タグ:ヤマミツバ ( 2 ) タグの人気記事

またまたキアゲハベビーのお引越し


今日昼食用のバジルを摘みに庭に出て、唖然としました。

スイートフェンネルの葉っぱがなくなっていて、茎だけになっていました。

たくさんいるキアゲハベビーたちは、

右往左往しているもの、眠っているものなどさまざまですが、

とにかくかれらを食べ物があるところに移さなくてはなりません。

幸いなことに、ヤマミツバがたくさん茂っているので、そちらに移すことにしました。

小雨が降っていましたから、レインコートを着て帽子をかぶり、身支度を整えて、

スイートフェンネルの茎ごとキアゲハベビーをヤマミツバの葉の上に置きましたよ~


e0288951_13373858.jpg


何度往復したかわかりませんけど、目につくキアゲハベビーをすべて移しました。


e0288951_13360032.jpg



このところ葉物野菜・・・特にホーレンソーが高騰しています。

小松菜も値上がり気味ですね。

茂っているヤマミツバを見てお浸しでも作ろうかなと考えていたところですが、

残しておいて良かったです。

ヤマミツバはかなり茂っているので、今回のキアゲハベビーラッシュは、

このヤマミツバですべて賄えますね・・・良かったですよ、本当に!


40数匹のキアゲハベビーの食糧調達など、

今まで経験したことはないですから、見当がつかず、

いつもは、パセリが足らなくなったらスイートフェンネルへのお引越しで済んでいましたから、

今回もそれで大丈夫だと思っていました。

昨日のお昼スイートフェンネルを見たときには、

これで間に合いそうだと思えるくらいの葉っぱがあったように思ったのですけどね・・・



キアゲハベビーたちがお引越しした後のスイートフェンネルです。見事に茎だけです!
e0288951_14003846.jpg


私が今、気が付いているだけでもですが、

ヤマミツバのところにはオオカマキリが1匹いて、

スイートフェンネルのそばのバラの枝にはハラビロカマキリが1匹いて、

ブルーのブッドレアにはオオカマキリが棲んでいて、

このちっぽけなスペースにもあちらこちらに危険が潜んでいます。

それでも、キアゲハベビーたちの多くが、蛹になり蝶になって、

この庭から青空に羽ばたいてくれると思っています。



バラにアカスジカメムシがいます
e0288951_14074779.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-08-15 14:17 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

自然に寄り添う暮らし 


朝、いつものように花殻を摘みながら写真を撮っています。

この辺りは台風は心配したほどではなくて、

カサブランカはきれいに咲いています。

e0288951_20275494.jpg


バラ、ノバーリスが開きかけていて、そばに何かいるような・・・
e0288951_20295232.jpg


ハラビロカマキリベビーがいました。上の写真にも小さく写っていますよ。
e0288951_20305202.jpg

お尻を上げて元気いっぱい!

バラの葉っぱには虫が来ると知っているのでしょう。


こちらはナガメです。バラの葉っぱにいますね。

草食昆虫ですから害虫ですが、何を食べているのでしょうか・・・
e0288951_20342177.jpg


ヤマミツバが茂っていたので、収穫しました。
e0288951_20454739.jpg

ヤマミツバをたくさん入れてのいつものポタージュスープは、

ヤマミツバの薫り高い、さわやかなスープでした。

旬の食材は香り豊かで美味しいですね。


そして、ブラックベリーがほんのり赤く色づいてきました。
e0288951_20522679.jpg

ブラックベリーは茂るので、緑の壁になるといいなと思っていて、

気が付けばたくさんの実ができていて、嬉しいですよ。
e0288951_20560441.jpg
ブラックベリーを収穫するのは初めてなので、よく知らず、

でも、ブラックベリーというのだから、黒くなってから食べるのですよね・・・きっと・・・

虫より先に食べなくては・・・



ニュースでは、大分などでの集中豪雨のことが流れていました。

経験したことのないほどの雨が降ったそうです。

大変なことですね。

自然はいつも穏やかで私たちを包み込んでくれているように感じて過ごしていますが、

ある時ふと、自然の脅威に気が付き、戸惑ってしまいますね。


自然に沿って、

いつも自然を感じながら、

母なる自然に感謝しながら暮らしていても、

自然のそういう一面も意識しながら、自然に寄り添うような・・・

自然に身を委ねるような・・・

大自然に溶け込むような感じ・・・

無理のないような生活・・・便利過ぎず、効率が良すぎず、

ちょっと遠回りでも自然に沿うような、そのような感じを意識しながらの暮らし・・・


それでも、いつかどこかで自然の災害は起きてしまいます。


被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。


e0288951_21174203.jpg





by gutsuri | 2017-07-05 21:24 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri