タグ:花 ( 54 ) タグの人気記事

キアゲハベビー物語


今朝、パセリにいたキアゲハベビーです。
e0288951_13530528.jpg


パセリを食い尽くして、食べるものがなくなってしまい、困っているように見えますね~

こちらのキアゲハベビーもそのようです・・・

すごく小さなキアゲハベビーが、パセリに残っていて、ここまで育ちました。


e0288951_13534996.jpg


2匹ともヤマミツバにお引越ししたのですが、

そのヤマミツバも頼りないような感じがしなくもなくて・・・・


e0288951_13565531.jpg


ヤマミツバはモジャモジャ茂っていて、食べきれないほどありましたが、

見事に食い尽くされてしまいましたよ~

それでもまだ、端っこの方には若葉が茂っている部分があるので、


e0288951_13582205.jpg

2匹のキアゲハベビーはそちらの方にを移しました。




19日に、壁で丸くなっている終齢幼虫を見つけ、

e0288951_14045058.jpg

この子はここで蛹になろうとしているのだと見守っていました。

そして、今日、蛹になっている姿に気が付きました。

e0288951_14055678.jpg

昨日は一日出かけていたので、観察していませんが、

ふつうは一晩で蛹になる(今までの観察からでは)と思っていましたが、

この子は二晩くらいかかったようです・・・

緑の枝葉で蛹になれば、きれいな緑色の蛹になります。

ミントの枝やメドーセージの枝で蛹になれば、きれいな黄緑色や緑色の蛹になるのですよ~

壁で蛹になるのならば、この色が適しているのでしょうね。

枯葉に見えますから・・・安全の面から考えてもベストの色です・・・



また、このすぐ近くに、もう1匹、壁で蛹になろうとしている子がいるのを今日見つけました。

e0288951_14070755.jpg

明日には蛹になっているかもしれません・・・明後日かも・・・



キアゲハベビーのエサのことだけを私は心配して、

40数匹のキアゲハベビーの食糧調達に奔走していて、

蛹になる枝を見つけるのは、この子たちの仕事・・・などと割り切って考えていました。

バラのほかにも小さな低木はいろいろとあるので、

においに敏感な彼らならば、すぐに適した枝を見つけることができるだろうと、

高を括っていたのですが、

この小さなスペースにおいて、

バラの木がここかしこにあるこの小さな庭では、

蛹になるのに適した枝を見つけることは、彼らには難しい仕事だったのかもしれませんね~

まあ、この2匹を・・・壁で蛹になるというこの子たちを、はみ出しっ子だと考えて、

余り気にしないという手もありますけどね~


一度に40数匹のキアゲハベビーの出現は初めてのことで、

右往左往しましたよ~


たくさんのキアゲハがこの庭から羽を広げて飛び立ち、青空に舞ってくれることを願っています!




ミセスジョンレノン・・・ではなくて・・・ミセスジョンレイン
e0288951_19493163.jpg


シスターエリザベス

e0288951_19500121.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-08-22 19:51 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

育ての親はハラハラドキドキ・・・キアゲハベビー編


昨日、バジルを摘んでいるときに、何か黒いものが見え、

新種の虫がバジルにいるのかと注意してみると、

キアゲハベビーのおチビちゃんでした。
e0288951_13093830.jpg

枝ごとヤマミツバのところへ運びました。



また、「キアゲハがポーチを這いまわっている~」という声が外から聞こえてきたので、

透明のファイルを手に、慌てて外に出ると、

キアゲハベビーが元気にポーチを這いまわっています。

でも、まだ、終齢幼虫ほど大きくはないので、

蛹になる枝を探しているのではなくて、エサを求めてさまよっていると思われます。

ファイルですくってヤマミツバのところへ運びました。


生みの親は卵を産んだらそれで役目は終わり・・・

でも、育ての親はハラハラドキドキ・・・

まあ、楽しんでいますけどね~


窓から外を見ながら・・・考えること・・・

ヒマラヤユキノシタを引き抜いて、そこにもパセリを植え付けて・・・

シュウメイギクがはびこっているから、それを半分にして、

そこにヒマラヤユキノシタを移植・・・

シュウメイギクはもうじき花が咲くから、花が終わったら半分にして、

そこにヒマラヤユキノシタを持っていこう・・・

頭の中でいろいろと考えてみる・・・

とにかくスペースがないので、限られたことしかできないけれど・・・

外に出て見回すと、また別の良いアイディアが浮かぶかもしれません・・・



パセリはご覧の通り丸坊主・・・でも、中央から新芽が出てきていますね。
e0288951_13403216.jpg


パセリの写真を撮っていると、パセリにイトトンボがいましたよ~


e0288951_13421924.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-08-18 13:54 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

いつの間にか、バタフライガーデン!


小雨の中、ヤマミツバのキアゲハベビーたちの様子を見に行くと、

みんな元気で、フンがたくさん落ちています~

e0288951_18571525.jpg

ヤマミツバをモリモリ食べているようです。


e0288951_18593445.jpg

今日、スイートフェンネルに残っていた3匹のキアゲハベビーたちも、

枝ごとヤマミツバにお引越し、これで全部引っ越しを終えたことと思います。

一安心です。


昨日は、血迷った小さなキアゲハベビーが1匹、フェンネルのそばのバジルに上って、

バジルの葉を必死で齧っていました。

バジルはキアゲハベビーの食草ではありませんよね。

食べるものがなくなって慌てたのでしょう・・・


アゲハ蝶の幼虫は食草が決まっていて、

ナミアゲハの幼虫はミカン科植物、

アオスジアゲハの幼虫はクスノキ科植物、

クロアゲハの幼虫はミカン科植物、

そして、我が家にいるキアゲハの幼虫たちはセリ科植物を食べるのです。


私はセリ科植物が好きなので、パセリ、スープセロリ、スイートフェンネル、ヤマミツバなどを

自分のために植えていました。

無農薬でバラを育てていますから、バラとバラの間のちょっとした隙間に、

パセリを植えたりして楽しんでいたのです。

するといつからか、そこにキアゲハが卵を産み付けて、キアゲハベビーが育っていたのです。

初めからバタフライガーデンを作ろうと思っていたのではなく、

自然と、いつの間にか、バタフライガーデンが出来上がっていたのですよ。

そのうえ、ブッドレアは蝶々を呼び込みますから、たくさんの蝶々がやって来ますが、

卵を産み付けるのはキアゲハだけです・・・

パセリに卵を産み付けに何回もやって来ますよ~


キアゲハベビーが食べつくしたパセリは、ほとんど丸坊主状態です。

ですが、新芽が出てきて、葉が伸びてきました。

凄いですね~


この秋にはまたパセリの種をまき、来年に備えるつもりですが、

ルッコラの種まきはやめて、全部パセリにしようかな~などと考えています・・・

とにかくたくさんのパセリが必要ですよね・・・・できれば私の分も含めて・・・

スペースが限られていますから、何が必要か、しっかりと把握してからですね。


ブッドレアが涼し気に咲いています
e0288951_19410928.jpg

花が少ないときには嬉しいです


e0288951_19421721.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-16 19:43 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

フェンネルはキアゲハベビーの棲み処


スイートフェンネルが今すごいことになっています。

20匹を超えるキアゲハベビーがここに棲んでいて、
e0288951_14415435.jpg


ここなら大丈夫だと思っていたフェンネルも、過密気味になっています。

パセリからかなりの数のキアゲハベビーがお引越しをしてきたからです。

e0288951_14435148.jpg

これだけの数のキアゲハベビーがフェンネルに棲んでいるのは壮観ですね。

虫に興味のある人にとってはですけど・・・

餌としての葉は足りていると思うのですが・・・

みんな元気に育っていますからね。



今朝、バラの枝にいるキアゲハベビーに気が付きました。

e0288951_14544724.jpg


この子はここで蛹になろうとしているのかしら・・・

でも、ちょっと目立ちすぎ・・・ここは安全ではない・・・

こう考えて、小さな棒を周囲に立て、スズメに食べられないようにしました。

e0288951_14593058.jpg

バラの枝にキアゲハベビーが上って行った・・・これだけでもう驚いてしまいました。

午後もう一度見ると、このキアゲハベビーが動き始めていて、もっと上に上ろうとしましたが、

さすがにトゲが痛いのでしょう・・・急降下してきて、芝の上を這いまわり始めました。

e0288951_15181451.jpg


その時ちょうど傍を通りかかった夫にそのことを話すと、

「周囲がバラの枝ばかりでかわいそうだから、

好きな枝のそばまで運んでやれば良いのではないか」と言われ、

でも、これはイニシエーションなのよ・・・蝶になるための通過儀礼なのよ・・・

こう思いつつも、見ているだけで汗だくになるほどの暑さに、

玄関に置いてあった透明のファイルでキアゲハベビーをすくい上げ、

メドーセージの根元に置きました。

しばらくしてみるともう姿はありませんでした。

メドーセージの枝に上って行ったと思われます・・・


昨日、一昨日と、涼しかったこともあって芝の草抜きをしていたところ、

大きなハチが飛んで来て、バラの枝にいたハラビロカマキリの子供を捕まえようとしました。

ハラビロカマキリはカマを振って応戦し足早に逃げ助かりましたよ・・・

そのあと、また、大きなハチが飛んで来て、

フェンネルにいた小さなキアゲハベビーをさらっていきました・・・

そうそう、アシナガバチなどは芋虫を団子にして食べるのでした~

そして、ハチもハチの巣にはベビーが待っているのでしたね。



ブッドレアにミカドフキバッタ
e0288951_16090201.jpg

右側にミカドフキバッタがいます・・・
e0288951_16094648.jpg



バラの蕾にカメムシ
e0288951_16123544.jpg


蕾を食べているのではないようです。
e0288951_16132794.jpg





e0288951_16152120.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-13 17:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

暑さが好きな虫


蒸し暑いですね。

どことなく疲れたように感じるのは暑さのせいでしょうか・・・

だるさがありますね~

外に出て、うだるような暑さを感じると、身体が拒否しています。

身体が嫌だと言っているのですから、外に出るのは必要な時だけで、

そうなると、いつの間にか、庭に草がたくさん生えていて、

庭の草が青々と茂っている・・・と感じられる間は、そう思って過ごしています。

が、そのうちに、何か余計なものがどんどん伸びてきている・・・と、感じられてくると、

やはり何とかしなくてはなりません・・・

今はその何とかしなくてはならない状態です。

早朝の涼しい時間に草抜きをしなくてはなりません・・・


こんなに暑くても、暑さが好きな虫は元気いっぱいですよ~

イングリッシュヘリティッジというバラの葉にいました。


e0288951_20293696.jpg


後ろ脚が長いです~
e0288951_20300895.jpg



こちらもまた、暑さなどへっちゃらなキアゲハベビーです。


e0288951_20322619.jpg


2~3日前、バジルの葉を摘み取るとき、米粒くらいの小さなキアゲハベビーがいるのに気が付き、

それがこんなに大きくなっていました。

e0288951_20325503.jpg


また、パセリが丸坊主になってしまいますね・・・

まあ、それでいいのですけど・・・

キアゲハベビーのためにパセリをたくさん植えているのですから・・・


e0288951_20333413.jpg


シャンタルメリューが小さく咲いています。 この夏はこのバラは元気がいいです。


e0288951_20345911.jpg



ブッドレアも夏か好き・・・暑くても元気ですね・・・


e0288951_20352791.jpg




気負わずに、この暑さを乗り切りましょうね~





by gutsuri | 2017-08-08 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

どしゃ降りでびしょ濡れ


今朝、バラが咲いているのに気が付きました。

イングリッシュヘリティッジです。

e0288951_18423835.jpg


イングリッシュヘリティッジは次々と咲くので、蕾が付いていたのは知っていましたが、

何しろ、今のこの時期は虫が多いので、蕾も虫食われで、咲くまでに至りませんでした。

虫に負けない蕾があったようです。

こちら、シャンタルメリューも咲いていました。小さな夏花です。

e0288951_18473090.jpg

シスターエリザベスも・・・
e0288951_18491246.jpg

クレマチスも・・・
e0288951_18494348.jpg



さて、今日から8月です。

ついこの間夏至で、一年を折り返したところでしたが、

もう8月・・・秋分が視野に入りますよね・・・

今日、テレビでお節料理のコマーシャルを見て、驚きました~

お節料理?  こんなに暑いのに・・・

秋分どころかお正月が視野に入っていますね。

時間の流れが今は、激流のように流れている感じがします~

早く流れているというだけではなく、荒れ狂って流れているような印象を受けるのは、

私だけでしょうか・・・




今日の午後、郵便局に行く用事があり、

お昼から雨が降ると聞いていたから、早く行けばよかったのに、

午前中は青空で日差しもあり良いお天気・・・これで本当に雨は降るの~

そして、午後からのんびりと出かけ、

でも、出かけるときには雨は降っておらず、

走っているときに小雨が降りだし、温まっていたアスファルトは湯気を出していましたよ。

数分のうちにどしゃ降りになってきて、

車を降りて郵便局につくまでにびしょ濡れ・・・

また、車に乗り込む時の傘をたたむ間に全身ずぶ濡れ・・・

20分早く出れば、雨に会うこともなかったのに・・・などと恨み節が出るくらい濡れました。


でも、そこはスピリチュアル人間ですからね。

浄化が必要な時には大雨が降るそうですから、

私には浄化が必要だったのね~

これで浄化されたかしら・・・

それとも、もっと浄化しなさいと言うことかしら・・・

浄化することとは、ものの考え方を言っているのですよね。




リハビリで教えられたことは、「人はなくて七癖」ということ。

動きについてもそうで、

歩き方一つをとっても、みんな癖があるそうですよ。

考え方もそうですよね・・・癖があるのです・・・

他の方のブログを訪問すれば、たまにそれを感じることがありますけど、

かくいう私もかなりの癖を持っているようで、

動きの癖の方は、今リハビリで矯正しているところです。

考え方の癖の方は・・・・

こうやってお天道様に・・・天の神様に・・・どしゃ降りの中で教えを受けて、

初めて、そちらに注意を向けるといった具合です。

自分のことはなかなか自分では気が付かないということがポイントですね。



でも、その人の癖はその人の個性とも言えますから、

癖がないと寂しかったり・・・しますね・・・


でもまあ、それはそれとして、

この浄化のチャンスに、十分に、お浄めしたいと思います。



7月26日の葉山花火
e0288951_20021419.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-01 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

バジルが大好き!


昨日、カッコよくビオトープガーデンなどという言葉を使いました。

日頃から、自然と繋がって暮らしたいと考えていて、

無農薬無肥料の庭には、肉食昆虫や草食昆虫などがたくさんいて、

虫の世界が出来上っています。

特に暑くなると、もはや私の入る隙など全くなく、

虫の世界は虫にお任せ状態・・・

ということで、この夏はどういうわけかわかりませんが、

ショウリョウバッタベビーが降って湧いたようにたくさんいて、

私の好物のバジルが穴だらけなのです。

虫用にバジルを3株用意したのですが、それだけで済むはずもなく、

少し離れたところにある私用のバジルまで、虫食われの穴がたくさん付いています。
e0288951_20065094.jpg

こちらは虫用のバジルですが、上のバジルとほとんど変わりません。

e0288951_20074303.jpg

それでも、バジルの苗は12株あるので、さすがに全部は食べきれないらしく、

毎日の私の食べる分はどうにか確保できています。

これは、今日摘み取ったバジルとブラックベリーです。

e0288951_20103598.jpg

ときには、穴あきバジルの葉が加わることがあります~



カマキリベビーも庭にたくさんいます。

オオカマキリベビーも、お尻を跳ね上げたハラビロカマキリベビーもたくさんいて、

カマキリベビーの世界も厳しいですからね。

共食いの末、生き残ったものが、庭で縄張りを持つことができるのです・・・



バジルの葉にも、カマキリベビーがいます。

ショウリョウバッタベビーの数が減ってきていますから、多分・・・

カマキリベビーがショウリョウバッタベビーを狙って、バジルに潜んでいるのだと思いますよ。

バッタの世界も厳しいですが、生き残るものが必ずいることは、

バジルの葉の虫食われのあとからわかりますよね・・・



バジルを食べる草食昆虫がいて、

その草食昆虫を狙って肉食昆虫がいる・・・

だから、今はこんなに穴あきバジルでも、

そのうちこれほどひどい穴あきバジルではなくなるのではないか・・・

バジルもどんどん新しい葉を出してきますからね。

そう思いながら、毎日バジルを摘み取っていますよ~



8月も中旬になれば、それこそカマキリは大きく育っていて、

この庭の主のような存在になっています。




また、クリスマスローズは強い毒性を持っていますから、

クリスマスローズのそばにバジルを植えると虫が寄ってこないのではないかと、

ためしにクリスマスローズのそばにバジルを植えてみました。

が、虫食われがありますから、バッタはいるようです。



バジルをバッタに食われるのが嫌なら、ネットを張れば大丈夫でしょうね・・・きっと・・・

私はネットを使ったことがありませんけど・・・



ビオトープガーデン・・・生態系と調和した庭・・・

小鳥がやってきたり・・・

蝶々がやってきたり・・・

生き物の生命エネルギーが溢れている場所。




そのビオトープガーデンの今日の虫は

立派なカメムシですね・・・草食昆虫ですよ~

e0288951_21100431.jpg

咲き終わったバラ、コンフィデンスにコガネムシ(バラの害虫です)

e0288951_21113677.jpg





百日紅が咲き始めました
e0288951_21122343.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-25 21:15 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

7月のビオトープガーデン


今日も昨日に引き続きの曇り空で、暑さは一休み・・・

おまけに風が強くて、これなら蚊は飛ぶことはできないだろうと、

庭が気になっていたので、庭でちょこっと一働き。

先週は木曜金曜土曜と続けて外出し、

さすがに日曜は家でごろごろしていましたが、

そのおかげで疲れが取れました。


ブッドレアの花は次々と咲きますから、

咲き終わった花はすぐに枯れた花穂となり、

その枯れた花穂が枝にたくさん残っていて、

これを切り取らなくては・・・と思っていました。

花穂を切り取りながら、思い切って枝の整理もしましたから、すっきりです。

e0288951_18045656.jpg

この辺りは海からの風が強いのです。

今日も、枝ごと大きく揺れています。

白い花の西洋ニンジンボクも花の盛りは過ぎたようで、花穂を一部切り取りました。


楽しませてくれたカサブランカも、これが最後の花です。

e0288951_17435248.jpg

クレマチスが1輪
e0288951_17520427.jpg


バラ、コンフィデンス
e0288951_17533689.jpg



ついこの間まで赤ちゃんだったミカドフキバッタがこんなに大きくなりました。

e0288951_20102904.jpg


バジルの花穂にシジミチョウ

e0288951_17545229.jpg


バジルの葉にショウリョウバッタの赤ちゃんと脱皮した白い抜け殻

e0288951_17563717.jpg



今までは、無農薬無肥料でバラを育てているこの小さな庭を

ナチュラルガーデンと呼んでいましたが、

今回から、ビオトープガーデンと呼ぶことにします。

ビオトープガーデンとは、生態系と調和している庭のこと。

蝶々やテントウムシ、バッタやトンボ、小鳥などが自然に集まってくる庭。

このような小さなスペースでも無農薬にすれば、

いつの間にか、肉食昆虫も草食昆虫も、ここに棲みついていました。

ブッドレアの木のおかげで、たくさんの生き物が集まってくるようになって、

喜んだり、ガッカリしたり、驚いたりして、ビオトープガーデンを楽しんでいますよ~




ワイルドなお味のブラックベリー
e0288951_18120064.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-07-24 20:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

炎天下の野球応援


今日はすごく疲れました~

でも、楽しかったですよ~

この暑さの中、県の高校野球の試合を見に行きました。

1回戦と2回戦とを勝ち抜いたと聞き、

以前から一度は見に行きたいと思っていた孫の野球の試合、

良いチャンスだと、思い切って出かけてきました。

暑さ対策も私なりに準備して・・・

帽子、日傘、サングラス、タオル、長袖、手袋、飲み物などなど・・・

夢中で試合を見て応援していると、途中で日焼けなど、もう、どうでもよくなってきて、

日除けに対してガードが甘くなり、

今、首の辺り、襟元の辺りにくっきりと日焼けの跡が付いています。

久しぶりですね・・・日焼けなど・・・


バッターボックスで構えている姿が、小学3年生のころの姿と重なりました・・・

身体は大きくなりましたが、コアとなる部分はそのままです。

この孫は、母の初ひ孫で、

元気だった母は赤ちゃんだったこの子を抱きたがって、

でも、一旦抱いた赤ちゃんを決して放そうとせず、

何か理由を付けては抱っこしていました。

その気持ちはわかりますよね・・・

みんな、赤ちゃんは大好きです~


孫たちによく言うのですが、

「扶美さんが長生きできたのは、あなたたちのおかげなのよ」

「扶美さんは、赤ちゃんだったあなたたちを抱っこして、赤ちゃんの持つ素晴らしい

生命エネルギーをたくさんたくさん吸収したのよ」

「みんなのお世話をすることが、楽しくて楽しくてしょうがなかったみたいよ」

「扶美さんに役割を与えてくれて本当にありがとう」

ひ孫たちにとっては、扶美さんはちょっと変わったおばあちゃんでしたけどね、

それなりに付き合ってくれた彼らに感謝しています。


今日の試合は残念ながら負けてしまいましたが、

高校生同士の相手に対する敬意の態度を試合中に何度も見たり、

ナイスプレーや、はたまたミスなどもありましたが、それもまたそれでよし、

それをすべて包み込むような温かさを試合に感じて、

勝負だけではないものがあるなどと、すごく気持ちの良い爽やかさを身体で感じて、

炎天下の応援もなかなか良いものだなどと、

襟元の赤くなったところを保冷剤で冷やしながら、ブログを書いています。




涼しげに咲いています
e0288951_20493255.jpg

e0288951_20500286.jpg

e0288951_20510044.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-22 21:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

準備万端とチャンス


足首の動きが少し軽くなってきて、出かける機会が増えています。

車で出かけたり、電車で出かけたりといろいろですが、

今は出かけることを楽しんでいますよ。

先日、出先でドトールに入りちょっと休憩した時に、

私が座った右隣りの席には、

同年代のご婦人が夢中になって語学の勉強をしていらっしゃいました・・・

どこの国の言葉か・・・そこまでは見えませんでしたが・・・

懸命にノートにアルファベットを慣れた手つきで書き連ねているところで、

そして、彼女の目の前には、キャンバス地の白い大きなトートバッグが置いてあり、

そのトートバッグには、

「準備万端に整えておきなさい、そうすればチャンスがやってきます」

このような意味の文が英語で大きく書かれています。

白い大きなトートバッグいっぱいに、この意味の英文が大きな文字で書かれているのですよ~

このトートバッグに励まされているかのように、

この女性は目の前にトートバッグを置き、集中してお勉強していらっしゃいました。

左隣はと見ると、社会人風の若者が、分厚い参考書を開いています。

こちらもお勉強でした。

暑い日でしたが、お店の中は適度に涼しく適度に空いていて、居心地が良かったですよ。


心頭滅却すれば火もまた涼し・・・だったでしょうか・・・

暑さなどどこ吹く風ですね。

集中して何かをしていれば、暑さなど感じることはないのですね。

両隣からの気迫を感じて、でもそれがなかなか良い感じだったので、

お茶の後もしばらくそこで、私はボ~っとしていましたよ・・・

今の私は、何もしないことを訓練しているようなもので、

この何もしないということは、何かをするよりもっと面倒なことですから、

頭の中も何もしないのですからね。

考えないということ・・・空を感じること・・・

これは瞑想中にすることなのですが、

日常の中でもそれを習慣付けると良いのだとか・・・

することは、今、ここ、この瞬間を感じることだけ・・・

これだけです。



今日は空も海も青色で美しかったですね。

梅雨明けです。

子供たちは、待ちに待った夏休みです。




モナリザの微笑みは元気に咲いています・・・暑さや虫に強いですね。
e0288951_21063090.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-21 21:09 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri