タグ:バラ ( 7 ) タグの人気記事

カマキリの助っ人、登場です

バラ、ニュードーンの花が咲き終わったので、

午後から伸び放題だったニュードーンの枝を刈り込みました。

枝をどんどん伸ばし、花を次々に咲かせ、花期も長いので、
(一か月近く咲き続けますが、一つの花の花持ちは1~2日位です)

枝葉は茂る一方です・・・思い切って刈り込み、すっきりです。

高いところは、脚立に乗って・・・2段の脚立なので大したことはありません。

これ以上は枝を伸ばさないことにしています。

ニュードーンは、虫にも強く病気にもならず、本当にローメンテナンスのバラですが、

花が咲き終わった後には、枝の整理をしたほうがいいですね。

これがちょっと面倒かもしれません・・・

が、これをしないと、バラのジャングルの出来上がり・・・

我が家の小さな庭を全部覆ってしまいそうです・・・

1997年に世界バラ殿堂に選ばれているニュードーン、

日陰にも強く病気や虫にも強いローメンテナンスの素晴らしいバラですが、

花後の手入れは必須ですね。



無農薬でバラ育てをしていますから、

庭の隙間のあちらこちらに・・・バラとバラの間にも・・・

所狭しと、パセリやバジルが植えてあります。

バジルとパセリとセロリを毎日たくさん摘み取り、

小松菜とホーレンソーがベースのポタージュスープに入れています。

バジルが香るポタージュスープです。

美味しいですよ・・・夏仕様のポタージュスープです・・・


たくさんのバジルを植え付けていても、バジルは虫たちの好物ですからね~

無農薬だから、バジルの葉が虫食われの穴だらけになってしまいます。

ショウリョウバッタベビーやハムシなどが喜んで食べています。

ミカドフキバッタもいましたね・・・

仕方がないので、2~3株のバジルは虫用のバジルとしましたよ。

虫用のバジルは穴だらけです。

ところが、虫用のバジルに、助っ人登場です~
e0288951_20013774.jpg

カマキリベビーが大分大きくなりました。

バジルはこれからは虫食いが減るかもしれませんね。


こちらは虫食いがないほうのバジルですが、このようになるでしょうか・・・

e0288951_20120081.jpg

期待することにします。


カサブランカの蕾にもハラビロカマキリベビーがいました。
e0288951_20220335.jpg
ハムシを捕まええてくれるでしょうか・・・捕まえてくれるでしょうね。


カマキリベビーが今、庭にたくさんいます。

降って湧いたように、たくさんいますよ。

小さくてもカマキリはカマキリ・・・いろいろと捕まえてくれます。

助かっています。


ピンクのブッドレアが咲き始め、早速キタテハが飛んできました。
e0288951_20400696.jpg
高いところなのでよく見えません・・・



イングリッシュヘリティッジッジ
e0288951_20420455.jpg



もなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-26 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

キタテハとベニシジミとブッドレア


朝、窓から外を見ると、ブッドレアにキタテハがいました。
e0288951_21433872.jpg

あら!

黄色がやってきた~

嬉しいですね!

早速、カメラを構えましたよ。

キタテハは人がいても気にせず、自分の仕事に没頭するので、

外に出て、ブッドレアに近づいて、シャッターを押しました。

e0288951_21464688.jpg

人の気配に気づいているのかどうかわかりませんが、

平気ですね~

e0288951_21474862.jpg

ずっとこうしてキタテハを観察していたいのですが、

気が付いたら20分以上たっていたので、適当に切り上げましたよ。

キタテハはブッドレアに長居をすることは知っていますから・・・

e0288951_21515129.jpg

しばらくすると、ベニシジミもブッドレアにいました。

e0288951_21533780.jpg

こちらはオレンジ色ですね。

写真を撮って部屋に戻り、家事をしながら再び外を見ると、

一つのブッドレアの花房に、キタテハとベニシジミが仲良くとまっています。

これだけたくさんの花房があるのに、同じ花に止まるなんて・・・面白いですね・・・

写真に撮ろうかな~  

ちょっと面倒だな~

などと迷っているうちに、もう一度見ると、もう二匹は離れていました。


キタテハは縄張り意識が薄くて、

一方、アカタテハは縄張り意識が強くて、近くに来る蝶を追い払っているのを昨年見ています。

その個体差によるものだったのかもしれませんが、

その印象が強くて、キタテハは他の蝶を追い払わないと思っているので、

今日、キタテハとベニシジミが仲良く同じ花に止まっていたのを見て、

やはりキタテハは縄張り意識が薄いのかもしれないと思いました。


ブッドレアにはたくさんの蝶々がやってくるので、

庭に一本あると楽しめますね。

ガーデンパラソルよりは実用的かもしれません・・・

庭を楽しむという意味で・・・

蝶々だけではなくて虫たちもやってきますよ~


昨日変えた壁紙・・・スッキリとして涼しげな黄色が好きだったのですが、
余りに写真が大きくて、私は文字を拡大しているので、
一枚の写真を見るのに、スクロールしなくてはならず、
写真が少し小さめのものに変更しました。
今度は赤色です。
第一チャクラの色ですね。
生命の色・・・赤色です。



外壁塗装で3月に植え替えて、元気がなかったシェイクスピアがようやく花を付けました。

ササグモが花を守っているように思えます・・・
e0288951_22073435.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-24 22:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

第3チャクラ、太陽神経叢の色は黄色

昨日の雨と強風で、バラの枝が折れたり倒れたり、

でも、心配していたほどではなくて助かりました。

イングリッシュヘリティッジが下向きに・・・
e0288951_16542152.jpg

ブッドレアにハナグモ
e0288951_16555969.jpg

そして、モナリザの微笑み
e0288951_16573105.jpg

アーチの上の方は枯れた花もあり、咲き出した花もありで賑やか
e0288951_16585935.jpg




久しぶりに壁紙を変えてみました。

以前の壁紙はとても気に入っていたのですよ。

星や月があり、小鳥たちが勢いよく飛んでいたり、そして、マトリックス・・・

空気中には、見えないものがたくさんあるのだということを気付かせてくれる図柄でした。

今は何となく黄色が気になっていて、また、このシンプルさも気に入りました。

黄色と言えば太陽神経叢・・・第3チャクラの色ですね・・・

第3チャクラと言えば、願望実現・・・となるのですが、

その思いもあって黄色を選びました。

第3チャクラの活性化の一つをネットでチェックすると(スピラボより)

  1. きれいな黄色のエネルギーをイメージし、腹式呼吸でそれをゆっくり吸います。肺の中に黄色のエネルギーが満たされたら、そこから体全体に充満されるようにします。体全体が黄色に輝くようにイメージする
  2. 次にゆっくりと息を吐き、それと同時に第三チャクラからも息を吐くように、黄色のエネルギーを勢いよく放出します

とまあ、このようなことも書かれていましたよ・・・

面白そうですね。


夏至は、12月の冬至までの折り返し地点。

植物はスイッチを切り替え、成長発展ではなくて、収束結実に向かっていきますね。

これから、秋の豊かな実りに向かって進みます。

四季の巡り・・・一年はあっという間・・・

暑い暑いと言いながら・・・涼しくなった・・・寒くなった・・・

こういっている間に一年が過ぎ去っていきますね~

9月の秋分が来たら、またすぐに冬至がやってきます。

再びのスタートですね。


ヤマミツバがこの通り・・・お浸しが出来ます
e0288951_17404403.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-22 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

ショウリョウバッタとベニシジミ

今日は、久しぶりの強い風と強い雨でした。

写真を撮れないので、以前の写真から・・・


バジルの葉っぱを摘もうとバジルの葉を触っていると、

勢いよくバジルの葉から飛び出したものがあります。

ショウリョウバッタの赤ちゃんでした。1センチくらいの大きさです。6月18日
e0288951_20284975.jpg
その場では、オンブバッタかショウリョウバッタかはっきりしませんでしたが、

写真で見れば、これはショウリョウバッタですね。

ショウリョウバッタは、すごく大きくなります・・・

驚くほど大きいのです・・・本当に・・・

巨大化したバッタが出てきたのかと初めは思ったくらいです。

そして、そのジャンプの見事なこと。

あれだけ大きいのだから(15センチ以上あります)たくさん食べるのだろうな~

バジル、足りるかしら・・・私の分・・・

などと考えましたけど・・・

昨年、驚くほど大きなショウリョウバッタがミントにいて、

その重みでミントの枝全体が曲がっていました。

すぐそばのパセリにはたくさんのキアゲハベビーがいて、

ショウリョウバッタはキアゲハベビーたちと仲良くやっていました。

ショウリョウバッタはオオカマキリよりもず~っと大きいのですよ~



そして、ラベンダーにベニシジミです。6月14日
e0288951_20361705.jpg
ラベンダーも蝶々に好かれますね。

たくさん飛んできましたよ。

見ていて気持ちの良いものでした。



さて、今日は夏至でした。

一年の折り返し点です。

冬至からスタートした一年が、今日で半分過ぎてしまい、

時間が経つ速さに驚いてしまいます。

今年は6月に入っても、5月のような爽やかな日が続き、

その5月の陽気にどっぷりと浸かって元気が良かったのはバラや虫だけではなくて、

私もその陽気の心地よさに5月の気分でいましたから、

夏至と聞いても、信じられないほど・・・

この雨風のお天気では外出もままならずで、今日は孫のところへ出かけてきました。


雨だけではなくて風もすごく強くて傘がさせず、

雨の中をびしょ濡れで笑いながら歩いていた若いお嬢さんお二人。

楽しそうでしたね~  

童心に帰ったようでした。



イングリッシュヘリティッジの中でハナアブが転げまわっています
e0288951_20534221.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-06-21 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

お天気に恵まれて・・・

シャリファアスマ(イングリッシュローズ)が咲きました。
e0288951_20573687.jpg
3月、塗装のために覆われて、休眠状態でした・・・ようやく目覚めたようです。

優しいバラで・・・見ているとこちらも優しい気持ちになってきます・・・
e0288951_20590681.jpg
あと二つ蕾が付いています・・・嬉しいですね。

見るからに繊細な感じがしますが、性質も繊細なようです。


こちらは名前がわからないので「伯爵夫人」と私が呼んでいるバラです。
e0288951_21014670.jpg

5月にいくつか咲いていました。こちらは5月24日です。
e0288951_21043156.jpg
何よりも目立つバラですね・・・だから、伯爵夫人です・・・



ブッドレアが伸びてきて、イモーションブルーのバラも覆っていますよ~
e0288951_21085103.jpg
ブッドレアの陰で3輪咲いています。

気持ちの良いお天気です。

おかげで今年のバラは本当に元気ですね。

有難いことです。

私たちもこの陽気で楽に過ごせますね。

身体も助かります。

そして、花も虫も元気です。




e0288951_21153944.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-06-17 21:18 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

斑入りシランが咲いています

バラの根元に斑入りシランを植えています。
e0288951_20495399.jpg
葉に白い筋が入っています。
e0288951_20511093.jpg
花は純白で清々しいですね。
e0288951_20515945.jpg
斑入りシランは日陰で育ち、毎年株が増えていく丈夫な山野草です。
e0288951_20564041.jpg
一株だけだったのに、いつの間にかこんなに増えました。




e0288951_20545075.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-06 21:01 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

バラの台風対策

今日は、昼前くらいから日差しがのぞいて

その日差しの強いこと!

こんなにお日さまが照っているのに

本当に台風が近づいて来ているのかしらと思いながら

バラの枝全体を、ひもでくるくるっと巻きました。

棒を立てて枝の一部を結びつけたものもあります。

こうしておくと、風が強くても、雨の当たりが強くても

バラはしのぎやすいようです。

台風の後では、バラは葉は全部落としますけれどね・・・我が家の場合です・・

海に近いので塩害が酷いのですよ。

そして、いつもは出したままにしている庭仕事道具をしまったり

飛んで行きそうなものを片づけたり

物干しざおを下したり・・・

猛暑の中の作業は、本当に大変です。

汗が流れ落ち、首に巻いたタオルで拭きながら

片づけました。

バラの蕾はまだたくさん残っています。

取りきれませんでした。

我が家のバラたちは、毎年台風で塩害の洗礼を受けていますから

だんだんと塩に対しての免疫が出て来ても良さそうなものだけれどと

都合の良いことを考えたりしています。

その地に馴染むには、時間がかかるのでしょうね~

古株のマリアカラスは我が家に来て20年経っていますが

今回の塩害の影響はどうでしょうか・・


私のバラ育ては、まず、バラの枝を丈夫にすることです。

強くてたくましいバラの枝に育ったら、花は自然と咲きますからね。

無農薬無肥料でバラを育てていますが、

乳酸菌のおかげで、それなりにバラの花は咲いてくれます。

根っこが深く張ってくれればいいのですよね。


晴れの日も、雨の日も、台風の日も、雪の日も、猛暑に日も

一年を通していろいろな日がやってきます。

四季の巡りは楽しいものですが

お天気はいろいろですからね。

そこが面白くもあり、大変でもあり、驚きでもあり、面倒なところでもあります。

小さな頭をフル回転して、

でも、空回りしていることが多いのですが

毎日バラの花を見て元気をもらっていますから、台風対策にも力が入ります。


今日摘み取ったバラの花を見て

母はすごく喜びました。

たくさんのバラの花を見て、驚いていましたよ。

母の部屋は良い香りに包まれています。

たくさんのバラの花で

母のパワーがチャージされていればいいなあ?なんて思っています。



クリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








ご訪問ありがとうございます



今日の庭
猛暑の中で、台風対策をしました。咲いているバラを切り取りました。
咲きかけの蕾がたくさんありました。
e0288951_17373825.jpg

スーリールドゥモナリザ  このバラはいつでも咲いています
我が家のバラは良く咲く方だと思いますが、その中でもこのバラは断トツで
いつでも咲いています
e0288951_17402618.jpg

こちらは収穫したルッコラとバジル 台風が来るというので食べられそうなところは
収穫しました
e0288951_17433274.jpg



by gutsuri | 2013-09-15 18:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri