タグ:花 ( 46 ) タグの人気記事

第3チャクラ、太陽神経叢の色は黄色

昨日の雨と強風で、バラの枝が折れたり倒れたり、

でも、心配していたほどではなくて助かりました。

イングリッシュヘリティッジが下向きに・・・
e0288951_16542152.jpg

ブッドレアにハナグモ
e0288951_16555969.jpg

そして、モナリザの微笑み
e0288951_16573105.jpg

アーチの上の方は枯れた花もあり、咲き出した花もありで賑やか
e0288951_16585935.jpg




久しぶりに壁紙を変えてみました。

以前の壁紙はとても気に入っていたのですよ。

星や月があり、小鳥たちが勢いよく飛んでいたり、そして、マトリックス・・・

空気中には、見えないものがたくさんあるのだということを気付かせてくれる図柄でした。

今は何となく黄色が気になっていて、また、このシンプルさも気に入りました。

黄色と言えば太陽神経叢・・・第3チャクラの色ですね・・・

第3チャクラと言えば、願望実現・・・となるのですが、

その思いもあって黄色を選びました。

第3チャクラの活性化の一つをネットでチェックすると(スピラボより)

  1. きれいな黄色のエネルギーをイメージし、腹式呼吸でそれをゆっくり吸います。肺の中に黄色のエネルギーが満たされたら、そこから体全体に充満されるようにします。体全体が黄色に輝くようにイメージする
  2. 次にゆっくりと息を吐き、それと同時に第三チャクラからも息を吐くように、黄色のエネルギーを勢いよく放出します

とまあ、このようなことも書かれていましたよ・・・

面白そうですね。


夏至は、12月の冬至までの折り返し地点。

植物はスイッチを切り替え、成長発展ではなくて、収束結実に向かっていきますね。

これから、秋の豊かな実りに向かって進みます。

四季の巡り・・・一年はあっという間・・・

暑い暑いと言いながら・・・涼しくなった・・・寒くなった・・・

こういっている間に一年が過ぎ去っていきますね~

9月の秋分が来たら、またすぐに冬至がやってきます。

再びのスタートですね。


ヤマミツバがこの通り・・・お浸しが出来ます
e0288951_17404403.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-22 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

ショウリョウバッタとベニシジミ

今日は、久しぶりの強い風と強い雨でした。

写真を撮れないので、以前の写真から・・・


バジルの葉っぱを摘もうとバジルの葉を触っていると、

勢いよくバジルの葉から飛び出したものがあります。

ショウリョウバッタの赤ちゃんでした。1センチくらいの大きさです。6月18日
e0288951_20284975.jpg
その場では、オンブバッタかショウリョウバッタかはっきりしませんでしたが、

写真で見れば、これはショウリョウバッタですね。

ショウリョウバッタは、すごく大きくなります・・・

驚くほど大きいのです・・・本当に・・・

巨大化したバッタが出てきたのかと初めは思ったくらいです。

そして、そのジャンプの見事なこと。

あれだけ大きいのだから(15センチ以上あります)たくさん食べるのだろうな~

バジル、足りるかしら・・・私の分・・・

などと考えましたけど・・・

昨年、驚くほど大きなショウリョウバッタがミントにいて、

その重みでミントの枝全体が曲がっていました。

すぐそばのパセリにはたくさんのキアゲハベビーがいて、

ショウリョウバッタはキアゲハベビーたちと仲良くやっていました。

ショウリョウバッタはオオカマキリよりもず~っと大きいのですよ~



そして、ラベンダーにベニシジミです。6月14日
e0288951_20361705.jpg
ラベンダーも蝶々に好かれますね。

たくさん飛んできましたよ。

見ていて気持ちの良いものでした。



さて、今日は夏至でした。

一年の折り返し点です。

冬至からスタートした一年が、今日で半分過ぎてしまい、

時間が経つ速さに驚いてしまいます。

今年は6月に入っても、5月のような爽やかな日が続き、

その5月の陽気にどっぷりと浸かって元気が良かったのはバラや虫だけではなくて、

私もその陽気の心地よさに5月の気分でいましたから、

夏至と聞いても、信じられないほど・・・

この雨風のお天気では外出もままならずで、今日は孫のところへ出かけてきました。


雨だけではなくて風もすごく強くて傘がさせず、

雨の中をびしょ濡れで笑いながら歩いていた若いお嬢さんお二人。

楽しそうでしたね~  

童心に帰ったようでした。



イングリッシュヘリティッジの中でハナアブが転げまわっています
e0288951_20534221.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-06-21 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

木陰の秘密の空間

午前中の空いた時間に、庭でちょっと草抜きをしていると、

何かが動いていましたよ。
e0288951_20214531.jpg
カマキリベビーです。
e0288951_20230772.jpg
私の動きを感じ取って、警戒態勢です・・・
e0288951_20240615.jpg
なので、写真を撮ったら傍を離れました。


白いアガパンサスはブルーより早く咲いたので、シャリファアスマ(バラ)と一緒に撮りました。
e0288951_20255689.jpg

一昨年、枯れかけていたコンフィデンスというバラがあり、

一年間、鉢あげして様子見、

この春、新芽をだし蕾を付け咲きました。
e0288951_20362066.jpg

シャンタルメリューもまだ元気で咲いています。
e0288951_20382088.jpg

隅っこに追いやられたガーデンチェアー・・・
e0288951_20413176.jpg
でも、この場所なかなか良いんです。

リキュウバイの木陰で落ち着くし、どこからも見えない秘密の空間なのですよ。

ここに腰を掛けて、さあ、次に何をしようかなと考えたり・・・・

思いがけずの発見でした。



アナベル、今が盛りです。
e0288951_20582969.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-20 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

キアゲハがブッドレアにやって来ました

今日はキアゲハのお話です。

朝、外を見るとキアゲハがヒラヒラと舞っていました。

すぐにカメラを持って窓に行き、網戸をそっと開け、写真が撮れました。
e0288951_14181807.jpg
このキアゲハ、ずっとここにいる様子です。

すると、もう一匹、キアゲハがやってきて、一緒に飛んでいますよ。
e0288951_14212640.jpg
後から来たキアゲハは、一緒にどこかに飛んで行こうとしきりに誘っています。

一緒に飛び立ったものの、初めにいたキアゲハはすぐに戻ってきて、

ブッドレアの蜜を吸っています。
e0288951_14235243.jpg
もう一回、誘いに来ました。
e0288951_14253762.jpg
そして、二匹は一緒にブッドレアで遊んでいましたが、

一匹はまたどこかに行ってしまいました。

初めからいたキアゲハは、ブッドレアの花から花へ飛び回りながら、
e0288951_14301574.jpg
花の蜜を吸うことに集中していましたよ~

楽しそうにに飛んでいました~
e0288951_14311797.jpg
見ている私ももちろん笑顔です・・・
e0288951_14322750.jpg
キアゲハを見ていて・・・思ったことは・・・

パセリを増やさなくては・・・ということです。

キアゲハはきっとパセリに卵を産み付けますね。

キアゲハベビーの食欲たるやものすごいもので、

パセリ一株などキアゲハベビー2~3匹で丸坊主になるのです。

出かけたときに、ホームセンターで買ってきます。

ホームセンターで買ったパセリは私が食べます。

庭にあるパセリはキアゲハが食べるもの・・・無農薬ですからね・・・


キアゲハが二匹ブッドレアに飛んでいるときに、モンシロチョウも二匹やってきました。

こちらは写真に撮れずじまい・・・


今日は日差しが強く、咲いていたバラのいくつかは散っていました。

明後日が夏至なのですよね。

過ごしやすい陽気で助かっています。



ピエールドロンサールの2番花…蕾が数個ついています。
e0288951_14461526.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-06-19 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

春菊の香りがするサラダ

4月に鉢に種をまき、5月に植えつけた春菊が食べごろになってきました。
e0288951_20545233.jpg
柔らかい葉っぱを摘んで、サラダに入れて生で食べています。

口に入れた途端に春菊の香りが口いっぱいに広がります。

新鮮ですね~

今はまだ生で食べられる柔らかさです。

どんどん伸びているので、どんどん柔らかい葉を摘み取っています。


春菊は香りが強いからか・・・虫が付きませんね。

パセリもスープセロリもヤマミツバも虫が付きません。

虫が付かない葉物を育てて食べています。

春菊も虫が付かない葉物野菜でした・・・

植えつける葉物野菜の種類が増えて、植える場所がなくて困っていたので、

ヒヤシンスの球根を引き上げた場所に、パセリとバジルを植え付けました。
e0288951_21065536.jpg
サニーレタス、ホーレンソー、小松菜などいつも食べているものに、

パセリやバジル、春菊やヤマミツバなど、目先の変わったものを加えると

気分が変わって新鮮な感じがしますね。

美味しく食べています。


狭い場所にあれこれ植えているので(隙間があればバラが植えられている状態です)

葉物野菜を育てるスペースがないので、

バラとバラの間にもパセリやバジルが所狭しと植えられています。

無農薬ですからこのようなことが可能です。

ハムシがいれば、手で捕まえますよ~

バジルにハムシがくっついています。
e0288951_21153905.jpg
この後、逃げられました~   


いつか、ディスカバリーチャンネルで小学生が話していたことですが、

彼は、日向と日陰に生えているタンポポの葉の面積を調べ、

日陰に生えているタンポポの方がかなり葉の面積が広くて、

それは、太陽のエネエルギーを取り込むためには、

日陰にいるとそれだけたくさんの葉の面積が必要になるのだと説明していました。

このことを知ってから、葉物は半日陰で育てています。

柔らかくて美味しいですしね。


今日は新しいパソコンでブログを書くつもりでしたが、

やはり以前のパソコンで打ち込んでいます。

慣れている方が楽ですね。



鬱に効果があると言われているハーブ、セントジョンズワートが咲きました。
e0288951_22563524.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-18 21:34 | 健康 | Trackback | Comments(0)

お天気に恵まれて・・・

シャリファアスマ(イングリッシュローズ)が咲きました。
e0288951_20573687.jpg
3月、塗装のために覆われて、休眠状態でした・・・ようやく目覚めたようです。

優しいバラで・・・見ているとこちらも優しい気持ちになってきます・・・
e0288951_20590681.jpg
あと二つ蕾が付いています・・・嬉しいですね。

見るからに繊細な感じがしますが、性質も繊細なようです。


こちらは名前がわからないので「伯爵夫人」と私が呼んでいるバラです。
e0288951_21014670.jpg

5月にいくつか咲いていました。こちらは5月24日です。
e0288951_21043156.jpg
何よりも目立つバラですね・・・だから、伯爵夫人です・・・



ブッドレアが伸びてきて、イモーションブルーのバラも覆っていますよ~
e0288951_21085103.jpg
ブッドレアの陰で3輪咲いています。

気持ちの良いお天気です。

おかげで今年のバラは本当に元気ですね。

有難いことです。

私たちもこの陽気で楽に過ごせますね。

身体も助かります。

そして、花も虫も元気です。




e0288951_21153944.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-17 21:18 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

METライブビューイング「バラの騎士」

5月のような爽やかな陽気で、気持ちの良いお天気ですね。

もうじき夏至だというのに、この爽やかさ!

気持ちの良いお天気なので、今日は出かけてきました。

スニーカーだと驚くほどに足が楽ですよ。

ウオーキングシューズとの違いは大きいと思います。

先々週出かけたときには、足を引きずりながら歩いたように思いますが、

今日は普通に、見た目普通に、歩けました・・・

足首や膝などの違和感はまだありますけどね。




METライブビューイング「バラの騎士」を観てきました。

良かったですね~ すごく良かったです・・・

元帥夫人役のルネ・フレミング、オクタヴィアン役のエリーナ・ガランチャ、

二人はそれぞれ長いことこの役をやっていて、

その役を演じるのは、二人とも今回が最後という上演でした。


メゾソプラノのエリーナ・ガランチャは最高のズボン役、

惚れ惚れするような美男子を演じ、

女性だとわかっていても、心を奪われてしまうようなカッコ良さ!

歌も素晴らしかったです・・・温かくて・・・誠実で・・・


一方、「何事にもそれをなす時というものがある」と歌う元帥夫人32歳のマリーテレーズ、

32歳で時計を止めたいと思うなんて・・・何という時代なのだろうと思いつつも、

その苦悩をルネフレミングが柔らかく美しく歌い上げていて、

4時間半があっという間でした。


METライブビューイングは映画ですからね・・・

気楽に出かけることが出来ます。

秋からまた次のシリーズが始まりますから、

観たいものがあれば、出かけていきたいと思います。




ブッドレアの枝が伸びてきて、色づいてきて、嬉しいですが、

伸びすぎてきて、ガーデンパラソルはもう立てられません・・・

それどころか、ガーデンチェアやテーブルなども置く場所がなくなりました。

隅っこに押しやられています。

ブッドレアが伸びてきて、庭の半分近く占領しています。
e0288951_21045947.jpg
ブッドレアの中で、クイーンオブスエーデンというバラが咲いています。

植え替えなくてはなりません・・・12月に・・・



パルムの僧院というバラです。マジェンタ色でお気に入りです。
e0288951_21100280.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-15 21:13 | Trackback | Comments(0)

ノヴァーリスとバジルとハムシ

ノヴァーリスという人気のバラがあります。

青を含んだ紫色のバラで、

病害虫に強い「最強の青バラ」と謳われ、

京成バラ園のバラのプロの方、数名がこぞって称賛されていて、お勧めのバラとおっしゃる・・・

病害虫に強い青バラ? ぜひとも我が家に迎えたい・・・

こう思って4年前に購入、

次の春は虫にやられて蕾は全滅、春は開花せず、秋に3輪咲きました。

その次の春も蕾は全滅(バラゾウムシ)春は開花せず、秋に2輪小さいのが咲きました。

この春は、マリアカラスに虫除けをスプレーするときに一緒にノヴァーリスにもスプレーして、

ようやく春に2輪咲きましたよ。

右側の紫っぽいバラ2輪がノヴァーリスです。
e0288951_20282467.jpg
病害虫に強いっていっても、バラゾウムシには弱いのね・・・

枝に勢いはありますが、バラゾウムシに蕾をやられて、すぐまた蕾を付けるということはありません。

そして今、このバラに手を焼いているところです。

このバラはどうも、ハムシを呼び寄せるように思えるのです。

ハムシが数匹棲みついていましたよ・・・3~4匹捕まえましたが・・・

そして、ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシの虫食い穴だらけ・・・

すぐそばのアランティッチマーシュというバラの葉には、ハムシの虫食いはありません。

庭でハムシがいる場所は、このノヴァーリスとバジルの葉っぱです。

そう・・・バジルにもハムシは虫食い穴を開けましたけどだいぶ捕まえましたよ・・・あと少しです・・・


ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシに好かれる葉っぱ!   

バジル並みですよ・・・


でも、これは、もしかすると、ここだけ(私の庭だけ)の話かもしれません。

無農薬無肥料などという普通ではないバラ育てをしているからだと言われそうですね・・・


ノヴァーリスは2016年にADR賞を受賞しています・・・

ADR賞とは、ドイツで化学薬剤は一切使用しないで3年間育てられた結果、
病害虫や寒さに強いかどうか調べ、与えられる賞



ハムシ対策に薬を使うほどハムシはいません。

手で捕まえられる数ですから大丈夫ですが、

探して捕まえるのがちょっと面倒な・・・

小さいですからね。

これがそのルリマルノミハムシです。
e0288951_20575730.jpg
今日も4匹捕まえました・・・

3~4ミリくらいの大きさで飛び跳ねたり、バラゾウムシのように葉から落ちたりします。





ブッドレアが咲いてきました。
e0288951_21014422.jpg
さっそくやってきました
e0288951_21031650.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-14 21:05 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

自然に守られ育てられたバラ、アルバセミプレナ

梅雨に入ってから、

この辺りでは、まるで5月のような爽やかな陽気が続き、

そのためかどうかわかりませんが、庭のバラがきれいに咲いていました。

今日は梅雨らしく雨模様です。


今日のバラの様子

花首が強いローズポンパドール・・・雨を含んでも頭を垂れませんね・・・
e0288951_20455621.jpg
こちらは花首が弱いレディーヒリンドン
e0288951_20472494.jpg
花首が強いブラックプリンス。 3月の塗装のために覆われて休眠状態でしたが2~3輪の花を付けました。
e0288951_20523475.jpg
そして、イングリッシュヘリティッジです。次々と咲きますよ。
e0288951_20553750.jpg


現代のバラ文化がこれだけ素晴らしいのは、

ナポレオンの奥様ジョセフィーヌの貢献があってこそなのだとよく言われます。

バラの美しさに惹かれ、それを守ってきた人は多いことでしょうが、

王侯貴族の後ろ盾があってはじめて、音楽や絵画、バラもですが、

さまざまな文化は守られて、発展することが出来たのでしょうね・・・

モーツアルトやレオナルドダビンチが、

鍬をもって畑を耕したり、ボートで網を使って魚を捕まえたりすることなく、

ピアノを弾いていたり、筆を持って生活できたのは、

貴族の支えがあったからでしょう。

バラの素晴らしさを称え、バラの文化を守った貴族たち、

彼らのおかげで、庶民の私も今こうして、小さな庭でバラを楽しみ、

バラの美しさを愛で、喜びにあふれた日々を過ごしています。

王侯貴族の後ろ盾は、目には見えませんが、

華やかで雅やかで美しい多くののバラを見ていると、

何となくその余韻をバラに感じることがありますね・・・

宮廷文化の余韻です・・・


でも、いろいろなバラがあります。

16世紀にヨーロッパに紹介されたバラ・・・アルバセミプレナ

王侯貴族の後ろ盾ではなくて、

大自然の後ろ盾のバラ・・・アルバセミプレナ・・・
e0288951_21291388.jpg
野バラのような可憐さを持っていて
e0288951_21300062.jpg
ハナアブが花粉まみれで転げまわっています。
e0288951_21304370.jpg
自然が守ってきたバラです。

不思議な魅力を持っているバラ・・・

華やかさはありませんが・・・

こちらの気持ちに沿ってくれる優しさと、

全てを包み込んでくれるのようなもの・・・

見るたびにそれを感じて、癒されると同時に勇気が湧いてきます!

これこそ、大自然への窓口のバラ・・・

花殻がローズヒップになり秋には色づきます。

それもまた可愛いですね。



e0288951_21371800.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-13 21:20 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

多花性で花持ちが良いバラ

良く咲くバラのポンポネッラ・・・

2005年ドイツ作出のバラ、2006年ADR賞受賞ですから、育てやすいバラです。

レオナルドダビンチを小振りにしたようなバラですが、もうそろそろ終わりですね。

e0288951_20175049.jpg
多花性で花持ちが良いところもレオナルドダビンチと同じです。

たくさん咲いて庭を彩ってくれて、可愛いけれど、パワフルな姿からたくさんの元気をもらいました。


レオナルドダビンチも今咲いているのは数輪だけ・・・
e0288951_19461611.jpg
この二つのバラのおかげで、庭がにぎわいました。

バラの花は咲いてこそ・・・嬉しいですからね・・・・・こういう見方もできますから、

虫にも病気にも負けず、逞しく咲いてくれたこのバラに感謝です。

花殻を切り取って、スッキリ・・・


無農薬でバラを育てるときには、

バラの葉が茂りすぎると、病気や虫の原因になるので、

適当に葉を切り落とし、風通しが良いようにしています。

三つあるアーチの一つは、片側がレオナルドダビンチ、もう片側がモナリザの微笑み・・・

共に生育旺盛のバラで、枝をどんどん伸ばし、葉をたくさんつけますが、

モナリザの微笑みの方は、葉が茂りすぎて、今年はハダニが発生・・・葉をかなり切り落としました。

レオナルドダビンチも葉が茂るのですが、ハダニとは縁がありませんでしたね・・・

ローメンテナンスのバラですね・・・そしてたくさん咲いて見事です。

レオナルドダビンチとポンポネッラは、多花性で花持ちが良いバラですよ。

レオナルドダビンチというバラの名前を初めて聞いたときに、すごい名前のバラ~と思いましたけど、

本当に、すごいバラ~と思います。

まあ、好みもありますけどね・・・


レオナルドダビンチと聞くと、モナリザの微笑みを思い浮かべますが。

私はこの絵が向きなのですよ・・・

「レオナルドダビンチ ほつれ髪の女性」の画像検索結果




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-12 21:14 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri