タグ:ニュードーン ( 2 ) タグの人気記事

ローメンテナンスのバラ、ニュードーン

6月になり、バラの勢いはなくなってきて、

咲いているバラの数も減り、庭に5月の華やかさはありません。

それでも遅咲きのバラなどが元気よく咲いていますよ。

ニュードーンです。
e0288951_20345925.jpg
株もとから右に2メートル、左に2メートル伸びて、庭の三分の二を覆っている感じです。
e0288951_20434133.jpg
e0288951_20441444.jpg

昔からあるバラの花のような・・・一般的なバラの花の形で、
e0288951_20470342.jpg
今、蕾がたくさん付いていて、

咲き終わった花殻もたくさん付いていますが、花殻を切り取るには数が多すぎてできず、

蕾と、咲いている花と、咲き終わった枯れた花殻が同居していて、

美しい枝振りではありません。

5月の第一弾のバラの花が咲き終わったころに咲いてくれる有難いバラの花・・・

それがニュードーンです。

1930年アメリカ作出のバラ、1997年にバラ殿堂入りをしている世界で愛されているバラです。

このバラの一番の特徴は日陰に強いことですね。

半日陰ではなくて、日陰でも咲くバラといえるでしょう。

そして、病気にも虫にも強い強健種です。

ツルバラですからたくさんの蕾に目を配ることなどできず、

消毒もせず、虫の好き放題、枝は伸びほうだいの状態で、

それでもこれだけ花を咲かせますから素晴らしいですよね。

虫に強いです。

虫をあまり寄せ付けないような気がしますが・・・気がするだけですけど・・・

バラゾウムシはくっ付いていますけどね・・・
e0288951_21014065.jpg
ナニワイバラには肥料を与えないほうが良いと言われますが、

伸びすぎて困りますからね・・・

ニュードーンもそうだと思います。

肥料なしでこれだけ伸びるのですから、肥料を与えると大変なことになりますね~

なんとも逞しいバラですよ。

花は見るからに繊細そうに見えますけど・・・



そして、ローズポンパドールがまた咲いてきました。

5月の初めには大輪が一輪咲いただけでしたが、

そのあとたくさんの蕾を付けて・・・今17個の蕾を付けています、
e0288951_21061139.jpg
それが次々に咲き始めています。
e0288951_21063490.jpg
強いバラですね~
e0288951_21071048.jpg
ルイ15世時代のフランスの宮廷を牛耳ったポンパドール夫人、

そのポンパドール夫人の名前を冠しただけありますね。

美しさと逞しさを両方兼ね備えています。

さすがです~



今日は孫の運動会でした。

お天気に恵まれて楽しい一日でした~

さすがにちょっと疲れましたけど、それも心地よい疲れです・・・



e0288951_21080852.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-06-03 21:11 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

オオアオゾウムシは庭の仲間

今年のゴールデンウイークはお天気に恵まれていますね。

連日気持ちの良いお天気が続き、外の空気が美味しくて、

日陰で木漏れ日を浴びていると、

家の中に入るのがもったいないと思われて、

それでも、庭ばかりを片付けて、庭ばかりがきれいになっても、

家の中が散らかっていたら落ち着きません・・・

そうそう、連休中に来客があるのだった~

掃除しなくては・・・


連日、バラの枝のアブラムシをチェックしています。

アブラムシがいれば払い落としていますから、

アブラムシがいないかどうか見回していると、

いますね~

ニュードーンというツルバラの蕾にアブラムシがいたので、パラパラと払い落とすと

雨のようにアブラムシが降ってきました。

このニュードーンというバラは素晴らしいバラで、

日陰でも、肥料なしでも、虫がいても、たくさんの花をつけ、

しかも病気にならないという我が家の方針にぴったりのバラなのですよ。

バラの殿堂入りをしていますから、世界でも認められているばらなのですね。

ニュードーンのアブラムシを払い落としていると、

ハナグモが迷惑そうに出てきましたよ。

どうもハナグモの食事を邪魔したようです・・・

ハナグモもアブラムシを食べています。


先日、アマリリスの球根を植えた場所を忘れないように割り箸を刺しておいたら、

今日、その割り箸の上に何かいるのに気が付きました。
e0288951_19453336.jpg
オオアオゾウムシです。

オオアオゾウムシは草食昆虫なので、

それなりに葉っぱや花に悪さをしますが、

草や花を少しかじったりする程度なので、

オオアオゾウムシは庭の仲間です。

バラゾウムシ(こちらは真っ黒で小さいゾウムシ)はバラの蕾に決定的なダメージを与えますから、

それでは困ってしまいますよね・・・

バラゾウムシは捕まえていますよ。



庭には、ハナグモ、ササグモ、ワカバグモなどの肉食昆虫がたくさんいるので、

オオアオゾウムシもうかうかとしてはいられません。

生き物の世界は厳しいのです。


こちらは百合の葉にいるオオアオゾウムシ
e0288951_20183015.jpg



ギボウシの葉が伸びてきました。
e0288951_20195016.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-02 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri