タグ:感謝 ( 2 ) タグの人気記事

太陽の恩恵


前回のブログは、内面の変化についてでした。

春ごろから、何となく感じることが違ってきたと気づいていました。

それが7月ごろからはっきりと自覚出来、

ぼんやりとしていたものが、はっきりと姿を現してきたように思うのですよ。

興味があるものがはっきりとしてきて、それも幅が狭まってきたような・・・

そんな感じですね・・・

そして、そのようなものばかりが目に飛び込んでくるのです。

シンクロニシティーでしょうか・・・


今まで良いと思っていたものに魅力を感じなくなったり、

興味が湧くものや惹かれるものが、次々と目の前に現れたり、

片や、どうでもよいことは、徹底的にどうでもよくなってきたり、

まあ、少しは気を付けなくてはなりませんが、

もう母もいませんし、自由の身ですから、その自由を楽しむつもりです。



自然の脅威はたまにやって来ますが、

そこには、私たちへのメッセージが読み取れることがあります。

地球の浄化が穏やかなものであって欲しい・・・

心の底から、そう願っています!

私たちの意識が・・・そう、一人一人の意識が集まると、

それは社会の想念となり、独特のエネルギーを発するといいます。

社会の想念としてのエネルギーは、地球に響き、伝わり、地球はそれを感じ取る・・・

そうだとしたら、プラスのエネルギーを発したいですね。

私たち一人一人が意識して、プラスのエネルギーを発して、

プラスのパワーを地球に充電して、

地球は浄化作用など必要としなくなる・・・・そのような社会にしたい・・・

一人一人が地球を敬い、自然を愛すことから始める、

私たちがほんのちょっと気を付ければ・・・

変化は起きるかもしれない・・・


欧米では、9月23日の秋分の日がハルマゲドンという声もあったとか・・・

ハリケーンによるテキサスでの水害などがありましたから、

ハルマゲドンという言葉が真実味を帯びて感じられたことでしょう。

天変地異は世界各地で起きていますが、

それでもなお、人々のプラス意識は求められていることではないでしょうか・・・



地球に変化が起きたり、私たちにも変化が起きたり、

今までこうだったと思っていたことが、そうではなかったり、目まぐるしい世の中ですが、

この変化を引き起こしている大きな原因は、

今、太陽が大きく変化していて、地球や他の惑星に影響しているそうですから、

太陽の影響だといえるそうです。

変化は地球だけの問題ではないようですね。


これまで、太陽の有難さに気が付いたことがあったでしょうか・・・

太陽など当たり前と思っていた私。

太陽の恩恵を当然のこととして気にも留めなかった私。

これからは、お日さまを見るたびに、太陽に気が付くたびに、

お天道様を拝み、感謝します・・・

そのことに気づかせてくれてたすべてに感謝です。

ありがとうございます。




秦野で見た蕎麦畑
e0288951_21412761.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-09-28 07:00 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

自然に優しくする

今日は、バラをメインに庭仕事をしました。

想像していた以上にバラが傷んでいて、正直なところちょっとガッカリです。

それは、足場とか覆いを掛けられていたとか、そのようなことだけではなくて、

4月に入って凄く風の強い日が何日かありましたが、

長く伸びて蕾までついていたバラの新枝が、強風のためにたくさん落ちていたのですよ。

勢い良くヒョロヒョロと伸びたひ弱な枝ですから、

強い風が吹くとひとたまりもありません。


今年はロココが勢いが良くて、早くからたくさんの芽が出てすくすくと枝を伸ばしていて、

楽しみにしていたのですけどね。

あの豪華な花を思い描いて、たくさん咲いているところを想像したりして・・・

知らないうちに私はニコニコしていたりして・・・

ずっと笑顔で庭仕事をしていたのですよ。

現実に引き戻されました。


足場に押さえつけられていたレオナルドダビンチとモナリザの微笑み。

両方ともアーチの上部で押さえつけられていて、伸びきれずにいましたよ。

これから伸びてほしいですね。


お天気とか・・・気象とか・・・やはり少し変ですよね。

ただ単に温暖化しているだけではないように思います。

この辺りはもともと、海からの風が強いところで、

冬には強烈な風が吹き荒れます。

強風は冬なのです。

そういえば、昨年の春は台風が来たように覚えていますが・・・

春に台風で驚いた記憶があります・・・

春はこうで、夏はこう・・・秋はこうなって、冬はこう・・・

今までは、こうであって当たり前だったものが、

これからは、違っていて当たり前になるかもしれませんね~

百年に一度と言われることが、度々起きていますから・・・


春夏秋冬の四季の巡りは、これからは少し異なってくるかもしれません。

自然に立ち向かうことなどできませんから、

私たちはそれを受け入れるだけですが、

ちょっと地球に優しくしようという気持ちを持つだけでも、

それはそれでよいと思うのですよ。

自然に感謝したり、自然を敬ったり・・・

そういう気持ちになるだけでも、自然に優しくするということだと思っています。





イカリソウです。
e0288951_20123175.jpg
ブルンネラのブルーの花は可愛い~
e0288951_20175232.jpg
コデマリが咲き出しました。
e0288951_20191405.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-18 20:25 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri