タグ:バジル ( 2 ) タグの人気記事

バジルが大好き!


昨日、カッコよくビオトープガーデンなどという言葉を使いました。

日頃から、自然と繋がって暮らしたいと考えていて、

無農薬無肥料の庭には、肉食昆虫や草食昆虫などがたくさんいて、

虫の世界が出来上っています。

特に暑くなると、もはや私の入る隙など全くなく、

虫の世界は虫にお任せ状態・・・

ということで、この夏はどういうわけかわかりませんが、

ショウリョウバッタベビーが降って湧いたようにたくさんいて、

私の好物のバジルが穴だらけなのです。

虫用にバジルを3株用意したのですが、それだけで済むはずもなく、

少し離れたところにある私用のバジルまで、虫食われの穴がたくさん付いています。
e0288951_20065094.jpg

こちらは虫用のバジルですが、上のバジルとほとんど変わりません。

e0288951_20074303.jpg

それでも、バジルの苗は12株あるので、さすがに全部は食べきれないらしく、

毎日の私の食べる分はどうにか確保できています。

これは、今日摘み取ったバジルとブラックベリーです。

e0288951_20103598.jpg

ときには、穴あきバジルの葉が加わることがあります~



カマキリベビーも庭にたくさんいます。

オオカマキリベビーも、お尻を跳ね上げたハラビロカマキリベビーもたくさんいて、

カマキリベビーの世界も厳しいですからね。

共食いの末、生き残ったものが、庭で縄張りを持つことができるのです・・・



バジルの葉にも、カマキリベビーがいます。

ショウリョウバッタベビーの数が減ってきていますから、多分・・・

カマキリベビーがショウリョウバッタベビーを狙って、バジルに潜んでいるのだと思いますよ。

バッタの世界も厳しいですが、生き残るものが必ずいることは、

バジルの葉の虫食われのあとからわかりますよね・・・



バジルを食べる草食昆虫がいて、

その草食昆虫を狙って肉食昆虫がいる・・・

だから、今はこんなに穴あきバジルでも、

そのうちこれほどひどい穴あきバジルではなくなるのではないか・・・

バジルもどんどん新しい葉を出してきますからね。

そう思いながら、毎日バジルを摘み取っていますよ~



8月も中旬になれば、それこそカマキリは大きく育っていて、

この庭の主のような存在になっています。




また、クリスマスローズは強い毒性を持っていますから、

クリスマスローズのそばにバジルを植えると虫が寄ってこないのではないかと、

ためしにクリスマスローズのそばにバジルを植えてみました。

が、虫食われがありますから、バッタはいるようです。



バジルをバッタに食われるのが嫌なら、ネットを張れば大丈夫でしょうね・・・きっと・・・

私はネットを使ったことがありませんけど・・・



ビオトープガーデン・・・生態系と調和した庭・・・

小鳥がやってきたり・・・

蝶々がやってきたり・・・

生き物の生命エネルギーが溢れている場所。




そのビオトープガーデンの今日の虫は

立派なカメムシですね・・・草食昆虫ですよ~

e0288951_21100431.jpg

咲き終わったバラ、コンフィデンスにコガネムシ(バラの害虫です)

e0288951_21113677.jpg





百日紅が咲き始めました
e0288951_21122343.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-25 21:15 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

ノヴァーリスとバジルとハムシ

ノヴァーリスという人気のバラがあります。

青を含んだ紫色のバラで、

病害虫に強い「最強の青バラ」と謳われ、

京成バラ園のバラのプロの方、数名がこぞって称賛されていて、お勧めのバラとおっしゃる・・・

病害虫に強い青バラ? ぜひとも我が家に迎えたい・・・

こう思って4年前に購入、

次の春は虫にやられて蕾は全滅、春は開花せず、秋に3輪咲きました。

その次の春も蕾は全滅(バラゾウムシ)春は開花せず、秋に2輪小さいのが咲きました。

この春は、マリアカラスに虫除けをスプレーするときに一緒にノヴァーリスにもスプレーして、

ようやく春に2輪咲きましたよ。

右側の紫っぽいバラ2輪がノヴァーリスです。
e0288951_20282467.jpg
病害虫に強いっていっても、バラゾウムシには弱いのね・・・

枝に勢いはありますが、バラゾウムシに蕾をやられて、すぐまた蕾を付けるということはありません。

そして今、このバラに手を焼いているところです。

このバラはどうも、ハムシを呼び寄せるように思えるのです。

ハムシが数匹棲みついていましたよ・・・3~4匹捕まえましたが・・・

そして、ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシの虫食い穴だらけ・・・

すぐそばのアランティッチマーシュというバラの葉には、ハムシの虫食いはありません。

庭でハムシがいる場所は、このノヴァーリスとバジルの葉っぱです。

そう・・・バジルにもハムシは虫食い穴を開けましたけどだいぶ捕まえましたよ・・・あと少しです・・・


ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシに好かれる葉っぱ!   

バジル並みですよ・・・


でも、これは、もしかすると、ここだけ(私の庭だけ)の話かもしれません。

無農薬無肥料などという普通ではないバラ育てをしているからだと言われそうですね・・・


ノヴァーリスは2016年にADR賞を受賞しています・・・

ADR賞とは、ドイツで化学薬剤は一切使用しないで3年間育てられた結果、
病害虫や寒さに強いかどうか調べ、与えられる賞



ハムシ対策に薬を使うほどハムシはいません。

手で捕まえられる数ですから大丈夫ですが、

探して捕まえるのがちょっと面倒な・・・

小さいですからね。

これがそのルリマルノミハムシです。
e0288951_20575730.jpg
今日も4匹捕まえました・・・

3~4ミリくらいの大きさで飛び跳ねたり、バラゾウムシのように葉から落ちたりします。





ブッドレアが咲いてきました。
e0288951_21014422.jpg
さっそくやってきました
e0288951_21031650.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-14 21:05 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri