大船に乗った気持ちで・・・

月に2回、往診の先生が来られます。

母は、いたって健康体で、お薬の服用は何もありません。

これといって心配なことは今のところないのですが、

それでも何分、高齢ですから・・・百歳を超えていますからね、

定期的に先生に診ていただくと

私は大船に乗った気持ちで、母と接することが出来るのです。


一昨日の往診の折、いつもの診察が終わったところで、先生は母の足に手を触れました。

浮腫みがないかをチェックされたのだと思いますが、

その時に大きな声で言われたことは、

「まあ~、足首の関節の柔らかいこと~ 物凄い変化ですよ~ 素晴らしいですね~」

何かの症状が現れ、それに対して何らかの処置をした場合に、

母の身体はその処置に反応する力がある・・・

反応する力があると、その症状は緩和され、良い方向に向かっていく・・・

百歳を過ぎた身体でも、まだ順応する体力を持っていて、

少しづつではあっても、本来あるべき姿へと変貌を遂げていく・・・

百歳を過ぎてはいても、母の身体はまだしっかりと働いている・・・

先生は、このようにおっしゃいました。


週に一回だったリハビリを、4月から週に三回にして、二か月経ちました。

リハビリの効果は、股関節のみならず、膝関節や足首の関節にも

良い効果をもたらしています。

もちろん見えない部分にもその影響は大きいことでしょう。

太ももや脛の筋肉も、きっと柔軟になったことでしょう。

身体の動きは、全身が連動しているので、

身体の要である腰が柔らかくなれば、全身に良い効果があることは明らかです。

夫との会話の中で・・「私たちもこのリハビリを受けたいわね~」

仕方がないので、入浴後にヨガもどきをしています~


匂い立つ美しさ、イモーションブルー
e0288951_16135813.jpg

シャンタルメリュー、ササグモもいます
e0288951_16172333.jpg

キアゲハの幼虫、こんなに大きくなりました
e0288951_16184521.jpg


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




トラックバックURL : https://gutsuri.exblog.jp/tb/24410201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2016-05-27 07:00 | 心不全と股関節拘縮 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri