持ちの良いものですね。

神さまと心が通じたような気持ちになります。

面白い感覚です。


人生は思い込み・・・・これは越智恵子さんの言葉だったでしょうか・・・

この言葉を知った時には、思わず吹き出してしまいましたが、

その後すぐに、本当に、その通りだと深く納得しました。

人生は思い込み。

その通りですね。

神さまと心が通じたと、私がそう感じれば、そうなのですから・・・

そこから神様と私のつながりが始まります。


人生は思いこみ。

今日の立春からスタートした新しい一年はこの言葉で歩いていこうと思っています。

人生は思い込み・・・

楽しそう~

何でもありです~

自分の人生は自分でデザインできるのですね・・・



寒い日が続きますが、今、イングリッシュヘリティッジが3輪咲いています。
春は薄いピンク色ですが、今は桃色のような色合いです。

e0288951_21151202.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!









自由部門に参加します


第二回プラチナブロガーコンテスト





[PR]
by gutsuri | 2018-02-04 21:19 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

音は神なり、神は音なり


今日の昼頃、何やら耳に高らかな声が聞こえてきて、その音がずっと伸びて響いていて、

いつもと違ったその声の様子に、何事かと音の聞こえてくる方に顔を向けると、

新年恒例の「歌会始の儀」の様子がニュースで紹介されているところでした。

天皇皇后両陛下のお歌が、独特の読み方で高らかに詠みあげられていました。

何とも優雅でしばし聴き入ってしまいました。

今年の皇后陛下のお歌です。

「語るなく重きを負いし君が肩に早春の日差し静かに注ぐ」

皇后さまの優しさが表れていて素晴らしいお歌ですね。

語るなく~~~~~
重きを背負いし~~~~~~
君が肩に~~~~~~
早春の日差し~~~~~~
静かに注ぐ~~~~~

息の続く限り、音を伸ばしています。く~~~~とか、し~~~~とか・・・

プロの方ですから、どこまでも高らかな声は続き、伸びています。

楽器の音のように安定して伸びているその声を聞いていて、

最近知った言葉「音は神なり、神は音なり」をふと思い出しました。

これは町田宗鳳という方の言葉です。

また、これは別の方の意見ですが、

「はじめに言葉ありき」というのは、「言葉」というのは「音」と解釈することができ、

はじめに音ありき・・・音というのは言霊かもしれませんがと、

このように書かれている文章に出会ったり、

このようなことが幾度となくありましたから、

歌会始の儀の高らかな声が聞こえてきたときに、つい聴き入ってしまったのです。

この声を聴いていて、平安時代の大和の国にタイムスリップしてしまいました。

和歌をたしなむ知恵と自然を愛でる優雅さと、何とも雅な世界ですね。


音波という言葉があるように音は波で伝わります。

この世にあるものすべては、それ独自の周波数を持っている波だそうで、

すべての物質も分子、原子、素粒子と小さくしていくと、それは波であり、

また、思考も波といわれています。

私たちの身体も物質ですから波であり、身体は振動しているそうですね。

最近、見聞きするものが、どういうわけか、そのように書かれたものが多く、

「音は神なり、神は音なり」は特に印象に残っていたので、

歌会始の儀の歌詠みの晴れやかな声に、つい引き付けられてしまいました。

古の時代から続いている儀式には、

そこにはもっともっと深い意味が、込められているのでしょうね。

古の人たちは、自然とのつながりが深くて、自然の声を聴くことができたそうですから、

草木や動物や虫や、季節の巡りなどを、身近な存在として崇めていたのかもしれません。

古の儀式など、そこには生命のヒントが隠されているかもしれません。

あの高らかな声の中にも・・・




今日の夕日です
e0288951_20261755.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





自由部門に参加します

第二回プラチナブロガーコンテスト




[PR]
by gutsuri | 2018-01-12 20:41 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

魂と霊 ソウルとスピリット


先日、スピリチュアルの一日ワークショップに参加しました。

楽しくて面白かったですよ。

スピリチュアル的な考え方は、合う合わないがありますけど、

この日は先生のおっしゃることに、心から納得出来、いろいろなことを理解出来ました。

初めて知ったこともあったり、お笑いも学んでいるといわれる先生らしく、

本当に楽しい一日でした。

西洋的な論理でかみ砕くスピリチュアルと、日本の神道を融合させたお話。

この日は、神道や神様がメインでした。


私は今まで、ソウルの一部がスピリットであり、

そのスピリットの部分で私たちは宇宙の源(ソース)とつながっていると思っていましたが、

最近別の見方を知りました。

この先生もそちらの意見で、ソウルとスピリットは別物です。

神道でもそのように言っているようですね。

これまでスピリチュアルの話をたくさん聞いてきたのに、

ソウルとスピリットについて、今一つはっきりと理解できず、

でも、神道ではそれがわかりやすく語られているようです。

西洋のスピリチュアルでも諸説があり、

その中で神道と同じように語られているものもあると知り、

その偶然がまた面白いと感じています。


そうですよね。

8月のお盆には霊(スピリット)が帰ってくるのです・・・

魂(ソウル)が帰ってくるのではありません・・・



12月になって・・・新しい年、2018年もすぐにやって来ますね。

このワークショップに参加して、

2017年の穢れを落とすことができたようで、

浄化されたでフレッシュな気持ちで、新しい年、2018年を迎えることができます。

本当に、頭と心が一新されたような感じなのです。

良かったです。



12月6日の夕日です
e0288951_21195666.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







[PR]
by gutsuri | 2017-12-08 21:22 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

コップに水が半分入っています


身の回りの出来事に対して、それをどのように受け取るかということ。

スピリチュアルで、よく例に出されることは、

水が半分入ったコップが目の前にあるとして、

それを、「半分しかない」と受け取るか、

「半分入っている」と受け取るか、

同じものを見ても受け取り方はいろいろだということ、

そのことを10月に奈良に行ったときに体験しました。


e0288951_21302458.jpg


先月奈良に行ったときに泊まったホテルで、

私はそのホテルに2泊しましたが、

そこは街中のホテルでしたが、ラッキーなことに温泉付きでした。

部屋での入浴は味気ないので、私はこの温泉風呂がとても嬉しかったのです。

初めの日に温泉につかっていると、80代と思われるご婦人に話しかけられました。

「温泉は気持ちが良いけれど、ここは露天風呂がないのよね~ 

私は露天風呂が好きだからそれが残念なのよ」とおっしゃいます。

「そうですね~ でも、サウナと水風呂がありますよ~ 

私はサウナが好きなので嬉しいです」と答えました。

「でもやっぱり温泉には露天風呂がなくてはね~」とそのご婦人はおっしゃいます。


e0288951_21314235.jpg


次の日、脱衣所で「良いお風呂でしたね~」と傍にいた同年代の方に話しかけると、

「露天風呂がありませんでしたよね~」と言われました。


このホテルは、街中の普通のシティーホテルで、温泉を売りにしているのではありません。

付近に温泉は出ていないから、頑張ってどこかから温泉を運んでいるのでしょう。

駅のすぐそばにあり、橿原神宮は皇室とご縁がある神社と聞いていますから、

26年と28年には、天皇皇后両陛下がこのホテルにお泊りになっています。


普通のシティーホテルに温泉が付いていたので、

私はラッキーと思いましたけど・・・

いろいろな受け取り方があり、

感じ方は本当に人それぞれなのだと実感しました。


e0288951_21311694.jpg


世の中はバラエティーに富んでいて、それが社会の多様性を育んでいる・・・

そうとらえることもできますから、

これはこれで良いのでしょうね・・・きっと・・・




e0288951_21305117.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!










[PR]
by gutsuri | 2017-11-19 21:37 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

些細なことだけどすごく嬉しい


先日出かけようと、気持ち急いでバス停まで歩いていたときに

「乗っていく~ 駅まで行くわよ~」とご近所さんに声をかけられました。

「あら~、嬉しい~  お願いしま~す」と乗せていただきました。

おかげで一本速い電車に乗ることができ、

そのおかげかどうかわかりませんが、出先でも楽しく過ごすことができ、

その日は本当に充実した幸せな一日でした。

有難いことです。


お礼に何をしようかな~と考えて、久しぶりにパウンドケーキを焼くことにしました。

バナナとリンゴを薄切りにして入れたバナナリンゴケーキを焼きました。

ケーキの焼ける甘い匂いが漂ってきて、それもまた嬉しいことですね。

その香りだけでも満たされます。

「車に乗せていただいて本当に助かりました。 最近の出来事の中で一番嬉しいことだったのよ~

おかげで素敵な一日を過ごすことができました~」

このように伝えながら、ケーキを渡しました。


このようにほんのちょっとしたこと・・・些細なことが、すごく嬉しい昨今です。

些細なことが些細なことなどではなくて、

幸せな出来事は心の奥深くに入って来て、だんだんと大きくなり、広がっていくのですよね!


人に親切にされた時は嬉しいものですが、

人に親切にして人を喜ばすことも、これもまた幸せなことですね。

さて、私もチャレンジ・・・




今日の夕日です

e0288951_20595530.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







[PR]
by gutsuri | 2017-11-17 21:01 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

スピリチュアルな暮らし


我が家の住まいと暮らし

このところスピリチュアルな暮らしにどっぷりと浸かっています。

秋という季節がそうさせるのかもしれませんが、

植物を見ても、庭の虫たちを見ても、そこに生命のエネルギーを感じて、

生命あるものすべてが愛おしいと心から思えるのです。


スピリチュアルといえば「無条件の愛」という言葉が思い浮かんできます。

世のスピリチュアルリーダーたちは、「無条件の愛」などと簡単に一言で言ってしまいますが、

「無条件の愛」という言葉が私の頭にすんなりと入るまでには、かなりの時間がかかりました。

生きること・・・それは愛に目覚めるということだそうです。

何ともロマンチックなお話ですが、

愛をもって周囲に接すること・・・これが「無条件の愛」・・・

愛されようとするのではなくて、愛すればよいのだということですね・・・

すべてのものはそのままで良いのだそうです。

そのことに気が付いた自分が変わればよいのであって、

他の人に変わることを求めないということですね・・・


前回の記事「三次元は条件付きの世界」で書いたように、

私たちが住んでいるこの三次元の世界・・・

この三次元の世界でしっかりと生活している私たちは、

条件付きが当たり前だと骨身にしみるほど教え込まれていますから、

そして、それを信じてひたすら日々を頑張っていますから、

「無条件の愛」などという言葉は、ただ縁遠い言葉というだけではなくて、

何か宗教的な香りさえ感じてしまいます。

いろいろなサイトや動画を見て、

たくさんのスピリチュアルリーダーたちから何度もこの言葉を聞いて、

時間はかかりましたが、ようやくおぼろげながらですが、

「無条件の愛」という言葉に違和感を覚えなくなりました。


すると、これに関連することが、次から次へ目の前に現れて、

その偶然の繋がりを面白いと感じています。

以前とちょっと違った道を歩いているような気がしたり、

周りの景色が違って見えたり、

自分の変化が自覚できたので、

ブログをどうしようかなどと迷ったり・・・

だって、以前と同じようには書けないですからね・・・

やはり自分に正直でいることは大切ですから・・・

先月、ブログの更新が滞ったのは、こうした理由でした。


周囲を見回しても、社会情勢も、国際情勢も、目まぐるしく変化し、

そうそう、地球も太陽も変化していて、

我々が変化するのは当然だと気が付き、安心しています。

ブログが変化していくのも自然なことかもしれません。


昨年の12月28日の富士山です
e0288951_23022496.jpg

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


[PR]
by gutsuri | 2017-10-17 08:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

三次元は条件付きの世界



前回の続きになりますが、

夕日を眺めていると、自然に「今、ここ、この瞬間」に浸っているように感じられて、

10月になり我が家に夕日が戻ってくると、

夕日を眺めながら、しばし、そのひと時を・・・「今、ここ、この瞬間」を、楽しんでいます。

太陽が沈み始めてから沈むまでの時間は、本当にあっという間なのです。

ほんの1~2分で、沈みかけた夕日は沈んでしまいます。


スピリチュアルでは「今、ここ、この瞬間を意識することが大事」と言われています。

多くのスピリチュアルリーダーたちが皆そう言っているのですから、そうなのでしょう。

私たちが住んでいるこの三次元の世界は、時間に管理されているように見えますが、

実はそうではなくて、時間とは幻想なのだと、

世のスピリチュアルリーダーたちは口をそろえてそう言います。

時間に追われて日々暮らしている私たちには、何のことだか訳が分かりません・・・

時間が幻想だといわれても、何のことだかわかりませんよね・・・


最近見たサイトで面白いことを言っていました。

私たちが住んでいるこの三次元の世界とは、条件付きの世界なのであって、

お金があるから幸せとか、

立派な家に住んでいるから幸せだとか、

彼がいるから、彼女がいるから幸せだとか・・・

美味しいものを食べることができるから幸せ、

たくさん旅行に行けるから幸せ、

健康だから幸せ、

おしゃれができるから幸せ・・・などと、

この三次元の世界の幸せには、条件が付きものなのだそうです。

そう言われてみれば、そのように思えてきます・・・


そして、「今、ここ、この瞬間」に意識を置くことは、

このような三次元の世界からちょっと距離を置くことであり、

「今、ここ」を感じるとは、ただ、そこにいるだけで満たされていると感じることであり、

条件に関係なく、幸せを感じていること、

生きていること、そのことに喜びを感じていること、

今のその瞬間に意識を向ければ・・・今のその瞬間に入っていくことができれば、

身体の中から湧き上がってくるような喜びに気が付くということ。


では、「今、ここ、この瞬間」が三次元ではないとするとどこなのでしょう・・・

四次元とか五次元とか・・・なのでしょうか・・・


アセンションとは次元上昇のことであり、

地球は今、雨で洗い流し浄化をしていて、

また、地震で揺れて汚れを落とし払ったりして、毒出しの最中らしく、

その影響を地球上の私たちはもろに受けていますが、

もし地球がアセンションをしているのだとすると、

地球上の私たちも浄化をして、自らを清め、きれいになって、

地球と一緒にアセンションしたいものだなどと、

夕日を見ながら考えている昨今です。


私たちは意識をちょっと変えるだけで、

三次元から四次元、五次元を行ったり来たりしているのだと、

このように語るスピリチュアルリーダーがいるのです。

秋の夜長にアセンションについて考えてみる・・・

これも夕日の影響でしょうか・・・


スピリチュアルな暮らしは退屈しませんね~




今年2月の夕日です
e0288951_22420515.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




[PR]
by gutsuri | 2017-10-14 09:51 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri