百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メジロがやってきました

11日の午前中に、チッチッチという透き通ったきれいなさえずりが外から聞こえてきました。

スズメの声とは違うので、そっと庭を見ると、2ひきのメジロが飛び回っていました。

バラの葉をつついたり・・・
e0288951_22013453.jpg

e0288951_22022541.jpg
ブッドレアの枝に止まったり、プルプレアの葉をかじったり、地面に降りて土をつついたり・・・

目にもとまらぬ速さで動き回っています。

シャッターを押しても、もうそこにはいない・・・写っていないのです・・・

本当にすばしっこい鳥ですね。

2匹が仲良く飛び回っているのをしばらく眺めていました。

お隣に梅の木があるので、ついでに立ち寄ってくれたのかもしれません・・・

幸せなひと時でした。


そして、同じ11日の夕日です。
e0288951_22171609.jpg
夕日が沈んだ後で・・・ネコ科動物が獲物を狙っているさまに似ているような・・・
e0288951_22194169.jpg
以前の記事で、私は風邪にも花粉症にも縁がありません・・・などと書きましたが、

どういうわけか、風邪気味で、(気が緩んでいます)

久しぶりに風邪の症状を味わっています。

大したことはないのですが、鼻水が垂れてきて、喉が少しいがらっぽいです・・・

熱はありませんが、鼻水が垂れるだけで、頭がいつもと違いますね・・・ボーっとしたような・・・

11日の建国記念日の夕方、この辺り一帯が停電になりました。

寒くて仕方ないので、ホカロンを抱いて夕方からお布団に入りました。

たくさん寝たので、回復したようです。

停電は1~2時間続いたのだとか・・・

こんなに寒いときに停電するなんて、高齢者がいたら大変です・・・




みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-13 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)
「生老病死」という言葉は仏教用語でした。


1月15日の記事、「健やかに逝く」で書きましたが、

母の49日の法要の時に、

住職さんが「生老病死」という文字を書いた紙を見せてくださいました。

そして、「人は生まれ、老いて、病気になり死んでいきます。人の一生とはこのようなものです。」

このように言われました。


2月に入って、何かを調べているときに、

「生老病死」という言葉が、仏教用語であることを知りました。


お釈迦様の教え、仏教で基本となるのが諸行無常という考え方です。
この世に存在するあらゆるものに常なるものはない、いつまでも
元気に生き続ける生き物はいないというものです。そんな諸行無常の
世界を生きている我々にとって避ける事ができないもの。
それは生老病死という四つの苦しみです・・・日々是好日より引用


私は49日の法要の時には、

「生老病死」とは住職さんが自分で考えた言葉を半紙に書かれたものだと思ったのです。

法要が終わった後のお寺の座敷での雑談でしたが、

母の最期の様子を簡単に説明したり、

4年間の介護生活を、母がどのような気持ちで過ごしていたかなどを話しながら、

「健やかに逝く」 「健康な死」 「幸せな死」 「死ぬ日を最高に持っていく」など

このような言葉に出会い、それに沿った在宅看取りの準備をしたこと、

そして、母は満たされながら(そのように思えました)死に至ったことなどを話しました。

お医者様は、自然死とか老衰とか言われましたので、

母の場合は、「生老衰死」とか「生老幸死」などという言葉が浮かびますと

私の気持ちを住職さんに話したのですよ。

今にして思えば、冷や汗ものですが・・・・

その時には、「生老病死」という言葉は母に似合わないと思いました。


仏教用語の「生老病死」という言葉が意味するものは何となく理解できますが、

それでも、今現在生きていて間違いなく死に向かって歩いている私たちは、

前回のyoutube、ジェーン・フォンダのTEDトークのように、

身体の衰えは受け入れても、

精神やスピリットは年老いてもなお成長してくれるそうですから、

そちらに磨きをかけて、活き活きとして、溌剌として、

驚くほどに伸びた寿命を、楽しむ余裕を持っていたいものだと思います。

エイジングに抵抗することなく、

コンシャスエイジング、アクティブエイジング、サクセスフルエイジングなどという言葉が示しているように、

加齢の良いところに焦点を当てて、

加齢と仲良くしていきたいものだと思います。


加齢イコール病気とは限らないので、

「生老衰死」や「生老幸死」も、夢ではないと思うのですが・・・


「生老病死」は仏教用語ですが、
「生老衰死」と「生老幸死」は私の造語です。
この世に生まれ出て、老いていき、幸せを感じて、死んでいく・・・これが「生老幸死」です・・・



