タグ:アブラムシ ( 3 ) タグの人気記事

ヒラタアブの幼虫はアブラムシを食べる

今朝、カメラを手に庭を見まわっていると・・・アブラムシチェックですよ・・・

ツルバラの蕾に何かくっ付いていました。
e0288951_20425156.jpg
これはヒラタアブの幼虫ですね。

見た目はちょっと気持ち悪いですが、

ヒラタアブの幼虫はバラを育てている者にとっては益虫なのです。

アブラムシをたくさん食べてくれるのですよ。

レオナルドダビンチというこのツルバラは、丈夫なバラで手がかかりませんが、

それでも、たまにはアブラムシが付いていることがあって、

気が付けば私が払い落としますが、

気が付かなければ、こうやって、何かがアブラムシを食べてくれますよ。

おかげさまで助かっています。

こちらは2~3日前にイングリッシュヘリティッジというバラの蕾にいたヒラタアブの幼虫です。
e0288951_20582788.jpg
頑張って食べてくれて、頼もしいですね~


ヒラタアブとは花が好きな可愛いアブですよ。
e0288951_21012977.jpg
こちらもそうです。

e0288951_21022455.jpg
花だけに興味がある可愛いアブです。


そして、これはバラの葉についていた卵なのですが、

何の卵だかわからなくて、

ヒラタアブの卵ではないか・・・と思って、様子を見ているところです・・・

イングリッシュヘリティッジというバラの葉についていた卵です。
e0288951_21052418.jpg
見つけたときには気持ち悪くて、すぐに葉を処分しようと思ったのですが、

一呼吸おいて、ちょっと考えてみたら、ひょっとしたら・・・ヒラタアブの卵かもしれない・・・

はっきりしないから、様子を見ましょう・・・

ということで、そのまま観察していますよ。

どのくらいで孵るのでしょうね・・・


生命溢れる庭は、楽しいけれど忙しくもあり、

面白いけれど、驚くこともたくさんあって、

それでも、万物の生命の営みから、たくさんのエネルギーをもらっていますよ~



マリアカラスが咲きました。
e0288951_21150496.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-08 21:16 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

アオメアブが飛んできた~

今日の午後、庭に立っていると、

何かがふわ~っと飛んできて、すぐそばのクレマチスの枝に止まりました。

飛び方がソフトな感じだったので、何の虫かしら・・・と、注意してみると・・・

どうも、アオメアブのようです。
e0288951_21100965.jpg
小さいので、まだ子供だと思いますが、

アオメアブって、虫の中で最強だと言われているのですよ~

スズメバチをも捕まえるのですって・・・すごい猛者なのです・・・


昨年からときどき庭にやってきます。

アオメアブは、白いひげを生やし、

緑青の大きな目をしていて、

リュックを背負ったように背中にこぶが出来ているお爺さんのような虫。

昨年始めて見たときに、このように思いました~

数日前にもアオメアブを見ましたから、時々はやってきているのでしょう。

4月28日のアオメアブです。
e0288951_23225625.jpg

アオメアブは人に興味はないようです。

ばっさばっさと作業をしていても動じませんね。

肉食昆虫の上位に君臨しています・・・さすがです・・・


アブラムシもたくさんいますが、

この5月の庭をいろいろな虫が、生を謳歌して闊歩しています。

文字通り、エネルギー溢れる庭になっています~



e0288951_21233884.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-07 21:27 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

オオアオゾウムシは庭の仲間

今年のゴールデンウイークはお天気に恵まれていますね。

連日気持ちの良いお天気が続き、外の空気が美味しくて、

日陰で木漏れ日を浴びていると、

家の中に入るのがもったいないと思われて、

それでも、庭ばかりを片付けて、庭ばかりがきれいになっても、

家の中が散らかっていたら落ち着きません・・・

そうそう、連休中に来客があるのだった~

掃除しなくては・・・


連日、バラの枝のアブラムシをチェックしています。

アブラムシがいれば払い落としていますから、

アブラムシがいないかどうか見回していると、

いますね~

ニュードーンというツルバラの蕾にアブラムシがいたので、パラパラと払い落とすと

雨のようにアブラムシが降ってきました。

このニュードーンというバラは素晴らしいバラで、

日陰でも、肥料なしでも、虫がいても、たくさんの花をつけ、

しかも病気にならないという我が家の方針にぴったりのバラなのですよ。

バラの殿堂入りをしていますから、世界でも認められているばらなのですね。

ニュードーンのアブラムシを払い落としていると、

ハナグモが迷惑そうに出てきましたよ。

どうもハナグモの食事を邪魔したようです・・・

ハナグモもアブラムシを食べています。


先日、アマリリスの球根を植えた場所を忘れないように割り箸を刺しておいたら、

今日、その割り箸の上に何かいるのに気が付きました。
e0288951_19453336.jpg
オオアオゾウムシです。

オオアオゾウムシは草食昆虫なので、

それなりに葉っぱや花に悪さをしますが、

草や花を少しかじったりする程度なので、

オオアオゾウムシは庭の仲間です。

バラゾウムシ(こちらは真っ黒で小さいゾウムシ)はバラの蕾に決定的なダメージを与えますから、

それでは困ってしまいますよね・・・

バラゾウムシは捕まえていますよ。



庭には、ハナグモ、ササグモ、ワカバグモなどの肉食昆虫がたくさんいるので、

オオアオゾウムシもうかうかとしてはいられません。

生き物の世界は厳しいのです。


こちらは百合の葉にいるオオアオゾウムシ
e0288951_20183015.jpg



ギボウシの葉が伸びてきました。
e0288951_20195016.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-02 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri