百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

春菊を育てる

菜園を楽しんでいる友人から先日聞いたところによると、

この寒さの中でも、いろいろな種類のレタス、水菜などが育っているそうです。

寒さ除けに一応不織布をかけているそうですが、

この寒さの中で水菜が育っていると聞き、驚きましたよ~


私は一度、水菜の苗を買って育てようとしたことがあります・・・

多分5月ごろだったと思います・・・

しばらくすると、見たこともない種類のアブラムシ(大きい)が水菜の苗にいるのに気が付き、

すぐに取り除きました。

するとすぐにまた、同じ種類のアブラムシがくっ付いていて、またそれを取り除き、

3回目にアブラムシを見つけたときには、仕方がないので、水菜の苗を引き抜きました・・・

その時に、水菜を育てるには、農薬が必要なのだと知りました。

でも寒い時期だと、虫はつかないですよね~

農薬なしでOKです。

見たこともないアブラムシは、多分、水菜の苗にくっついていたのだと思いますよ・・・

初めて目にする種類のアブラムシでしたから・・・


お店の苗は農薬で管理されていますから仕方ないのですが、

新種のアブラムシを庭に入れたくはありませんよね。

今、私が庭で把握している範囲では、アブラムシは、

バラにつく緑色のアブラムシ、

ホワイトセージにつく黒いアブラムシ、

そして、コデマリにつくコデマリ独特のアブラムシ(これは一時期だけです)

この3種類のアブラムシは顔なじみで、

ホワイトセージとコデマリのアブラムシは、「あら、いるわね~」ですみますが、

バラにつく緑色のアブラムシだけは、見つけ次第対処していますよ~


ルッコラが冬にも育つと教えてくれたのもこの友人です。

工夫していろいろとトライしているようです。

私も今年は、春菊を育ててみようと、種を買いました。

春菊は香り高い野菜なので、虫がそれほどつかないのではないかと思っていますが、

どうなることでしょう・・・

ヤマミツバが香り高く、虫が付かないですから、春菊もそうであることを願っています。


採れたてのレタスなどを友人からたくさん貰い、

中でも、ロメインレタスは普段食べないので、食べごたえがありましたね。

私がしているのは、ローメンテナンスのガーデニングですから、

手をかけないでも育つ葉物野菜として、冬にはルッコラですが、

春夏は、ヤマミツバ、パセリ、スープセロリ、フェンネル、バジル・・・今まではこれだけでしたが、

今年はこれに、春菊が加わります~

春菊の香り、良いですよね~



クレマチスのアップルブロッサムです。桜色の花で優しい甘い香りがします。
アップルブロッサムは毎年桜が咲くころに咲きます。我が家の桜なのですよ。
e0288951_19521700.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



# by gutsuri | 2017-03-29 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)
先日、外壁ペイントのための足場組みがあったので、

カーテンやブラインドを閉めておいた方が良いと思い、

それは、作業する方たちにとっても私たちにとっても、その方がよいのではないかと思ったので、

カーテンやブラインドはすべて閉めました。

私がいつもいる場所の窓のカーテンを閉めて、部屋の照明をつけ、いつものように過ごしたり、

カーテンを閉めたキッチンで、いつものサラダを作ったり、

ブラインドが閉まっている中、食卓にお皿を並べたり、

そして、いつもの食事をそこでしても、その味気ないことと言ったら・・・

何かが違うのですよね。

正直なところ、気が滅入ってしまうのですよ~


どうしてでしょう・・・


何が違うと言って、いつもと違うことは、外が見えないということだけです。

いつもは窓から見えるものが、見えないだけです。

外が見えないだけで、こんなにも気分が違うのでしょうか・・・


まあ、午前中からカーテンを閉めて明かりをつける生活は自然ではありませんが、

鬱陶しくて、外の世界と遮断されたような感覚を憶えましたね・・・

そうです・・・気分が滅入りました・・・


いつもの机に座っていて、ちょっと横を向くと、

バラの芽が伸びてきた様子が見えてきたり、

リキュウバイが咲き始めていたり、

ムスカリが色づき始めたり、

今の時期はまだ庭に勢いはありませんが、

それでもちょっとした変化に嬉しくなって春を感じることができること・・・

このちょっとした喜び・・・

ささやかな楽しみ・・・

私だけが知っているひそかな嬉しさ・・・

これって大事なのですね。

それが当たり前だと思って過ごしているので、

それが見えなくなると、まるで別世界にいるように感じて、慌ててしまうのです・・・


でも、人間ははすぐに慣れる生き物らしいので、大丈夫そうですね~

カーテンと照明の生活にもすぐに慣れることでしょう。

そして、4月の中旬にカーテンを開けたときの嬉しさは、想像できますよ~


目からの刺激って、私たちの感覚や物事の基準を決めるくらい強いもの・・・

驚きです・・・



このクリスマスローズは蕾をたくさん持っています。
e0288951_20091223.jpg
こちらも今が盛りです。
e0288951_20103116.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





# by gutsuri | 2017-03-27 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)

いつまでも寒いですね~

寒い日が続いていますね。

ちょっと外に出ると、風の冷たさに首がすくみます。

春分が過ぎたというのに、この寒さはどうしたことでしょう・・・

昨日は一日庭の片づけをしたのですが(外壁ペイントのため)、

寒さ対策で真冬のときと同じ格好でしました。

日差しがあると暖かいと感じましたが、日が陰ると寒かったですよ。

風は確かに冷たいです~

それでも、バラの蕾を見つけて嬉しくなりました・・・

レディーヒリンドンにバラの蕾を一つ発見! 寒さの中で頑張っています。
e0288951_21105363.jpg
日差しがあれば暖かですし、日中の時間も長くなりましたし、

植物のセンサーって凄いですね・・・

寸足らずだったヒヤシンスもどうにか伸びてきました・・・普通のサイズに近くなりました・・・

花の形は乱れていますけど、ヒヤシンスの花だとわかります。
e0288951_21153980.jpg
これは濃い紫色のヒヤシンスで、私はこれが気に入っていて、
e0288951_21213379.jpg
この球根を買い足したいのですが、

いつも行くホームセンターには濃い紫色の球根は扱いがなく、ネット購入になってしまいます。

以前はホームセンターにあったのですけどね・・・

ヒヤシンスは色鮮やかで色彩がきれいで、

水仙の黄色とともに春の訪れを知らせてくれます・・・華やかさと香りが魅力ですね。



私はブログを書くときに、以前の同じ日の写真を見ることがあります。

こちらは2015年3月24日のヒヤシンスの写真です。
e0288951_22172738.jpg
ヒヤシンスにはミツバチがよくやってきて、ブ~ンブ~ンと羽音を立てて蜜を集めています。

このミツバチは後ろ足に花粉団子も付けていますよ。

今年の春は、まだミツバチは見ていません。

これと同じ日に、ヤマミツバにキリギリスの赤ちゃんを見つけ、喜んでいる2015年の私・・・

今年はまだ、キリギリスの姿もみていません・・寒いですからネ・・・

キリギリスベビーは幼いうちは草食なので、花にいたずらをするのですが、

可愛いですから、庭に棲んでほしいと思っています。

ハナグモはバラの枝にチラホラ見かけます・・・アブラムシをたくさん捕まえてほしいな・・・

この寒さが和らぐと、ハチもキリギリスベビーも姿を見せてくれるでしょうから、

期待して待つことにします。

ああ、そうでした・・・害虫のバラゾウムシも姿を現します・・・

だんだんといつもの虫たちが顔を見せてきますね~


それにしても、風は冷たいです・・・

22日も23日も外出したのですが、そのときに、風が冷たいと思いました。

街いく人々はそれぞれでした。

さっそうと春の装いの人もいれば、黒っぽいダウンコートの人もたくさん・・・

この寒さでは、気を付けないと体調を壊してしまいそうです。



昨日は私はよく働きました。

重い植木鉢をたくさん移動させ、普段あまり使うことのない筋肉を使ったようで、

ほんとうに疲れました~

動いているときには気が付かなくて、

しなくてはいけないことに集中してやっていますから、

身体を動かす気持ちよさを感じながら作業していたのですが、

夕方家の中に入ってから、腕と腰のだるさや重さ・・・が、出てきました~

ということで、今日は何もせずのんびりします~



昨年は、3月25日にスミレが咲いていました。今年は蕾もまだついていませんよ。
e0288951_23081585.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





# by gutsuri | 2017-03-25 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)
春を感じる暖かい日があると、

植物は一日で驚くほど伸びるのですよ。

早咲きのクレマチス、アップルブロッサムが開き始めました。
e0288951_19382295.jpg
蕾がたくさんありますから、これから楽しみです。

これはフイリサカキです。
e0288951_19401792.jpg
花は小さいですが、可愛い花がたくさん付きます。
e0288951_19412033.jpg
フイリアオキの花も小さいですが赤くて存在感がありますよ。
e0288951_19415803.jpg
芍薬の芽が伸びてきました。
e0288951_19431514.jpg
こちらも伸びていますね。
e0288951_19432947.jpg
芍薬はバラと違って虫が寄り付かないので、丈夫で手間要らずで豪華な花が咲きます。


こちらはバラの葉にいました。

なんと親子ですね。大きいのと小さいのが2匹います。
e0288951_19465470.jpg
気が付けばこんなにたくさん・・・
e0288951_19474284.jpg
アブラムシの季節ですね・・・

テントウムシはどこにいるのかしら・・・


今週末から家の外壁のペイントをするそうで、

2週間くらいかかるそうですが、

家のすぐそばに植えてあるバラ数本に、不織布でカバーをかけたり、

また、ちょっと移すものがあるかもしれません。

芽が出始めた今の時期に移植したくはないのですが、枝を傷めないために仕方ありませんね。

大きく枝を伸ばしているツルバラなども、作業に影響がない程度に刈り込むつもりです。

またすぐに伸びますから大丈夫ですが、この春の開花には影響するでしょうね・・・





プルモナリアが咲きそうです。
e0288951_19495987.jpg
みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





# by gutsuri | 2017-03-22 07:00 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

手相と潜在意識

前回の手相の続きです。

手相の面白さに目覚めて、まず初めに思ったことは、

扶美さんの手相を見ておけばよかった・・・

心からそう思いましたよ~

きっと生命線が太く強く長く描かれていて、生命線は掌の中央辺りまで大きくカーブしていたのではないでしょうか・・・

本当に残念ですね~

もっと早くに気が付けばよかったと思っていますよ。

扶美さんの掌は、手相の読み方の一番の参考になったでしょうに・・・


さて、私たちは、お茶を飲むときには、

手を伸ばしてカップを持ち上げ、それを口まで運んでくるなどと、いちいち考えることもなく、

無意識のうちに手が動き、カップからお茶を飲んでいます。

みんなそうですし、誰もこのことを不思議に思ったりしません。

当たり前すぎて考えることもなく、

習慣になっていることは無意識でやってしまいます。

このように日常生活の中では、無意識でしていることはたくさんありますよね~


また、知らないうちに私たちの頭の中は、いつも同じ思いや感情がぐるぐる回っているらしいのですが、

このような日常の考えや思いや感情が、手相に現れているのだとすると、

手相とは無意識の見える形であり、潜在意識の集合体とも言えますよね。


手相が潜在意識の現れだと知って、本当に驚いています~

潜在意識とは掴みどころのないものであり、

でも、この潜在意識が幸運のカギを握っていると言われていますから、

幸せになるにはどうしたらよいか・・・

潜在意識を変えるには・・・

それには、考え方を変えたり日常の習慣を変えること・・・

このようなページが今ネット上に溢れています。


つかみどころのない潜在意識が掌に現れているのです・・・

驚きですよね・・・

これが手相占いなのですね。

今日もまた、手相占いのページを見ましたよ~


ようやく春らしい暖かさになりました。

今日は春分ですね。

新しいスタートです。

ワクワクしています。


バラの蕾が膨らんでいく様子を眺めたり、

虫たちとの出会いに喜んだり慌てたり・・・まあ、こちらはいろいろですが・・・

この小さな庭が生命力に溢れ活気づいていきますよ~




木蓮、鳥につつかれても頑張って咲いています。
e0288951_22005403.jpg
クロッカス
e0288951_22330786.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






# by gutsuri | 2017-03-20 07:00 | スピリチュアル | Comments(0)