そして、昨日の寒かったこと。

雪が降りましたね~

外出していましたが、帰宅時の外気温は1度でした。

底冷えのする寒さでした。



八重の日本水仙です。良い香りを放ちます。
e0288951_20414174.jpg





みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-11 07:00 | 長寿 | Comments(0)
いつもは12月にバラの剪定を済ませていました。

冬至が新しい一年のスタートだと思っていますから、

咲いているバラはクリスマスにすべて切り取り、

年内にバラの剪定を済ませてからお正月を迎えていました。

が、今年は2月に入ってボチボチとやっています。

大体終わりましたが、後、3~4本のバラの選定が残っています・・・

今年は暖かいせいか、バラの葉が付いている枝がいくつかあります。

バラは落葉樹ですから、寒くなると自然に葉を落としますが、

青々とした元気な葉をたくさん付けている枝があるのですよ。

2月いっぱいは、まだ寒い日があるので油断はできませんが、

外で働いていると春の気分です~


生き物がいましたよ~
e0288951_20004201.jpg
バラの枝を剪定するついでに、リキュウバイの枝も整理しようとして枝を切り落としていると
e0288951_20014984.jpg
ナナホシテントウがリキュウバイの幹で冬越ししていましたよ・・・

初めはテントウムシに気が付かなくて、バッサバッサと切っていましたが、

テントウムシに気が付いて、枝を落とすのをやめました。

ナミテントウは集団で集まり冬越ししますが、

ナナホシテントウは個体で冬越しするようです。

今までは、2月にカレックスという草の中で冬越ししているナナホシテントウを見たことがありますが、

リキュウバイの枝で冬越しのテントウムシは初めてです。

それだけ暖かいのかもしれませんね・・・



昨日の夕日です
e0288951_20110384.jpg



女優のジェーン・フォンダがエイジングについて語っています。






みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-09 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)
立春の日に鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしましたが、

立春のちょうどこの頃、寒牡丹が見ごろなのですよ。

今回も、寒さをよけるために藁を被った寒牡丹が見事に咲いていました。
e0288951_22430521.jpg
鎌倉の鶴岡八幡宮の牡丹園では、大輪の牡丹の花が競うように咲いていましたよ。


大切にされ、愛情をたっぷり注がれた寒牡丹の花です。
e0288951_22440823.jpg
手をかけられ愛情をかけられると、牡丹の花はそれを感じ取って、

それに応えようとするのでしょうか・・・
e0288951_22473544.jpg
牡丹の花が咲くのは、普通は4月です。

この寒さの中で健気に咲いていますね。
e0288951_22485711.jpg
私も牡丹の花を育てたことがあります。

随分前のことですが、大輪の花をきれいに咲かせてくれました。

雨が降るとすぐに花が傷むので、簡単な雨除けを作って雨から守りました・・・

絢爛豪華で艶やかな花ですね。

ローメンテナンスで育てるというわけにはいかない花です。

それだけに、花が私たちに与えるインパクトは強烈ですね・・・

見ごたえがあります。

牡丹の花からも春を感じました・・・




みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-07 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)
2月4日立春の日に鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしました。

毎年、立春の日には鎌倉の鶴岡八幡宮にお参りしていますが、

今年は土曜日ということもあってか・・・

とにかく、混んでいましたね~

立春にこのように混んでいたのは初めてです。


2月に入ってから、とても嬉しいことがあったので、

そのお礼もかねて張り切って出かけていきました。

時間に余裕があったので、祈祷も受けましたよ。

拝殿に上がり祈祷を受けると、厳かな気持ちになりますね。

神社に行くと、気持ちが少しずつ変化してきます。

神社に参拝すると、清々しい感じがしてリフレッシュされました。


月の満ち欠けを日々観察している私は、

一年のスタートは立春という暦が、なんとなく身近に感じられるのですよ・・・


立春の日の鎌倉鶴岡八幡宮・・・参拝の人で混雑しています・・・
e0288951_16173790.jpg
境内に入るとすぐに目に付きました。
e0288951_16190639.jpg
よく見ると、桜のようでした。
e0288951_16195114.jpg
満開でした。
e0288951_16201854.jpg
境内を歩いていると・・・梅ですね・・・
e0288951_16215769.jpg
参道は、参拝客で混雑していましたが、

一歩わきにそれると、境内には人が少ないです。

のんびりと散策していると、また、満開の桜が見えました。
e0288951_16295958.jpg
見事ですね。
e0288951_16303829.jpg
立春の日にお花見・・・文字通り・・・春を満喫です~



立春の日の夕日です。
e0288951_17134441.jpg



みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-05 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)