<   2017年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

福徳神社


愛宕神社の次は、日本橋にある福徳神社に行きました。

e0288951_18580888.jpg



鳥居も拝殿も高層ビルに囲まれています。

e0288951_18593151.jpg


この神社の歴史は古く、9世紀にはすでにあったそうで、

徳川2代将軍の秀忠公が、「福徳とはめでたい神号である」と言われたそうです。


参拝の人が途切れたすきを見計らって写真を撮ります。

お天気が良いこともあって、お参りに来る方は後を絶ちません。

こんなに小さな神社でも、大勢の方が来られるのですね。


童話で「小さな家」というのがありました。

田舎に小さな家がぽつんと立っていて、そばにはリンゴの木だけがあったのですが、

いつしか、電車が走り、家が増えてきて、ビルが立ち並ぶようになり、

小さな家はビルの谷間に埋もれてしまいました。

そして、小さな家はまた、田舎にお引越しをしたというお話でした。

この童話を想い出しました。

けれども、神社は、

地域に根付いている神社はそのまましっかりと都会に鎮座しています。

ビルの谷間にひっそりと立っていますが、人の訪れは途絶えませんね・・・


赤坂迎賓館見学の後に、その近くにある四つの神社を回るつもりでした。

地図を見ながら回る順番を決め、

頑張って歩いたり、地下鉄を乗り継いだり、タクシーを利用したりで、

調子よく回ることができました。

お参りするたびにいろいろなことが浮かんで来てそれもまた楽しですね。




境内の南天の実が赤くて可愛い
e0288951_19435548.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-11-27 19:47 | 神社 | Trackback | Comments(0)

愛宕神社(東京)


赤坂迎賓館、そして日枝神社の後は、港区にある愛宕神社(あたごじんじゃ)に行きました。

愛宕神社は「出世の階段」で知られていますから、

この時ばかりは足首や膝のことなど全く忘れて、「出世の階段」を上りました。

e0288951_18060803.jpg


40度の傾斜ですから、かなり急な階段です。

3代将軍の家光公がここを通りかかったときに、愛宕山は梅が満開で、

「誰かあの梅を馬で取って参れ」と命じるも、

馬で上るにはあまりにも急なため、家臣がみな躊躇っていたところ、

曲垣平九郎という四国丸亀藩の武士が馬で愛宕山に上り、

梅の枝を取って来て、家光公に差し上げたという・・・

そして、曲垣平九郎は日本一の馬術の名人となったそうです。


e0288951_18191171.jpg


応援してくれていますよ・・・

e0288951_18195666.jpg


出世の階段を上ると、紅葉がきれいでした。

e0288951_18204867.jpg

愛宕神社の神門です。

e0288951_18214588.jpg


拝殿です。

e0288951_18234530.jpg


愛宕神社は、1603年に家康公によって防火の神様として祀られました。

主祭神は、火産霊命(ほむすびのみこと)〈火の神〉です。

e0288951_18245297.jpg
境内には、太郎坊神社、福寿稲荷神社、弁財天舎、恵比寿大黒社、四つの末社があります。

オフィス街にあるとは思えないのんびりとした雰囲気が漂っていました。

e0288951_18353092.jpg



神社にお参りするとは神様に感謝申し上げること。

日常の生活の中で、感謝の思いを抱いていても、それはほんのおぼろげなものであって、

神社に参拝することで、感謝の気持ちがはっきりとした形で見えて来たり、

感謝の念が大自然に放射されるように思えて、

神社にお参りするとは、なんと気持ちの良いこと・・・

このように感じています・・・



e0288951_18461043.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by gutsuri | 2017-11-25 18:49 | 神社 | Trackback | Comments(0)

日枝神社(赤坂)


21日に赤坂迎賓館に行き、

そのあと、参拝したいと思っていた四つの神社のうち、まず、

そこから近い日枝神社に行きました。


日枝神社の神門です。

e0288951_14415474.jpg

神門に「皇城之鎮」と書かれています。

日枝神社は皇居(江戸城)の裏鬼門を守る神社なので、この文字があるそうです。

社殿では、七五三のお祝いの人たちが多くて、

着飾った小さなレディーたちがはしゃいでいます。

とても写真を撮れそうにないので、先に末社に参拝しました。

紅葉もきれいでしたね。

e0288951_15122293.jpg

末社の山王稲荷神社、八坂神社、猿田彦神社です。

e0288951_15193787.jpg

e0288951_15174653.jpg



拝殿でお参りしました。

e0288951_15283297.jpg

右側に見えるのはお猿さんです。

日枝神社の拝殿には両側にお猿さんが祀られています。

末社には猿田彦神社があり、昨今こちらはパワースポットなのだとか・・・


e0288951_15371909.jpg


こちらの階段から下りて次の愛宕神社に向かいました。

日枝神社は、街中にある神社ですが(永田町)、

神社の鳥居をくぐるとそこはもう別世界・・・

清らかで厳かな気配が漂っています。

神社ですものね・・・


古の神社はみな、背後に山を抱えています。

形の良い山で、朝から夕までお日さまがよく当たり、

気持ちの良い風が吹き抜けていき、植物や動物に好まれる山。

このような場所を神様は好まれると、

自然に恵まれたところに神社は立てられました。

神社に行くと、母なる自然と深い繋がりがあることがわかります。


街中にある神社でも、この日枝神社でもそう感じましたが、

神社の周囲だけは緑が深く茂り、

神社の境内の中は明らかに空気が違います。

高層ビル群の中に取り残されたかのような感じで立っている神社ですが、

神社は周囲を守っているのではないか・・・と思われました。




さて、今日は11月23日の勤労感謝の日で、母の命日です。

母が亡くなって一年経ちました。

速いものですね・・・驚いてしまいます。

こののんびりとした生活に、もう、私の身体が慣れてしまい、

あの介護生活など、よくやったものだと自分に感心しています。

今は私は神道に興味があって、機会があれば神社に出向いています。

これも実は、母の影響で、

母方の祖母は神社の出で、母は神道に詳しかったのです。

もっといろいろと母に聞いておけばよかったと悔やまれますが、

仕方がないので、自分で調べています。

自然とのつながりは、神道の基本です。

もっともっと自然を感じ、繋がろう・・・

母の命日に、こう思っています。




日枝神社の拝殿です。変な写真ですが、お猿さんがよくわかりますね。
e0288951_16432082.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



by gutsuri | 2017-11-23 16:51 | 神社 | Trackback | Comments(0)

赤坂迎賓館オープンしています


赤坂迎賓館が今、オープンされています。

誘いを受けたので、新橋のSL広場で待ち合わせをして行ってみました。

たくさんの人が並んでいて、入場するのに20分待ちでしたが、

おしゃべりをしているといつの間にか時間は経つものですね。

紅葉もきれいでした。

e0288951_20595398.jpg


e0288951_21004005.jpg




e0288951_21021343.jpg


e0288951_21024763.jpg


室内の絢爛豪華さは、本当にここは日本かしら・・・と思うくらい素晴らしいです。

以前、ヨーロッパに行った時の宮殿や絵画、室内装飾などを想い出しました。

それでも工芸品は、和風のものが随所に見られ、

それが洋風の室内に映えていました。

白と金・・・室内はこの組み合わせでしたね。

室内は写真を撮ることはできません・・・

たくさんの見学者はみな夢心地でした。




メインガーデンには庭の守り主ゴブリンが噴水にいます。カッコいいですね~

e0288951_21010774.jpg


赤坂迎賓館を見た後、赤坂近くの神社四つを見て回りました。

急ぎ足でしたが、こちらも楽しかったですよ。



e0288951_21031450.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


by gutsuri | 2017-11-21 21:24 | その他 | Trackback | Comments(0)

コップに水が半分入っています


身の回りの出来事に対して、それをどのように受け取るかということ。

スピリチュアルで、よく例に出されることは、

水が半分入ったコップが目の前にあるとして、

それを、「半分しかない」と受け取るか、

「半分入っている」と受け取るか、

同じものを見ても受け取り方はいろいろだということ、

そのことを10月に奈良に行ったときに体験しました。


e0288951_21302458.jpg


先月奈良に行ったときに泊まったホテルで、

私はそのホテルに2泊しましたが、

そこは街中のホテルでしたが、ラッキーなことに温泉付きでした。

部屋での入浴は味気ないので、私はこの温泉風呂がとても嬉しかったのです。

初めの日に温泉につかっていると、80代と思われるご婦人に話しかけられました。

「温泉は気持ちが良いけれど、ここは露天風呂がないのよね~ 

私は露天風呂が好きだからそれが残念なのよ」とおっしゃいます。

「そうですね~ でも、サウナと水風呂がありますよ~ 

私はサウナが好きなので嬉しいです」と答えました。

「でもやっぱり温泉には露天風呂がなくてはね~」とそのご婦人はおっしゃいます。


e0288951_21314235.jpg


次の日、脱衣所で「良いお風呂でしたね~」と傍にいた同年代の方に話しかけると、

「露天風呂がありませんでしたよね~」と言われました。


このホテルは、街中の普通のシティーホテルで、温泉を売りにしているのではありません。

付近に温泉は出ていないから、頑張ってどこかから温泉を運んでいるのでしょう。

駅のすぐそばにあり、橿原神宮は皇室とご縁がある神社と聞いていますから、

26年と28年には、天皇皇后両陛下がこのホテルにお泊りになっています。


普通のシティーホテルに温泉が付いていたので、

私はラッキーと思いましたけど・・・

いろいろな受け取り方があり、

感じ方は本当に人それぞれなのだと実感しました。


e0288951_21311694.jpg


世の中はバラエティーに富んでいて、それが社会の多様性を育んでいる・・・

そうとらえることもできますから、

これはこれで良いのでしょうね・・・きっと・・・




e0288951_21305117.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!










by gutsuri | 2017-11-19 21:37 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

些細なことだけどすごく嬉しい


先日出かけようと、気持ち急いでバス停まで歩いていたときに

「乗っていく~ 駅まで行くわよ~」とご近所さんに声をかけられました。

「あら~、嬉しい~  お願いしま~す」と乗せていただきました。

おかげで一本速い電車に乗ることができ、

そのおかげかどうかわかりませんが、出先でも楽しく過ごすことができ、

その日は本当に充実した幸せな一日でした。

有難いことです。


お礼に何をしようかな~と考えて、久しぶりにパウンドケーキを焼くことにしました。

バナナとリンゴを薄切りにして入れたバナナリンゴケーキを焼きました。

ケーキの焼ける甘い匂いが漂ってきて、それもまた嬉しいことですね。

その香りだけでも満たされます。

「車に乗せていただいて本当に助かりました。 最近の出来事の中で一番嬉しいことだったのよ~

おかげで素敵な一日を過ごすことができました~」

このように伝えながら、ケーキを渡しました。


このようにほんのちょっとしたこと・・・些細なことが、すごく嬉しい昨今です。

些細なことが些細なことなどではなくて、

幸せな出来事は心の奥深くに入って来て、だんだんと大きくなり、広がっていくのですよね!


人に親切にされた時は嬉しいものですが、

人に親切にして人を喜ばすことも、これもまた幸せなことですね。

さて、私もチャレンジ・・・




今日の夕日です

e0288951_20595530.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!







by gutsuri | 2017-11-17 21:01 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

ボクササイズは楽し~い


前回の記事でボクササイズのことを書いていて、

ボクササイズのクラスのことを懐かしく思い出していました。

母は高齢でしたが、元気で健康でしたから、

母が95~6歳までは、私は割と自由に外出できていました。

週に1~2回のジムにも行けていましたね。


ボクササイズのクラスは、すごくカッコいい逞しい女性が先生でした。

ボクシングの構え方、拳の握り方、パンチの種類など、

ボクシングなどそれまでは興味がなくて何も知りませんでしたが、

クラスで先生のお話を聞いていると、

楽しくてワクワクしていましたよ・・・

参加している20人くらいの生徒さん皆さんもそうでした・・・

ロッキーのテーマなどの音楽が流れていて、気分はみんなヒーローです~

その当時、70代と思われるご婦人もいましたね。

その方はゴールドのボクサーパンツを身に着けて、楽しんでいました。


ボクササイズのクラスでは、腹筋運動などもハードで、

他の人がみんなしているので仕方なく、そして、それにつられて頑張っていたという感じです。

苦しかったのを覚えています。

それでも楽しくて、パンチを繰り出す爽快感はたまりませんでした。

ストレスなどパンチで飛ばしていたようですね。

皆さんそうだったと思います。

クラスが終わった後はいつも、参加者全員の顔が輝いていましたから・・・

そして、口をそろえて「楽し~い」


サンドバッグを打つ別のクラスもありましたから、

そちらにも参加しましたが、こちらは1か月で止めました。

耳鳴りが始まったのです~

サンドバッグを打つ時の衝撃は思いのほか強いようです。

でも、ボクササイズのクラスは続けましたよ。



今考えると夢のようなお話です。

足の具合は、春に比べると、リハビリの効果があり左足首と左膝はかなり良くなりました。

常に左足に気を付けていますし、ケア(決まった運動)は続いています。

それでも今は無理をしなければ自由に外出できるので、

足の回復に感謝ですね!



今日の夕日   我が家の秋色ですね
e0288951_21171910.jpg



e0288951_21175150.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-11-15 21:19 | 健康 | Trackback | Comments(0)

車でオペラを聴くと・・・


最近また、オペラのアリアをよく聴くようになりました。

どういうわけかわかりませんが、聴きたいと思うのですよね。

特に、高い音が聴きたくて、コロラトゥーラソプラノの歌を聴いています。

車の中にはそのCDがたくさん置いてあり、

コロラトゥーラソプラノの歌を聴きながら気分良く運転しています。

街中ではそうはいきませんが、

調子よく流れている道路では、かなり大音量で聴くことができます。

でも注意しなくてはなりません・・・


もう、随分前の話ですが・・・

湘南の海沿いの道を、オペラアリアを大音量で聴きながら気分よく走っていたとき、

何か様子が変だと感じて・・・・・

前を走っている車が私の車を避けているのに気が付きました・・

次々と道を開けてくれるのです・・・

このようなことはまずありませんよね。

どうしたというのだろう・・・

ふと、バックミラーを見ると、すぐ後ろにパトカーがくっついて走っています。

急いで音楽を止めると、

「前の車、止まりなさい。前の車、止まりなさい」と

パトカーがマイクで叫んでいるのが聞こえてきます。

え~、私、何をしたの~

車を道路わきに寄せて止まりました。

パトカーから若いお巡りさんが二人出てきて、私の車にやって来ました。

「私、何をしました?」 私の方から先に尋ねると、

「赤信号で突っ走りましたね」と言われ、

「いいえ、あれは黄信号でした。黄から赤に変わるところでした。

交差点を通過するときには赤になっていましたけど、

急に止まると危険なのでそのまま走りました。」

「赤になっていましたよ。あれは車は停止すべきです。」


ああ~、私はあの交差点から、このパトカーに追いかけられていたのだ・・・

「前の車、止まりなさい」と大きな声で叫ぶパトカーを、ずっと引っ張って走っていたのだ・・・


免許証を見せて、後日罰金を払って終わりました・・・


で、小柄の二人のお巡りさんを見ながら、私が考えていたことは、

その頃ジムでボクササイズを習っていて、回し蹴りなどもできていましたから、

このお巡りさんと戦って勝てるかも・・・などという考えが浮かんで来て・・・

笑ってしまいますが・・・

その時には、そういう考えがチラッと・・・

浮かんできたのです~   本当に・・・


車で音楽を聴くときには、とにかく、気を付けなくてはいけませんね!




11月10日の夕日です。夕日が小さく感じますが、これは空気が澄んでいるからだと思われます。
e0288951_21015505.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-11-13 21:04 | その他 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのオペラ


今日、コンサートに出かけるときに、

上野は今、紅葉がきれいかもしれない・・・

ちょうど見ごろかもしれない・・・

こう思ってカメラをバッグに入れました。

小さなカメラなので、邪魔にはなりません。


上野の紅葉はきれいでしたよ・・・

本当にすごい人出でしたが、これはいつものことです。

e0288951_21572087.jpg



さて、コンサートは、「ランメルモールのルチア」というオペラです。

ルチアを演じたのは美しきアンドレア・ロスト、

囁くような小さな声も、嘆き叫ぶ大きな声も、素晴らしい声が空間に響き渡り、

聴いている人はみな、その力のある美しい声に酔いしれました。


e0288951_21581039.jpg


ストーリーは、スコットランドの愛し合っている男女が

お互いの家が憎みあっているため結ばれず、

最後は二人とも死んでしまうという、どこかで聞いたことがあるお話です。

ストーリーがたとえ悲劇ではあっても、オペラは非常にパワフルで力強いもの。

この歌手はここをどのように歌うのだろうとか、

あの長くて難しい狂乱の場面をどんなふうに歌いこなすのだろうなどと、

一曲一曲に拍手を送りながら舞台を楽しんでいます。

喜びの歌にはそのままそこから喜びのパワーをもらいますし、

嘆きや悲しみの歌からは、

それを歌っている歌手の力強さやテクニックの素晴らしさからやはりパワーをもらいます。

そして、嘆きや悲しみが深ければ深いだけ、そこから頂けるパワーも深くなるように思うのです。


e0288951_22333766.jpg


音楽にどっぷりと浸った三時間でした。

今もアリアのメロディーが頭の中を回っています。



e0288951_23213536.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り

by gutsuri | 2017-11-11 23:29 | コンサート、音楽 | Trackback | Comments(0)

一目惚れならぬ一声惚れ


10月のある日、白井光子さんのコンサートに行きました。

ドイツで活躍されているメゾソプラノです。

e0288951_19025701.jpg


ずっと以前、もう何年も前の話ですが、youtubeでドイツ歌曲をいろいろと聴いていた時に、

白井光子さんの動画に出会って、彼女の歌を聴き、一瞬でその深い声に引き込まれました。

私が好きだったその時の動画を探したのですが、ありませんでした。

新しい曲はアップされていましたけど・・・


彼女の歌を・・・ちょっと声を聴いただけで・・・虜になりました。

一目惚れはよく聞く言葉ですが、私の場合はまさに、一声惚れ・・なのです。

落ち着いた声で、独特の響きがあって、奥が深い声で、

そこに彼女の音楽を乗せて歌っているのですが、

その声は魂から発せられていて、彼女の歌声は魂が共鳴しているように感じるのです。

と同時に、私の魂が揺さぶられる感じがしてきます・・・

e0288951_19055974.jpg



コンサートの一曲目は、良く知られている曲「献呈」で、

溢れるばかりの華やかな愛の曲ですが、細部が聞き取れず、ちょっと残念・・・

70歳を越されているようですから、仕方がないのかもしれませんね。

それでも後半からは素晴らしかったですよ。

彼女の声は魂から発せられていて、その声は私の魂に直接響いてきます。

彼女の歌声によって私の細胞は活性化し、

彼女が発している音の周波数が、私の身体全体を包んで、本当に気持ちが良いのです。

楽しませていただきました。

白井光子さんの声はとても豊かで、

歌を聴いているとまるで紅葉の中にでもいるように満たされましたよ。


e0288951_19044398.jpg


盲導犬を連れた方がコンサートに来ていました。

きっと熱烈なファンなのでしょうね。

盲導犬のお行儀のよいこと。

コンサート会場で盲導犬を見たのは、私は初めてでした。





11月4日の夕日です
e0288951_19085513.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り


by gutsuri | 2017-11-07 21:03 | コンサート、音楽 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri