タグ:ミカドフキバッタ ( 2 ) タグの人気記事

7月のビオトープガーデン


今日も昨日に引き続きの曇り空で、暑さは一休み・・・

おまけに風が強くて、これなら蚊は飛ぶことはできないだろうと、

庭が気になっていたので、庭でちょこっと一働き。

先週は木曜金曜土曜と続けて外出し、

さすがに日曜は家でごろごろしていましたが、

そのおかげで疲れが取れました。


ブッドレアの花は次々と咲きますから、

咲き終わった花はすぐに枯れた花穂となり、

その枯れた花穂が枝にたくさん残っていて、

これを切り取らなくては・・・と思っていました。

花穂を切り取りながら、思い切って枝の整理もしましたから、すっきりです。

e0288951_18045656.jpg

この辺りは海からの風が強いのです。

今日も、枝ごと大きく揺れています。

白い花の西洋ニンジンボクも花の盛りは過ぎたようで、花穂を一部切り取りました。


楽しませてくれたカサブランカも、これが最後の花です。

e0288951_17435248.jpg

クレマチスが1輪
e0288951_17520427.jpg


バラ、コンフィデンス
e0288951_17533689.jpg



ついこの間まで赤ちゃんだったミカドフキバッタがこんなに大きくなりました。

e0288951_20102904.jpg


バジルの花穂にシジミチョウ

e0288951_17545229.jpg


バジルの葉にショウリョウバッタの赤ちゃんと脱皮した白い抜け殻

e0288951_17563717.jpg



今までは、無農薬無肥料でバラを育てているこの小さな庭を

ナチュラルガーデンと呼んでいましたが、

今回から、ビオトープガーデンと呼ぶことにします。

ビオトープガーデンとは、生態系と調和している庭のこと。

蝶々やテントウムシ、バッタやトンボ、小鳥などが自然に集まってくる庭。

このような小さなスペースでも無農薬にすれば、

いつの間にか、肉食昆虫も草食昆虫も、ここに棲みついていました。

ブッドレアの木のおかげで、たくさんの生き物が集まってくるようになって、

喜んだり、ガッカリしたり、驚いたりして、ビオトープガーデンを楽しんでいますよ~




ワイルドなお味のブラックベリー
e0288951_18120064.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-07-24 20:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

バラの蕾にミカドフキバッタ

昨日アップした美しいバラ、大輪のローズポンパドール、

美しくて逞しいバラ、今たくさん蕾を付けていて、これから楽しみなバラ・・・
e0288951_20135090.jpg
今日、バラの写真を撮っているときに、

この蕾に、ミカドフキバッタベビーがいたのです。
e0288951_20185396.jpg
蕾の花びらをかなり齧っていますね~
e0288951_20210503.jpg
ガッカリですね~

ミカドフキバッタベビーは、草食昆虫なので、まあ、困ることもあるのですが、

今はミントの葉が蔓延ってきて、柔らかい葉がたくさん出てきているので、

ミントを食べてくれたらいいなあ~と思っていたところ、

バジルを取りに行くと、バジルの葉が齧られていて、葉っぱにミカドフキバッタがいたのですよ。

バジルは美味しいですからね・・・

君はなかなかグルメだね~   困ったものだわ・・・


今日きれいに咲いている他のバラの写真を撮って、

ローズポンパドールのところへ戻ってみると、

ミカドフキバッタベビーは、そばのイチジクの葉っぱにいました。
e0288951_20330855.jpg
お腹いっぱいになったのでしょう・・・バラの蕾のご馳走をたくさん食べたから・・・


そのあとで、ローゼンドルフシュパリスホープというバラのところへ行くと、

そこにもミカドフキバッタベビーがいて、
e0288951_20393377.jpg

そのそばにはカマキリベビーがいるではありませんか・・・
e0288951_20411145.jpg
今年初のカマキリベビーです・・・お尻を上げているからハラビロカマキリベビーですね・・・

今はアリくらいの大きさですが、すぐに大きくなりますよ。

二匹は向き合っていましたが、ミカドフキバッタベビーは向きを変え、
e0288951_20455994.jpg
カマキリベビーは小さいながら、かまえて威嚇しているように見えます。


そうでした~

この庭は、食べたり食べられたりの世界が出来上っているのでした・・・

ミカドフキバッタがバラの蕾を齧ったからといって、心配することなどありませんね。

そのうち、オオカマキリベビーもたくさん出てくることでしょう。

虫のことは虫にお任せでした・・・


昨年の庭のバラのようすを知ろうと、昨年の写真を見てみると、

バラの写真はあまりなくて、大部分は虫たちの写真で、驚きました。

その時の私の興味は、虫に向いていたのですね・・・

まあ、バラがきれいなのは5月がメインで、

それ以後はバラはそれほど咲きませんから、それもありますが、

それにしても、虫の写真がたくさんで自分でも驚きました。

これからこの小さな庭で、虫たちの命を懸けた戦いが始まります。

その瞬間瞬間に生命がかかっています。

虫たちの世界も大変ですね・・・


今日、きれいだったバラ、ソニアリキエル
e0288951_21075575.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-04 21:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri