<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブログを書くことが介護を支えてくれた

私の介護は4年間でした。

母が99歳で歩けなくなり、そこから母の介護が始まったのです。

はじめのうちは何もわからなくて、右往左往していましたよ。

母は丈夫な人で、99歳で歩けなくなるまでほぼ自立して日々を過ごしていましたから、

母の健康は母任せ・・・それで済んでいました。

母はすこぶる健康な人だったので、母が歩けなくなるなど考えたこともなく、

母はずっとこのまま元気でいてくれるなどと、そのような信念を私は持っていて、

今考えると、私の幼さに・・・非常識に・・・あきれてしまい、笑ってしまいます。

でも、それくらい元気だったのですよ。

母は活気があり、エネルギーに満ち溢れ、気合が入っていました。

歩けなくなってからは、紙おむつ使用になりましたが、

ヘルパーさんやリハビリの先生方、訪問入浴、往診の先生などのお世話になりながら、

一つ一つ教えていただき、どうにか乗り切ることができました。

ケアマネさんや介護用品をお借りしていた業者の方にも助けていただきました。

本当に有難かったですね。

何も知らなかったですから・・・

床ずれがどのようなものかも知りませんでした。


そして、介護の傍ら、ブログをほぼ毎日書いていました。

母の介護をしていて、時間の制約があるにもかかわらず、

介護記録のような感じで、書いていました。

そう、初めは介護の記録を書いているつもりでしたが、

そのうちに、介護の現状把握、これからどうするか、介護の見通し、また、介護の問題点とか、

毎日書いているうちに、いろいろと介護の形が見えてきて、

書くことで整理され、私の介護に対する思いもはっきりとしてきました。

母は歩けないにもかかわらず、ベッドの中でとても元気で健康でしたから、お薬を飲むこともなく

ヘルパーさんやリハビリの先生、往診の先生とのコミュニケーションを楽しみに、

ベッドの中で新聞、雑誌や本を読んだり、お箏のCDを聴いたり、明るく過ごしていました。


4年間の介護のうち、3年半は何の問題もなく、

気を付けたことは、母がベッドの中で楽しく過ごすためにはどのようにしたら良いか・・・

焦点はこれでしたね。

明るく元気に過ごすことが母のパワーの源だと知っていました。


介護をしていた頃をたまに想い出すことがありますが、

今はっきりとわかることは、

ブログを書くことが、私の介護を支えていてくれていました。

ブログを書くことで、介護全体を見ることができましたが、それだけではなくて、

介護に取り組む私の姿勢が、ブログを書くことで育っていき、

ブログを書くことで、介護に対する私のモチベーションが上がっていき、

ブログを書くことで、母の介護を前向きにとらえることができて、

介護をして初めて気が付くこと・・・たくさんありますが・・・

このことに気が付くことができました。

介護は大変なことと思われていて、それは、まあ、そういうところも確かにありますが、

介護をして初めてわかる大切なこと、貴重なことをいろいろと体験できたのです。

生きるとは何かということを、老いて死に行く人の立場になって考え、

生きるとは何かということを、高齢者を見守りながら、介護する私の立場から考え、

在宅看取りをするつもりでしたから、どのような看取りにするかを考えたり、

死が傍にある暮らしは、死後の世界や輪廻転生、魂などという言葉も気になって調べたり、

また、介護の持つ奥深さをしっかりと味わうことができたのは、

ブログを毎日書くことで、生きることの意味の深さを知り、

その日その日が持つ密度の高さ、母の一日も、私の一日も、その日はその時だけだということ、

母の今日一日を楽しくすると同時に、私の一日の大切さにも気が付いたり、

ブログを書いたからこそ、介護から得たものが大きいのだと、

そのことがはっきりとわかるのです。


ブログが私の介護を支えてくれた・・・

それが今、よくわかるのです。


ということで、これからも、このブログを続けていこうと思っています。

ブログを書くことは、ブログに限らず、何かを書いていくということは、

頭の中が整理整頓され、冷静になることができ、客観的に物事が考えられ、

生きることの大切さに気が付くことができるのではないか・・・

私はこのところの自分の変化に気が付いていますから、

以前のように、毎日の更新はできませんけどね・・・


これからもよろしくお願いいたします。



夕日が戻ってきました~
介護をしていた時にも夕日に癒されました~
e0288951_00165063.jpg



e0288951_00173710.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-09-30 14:44 | 介護 | Trackback | Comments(0)

太陽の恩恵


前回のブログは、内面の変化についてでした。

春ごろから、何となく感じることが違ってきたと気づいていました。

それが7月ごろからはっきりと自覚出来、

ぼんやりとしていたものが、はっきりと姿を現してきたように思うのですよ。

興味があるものがはっきりとしてきて、それも幅が狭まってきたような・・・

そんな感じですね・・・

そして、そのようなものばかりが目に飛び込んでくるのです。

シンクロニシティーでしょうか・・・


今まで良いと思っていたものに魅力を感じなくなったり、

興味が湧くものや惹かれるものが、次々と目の前に現れたり、

片や、どうでもよいことは、徹底的にどうでもよくなってきたり、

まあ、少しは気を付けなくてはなりませんが、

もう母もいませんし、自由の身ですから、その自由を楽しむつもりです。



自然の脅威はたまにやって来ますが、

そこには、私たちへのメッセージが読み取れることがあります。

地球の浄化が穏やかなものであって欲しい・・・

心の底から、そう願っています!

私たちの意識が・・・そう、一人一人の意識が集まると、

それは社会の想念となり、独特のエネルギーを発するといいます。

社会の想念としてのエネルギーは、地球に響き、伝わり、地球はそれを感じ取る・・・

そうだとしたら、プラスのエネルギーを発したいですね。

私たち一人一人が意識して、プラスのエネルギーを発して、

プラスのパワーを地球に充電して、

地球は浄化作用など必要としなくなる・・・・そのような社会にしたい・・・

一人一人が地球を敬い、自然を愛すことから始める、

私たちがほんのちょっと気を付ければ・・・

変化は起きるかもしれない・・・


欧米では、9月23日の秋分の日がハルマゲドンという声もあったとか・・・

ハリケーンによるテキサスでの水害などがありましたから、

ハルマゲドンという言葉が真実味を帯びて感じられたことでしょう。

天変地異は世界各地で起きていますが、

それでもなお、人々のプラス意識は求められていることではないでしょうか・・・



地球に変化が起きたり、私たちにも変化が起きたり、

今までこうだったと思っていたことが、そうではなかったり、目まぐるしい世の中ですが、

この変化を引き起こしている大きな原因は、

今、太陽が大きく変化していて、地球や他の惑星に影響しているそうですから、

太陽の影響だといえるそうです。

変化は地球だけの問題ではないようですね。


これまで、太陽の有難さに気が付いたことがあったでしょうか・・・

太陽など当たり前と思っていた私。

太陽の恩恵を当然のこととして気にも留めなかった私。

これからは、お日さまを見るたびに、太陽に気が付くたびに、

お天道様を拝み、感謝します・・・

そのことに気づかせてくれてたすべてに感謝です。

ありがとうございます。




秦野で見た蕎麦畑
e0288951_21412761.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-09-28 07:00 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

内面の変化に戸惑う

すっかり秋めいてきました。

空気が乾いているのでカラッとして気持ちがいいですね。

9月に入ったと思っていたら、すぐに秋分の日がやって来た感じがしますが、

気が付けば今週で9月も終わり、来週から10月になります。

窓を開ければ、お隣さんの金木犀の甘い香りが漂ってきて、

しばしその香りに浸っていますよ~

金木犀の心地よい甘い匂いが風に乗ってやって来ますが、

胸深く息を吸うと、身体全体にそれがいきわたり、

細胞が喜んでいるようで、身体が子気味良さを感じています。

公園の桂の木は黄色になり落葉を始め、

カラメルの甘い匂いを周囲に振りまいていて、この時期だけの味わいですね。

こちらはほのかに甘い匂いが伝わって来るので、

匂いを意識しなければカラメルの香りは気が付かないかもしれません。


自然っていいですね~

自然を感じると心から満たされた気持ちになります。

普段はそれほど自然に気持ちを向けていないので、

改めて見回すと、季節の巡り・・・秋への準備が始まっていることに気が付きます。



先日「お母さん、元気なの?」と娘から声をかけられました。

ブログの更新が途絶えていたので、具合でも悪くなったのではないかと心配していたそうです。

心配をかけて申し訳なかったですね。

私は元気でした。

リハビリには通ってはいますが、体調はすこぶるよくて問題はありません。


でも、8月に面白いことがありました。

普段は皆さんもそうでしょうけど、血圧など図りませんよね。

私も、血圧測定など家ではしません。

リハビリに行くと、血圧測定をすることになっていて、毎度測っています。

私はもともと低血圧で、上が90くらい、下が60くらい・・・立派な低血圧です。

まあ、大体これくらいの血圧値が出ていましたが、

8月のある時に、上が74、下が52という数値が出て、

その次のときも同じく低い数値が出て、

家族にそのことを話すと「それは栄養失調だよ。」と言われ、

でも、身体の中から溢れ出るエネルギーのようなものは感じられるし、

気持ちに張りはあるし、

それでも、心の片隅では、その数値が気になっていました。

私は菜食で小食ですからね・・・

9月に入るとどういうわけか、血圧は元に戻っていて、

上が90~100、下が60~70、まあ、普段の血圧に近くなっていたので良かったです。



身体は問題はないのですが、

7月くらいから、私の気持ちに変化が起きて、自分でもそれがわかるのです。

精神レベルや感情レベルで、何かが変わったと気が付くのです。

物を考えるときの、立ち位置が変わったとでもいうのでしょうか・・・

物の見方や感じ方が、以前と異なってきたことを感じるのです。

以前は気になっていたことが、今は全く気にならないというようなこと。

不思議ですが、意識することが変わったのです。

9月に入りブログの更新が途絶えたのは、

8月は暑くて外出は出来なかったものの、

9月になって涼しくなり、いろいろな用事で出かける機会が増え、

そのためにブログをお休みしましたが、

以前の私ならば、疲れていても気合を入れて、ブログを書いていましたね。

書けていたのです・・・ブログを書くことは簡単でした。

次から次へと、書くことが頭に浮かんで来て、サクサク書くことができたのです。


今は、自分の内面の変化に、ちょっと戸惑っている・・・

こんな感じでしょうか・・・



メドーセージがきれいに咲いていましたが、先日の台風で倒れたので、短く切りました。
e0288951_23423317.jpg

澄んだ青色がとても美しくて、その青が、皮膚の中まで・・・身体の中まで・・・入ってくる・・・感じ
e0288951_23450911.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-09-26 07:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

リハビリは順調です


今日はリハビリの日でした・・・私のリハビリですよ・・・

左足首は少しずつですが、良くなってきたように感じています。

10年以上前の足首の捻挫をそのままにしておいたので、

変な風に凝り固まってしまっていた左足首ですが、

そのままの状態でその後の日常生活をこなしていました・・・

ジムに行ったり、散歩をしたり・・・

出来ていたのですよね・・・無理がきいたのです・・・

10年以上も前の話ですからね・・・


変に凝り固まってしまった左足首を、筋肉をつけながら解きほぐしていき、

そしてまた、正常な状態に・・・本来のあるべき状態に戻すように・・・

筋肉をつけながら動かしていく・・・その訓練です・・・

毎日励んでいますよ~   

時間をかけてゆっくりと動かしています。

そのおかげで30~40分の散歩ができるようになりました。

身体は覚えるのが早いですね。

これは年齢に関係ないと思いますよ。


母の介護をしているときにも、人間の身体って本当にすご~いと

人間の身体の仕組みに驚いたことが何度もありましたから・・・

母の介護が教えてくれたこと・・・

それは、「私たちの身体は、心が動かしている。」ということです。

心が身体に指図をしている・・・そう感じましたね。

母は気持ちで身体を引っ張って行っていましたから・・・気迫の人でしたから・・・

お手本が傍にあったので、それに倣ってこれからやっていくつもりです。


私の膝の方は、こちらもリハビリの先生に言われた動きをしていると、

膝の動きが快調になって来たのがわかり、

このままこれを続けていけば、私の膝は良くなっていき、問題なく過ごすことができるはず・・・

このように思われますので、一安心というところ、

足首や膝の歪みを矯正していると、

身体の他の部分の関節も歪んでいるのがわかってくるので、

こちらの方もストレッチをしたり動かしたりしていると、それがとても心地よくて、

芯からリラックスでき、身体が喜んでいるのがわかり、本当に気持ちがいいのですよ。

今回の左足首の痛みのおかげで、私は自分の身体全体を見直すことができて、

身体の骨格や関節など、普段は気にもせず過ごし、痛くなってから慌てて対処するものですが、

そうなる前に、身体全体に気を配る機会が与えられということで、

そういう意味では、本当に良かったと思っています。


そして、あちらこちらに歪みがあって・・・驚いています・・・

まだ、矯正の途中なのですが、

矯正している段階で、自分の変化に気づくことがいろいろとあって、これにも驚いています・・・

春から始まった左足首の治療がもたらしたもの・・・

それは私の内面の変化!

それまでとは異なったものに興味が湧いてきたり、

考え方も変化してきたりで、この予想外の展開に、自分でも驚いています。


4年間は母の介護にどっぷりとつかっていました。

介護以外のことに注意が向かなかったのですよ・・・

去年の今頃は、母の体調が思わしくなくて・・・

母は元気な人だったのですが、このころは時々熱を出したりして・・・

この頃、母の身体は舵を切り替えていたのですね・・・

死に向かって身体は準備を始めていたのです。

今考えると、それがよくわかりますが、

その時には、どうしたらよいかと私なりに懸命に対処し、あれこれ試したりしましたね。

母がそれに応じてくれたのが幸いでした。

母はやる気満々でしたよ・・・いつも・・・協力的でしたね・・・有難いことです。


余りにどっぷりと介護につかっていたので、そこから抜け出るのに何かが必要だったようです。

それが、昔の左足首の捻挫の後遺症なのでしょう・・・

そろそろ自分の身体を心配しなさいという母の配慮なのかもしれません。

ちょうど良い頃合いで、私は介護から解放されたので、

それを素直に受け取り、感謝し、自分の健康に目を向けていこうと思っています。



9月5日は、逗子海岸のダイアモンド富士の日でした。

朝から青空が広がる素晴らしいお天気で、気持ちもウキウキ・・・

準備万端で夕方を待っていました。

が、西の低いところに雲がかかり、それが動きませんでした。

富士山が見えないのですから・・逗子海岸にはいきませんでした。

秋のダイアモンド富士はこれで終わりました。

来年の4月のダイアモンド富士に期待します。

お天気に恵まれると良いですね~

今日の夕方の富士山のシルエットはきれいでしたよ。

青空と茜色の雲に囲まれて・・・夕映えが空一面に広がっていました。


花ショウガが咲いていました。
e0288951_20451793.jpg

強烈な甘い香りが周囲に漂っています。
e0288951_20461916.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!






by gutsuri | 2017-09-12 20:47 | 健康 | Trackback | Comments(0)

空振り


今日は午後から青空が見えてきて、本当に久しぶりの澄み切った青空です。

この青空では、ダイアモンド富士が見えるかもしれないと思い、

日の入りの時刻に間に合うように出かけました。

森戸海岸の国道沿いの道路には、30人くらいの人がカメラを構えて並んでいて、

いや、もっとたくさんの人がいましたね~

驚きました!

青空ですから、皆さん、ダイアモンド富士が見えるものと確信しているようです。


森戸海岸に着いたときの様子です。
e0288951_19354857.jpg

残念ながら、富士山は雲に隠れて見えませんね。


お天気は最高なのですけどね・・・

e0288951_19391436.jpg


それでも、この雲が龍の形に見えて、嬉しかったです。

e0288951_19421917.jpg
輝く玉を頭にのせた龍です。

龍の形の雲を見たのは久しぶり・・・


今日もまた空振りでしたが、まだ、ダイアモンド富士のチャンスはありますから、

また出かけていくつもりでいます。

今は介護がありませんからね・・・出かけたいときには出かけることができるのですよ・・・


日没後、うす暗くなってから、富士山のシルエットが見えてきました・・・

家から見えました・・・小さな雲はかかっていましたけど・・・




こちらは、壁にできていたキアゲハの蛹です。
e0288951_19560621.jpg
パカッと口が空き、キアゲハは無事に羽ばたいていったと思われます。



先日、朝、洗濯物を干していると、

傍に人がいるにもかかわらず、

キアゲハが傍のパセリの上をヒラリヒラリと飛んだり止まったりしています。

ああ、また、卵を産み付けているのね~

パセリの葉もだんだんと伸びてきて・・・

フェンネルの葉も少しずつ伸びてきて・・・

でも、ヤマミツバはほとんど食い尽くされてしまい、これから伸びるのを待つ状態です。

卵がたくさんだったろどうしよう・・・などと、つい心配してしまいますが、

もう、なるようになる・・・という心境です。

ホームセンターのパセリは農薬が強くて、キアゲハベビーには上げられないのですよね・・・

まあ、どうにかなるでしょう~




ローズポンパドール
e0288951_20240963.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-09-02 20:26 | ダイアモンド富士 | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri