小網神社・・・最強の厄除け


先月、赤坂迎賓館に行った後、四つの神社にお参りに行きましたが、

四番目は人形町にある小網神社です。

15世紀に疫病が流行った時に、その疫病消滅祈願として建てられたのがこの神社です。

東京大空襲にも焼かれずに残り、

出征奉告祭に参列しお守りを受けた氏子の出征兵士が全員生還したといわれていて、

強力な強運厄除けのご利益があるそうです。

ビルの谷間に隠れるようにして立っている小網神社ですが、

たくさんの人が訪れていました。

e0288951_20384590.jpg


「こんなところに神社があるのですね~

20年タクシーの運転手をしていますが、小網神社に来たのは初めてです。」

これは、タクシーの運転手さんの言葉ですが、

入れ替わり立ち代わり参拝の方が来られ、

人力車に乗った海外の方もお参りしていましたよ。

e0288951_20394135.jpg


赤坂迎賓館に行くのだから、そのあと、その近くにある神社をお参りしましょうと、

駆け足で回った四つの神社です。

今の私たちの暮らしからみると、

多くの人にとって、神社というのは特別な時だけお参りするものかもしれません。

でも、神社の歴史をたどってみれば、

神社は人々の暮らしに根付いていたことが伝わって来ます。

神社にお参りすることで、

素直に神様を信じることで、

日頃から神様を身近に感じる気持ちがあればこそ、

そこにはある種のパワーが生まれ、

パワーというよりフォースかもしれませんね・・・

信じる気持ちがあるからこそ、人と神社のつながりが出来、

人は神様とコミュニケーションが取れていたのではないかという思いが湧いてきました。

神社のパワーは実際にあると思いますが、

それは、受け取る私たちのあり方次第なのでしょうね・・・




e0288951_21102698.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




# by gutsuri | 2017-12-01 21:14 | 神社 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri