タグ:ノヴァーリス ( 2 ) タグの人気記事

カサブランカの花が笑顔に見えます


カサブランカが次々に咲いてきました。
e0288951_20361165.jpg

こちらにも・・・
e0288951_20371091.jpg

そして、こちらにも・・・
e0288951_20381438.jpg

庭には今、濃厚な甘い香りが漂っています。


カサブランカのお花を見ると、笑顔のように見えますね~

笑っています。
e0288951_20443551.jpg


笑顔がたくさん、咲いています。

庭に笑顔がいっぱい並んでいますよ。

ああ、やっぱり、カサブランカの球根を10球植えて良かったです。

カサブランカの笑顔が扶美さんの笑顔と重なります。

カラッとした笑顔です。

嬉しいですね。



ノヴァーリスも咲いていました。
e0288951_20534960.jpg

蒸し暑くなってきて庭には今、バラの害虫がたくさんいます。

バラゾウムシやハムシを毎日のように見ています。

ノヴァーリスはその中で咲きましたから、虫に強い一面も持っているのかもしれません。

薄紫色が美しいです・・・涼しげですね・・・

青系のバラからは、赤やピンクなどのバラとは少し異なる印象を受けますね。

穏やかさや落ち着きなどを感じます。

ノヴァーリスというのは、「青い花」という小説の作者の名前で、

ストーリーは何ともロマンティックなお話です。

ノヴァーリスの蕾があと二つ付いていますから、もう少し楽しめそうです・・・



今日は孫のところへ出かけ、七夕の短冊とこよりを買ってきました。

さあ、これから書いて、観葉植物に吊り下げます。

何を書こうかな~

明日は七夕ですね。



お気に入りのyoutbe 、再度アップです。



みなさまも素敵な七夕をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-07-06 21:25 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ノヴァーリスとバジルとハムシ

ノヴァーリスという人気のバラがあります。

青を含んだ紫色のバラで、

病害虫に強い「最強の青バラ」と謳われ、

京成バラ園のバラのプロの方、数名がこぞって称賛されていて、お勧めのバラとおっしゃる・・・

病害虫に強い青バラ? ぜひとも我が家に迎えたい・・・

こう思って4年前に購入、

次の春は虫にやられて蕾は全滅、春は開花せず、秋に3輪咲きました。

その次の春も蕾は全滅(バラゾウムシ)春は開花せず、秋に2輪小さいのが咲きました。

この春は、マリアカラスに虫除けをスプレーするときに一緒にノヴァーリスにもスプレーして、

ようやく春に2輪咲きましたよ。

右側の紫っぽいバラ2輪がノヴァーリスです。
e0288951_20282467.jpg
病害虫に強いっていっても、バラゾウムシには弱いのね・・・

枝に勢いはありますが、バラゾウムシに蕾をやられて、すぐまた蕾を付けるということはありません。

そして今、このバラに手を焼いているところです。

このバラはどうも、ハムシを呼び寄せるように思えるのです。

ハムシが数匹棲みついていましたよ・・・3~4匹捕まえましたが・・・

そして、ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシの虫食い穴だらけ・・・

すぐそばのアランティッチマーシュというバラの葉には、ハムシの虫食いはありません。

庭でハムシがいる場所は、このノヴァーリスとバジルの葉っぱです。

そう・・・バジルにもハムシは虫食い穴を開けましたけどだいぶ捕まえましたよ・・・あと少しです・・・


ノヴァーリスの葉っぱは、ハムシに好かれる葉っぱ!   

バジル並みですよ・・・


でも、これは、もしかすると、ここだけ(私の庭だけ)の話かもしれません。

無農薬無肥料などという普通ではないバラ育てをしているからだと言われそうですね・・・


ノヴァーリスは2016年にADR賞を受賞しています・・・

ADR賞とは、ドイツで化学薬剤は一切使用しないで3年間育てられた結果、
病害虫や寒さに強いかどうか調べ、与えられる賞



ハムシ対策に薬を使うほどハムシはいません。

手で捕まえられる数ですから大丈夫ですが、

探して捕まえるのがちょっと面倒な・・・

小さいですからね。

これがそのルリマルノミハムシです。
e0288951_20575730.jpg
今日も4匹捕まえました・・・

3~4ミリくらいの大きさで飛び跳ねたり、バラゾウムシのように葉から落ちたりします。





ブッドレアが咲いてきました。
e0288951_21014422.jpg
さっそくやってきました
e0288951_21031650.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-06-14 21:05 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri