2018年 04月 08日 ( 1 )

ダイアモンド富士・・・森戸神社


春のダイアモンド富士の時期になりました。

カレンダーと天気予報を睨めっこしたり、

富士山が見えるかどうか、一日に何度も家の窓から富士山を見て確かめたり、

朝も昼も富士山の姿は見えなかったのに、

夕方になって富士山のシルエットがくっきりと表れ、喜んだりと、

いつものようにダイアモンド富士のシーズンは張り切っています。


今日は森戸神社に出かけました。

森戸海岸には何度かダイアモンド富士で出かけていますが、

森戸神社からのダイアモンド富士は初めてです。

富士山の頂上と夕日の位置が少しずれているかもしれないと思いつつ、

人が少ない森戸神社に行きました。

富士山が姿を見せてくれたので、写真を撮ることができました。

少しずれていましたね・・・

今日のダイアモンド富士です。









春は霞んでいて富士山が姿を見せてくれないことが多いので、

この時期、富士山が姿を現してくれただけラッキーなのですよ。

風が冷たくしかも強風で、海辺は寒いくらいでした。


このところ、風が強く、昨日などは台風のような風が吹き荒れ、

いくつかのバラの新芽の細枝は折れてしまいました。

でも、これからですね・・・バラが伸び始めるのは・・・

すくすくと育っていくことでしょう。

ただ、今年はバラの開花がいつ頃になるのか、予測が付きません。

この春は慌て者のバラがたくさんいるようで、

すでに大きなバラのつぼみがあちらこちらで育っています。

一方、これから芽吹きを始めるのんびり屋もいますから、何ともみんなマイペースですね。

それでいいのですけど・・・

そして、いつものように、アブラムシもバラゾウムシもそのほかの草食昆虫も活躍中です。

どういうわけかわかりませんが、この春はそれがそれほど気にならなくて・・・

アブラムシをパラパラと払い落として終わり・・・

とまあ、このような感じでガーデニングをしています。

外で身体を動かすのは楽しいです。

外の空気は美味しい~

満開だったリキュウバイが散り始めています。


いつもの場所でお花見






みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!








[PR]
by gutsuri | 2018-04-08 21:51 | ダイアモンド富士 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri