人気ブログランキング |

乳酸菌のキャップはゆるく・・・

我が家では乳酸菌は大活躍していますよ。

バラにドボドボと撒いています。

米ぬかを使って簡単に作れ、お金もかかりませんから

バラにたくさん撒いています。

無肥料、無農薬でバラ育てをしていますから

せめて、乳酸菌だけでもたくさんあげようかなと思って撒いています。

乳酸菌を撒いた後、庭全体にリンゴを煮たときのような甘い乳酸菌の香りが漂っていて

何とも言えず良い気分になります。

そのおかげで、バラや草木は元気に育っています。

そして、虫たちも元気ですね~

最近は紙オムツにも乳酸菌をかけていますから(臭いが薄くなります)

乳酸菌の消費量はかなりなものです・・・

温蔵庫なるものを段ボールを使って自己流で作り

その中で米ぬかを発酵させ、乳酸菌を作っています。

発酵する段階でガスが出ますから、ペットボトルが膨張します。

ペットボトルが変形するほど膨張しますよ。

パンパンに張っているペットボトルのキャップを外す時には

勢いよくキャップが飛んで来ますから身体に当たらない様に注意が必要です。

ゆっくりと、溜まっているガスを少しづつ抜きながら、キャップを開けなくてはなりません。

そこで、このところ私は、乳酸菌を仕込んで、ペットボトルのキャップを閉める際には

空気がほんの少し抜けるくらいに、ゆるくキャップを閉めるようにしています。

米ぬかが発酵してガスが出てきて、ペットボトル内の圧が高くなってきても

ゆるく閉めたキャップから、ガスが自然に抜けていきますから

ペットボトルがパンパンに張って怖い思いをしなくて済みます。

ペットボトルは膨張して変形することもありませんし

キャップを開けるときにも普通に開ければよいのです。

乳酸菌の出来具合に変化はありません。

いつもと同じ乳酸菌が出来上がります。

乳酸菌を仕込むときに、少し空気が抜けるくらいに、キャップをゆるめに閉める。

そうすると、温蔵庫のふたを開けると、

ペットボトルから漏れ出たガスの、甘い乳酸菌の匂いがプーンとしてくるのです。

あら~、いい匂いね~・・と思わず吸い込んだりしていますけど・・・

パンパンに張って膨張したペットボトルは、少し怖い感じもしますからね。

そうならないやり方があるのですから、最近はそのようにしています。

ああ、そうそう・・・

豆乳ヨーグルトもこの乳酸菌を使って作っていました・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ジュビリーセレブレーション
e0288951_19151312.jpg

シャリファアスマ
e0288951_19155357.jpg

ハナショウガがまだ次々咲いています
e0288951_1921520.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
トラックバックURL : https://gutsuri.exblog.jp/tb/22489383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by gutsuri | 2014-10-20 19:41 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
更新通知を受け取る