<   2017年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

ローズポンパドール

5月に入って、ローズポンパドールの蕾が一つだけですが、少しずつ膨らんできて、
e0288951_22352122.jpg
ようやく開花しました。一つだけですよ~
e0288951_22364572.jpg
3月末には7~8個の蕾が見えていましたが、

咲いたのは一つだけです。

外壁塗装の邪魔をしたらいけないと、3月末から4月中旬にかけての3週間、

庭にはあまり出ることが出来なかったので、仕方ないのですよ~

バラゾウムシが活躍したようですね。

でも、ローズポンパドールのバラは四季咲きのバラなので、

新芽の蕾がダメになったところからは、またすぐに新しい芽を出してきて、

その枝が伸びてきて、小さな蕾が見えてきました。
e0288951_22384166.jpg
5月末から6月にかけて・・・だいぶ遅れますが・・・咲いてくれそうです・・・

良かった~


「日本のような高温多湿の環境では、無農薬でバラを育てるなんて無理なこと。

バラもかわいそう~」

このような意見をときどきネットで見かけます。

この意見は的を得ていて、もっともな意見だと思います。

正しいことを言っていますよね。

私も本当にそう思います。

日本の過酷な夏をバラがどう乗り切るか、これに気を遣いますからね。


8個もの蕾を確認していながら、咲いたのは一つですから、

このような時に、私って何をしているのかしら・・・などと、

自分のしていることをつい疑ってしまうのですよ~

まあ、来春は、もう少しバラに目をかけてあげられるので(今のところはその予定です)

これほど打率が低いことはないでしょう。

蕾の開花率7割くらいを目指そうと思っていますよ~


バラの美しいお庭はたくさんあります。

目を引きますよね。

きれいに整ったバラのお花が咲き乱れているその豊かさ。

憧れますよね~


そうして、ふと我に返って我が庭を見まわすと、

そこには見慣れた私の小さな庭が、生き生きとして5月の顔を見せています。

自然な感じで、風に揺れていて、それなりに咲いてくれる花々・・・

まあ、このような庭があっても、このようなバラがあっても、

良いかもしれないなあなどと思いながら、

もうじき現われるであろうカマキリベビーを待ちわびています。



芍薬が咲いています。3輪ほぼ同時に咲きました。
e0288951_20360083.jpg
向いているいる方向がみんな違っているので、写真が撮りにくい・・・
e0288951_20362323.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-11 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

雨の朝の庭はアートがいっぱい

久しぶりの雨でした。

しっとりとして潤った感じがしますね・・・

庭もしっとりですが、私たちも潤ったように思います・・・心も身体も・・・

昨日外に出たときに、庭が相当乾ききっている状態だったので、

ホースで水播きしようと思い、

でも、その前に天気予報をチェックすると、傘マークがついていました。

助かりましたよ~

雨で庭が潤いました。

草木が輝いています・・・本当に嬉しそうですね・・・
e0288951_15232737.jpg


雨の朝は、お楽しみもあります。

見慣れた庭も、気が付けばアートがいっぱいあるのです。

自然の織り成すアートに、私の心も童心に一っ跳び・・・

水玉模様のマリアカラスとか・・・
e0288951_15263809.jpg
ファンタンラトゥールというオールドローズのツルバラ・・・今年は蕾がたくさんついています・・・
e0288951_15292541.jpg
パパメイアンの蕾・・・じきに咲きそうですね。
e0288951_15311827.jpg
グルスアンアーヘンの蕾が開きかけて・・・
e0288951_15342546.jpg
ペッシュボンボン
e0288951_15585500.jpg
アブラムシは雨で困っている?
e0288951_16004598.jpg
ヂュークオブエジンバラというオールドローズ・・・表情がお気に入りです・・・
e0288951_16024696.jpg
雫が輝いていますね・・・
e0288951_16051950.jpg
水滴がコロコロ
e0288951_16064215.jpg
こんなブローチがあったら・・・
e0288951_16073623.jpg
雨の日もまた楽し~



e0288951_16090016.jpg


みなさま、素敵ない一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-10 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

バラ育てと介護

今年のゴールデンウイークは、

3日から5日まで孫の一人がお泊りに来ていて、

3日には息子夫婦が来て一緒に昼ごはんを食べ、

4日には、夫、孫、私の3人で義兄のところへ出かけ、一緒にお昼ご飯を頂き、

5日には、夫が孫を連れて日本科学未来館へ、子供の日ですからね、混んでいたそうです。

残りの日々は私はガーデニング三昧でした。


介護の合間に庭仕事に精を出してはいましたが、

やはりそれは片手間仕事で、抜けていることがたくさんあります。

したくても出来ないですから、していないことがたくさんあるのです。

昨年の秋まではガーデニングは手抜きでしたよ。

勿論、介護優先ですからね~

母が歩けなくなってからの4年間、99歳から103歳まで介護をしていました。

元気な母でしたから、それほど介護に手を取られたということではなく、

99歳からの1年1年は、その歳その歳の母の意気込みや体力があり、

介護をしていたから庭仕事の時間が少なくなったのは事実であっても、

介護をしていたからこそ、いろいろなことに気が付き、

大きな視点で物事を考えるチャンスが度々あって、

その大きな視点が庭仕事にも活かされたと思っています。


人間の身体は百歳までは生きることができるそうです。

無事に百歳になった母と一緒に暮らしていて、

生きるとはなんだろう・・・などと、

まるで高校生のような青くさいことを考えていました。

そして、母が幸せを感じていること、

このことだけに焦点をあてて介護していこうと思ったのです。

そうすれば、治療とか、延命とか、医療に付随する雑多なことに対して、

簡単に対応できますからね。

医療に関しても、母はどうしてほしいだろう・・・これが基本でした。

私の希望より、母の希望優先でした。

往診してくださる先生は、母の考え方を尊重してくださる方でした。

引き寄せの法則が生きていましたよ・・・有難いことです。


野原には、たくさんの生き物が生きていて、

草や花や木や、たくさんの虫たちもそこにいて、

それなりのバランスが取れています。

それは自然なことですね。

バラは種類によっては消毒しなくては育たないものがありますが、

中には虫と一緒に育つバラもあるようです・・・と言っても、多少は虫食いがあったりします・・・

小さな庭では、今は、目が行き届きますし、バラの本数も減りましたし、

無農薬でのバラ育てを楽しんでいます。

肉食昆虫は応援してくれますし、

草食昆虫が全部バラの害虫ではありませんから、

私の目には、バラも、虫も、そう庭全体が、生き生きとしているように映るのですよ。

介護をしたおかげで、自然な形でやっていくことの大切さを教わったように思っています。

幸せとはなんだろう・・・これもまた青くさい問いですが、

介護をすることで、幸せについての考え方を鍛えられたように思います。


自由な時間がたくさんあるようになって、

しかも足首のせいで出かけることがあまり出来ないので、

山積みになった庭仕事をのんびりと片づけているところです。

肝心なところがいろいろと抜けていたので、、やらなくてはいけないことが本当にたくさん・・・

これから少しずつ、あせらずに、片づけていきます。

そして、5月になって、バラが咲いてきました。

バラの香りに魅せられながら、

ガーデニングに精を出しています~




マリアカラスです。
e0288951_22213753.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-09 22:07 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

イドメネオ

METライブビューイングというものがあります。

アメリカのメトロポリタン歌劇場で上演されたオペラが映画にされたものを、松竹が配信しています。

以前は、銀座の歌舞伎座(古い方)でMETライブビューイングが上映されていましたが、

最近では、全国各地で上映されているようで、

横浜の映画館でも見ることができるのですよ。

見る機会が少ない演目が、METでは上演されますから、

METライブのスケジュールをチェックしています。


モーツァルトの若いころのオペラ「イドメネオ」は好きなオペラの一つで、

でも、なかなか観る機会がないオペラなので、

スケジュールをチェックしていたときから、是非行きたいと思っていました。

連休明けの今日、思い切って出かけていきました。

桜木町駅のすぐそばの映画館なので、長い距離歩くこともなく、

久しぶりに街中に出かけ、リフレッシュできました。


4時間25分の上映時間(イドメネオは3幕のオペラです)のうち、

30分の休憩が2回ありました。

その休憩時間も、出演するオペラ歌手のインタビューが画面に流れたり、

オペラの練習風景や舞台裏などの様子が紹介されたり、

オペラファンにとっては、見逃せないものばかり・・・

30分の休憩時間といっても、席を立つのがもったいないと感じるほどでした。

音楽の音量も、少し大きめという程度で、疲れるほどではありません。

聴き覚えのあるメロディーが流れてくるたびに、

身体が反応しているのがわかりました。

聴きなれていた歌手の声や歌い方が耳についているので、

あら~、ちょっと違う・・・と思うところもあって、

でも、それはそれで面白く新鮮で、

若い人の伸びやかさを気持ち良いと感じましたよ。

楽しいひと時でした。


それにしても、108人収容の映画館がほぼ満席でした~

映画館が満席になるなんて・・・珍しい・・・ですよね・・・

私が知らないだけかもしれませんけど・・・



この芍薬、明日は開いてくれそうです。
e0288951_22332601.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-08 22:34 | コンサート、音楽 | Trackback | Comments(0)

ヒラタアブの幼虫はアブラムシを食べる

今朝、カメラを手に庭を見まわっていると・・・アブラムシチェックですよ・・・

ツルバラの蕾に何かくっ付いていました。
e0288951_20425156.jpg
これはヒラタアブの幼虫ですね。

見た目はちょっと気持ち悪いですが、

ヒラタアブの幼虫はバラを育てている者にとっては益虫なのです。

アブラムシをたくさん食べてくれるのですよ。

レオナルドダビンチというこのツルバラは、丈夫なバラで手がかかりませんが、

それでも、たまにはアブラムシが付いていることがあって、

気が付けば私が払い落としますが、

気が付かなければ、こうやって、何かがアブラムシを食べてくれますよ。

おかげさまで助かっています。

こちらは2~3日前にイングリッシュヘリティッジというバラの蕾にいたヒラタアブの幼虫です。
e0288951_20582788.jpg
頑張って食べてくれて、頼もしいですね~


ヒラタアブとは花が好きな可愛いアブですよ。
e0288951_21012977.jpg
こちらもそうです。

e0288951_21022455.jpg
花だけに興味がある可愛いアブです。


そして、これはバラの葉についていた卵なのですが、

何の卵だかわからなくて、

ヒラタアブの卵ではないか・・・と思って、様子を見ているところです・・・

イングリッシュヘリティッジというバラの葉についていた卵です。
e0288951_21052418.jpg
見つけたときには気持ち悪くて、すぐに葉を処分しようと思ったのですが、

一呼吸おいて、ちょっと考えてみたら、ひょっとしたら・・・ヒラタアブの卵かもしれない・・・

はっきりしないから、様子を見ましょう・・・

ということで、そのまま観察していますよ。

どのくらいで孵るのでしょうね・・・


生命溢れる庭は、楽しいけれど忙しくもあり、

面白いけれど、驚くこともたくさんあって、

それでも、万物の生命の営みから、たくさんのエネルギーをもらっていますよ~



マリアカラスが咲きました。
e0288951_21150496.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-08 21:16 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

アオメアブが飛んできた~

今日の午後、庭に立っていると、

何かがふわ~っと飛んできて、すぐそばのクレマチスの枝に止まりました。

飛び方がソフトな感じだったので、何の虫かしら・・・と、注意してみると・・・

どうも、アオメアブのようです。
e0288951_21100965.jpg
小さいので、まだ子供だと思いますが、

アオメアブって、虫の中で最強だと言われているのですよ~

スズメバチをも捕まえるのですって・・・すごい猛者なのです・・・


昨年からときどき庭にやってきます。

アオメアブは、白いひげを生やし、

緑青の大きな目をしていて、

リュックを背負ったように背中にこぶが出来ているお爺さんのような虫。

昨年始めて見たときに、このように思いました~

数日前にもアオメアブを見ましたから、時々はやってきているのでしょう。

4月28日のアオメアブです。
e0288951_23225625.jpg

アオメアブは人に興味はないようです。

ばっさばっさと作業をしていても動じませんね。

肉食昆虫の上位に君臨しています・・・さすがです・・・


アブラムシもたくさんいますが、

この5月の庭をいろいろな虫が、生を謳歌して闊歩しています。

文字通り、エネルギー溢れる庭になっています~



e0288951_21233884.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-05-07 21:27 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(2)

バラの枝に蜂の巣が出来ました

昨日、庭仕事をしているとき、

バラのアーチの上の部分の蕾には、アブラムシの被害はないかしら・・・と、

脚立に乗って調べていると、

バラの枝に小さな蜂の巣が出来ていて、その巣を守っているハチがいました・・・
e0288951_20115975.jpg
バラの枝にはときどきハチの巣が出来ることがあり、それほど驚きませんし、

これくらい小さなハチの巣ならば、私で何とか処理できると思っても、

ハチが巣を守っている状態では手は出せません・・・

何度も何度もそこを見ましたが、そのたびにハチが巣にくっついているのですよ~

e0288951_20092631.jpg
アシナガバチか何か・・・大き目のハチでした。


今朝、この枝を見ると、まだハチがくっついて巣を守っています。

何度か見に行き、午後見たときには、ハチが留守・・・
e0288951_20175275.jpg
今がチャンス!と、袋に手を入れハチの巣を取り除きました。

小さなハチの巣ですから、簡単です。

アシナガバチさんには申し訳ないけれど、

バラの枝に巣を作るのはご遠慮願いたいですね。


庭にはたくさんのハチがやってきます。

ミツバチ、クマンバチ、アシナガバチ、スズメバチのような恐そうなハチも・・・

いろいろと飛んでくるのですよ。

ハチの名前は詳しくないですが、たくさんの種類のハチやアブがやってきます。

が、ハチやアブは、人間に興味を示しませんから、

それほど恐い相手ではありません。

ハチが興味を示すのは、もちろん花ですよね・・・

そして、アシナガバチのような肉食系のハチは、

バラを育てている私にとっては益虫でもあるのですよ~

アオムシなどを団子にして食べてくれますからね。

ハチの邪魔をしなければ、ハチは人を襲いません。


先月、私がこげ茶色の冬の帽子をかぶっていると、

ハチがまっすぐに私のところへ向かってきましたから、

慌てて春夏用の白い帽子に変えました・・・

そして、着るものも庭では白っぽいものを着るようにしていますよ・・・ハチ対策です・・・


巣に戻ってきたハチは、巣がないので慌てたでしょうね・・・

こんな危険なところには、巣は作れないとわかったでしょうか・・・


ハチがハチの仕事をするだけなのはわかっていても、

バラの枝に巣を作られると困ります・・・


ハチさ~ん、子育てはどこか広いところでお願いしますね~



クレマチスです。
e0288951_20351795.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-07 20:19 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

斑入りゼラニウム

これは、赤い花が咲く普通の斑入りゼラニウムですが、

今、その一部が緑の葉の状態になっています。
e0288951_21123205.jpg
春になって新しく出てきた葉は、緑色なのですよ。

でも、これを放っておくといつの間にか、斑入り葉に変身しているのですよ・・・我が家では・・・


斑入り葉にも、緑色の葉にも、今、蕾が付いています。
e0288951_21172704.jpg
このゼラニウムは赤い花をつけます。
e0288951_21185746.jpg
こうして見ると、同じ株から出ている葉とは思えませんけどね。


斑入りゼラニウムの奥の方には、何と、真っ白な葉が見えるではありませんか・・・
e0288951_21212362.jpg
奥の方で、お日さまの光が届かなければ、白い葉になるのでしょうか・・・
e0288951_21230222.jpg
春になって、さんさんと照るお日さまに当たれば葉は緑色になり、

秋冬の柔らかい日差しを浴びれば斑入り葉になる・・・

日が当たらなければ、葉は白くなる・・・

そうなるのでしょうね。


念のため、調べてみると、ガーデニングのプロの方は、

斑入りゼラニウムの緑色の葉は、根っこから切った方が良いとアドバイスしていました・・・

そのままにしておくと、斑入り葉まで緑色になる可能性があるのだとか・・・

そうなんですか・・・面白いですね・・・

人によって育て方は違いますし、

案外、種類によっても違うのかもしれません・・・

私はいつも手は掛けません・・・そのままにしておきますよ・・・

それでも、毎年、斑入りゼラニウムの葉は健在です。

いつの間にか、斑入りゼラニウムになっているような気がしますね・・・


もうじき、赤い花が咲いて賑わいそうです~



キリギリスベビーが百合の葉にいます。
e0288951_21322855.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-06 21:39 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

斑入りシランが咲いています

バラの根元に斑入りシランを植えています。
e0288951_20495399.jpg
葉に白い筋が入っています。
e0288951_20511093.jpg
花は純白で清々しいですね。
e0288951_20515945.jpg
斑入りシランは日陰で育ち、毎年株が増えていく丈夫な山野草です。
e0288951_20564041.jpg
一株だけだったのに、いつの間にかこんなに増えました。




e0288951_20545075.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-06 21:01 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

レディーヒリンドンが咲きました

昨日の蕾を見て、開花まで後2~3日かかると思っていましたが、
e0288951_20094267.jpg
今朝、大きく開いていました。
e0288951_20110084.jpg
今日は風が強く、花は大きく揺れていました。
e0288951_20124710.jpg
強風に煽られて、お花が傷むかもしれませんね・・・
e0288951_20140710.jpg
そして、クレマチスも咲いています。
e0288951_20190862.jpg

今日は本当に風が強くて、バラの新枝が数本折れてしまいました。

残念です・・・

4月にも風の強い日があり、その時にもやはりバラの新枝がたくさん折れたのですよ。

太い枝から伸びた新しい枝が、付け根から折れるのです。

それくらい風が強かったです。

ここ2~3年、強風の日が多いいように感じていますが、

この辺りだけのことでしょうか・・・

気象異常は各地で起きていますから、

強風だけでなくて、いろいろと大変なのでしょうね・・・



e0288951_20275377.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-05-06 20:29 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri