<   2017年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

モグラ除けにはスズランが効果あり!

今、庭ではスズランが満開です。
e0288951_20013935.jpg
初夏の爽やかな風に乗ってスズランの香りが漂っています。

庭にスズランを増やそうと思っていて、

春先にスズランの株を小分けにして、あちらこちらに分けて植えつけました。

スズランは地下茎がどんどん伸びていき、すぐに増えますよ。

そのおかげで、今、スズランがたくさん咲いているのです。
e0288951_20030316.jpg

モグラ塚が庭にたくさんできて、困っていました。

庭でモグラ君の姿を見たことはありませんが、

冬にこのようなモグラ塚が出来て、
e0288951_1656283.jpg

モグラは肉食動物ですから、バラの根っこをかじったりすることはないものの、

それでもモグラが土を掘り返すときに、バラの根っこがぐらついたりすることがあって、

どうにかならないものかと思案していました。


田んぼの土手などに彼岸花が植えてあるのを見かけますが、

彼岸花は毒を持っていて、それをモグラは嫌うので、

土手の彼岸花はモグラ除けに植えてあることを聞いてはいましたが、

この小さな庭には、どう思っても彼岸花は大きすぎます。


そのころ、スズランには強い毒があることを知りました。

スズランは、その可憐な姿とは裏腹に、根と花に強い毒を持っていて、

スズランをコップにさしておいたその水を、子供が間違って飲んだりすると、

大変なことになるそうですよ・・・

それだけの毒を持っているのならば、モグラ除けにも使えるのではないか・・・


こう思って一昨年の秋、庭に植えてあったスズランの株を小分けして、

モグラ塚が出来て困っている場所に、植えつけました。

すると、冬にはモグラ塚が減っているように思われたので、

昨年の秋もう一度、スズランを小分けしてあちらこちらに植えつけると、

やはり効果がありましたね~

モグラ塚は一つだけになっていました。

春先にもう一度スズランの株分けをしたので、

もっともっとスズランが増えてくれると思います。


モグラ塚対策は、いろいろとトライしましたが、

それらはこの庭では効果がありませんでした。

でも、スズランは今のところ上手くいっています。

もっともっとスズランを増やせば、

モグラは庭にやって来なくなるのではないかという期待が湧いてくるほどです。

小さくて可愛いスズランは、場所を取らないので扱いが楽ですよ。

見た目も美しいですし、爽やかですし、本当に助かっています。


毒と言えば、あまり知られていませんが、

クリスマスローズもとても強い毒を持っているそうです。

こちらもひょっとすると、モグラ除けに使えるかもしれませんね。

クリスマスローズ(キンポウゲ科)の学名ヘレボレス(Helleborus)は、

ギリシャ語のhelein(殺す)とbore(食べもの)からきているそうで、まさに毒草ですよね。

クレマチス(キンポウゲ科)も毒草なのだそうです。

クリスマスローズもクレマチスも庭にたくさん植えてあります。

花がらを切るときには手袋をしなくてはなりませんね。

クレマチスもモグラ除けになるかもしれませんね・・・

モグラ除けも楽しくなってきます・・・



クレマチスです。毒を持っている・・・
e0288951_21532451.jpg
こちらもクレマチスです・・・
e0288951_22064381.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-05 20:44 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

「気」というエネルギー

先日、春菊、パセリ、バジルと、3種類の種まきを同じ日にして、

そのうち春菊だけが先に芽を出しました。
e0288951_19395051.jpg
種の殻を持ち上げて伸びていますね。
e0288951_19440870.jpg
ケシ粒にも満たない小さな種の中から、このような芽が出てくるのですから、

本当に不思議ですね~

種の中にはそれがプログラミングされているのでしょうけど、

温度と水と光があれば、芽を出して伸びていってくれます。

目を見張るほどのスピードで、ぐんぐん成長していくさまは、

まさに生命の神秘であり、

そして、伸びて大きくなり、食べごろになった春菊を食べることで、

私たちはその生命のエネルギーを与えて貰っている・・・

春菊の生命力を・・・植物の生命力を、食べることで身体に取り込めるのですよね。


植物は、種にプログラミングされたとおり、

水と温度と光があればぐんぐん伸びていくと、私たちは思っていますが、

実は、植物が育つのは、それだけではないと言われています。

「気」という言葉があり、

日本語でもそうですが、中国語でも「気」ですね・・・発音が違いますが・・・

それを「プラーナ」と呼んだり(インド)、

他にもいろいろな言い方があるそうですよ・・・

種が芽を出して伸びていくのを助けるようなエネルギー、

そのようなエネルギーが空気中には満ちているそうですよ。

私たちが健康に生きるのを助ける力。

病になってもそれを治すのを助ける力。

それが「気」なのだそうですが、それが、大気中に満ちているそうです。

風薫る五月は特に、それを感じますよね~

外でちょっと深呼吸をすると、何か満たされるような気がしてきますから、

今のこの時期は、そのエネルギーが空気中にたくさん充満しているのでしょう・・・きっと・・・

植物は枝葉を伸ばすためにパワフルな活動をしていますからね。


地球が「母なる地球」と呼ばれるのは、

地球上の全ての生き物を育てているからで、

大地が発する生命力のエネルギーは、

生命あるものすべての生命を支えているそうです。

「気」は生命を育むものなのです。



このようなことを思い出しながら、芝生の草取りをしていました・・・

五月の風を心地よく感じながら・・・




クレマチスが咲いています。
e0288951_21092997.jpg




みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-04 21:21 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

グラウンディングとアーシング

グラウンディングやアーシングという言葉は、最近、ときどきは耳にすることがあります。

グラウンディングとはgrounding,

アーシングとはearthing,

という単語からきていますから、

グラウンディングやアーシングとは、

地面にしっかりと足を付け、

地球にどんと腰を下ろして、

周囲の自然を肌で感じ、

春夏秋冬の移り変わりを意識しながら、

土と交わり、草木に触れ、花を愛で、

風を感じて、雨に潤い、雲の動きを目で追い、

そして、お日さまに感謝する・・・

と、まあ、このようなことだと思っています。

早い話、周囲の自然と親しむこと。

そうすると身体が喜びますし、何より気分が良くなります。


特に、5月は、外にいるととても気持ちが良いですから、

グラウンディングやアーシングを意識しなくても、

若葉に触ったり、泥いじりをしたり、海に手を浸してみたり、花の香りをかいでみたり、

自然にこのようなことをしていますよね・・・

私は、自然と親しむことが一番の健康法だと思っています。

人はそれぞれ好みが違いますから、人それぞれの健康法があることと思いますが、

自然の中に入ると気分が良くなることは、みんな感じていますよね。


砂浜や芝生を裸足で歩く健康法にあこがれていますが、冷え性の私には難しそう・・・

そこで、出来る範囲でグラウンディングとアーシングを楽しんでいます。

芝の草抜きもグラウンディングで、

アブラムシを払い落とすのも多分そうなのかな・・・

庭の虫たちと仲良くするのもグラウンディングで、

砂浜に腰をおろしたり、夕日を眺めたりするのも、きっとそうですね・・・


そして、木蓮の木の下に、ガーデンチェアを持っていき、

木漏れ日の中で座っています。
e0288951_21013182.jpg
ときどき、木蓮の幹を手で触りながら、その感触を楽しみ、

本を読んだり、お茶を飲んだりしたいですね~

早くしないと蚊が出てきますね・・・



クレマチスが咲いています。
e0288951_21103151.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-03 21:04 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

オオアオゾウムシは庭の仲間

今年のゴールデンウイークはお天気に恵まれていますね。

連日気持ちの良いお天気が続き、外の空気が美味しくて、

日陰で木漏れ日を浴びていると、

家の中に入るのがもったいないと思われて、

それでも、庭ばかりを片付けて、庭ばかりがきれいになっても、

家の中が散らかっていたら落ち着きません・・・

そうそう、連休中に来客があるのだった~

掃除しなくては・・・


連日、バラの枝のアブラムシをチェックしています。

アブラムシがいれば払い落としていますから、

アブラムシがいないかどうか見回していると、

いますね~

ニュードーンというツルバラの蕾にアブラムシがいたので、パラパラと払い落とすと

雨のようにアブラムシが降ってきました。

このニュードーンというバラは素晴らしいバラで、

日陰でも、肥料なしでも、虫がいても、たくさんの花をつけ、

しかも病気にならないという我が家の方針にぴったりのバラなのですよ。

バラの殿堂入りをしていますから、世界でも認められているばらなのですね。

ニュードーンのアブラムシを払い落としていると、

ハナグモが迷惑そうに出てきましたよ。

どうもハナグモの食事を邪魔したようです・・・

ハナグモもアブラムシを食べています。


先日、アマリリスの球根を植えた場所を忘れないように割り箸を刺しておいたら、

今日、その割り箸の上に何かいるのに気が付きました。
e0288951_19453336.jpg
オオアオゾウムシです。

オオアオゾウムシは草食昆虫なので、

それなりに葉っぱや花に悪さをしますが、

草や花を少しかじったりする程度なので、

オオアオゾウムシは庭の仲間です。

バラゾウムシ(こちらは真っ黒で小さいゾウムシ)はバラの蕾に決定的なダメージを与えますから、

それでは困ってしまいますよね・・・

バラゾウムシは捕まえていますよ。



庭には、ハナグモ、ササグモ、ワカバグモなどの肉食昆虫がたくさんいるので、

オオアオゾウムシもうかうかとしてはいられません。

生き物の世界は厳しいのです。


こちらは百合の葉にいるオオアオゾウムシ
e0288951_20183015.jpg



ギボウシの葉が伸びてきました。
e0288951_20195016.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-02 21:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

身体は神の神殿である

一昨日、「身体は心の歴史である」を書いているときに

思い出した言葉があります。

「身体は神の神殿である」という言葉です。

ヨガでは、時々この言葉を聞くことがありますね。

ヨガとは・・・何のためにヨガをするかということについては・・・

いろいろな解釈がありますが、

ヨガとは健康のために身体を動かすだけではなくて、

そこにはもっともっと深い意味が含まれているようです。


瞑想のためにヨガをするのだという解釈もそこでは成り立つようで、

瞑想は、心を静めておこなうもの、

そして、そのためには揺るぎない身体を作り、

まず自分の身体を神殿のごとく聖なるものとし、

その神殿から、神の領域というか・・・無限の世界の旅をする・・・

意識の世界の旅ですよ・・・

意識を集中させて、無限の世界へ・・・未知の領域へ・・・

まだ見ぬ素晴らしい世界へ・・・

旅立つのです。


瞑想は雑念に絡まれますから、

まず手始めに、身体を聖なる神殿にしましょう・・・

そうすれば、聖なる気づきの世界のドアを開くことができるかもしれない・・・

そういうことなのだと思います。

そこから「身体は神の神殿である」と言われるわけですよね。


ヨガでは、

食べ物にも、

呼吸にも、

姿勢にも、

考え方にも気を付け、

そして、その上で、瞑想の世界に入ります。


ヨガでは、私たちはみんな、繋がっていると言われています。

が、そのようなことを言われても、みんな、私たちの身体は離れていますよね。

くっ付いていません。

肉体はそれぞれ物理的に別個のものです。

私たちの眼に見える範囲ではですが・・・


そこで、よくたとえられるのが、

海の大海が私たちのの源(ソース)だとして、

私たち一人一人はその海の波、一つ一つだと言います・・・

海の上に波が一つ立てば、それが私・・・

波が出来て、出来たと思ったら消えてしまった・・・

それが私の人生・・・・

何と儚いもの・・・

何と短いものなの・・・

でも、たくさんの波は海を通して繋がっています・・・

波はすぐに消えますが、でも、またすぐに新しい波が出来ます・・・

それもまたすぐに消えますけどね・・・


「身体は神の神殿である」という言葉を思い出していたのですが、

ヨガや瞑想などは、余りに大きくて、余りに深くて、

だからこそ、惹かれていきますが、

そのたびにそこはいつも別の世界で、別の顔を見せ、

時には魅惑されますが、時には謎解きのよう・・・

意識を意識することをつい忘れ、雑念に覆われたり、

でも、その隙間から素晴らしい世界が垣間見え、その世界に浸ったり、味わったり・・・

いろいろですね~


身体って・・・自分の身体ですが・・・

不思議なものですね~





ササグモがバラの蕾を守っています。
e0288951_20461130.jpg
クレマチスが咲きました。
e0288951_20480910.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-01 21:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri