落ち込んでリハビリ

今日の扶美さん、落ち込みました。

昼食の御膳がひっくり返り、

タオルケットも肌掛け布団も汚れてしまいました・・・

がっかりして気落ちしている様子がよくわかります。

いろいろな思いが交錯していることでしょう・・・

午後に往診がありました。

あら!今日は静かですね~と先生が言われるので、

扶美さんが、自分の不注意に対して落ち込んでいることを話しました。

そのようなこともありますし、そのような日もありますよ~ それは自然なことです~

本当に、先生のおっしゃる通りですね。

その後、リハビリがありました。

初めは静かだったそうですが、だんだんといつもの調子が戻ってきて、

最後のゲームは元気いっぱい、おしゃべりをしながら、お手玉を放り投げていましたよ。

良かったです~

高齢者の介護をしていて、つくづく思うことは、

お世話をして下さる方々がいて下さって、扶美さんは幸せだということです。

私一人の介護では、とても手が回らないですし、気持ちが追いつかないだろうと思います。

毎日笑顔で接してくださるヘルパーさんがいて下さるから、

扶美さんはご機嫌でいられるのです。

高齢になるとどうしても受け身的になりますから、

私一人で扶美さんの落ち込みを持ち上げるのは一苦労です。

私だったら、多分、時間が経てば忘れるわよね、きっと・・・などと思いながら、

扶美さんをそのままそ~っとしておくかもしれません・・・

いろいろなやり方でいいのでしょう。

その時その時に応じて・・・

でも、今日は、リハビリがあって良かったわね。

身体を動かすと心も動いたのよね~

楽しかったことでしょうね。扶美さん。

ペッシュボンボン
e0288951_1935308.jpg


e0288951_19372745.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







[PR]
トラックバックURL : https://gutsuri.exblog.jp/tb/23135789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2015-05-19 19:46 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
更新通知を受け取る