百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

木蓮はコンパスプラント

再び、木蓮、登場です。

早春のモクレンの蕾はコンパスプラントと呼ばれています。
e0288951_22260133.jpg
この写真では、左が南で右が北になりますが、

木蓮の蕾は、お日さまが南から当たるとそちらが膨れ、蕾の先が北に向くそうです。
e0288951_22293141.jpg
そう言われてみればそのような気がしてきます。

まだ膨れていない蕾も多いですから、きれいにそろって北を向いていはいませんけどね・・・

春の兆しが見えると、嬉しいものですね。


この辺りは最近、風の強い日が多く、

強風だと海から塩を含んだ風が吹き荒れて、窓ガラスに塩が付くのです。

同居人は連日お出かけなので、昨日は窓にホースで水をかけ、塩を洗い落としました。

これで、室内からでも鳥の写真がきれいに撮れます・・・

と思っていると、早速やってきました。

これはヒヨドリですね。
e0288951_22373336.jpg
ジョウビタキもやってきましたが、撮ったつもりが写っていません。

何とすばしっこい・・・

ヒヨドリもジョウビタキも常連さんのようです。

いつもの鳥が、いつもの場所に止まっている・・・

このような感じを受けますよ~ 

部屋にカメムシがいましたから、その写真です。暖かいですからね。撮った後で外に出しましたよ。
e0288951_22405247.jpg


昨日の夕日です。
e0288951_22495598.jpg



素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-23 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)

身体の舵が切り替わる時

昨年の9月のこと、母が私にこのように話しています。

「私ちょっとね、病院に行った方が良いのではないかと思うのだけれどね・・・」

「どうして? どこか具合が悪いの?」と私が聞くと、

「いや~、ちょっとね・・・体力がないような気がしてね・・・」

これが母の答えでした。


2016年9月19日の「ジェロントロジーとアクティブエイジング」というタイトルの記事の中の話です。

何度この日の記事を読み返したことでしょうか・・・


母の年代の人の多くが、体調不良や多少の痛みや苦しさなどを物ともしない強さを持っていて、

もちろん母もその一人で、

4年間の介護の間、具合が良くないなどと母が口にしたことを聞いたことはなく、

この日、珍しく弱音を吐いた母を見て、

母も歳をとったものだなあ~と、私はそのような感覚でこの言葉をとらえていただけでした。


今年になって、時間があるときなどに、以前のブログ記事を読むことがありますが、

いつもこの記事で引っかかるのです・・・

母はちゃんとシグナルを出していたと・・・

私が気が付かなかっただけなのだと・・・

母は身体の異変を感じることが出来るほど、身体や意識が健康であったこと。

それに対し私は、元気づけて終わりでした。

そして、ジェロントロジーなるものを紹介しています。

ジェロントロジーとは、「老年学」であり、

老人と言えども、一人の生きた人間として、

その人が自信を持って生きていけるように、接すること、

このように書いています。


介護の記録として、ブログを書いていて良かったと思います。

後から読み返すと伝わってくることがありますね~

この2~3日後に、小さな取材が母にあったので、

母に元気になってもらいたくて必死で励ましている様子まで、手に取るようにわかります。


全体の流れとしてみると、この日を境に母の身体は下降していったように思います。

この日から、母の身体は舵を切り替えた・・・

生命が閉じる方に向かっていった・・・


「体力がなくなるような感じ」とは、どのような感覚なのでしょう・・・

その感じを捉えることが出来て、それを私に伝えることが出来た・・・

それが、扶美さんらしい・・・と感じています。

この日から生命が閉じるまで2カ月かかっていますね。

徐々に・・・徐々に・・・閉じていった・・・

穏やかに・・・

平和に・・・




2月18日の夕日
e0288951_22522709.jpg


素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-21 07:00 | 長寿 | Comments(0)
木蓮の蕾が色づいてきました。
e0288951_21371473.jpg
すぐにでも咲きそうな勢いで膨らんでいる蕾もあります。
e0288951_21380847.jpg
でも、よく見ると・・・ああ、鳥に食べられ、つつかれ・・・無残な姿の蕾もありますね・・・
e0288951_21411418.jpg
この時期になると、ムクドリがやってきて木蓮の蕾を食べるのですよ~
e0288951_21421515.jpg
2月になると食べ物がなくなるのでしょうか・・・

蕾はたくさんありますから、少しくらいお裾分けしてあげますよ。

こんなに齧られた蕾でも、それなりに咲いています。

たくさんの花の中では、それほど目立ちません・・・


鳥がこんなに好んで食べる木蓮の花・・・

調べてみると、中国では木蓮の花や蕾は薬用に、花弁は食用に用いられると知り、驚きました。

トライしてみようかしら・・・肉厚な花びらですけどね・・・

調理法は? お浸しとか・・・お味はどうでしょう・・・


そういえば、バラの花びらもサラダでいただけますし、スミレもそうですね。

ナスタチウム(キンレンカ)は、花も葉もサラダで食べていました。

随分前のことですが、美味しかったですね~ 

葉はマスタードの香りがしますよ。



蕾が膨らんでいるのを見ると嬉しいですね。

木蓮は早ければ2月から開花します。

いよいよ今年も始まりますね~

生命のダンスがスタートします。




今日は曇り空でしたから夕日は見れないと思っていると、
e0288951_22453081.jpg
日が沈むときになってその部分だけ雲の切れ間が現れました。

e0288951_22455531.jpg



素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-19 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)

若さはエネルギーの塊

「もし来れるようなら来て欲しいのよ」と娘から連絡があったので、

いそいそと授業参観(孫)に代理で行ってきました。

子供たちっていいですね。

元気をたくさんもらえました~

子供たちは輝いていて眩しかったです。


みんなで歌っている曲は初めて聴くものばかりでしたが、

子供たちは真剣に歌っていて、そして気持ちを込めて歌っていて、

メロディーにのって聴こえてくる子供たちの歌声からは、

純粋さや素朴さが伝わってきたり、

そこには若さのエネルギーが凝縮されているような感じを受けて、

まだ磨かれていないけれど、これから磨かれれば輝くであろう原石のようなもの、

その原石が持つパワーを感じました。

指揮の上手な子供もいましたし(本当に手で音楽をつかんでいるように見えました)

伴奏の子供たちも皆上手かったですね。

子供たちのコンサートもまた楽し・・・です・・・


子供たちって魔法の力を持っているのではないかしら・・・と最近思うことがあります。

それだけこちらが歳を取ってきたのかもしれませんが、

子供たちが眩しくって仕方ありません。

眩しいのだけれど、そちらに惹かれて、引っ張られていく・・・

例えば、抱っこされた赤ちゃんを見ると、

知らないうちに、まるで磁石に引き寄せられるように、赤ちゃんのそばに近寄りたくなりますからね~

若さって本当にエネルギーの塊!

そのエネルギーの塊である子供たちを心から応援したくなります。

世界中の子供たちが幸せを感じますように!


こう書いていて、母がひ孫の手を握って離さなかったことを思い出しました。

母も同じように感じていたのでしょうね・・・きっと・・・

子供が持つパワーを何となく知っていて、

手を握ってエネルギーを充電していたのかもしれません・・・

というより、子供と手を繋いでいると、気持ちが良かったのでしょうね・・・

わかるような気がします。




写真は鎌倉の寒牡丹です。
e0288951_23312040.jpg
e0288951_23315139.jpg


素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-17 07:00 | Comments(0)

ハートを意識して

このところずっと、「ハートを意識して」暮らしています。

マインドフルネスではなくて、ハートフルネス?な毎日です。


昨日は、バレンタインデーでしたね・・・

我が家はいつものようにチョコなし・・・甘いものもありませんでした。

今年はハートの形を飾ることもなく、ちょっと寂しく感じましたが

でも、常にハートを意識しているので、ハートフルなバレンタインデーを過ごしましたよ。

「ザ・パワー・オブ・ザ・ハート」というDVDを見て、

ハートの力を思い知らされました。

この本バージョンはかなり前に読んだのですが、DVDの印象は強烈でした。

心からの喜びをたくさん感じて、心臓の筋肉を鍛えようとも思いましたね・・・笑ってしまいますが・・・


この寒い中、小鳥が庭に来てくれるのは嬉しいことです。

シジュウカラ、ジョウビタキ、メジロ、ヒヨドリなどを見ては喜んでいます。

今までも来ていたけれど、気が付かなかっただけかもしれないし、

今年になって小鳥たちが来てくれるようになったのか、わかりませんが、

来てくれることが嬉しくて、小鳥たちを眺めていると楽しいですね。

本当に幸せなひと時ですよ~

満たされた気持ちになりますから・・・

我が家は、小鳥のための水やエサは何も用意していません・・・

小鳥は虫を食べますが、

今のこの寒い時期には、庭には虫などいません。

笑顔で小鳥たちを見ていられます。




鎌倉鶴岡八幡宮の寒牡丹から
e0288951_23385808.jpg

e0288951_23393004.jpg
e0288951_23424526.jpg

2月4日の立春の日の暖かさが嘘のように感じられるこの頃の寒さです。

皆様も体調にお気を付け下さい。





素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

# by gutsuri | 2017-02-15 07:00 | スピリチュアル | Comments(0)