タグ:ビオトープガーデン ( 3 ) タグの人気記事

ブッドレアはカマキリの家




私がいつも座っている場所・・・机にはパソコンが乗っています・・・

一日のほとんどをこの机で過ごしていますが、ここに座って窓からちょっと外を見ると、

そこにはブッドレアの小木があり、今年は5匹のカマキリがブッドレアに棲んでいました。

オオカマキリが3匹、ハラビロカマキリが2匹です。

10月のブッドレア・・・高さは2.5メートルですが、枝が広がっています。

e0288951_18225837.jpg

ブッドレアに棲んでいるハラビロカマキリ、お腹が大きいですね。

e0288951_18252054.jpg

こちらはオオカマキリ・・・中央にいます・・・

e0288951_18272246.jpg



枝がかなり広がっているので、5匹は適当な縄張りを確保できているのでしょう。

ブッドレアにはたくさんの虫がやって来ますから、

5匹のカマキリは食べ物には困らないはずです。



今週、12月の寒さとなった冷たい雨の日もありましたから、カマキリたちが気になって、

雨が上がった時に、ブッドレアの枝にいるカマキリを探しました。

が、1匹も見つかりません・・・

擬態が得意なカマキリですから、探し方が足らないのかもしれませんが、

寒さを避けるために別のところに移動した可能性もあるので、見回していると、

壁にくっついているオオカマキリを見つけました~

e0288951_18360080.jpg

元気そうでした・・・お腹が大きいですね・・・産卵はこれからのようです・・・


毎年卵を産み、子々孫々この小さな庭に棲んでくれるカマキリたち・・・

6月、アジサイの葉の上に卵から孵ったばかりのアリンコほどの大きさのカマキリベビーを

見つけた時の喜びと言ったら・・・

こんにちは~  今年もまたやって来たわね~  待ってたのよ~

とまあ、このような感じですね。

食べたり食べられたりの世界を、身をもって示してくれます。

この秋も例年通りに無事に産卵して、地に帰ることができると良いですね。

短い生を精一杯謳歌する庭の虫たち・・・

また、来年・・・姿を見せてね・・・




6月のブッドレアには、アゲハ蝶がたくさんやって来ます。
e0288951_18580871.jpg

ブッドレアの小木が1本あれば、小さな庭もビオトープガーデンになるのです。




6月のカマキリベビーです。
e0288951_19494414.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-10-22 08:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

7月のビオトープガーデン


今日も昨日に引き続きの曇り空で、暑さは一休み・・・

おまけに風が強くて、これなら蚊は飛ぶことはできないだろうと、

庭が気になっていたので、庭でちょこっと一働き。

先週は木曜金曜土曜と続けて外出し、

さすがに日曜は家でごろごろしていましたが、

そのおかげで疲れが取れました。


ブッドレアの花は次々と咲きますから、

咲き終わった花はすぐに枯れた花穂となり、

その枯れた花穂が枝にたくさん残っていて、

これを切り取らなくては・・・と思っていました。

花穂を切り取りながら、思い切って枝の整理もしましたから、すっきりです。

e0288951_18045656.jpg

この辺りは海からの風が強いのです。

今日も、枝ごと大きく揺れています。

白い花の西洋ニンジンボクも花の盛りは過ぎたようで、花穂を一部切り取りました。


楽しませてくれたカサブランカも、これが最後の花です。

e0288951_17435248.jpg

クレマチスが1輪
e0288951_17520427.jpg


バラ、コンフィデンス
e0288951_17533689.jpg



ついこの間まで赤ちゃんだったミカドフキバッタがこんなに大きくなりました。

e0288951_20102904.jpg


バジルの花穂にシジミチョウ

e0288951_17545229.jpg


バジルの葉にショウリョウバッタの赤ちゃんと脱皮した白い抜け殻

e0288951_17563717.jpg



今までは、無農薬無肥料でバラを育てているこの小さな庭を

ナチュラルガーデンと呼んでいましたが、

今回から、ビオトープガーデンと呼ぶことにします。

ビオトープガーデンとは、生態系と調和している庭のこと。

蝶々やテントウムシ、バッタやトンボ、小鳥などが自然に集まってくる庭。

このような小さなスペースでも無農薬にすれば、

いつの間にか、肉食昆虫も草食昆虫も、ここに棲みついていました。

ブッドレアの木のおかげで、たくさんの生き物が集まってくるようになって、

喜んだり、ガッカリしたり、驚いたりして、ビオトープガーデンを楽しんでいますよ~




ワイルドなお味のブラックベリー
e0288951_18120064.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-07-24 20:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

ブッドレアは生き物が集まる花 ビオトープガーデン


今朝見ると、ブッドレアの花穂で枯れているものがたくさんありました。
e0288951_15542105.jpg

一昨日、枯れた花穂はきれいに摘み取り、

昨日は一日中出かけていたので、花殻摘みはできなかったものの、

二日間でこれだけの数の花穂が枯れるとは・・・
e0288951_16302236.jpg

毎日次々と花を咲かせるだけあって、枯れていく花穂の数もたくさんです。

それでも小雨の中、蝶々はやって来ます。


枯れた花穂を摘み取れば、ブッドレアは初夏から秋まで次々と花を咲かせます。

そして何より、ローメンテナンスですよ。

勢いのある枝ですから、私は肥料なしですし、

強剪定をしても次の年にはきれいな花を咲かせますし、

花殻を摘み取ってさえいれば、花は咲き続けます。

また、余り大きくしてしまうと、花殻摘みが大変になり、

数年たった我が家のブッドレアは3メートル近いですが、

柔らかい枝を引っ張れば、まだ、花殻は簡単に摘み取れます。



「ブッドレアは蝶が集まる花」と言われていて、実際にその通りなのですが、

本当のところは、「ブッドレアは生き物が集まる花」だと思います。

蝶は目立つので、そのように言われているのであり、

我が家のブッドレアには、ハナグモ、ササグモなどが、棲みついています。
e0288951_19283521.jpg

そして、8月9月になれば、オオカマキリやハラビロカマキリの棲家となります。
e0288951_19320534.jpg

クモやカマキリがどうして棲みつくかというと、

たくさんの虫がブッドレアにやって来るからですよね・・・

蝶々だけではないのです・・・

ハチやアブをはじめとして、名前を知らない小さな虫も、

ときどきはアシナガバチもぶんぶん飛んでいますし、

オオスカシバもよくやってきますよ。

クモやカマキリはそれをよく知っていて、待ち伏せしているのです。

それでも、ブッドレアの花に引き寄せられて、たくさんの虫がやってきます。

そう、「ブッドレアは生き物が集まる花」なのです。


私は無農薬でバラを育てていて、

バラと虫は仲良し・・・をスタンスにしていますから、

ブッドレアにたくさんの虫がやってくるのは嬉しいことです。


最近「ビオトープガーデン」という言葉を知りました。

野生の動植物が自然に集まってくる、最近注目されつつある庭の形だそうです。

動植物は難しいですが、虫くらいなら集まってくれそうですね。

個人でできる自然保護。

その手始めには、ブッドレアが打ってつけですね。



ポンポネッラ、これで終わりです。雨にも強し。さすがですね。
e0288951_20112001.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-30 20:13 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri