<   2017年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

バラ、アイスバーグ

今日はバラ、アイスバーグです。我が家はツルバラです。
e0288951_19454943.jpg
棘がなくて丈夫で育てやすい白バラ・・・人気があります。

我が家でも元気よく伸びていますよ。
e0288951_19491698.jpg
1958年ドイツ作出のこのバラは、花の表情を見ていると、

アイスバーグというより別名のシュネービッチェン(ドイツ語で白雪姫だそうですが)

白雪姫といった風合いですね。
e0288951_19551101.jpg
透明感があって、清らかな感じがして、どういうわけか、惹かれるのですよね・・・

e0288951_19572162.jpg
バラの殿堂入りをしていますから世界中で愛されているバラ、

病気や虫に強いとされるADR章も受賞しています。
e0288951_19585447.jpg
ツルも柔らくて扱いやすいです。

適当に伸ばすとアーチになります。

上品で素敵なバラです。
e0288951_20003635.jpg
白バラには白バラの良さがあるって、

このアイスバーグを見ているとわかります。

何かが伝わってきますね・・・

何でしょうか・・・

白は浄化の色と言われますが、本当にその通りで、

アイスバーグを見ていると、心が洗われるような気持ちになるのですよ。

今日もしばらくアイスバーグを眺めていました。

素敵な時間でした・・・


そして、今日は張り切って虫退治もしましたよ。

木蓮の葉にコブシハバチの幼虫(芋虫ですね)がたくさん付いているのが見つかって、

これは毎年のことなので、ああ、また来たのね・・・なのですが、

この芋虫、たくさん集まると気持ちが悪いので、

葉を切り落としたりして、木蓮の木は高いですからね、大変でした。

この幼虫、バラには悪さはしません・・・

虫の食草は限られますからね。



こちらは白い芍薬です。
e0288951_20240537.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-21 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

小さな庭は私のパワースポット

風薫る5月です。

吹く風には草木の生命の匂いが漂っていて、

草木は勢いよく枝葉を伸ばし、

小鳥やチョウチョウもやってきては、囀ったり羽を休めたり、

草食昆虫とも肉食昆虫ともわからない虫たちが、ごそごそと歩き回っています。

庭でちょっと腰を落ち着けて休んでいると、

ニホントカゲがちょろちょろと姿を見せました。

あ!カメラは?

充電中でしたよ~

仕方がないので、七色に輝くニホントカゲをじっと観察していました。

草の陰に身を隠しながら進んでいく姿は、おかしくもあり、

だって、虫たちより食物連鎖の上位にいるはずなのに・・・

小鳥から隠れているのかもしれない・・・そう気付いて、なるほどですね。

上には上がいますから・・・

バラもようやく咲いてきました。

バラの甘い香りが庭中に香っていますから、蝶々がやってくるはずですね。


ファンタンラトゥールのアーチがようやく花開いてきました。
e0288951_17015101.jpg
ファンタンラトゥールはフランスのオールドローズ。

フランスの画家、ファンタンラトゥールの名前が付けられています。
e0288951_17163778.jpg
優しいピンク色の花と明るい葉の色が良くマッチしていて、

丈夫でよく伸びてくれます。
e0288951_17244892.jpg
ロマンチックな感じがして、見ていると気持ちが若くなりますね。
e0288951_17261152.jpg
今の時期、庭にいるととても気持ちが良くて、

エネエルギーを充電されている気分になってしまうのですよ。

自然に触れているとか、

自然の中に・・・植物とか生き物の中に浸っているから、そう感じるのかもしれませんが、

身体が喜んでいるのがわかりますから、気分が良くて当然なのですよね。


庭をパワースポットにする・・・

私はこれを望んでいて、そのためにあれこれやっていますが、

何のことはない、庭に居て気分が良ければそれでいい・・・そんな感じがしています。

その場所の波長と私の波長が合っていれば、互いに交流できるのですから、

大好きな場所こそ自分のパワースポットなのであり、

お互いのエネルギーが響き合えばいいのです。

私の心とこの庭は響き合っているかしら・・・

響き合っているはずですね・・・

庭に居たいと思いますから・・・


有名なパワースポットに行き、そこから何かを得たいと思ったら、

そこの空気に溶け込むような、そこと響きあうような、そのような気持ちになることが大切なようです。

力をもらうとか、運良くなるようにとか、依存のエネルギーを発するだけでは、

パワースポットの効力は薄いそうですよ。



このバラの名前の元となった画家ファンタンラトゥール(1836~1904)の絵





みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!

by gutsuri | 2017-05-20 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ヂュークオブエジンバラ オールドローズ

今日は、デュークオブエジンバラという名前のオールドローズです。
e0288951_19482675.jpg
表情豊かな赤バラで、今年は逞しく咲いています。

デュークオブエジンバラは、1868年イギリス作出のオールドローズで,

このころのデュークオブエジンバラといえば、

ヴィクトリア女王次男のアルフレッド王子のことだそうです。
e0288951_20264785.jpg
昨年までこのバラは半日陰に植えてあり、

赤色は日差しによって色合いが異なるので、昨年までは繊細な感じを受けましたが、

今年は日当たりの良いところに移したので、強く逞しく育っています。

デュークオブエジンバラという名前が合っていますね。

人に好かれ人気のある王子だったのでしょうか・・・


そういえば、赤色は男性の名前を冠するものが多いですね。

シェイクスピアも、パパメイアンも、そしてブラックプリンスという名前の赤バラも我が家にあります。

女性名の赤バラも、もちろん、ありますけど・・・

イングリッシュローズのダークレディー(黒髪の美女?というより黒髪の貴婦人ですね)という名前に惹かれて

その赤バラを注文したことがありますが、

手配違いでピンクのバラが届いたことがあります。

連絡すると在庫がないそうなので、返金してもらいましたが、

間違って届くのは縁のないことだと思いそのままですけどね・・・

いずれにしても場所がないのでもう増やせません・・・


今日のデュークオブエジンバラです。蕾があと3つくらい付いています。
e0288951_20465249.jpg


ピンクの芍薬が咲いています。
e0288951_20484566.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-19 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

アクセスレポート

ブログを初めて5年になります。

エキサイトブログのことしか知らないので、

そのようなものかもしれないと思っています。

ブログを書く前に前日のアクセスレポートに目を通し、

前の日の訪問者数とPV数(読まれたページ数)をチェックします。

ときどき、おかしいなあ~と思うことがあって、

例えば、訪問者数がPV数より多いということは変ですよね・・・

問い合わせると、機械がときどき調子悪くなり、間違った数字をはじき出すそうです。

エキサイト管理者も数字がおかしいことは承知しているのです・・・

そちらにも驚きましたけど・・・


エキサイト以外でブログを始めようかな~とも考えたり、

でも、私はブログのタイトルを3回変え、

「百歳まであと少しよ」というブログ名でスタートし、

次には「介護とバラとスピリチュアル」、

そして、今の「百寿者と一緒の暮らし」です。

ブログに関しては、余り変えないほうが良いのかなあなどと思ったり・・・迷っているところです。

2015年には、あるメルマガで私のブログが紹介され、

一日のPV数が2000を超えたことがありました。

弱小ブログにとっては驚きでしたが、そうなると頑張れるものですね。

介護の合間にサクサクと書いていました。

でもそのあとで、5カ月のブランクがあります。

再スタートしてからは、その頃の数字にはなかなか戻りませんね。

そのせいか、数字が変だと気になったりするのですよ。

それで昨日、GoogleAnalyticsをブログに入れたのですが、

今日は外出していたので、先ほど夕食後にアナリティクスをチェックすると、

まあ、何と複雑!

このようなものとても使えこなせそうにありません・・・

そして、ここまで解析する必要などないですね・・・私には・・・

エキサイトのレポートで十分です。

ちょっと迷ったり、考えたり・・・


最近私は、間違うことには寛容になりました。

今日は孫のところに出かけたのですが、

ドアを開けるのに、我が家の鍵をドアノブに差し込んだりしましたから、

鍵が入らないからおかしいと思って、ようやく気が付いた次第です。

このようなことがときどきあるので、

間違いには寛容な私です~

と言いながらも、

レポートの数字が間違っているではないの~ エキサイトさ~ん、 

おかしいわよね・・・どうしようかしら・・・などと思案中です。


スモークツリー、ゴールデンスピリットです。我が家のはスモークしません。
春の葉の美しさは目を見張るほどです。4年目で2メートルくらいに伸びました。
e0288951_21591765.jpg

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!



by gutsuri | 2017-05-18 22:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

スーリールドゥモナリザ・・・モナリザの微笑み

この小さな庭にバラのアーチが3つあり、

庭にはスペースがないので、

でも、上に伸ばせば大きくなるバラも植えられると思ってアーチを作りました。

そのアーチの一つには、

片側にスーリールドゥモナリザ、もう片側にはレオナルドダビンチを植えて、

アーチの上で出会うと面白いのではないかと思ってたのです。

共に枝を伸ばし、大きく伸びるバラ・・・

スーリールドゥモナリザとは、モナリザの微笑みという意味です。

よく伸びて、モナリザの微笑みはアーチの上で咲き始めましたが、

アーチの上なのでよく見えないのですよ・・・
e0288951_20090299.jpg
見えるところに咲いていたモナリザの微笑み(スーリールドゥモナリザ)です。
e0288951_20113406.jpg
名前の通りに、モナリザの微笑み・・・を連想できるでしょうか・・・

明るい赤色・・・スカーレットレッドとでもいうのでしょうか・・・素晴らしい赤色です。

葉は照葉で、病気にも虫にも強いバラですね・・・我が家向きです。

3年前に植え替え、根が張っていたので大変でしたが、

ようやく元気が戻ってきて良く咲くようになりました。

夏にもぽつぽつ咲いていますから、暑さにも強いのでしょう。

ローメンテナンスで大丈夫なバラです。


もう片側にはレオナルドダビンチを植えています。

たくさんの蕾を付けていますから、これから次々と咲いてくれることでしょう。

濃い桃色のバラが、こちらも元気が良くて、

病気にもならず虫にも負けない強健種のバラです。

オールマイティーなバラです。

アーチの上で二つのバラが出会って喜び、もっと元気に咲いてくれるでしょうか・・・

これは昨年の5月のレオナルドダビンチです。
e0288951_20305418.jpg
こちらのバラは何をもってレオナルドダビンチという名前になったのでしょう・・・

これは想像するだけですけどね・・・・・・・・

想像するのもまた楽し・・・




これはベンジャミンブリテンという名前のイングリッシュローズです。
オレンジがかった赤とフルーティーな香りが魅力的。
ベンジャミンブリテンとはイギリスの作曲家・・・彼の音楽が想像できますね・・・
e0288951_20582066.jpg

みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-17 21:01 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ドクタージャメインってどんな人?

私は赤バラが好きなので、幾つかの赤バラが植えてあります。

スヴニールドゥドクタージャメインという赤バラは、

1865年フランスの作出のオールドローズです。

ドクタージャメインの想い出・・・という意味らしく、

ビロードのような黒赤の花びら、黄色のしべがとても美しく、
e0288951_20005442.jpg
落ち着いた色合いの大人の赤バラなのですよ。

「ドクタージャメインの想い出」という名前のこのバラを見ていると、

ドクタージャメインというのはどのような人だったのだろう・・・

このように考えてしまいますよね・・・
e0288951_20102202.jpg
そこで、1865年フランスということを頭に置いて、いろいろと調べましたが、

ドクタージャメインについての記述は見つかりませんでした。

私がわかる範囲でですが・・・


そこで、どうしても知りたかったので、

ネット上で質問に答えてくれるサイトがありますから、

そこで尋ねると、一つの答えが来ました。

1990年出版の「The Art of Gardening With Roses by Graham Stuart Thomas」によると
この医者が誰かの記録はないそうです。

このバラの作出者にとって、ドクタージャメインは特別な人であり、大切な人であり、

その人はちょうど、このバラのような趣を持っていたということなのでしょうね。

そして、その人にちなんで、この赤バラにその人の名前を付けた・・・

ますますこのバラに興味が湧いてきました。


バラのネーミングは面白いですね。

メアリーマグダレンというバラは、「マグダラのマリア」ですが、

このバラの作出者の近くに、メアリーマグダレンという教会があり、

その教会の名前をバラに付けたそうです。

素敵なバラですよ~


我が家には名前のわからない3つのバラがありましたから、

私が適当にオペラの登場人物の名前を付けています・・・

すると、3つのバラはいかにもその人物風になってきました。

不思議なことです・・・


庭に出ると、バラの甘~い香りが漂っていて、うっとりする毎日です。

我が家はバラの開花が遅いので、

肥料をあげていないからか・・・無農薬だからか・・・どうしてなのかわかりませんが、

だいたいバラの開花は1週間くらい遅れます。

それでも、洗濯物を干しに外に出たときに、バラの甘い濃厚な香りが匂って来て、

胸いっぱいにバラの香りを吸っています。

今限定のバラからのプレゼントです・・・



e0288951_21043183.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-16 20:39 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

バラの葉にハダニがいました

この小さな庭に、バラのアーチが3つあります。

そのうちの2つはこんもりと葉が茂り、蕾もたくさん付いていて、

咲いたところを思い浮かべると、笑みがこぼれてきます。

私は農薬をまかないので、葉が茂りすぎると病気や虫の原因になるので、
e0288951_20540850.jpg
風通しを良くするために、適当に茂った葉を切り取っていると、

スーリールドゥモナリザ(モナリザのほほえみ)という赤バラの葉に、ハダニが付いていました。

葉裏にまとまっているものもあったので、

葉を調べ、ハダニが付いている葉はすべて切り取りましたよ。

庭にハダニがいるのは知っていましたが、困るほどではありませんでした。

ブロックの上にハダニがいたり、たまに葉っぱにもハダニがついていましたが、

「そのうちクモがハダニを食べてくれるでしょう・・・」

などとのんきに構えて大丈夫でした。

これハダニです。
e0288951_20584355.jpg
まあ、大したことはありませんが、これ以上増えると薬が必要になりますね・・・

庭にはクモがたくさんいて、

クモはいろいろな虫を捕まえてくれるので、ハダニも捕まえてくれるのではないか・・・

こう考えていたのです。

困らない程度のハダニでしたから・・・

そして、庭には小さなクモががたくさんいます。 ファンタンラトゥールにハナグモです。
e0288951_21182421.jpg
でも、なんとなく例年に比べると、クモの数が少ないような気もするのですよね・・・

はっきりとはわかりません。

そのかわりでしょうか、バラの枝にはアリがたくさんいますね、

クモもアリも、ダニを捕まえてくれそうに思いますが・・・

カマキリベビーもきっと捕まえてくれますね。

一年一年庭の様子が変化しています・・・

気のせいかもしれませんし、

気候変動のせいかもしれませんし、

私が全景を見ていないだけかもしれませんしね。


片づけをしていると、鳥が舞い降りてきました。

ガビチョウでした。

歩くのが早いこと・・・カメラを手にそっと追っかけてようやく一枚撮れました。
e0288951_21414902.jpg



ペッシュボンボンです。フルーツの甘い香りが周囲に漂っています。
e0288951_21432950.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!

by gutsuri | 2017-05-15 21:45 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

菜食主義と草食動物

いつもは、肉や魚は食べない菜食主義の日々なので、

身体はそれをよく憶えていて、そういうものだと思っていますから、

たまにご馳走を戴くと、身体が驚いているのがわかります。

昨日は久しぶりに牛肉や魚、デザートなどを美味しくいただき、

やはり今日は、いささかお腹が重く、胃腸がくたびれているような気がしますね・・・

菜食にすると、身体が軽くなり、気持ちも軽くなるような気がして、

それが気に入っているのですよ。


私たちは生きていくために、太陽の恵みを身体に取り込みますが、

太陽の光をたくさん浴びて太陽の恵みをたくさん取り込んでいる草や葉を食べることで、

私たちは、太陽の恵みを体内に取り込んでいるのです。


突然このようなことを書いているのは、

昨日、足首の筋肉を付けるために、たんぱく質を摂るように甥に言われたからで、

私は菜食ですが、いたって健康で、風邪などここ何年もひいたことがありません。

が、今、突然の足首の故障で、健康全般を見直しているところです。

ずっと健康に気を付けて過ごしていましたが、

食について言われたので、ちょっと戸惑いを隠せません・・・

食は習慣ですから、食の変化は難しいのですよね。


菜食について考えるときに、よく草食動物と肉食動物が例に出されます。

草食動物は、草しか食べませんが非常に筋肉質ですよね。

アフリカのサバンナで、ライオンなどのエサになる草食動物は、

トムソンガゼル、シマウマ、アフリカ水牛、ヌーなどですが、

どれもみな素晴らしく筋肉質で強くて逞しいので、ライオンは捕まえるのに苦労しています。

ライオンは、持久力では草食動物に負けますから、

忍び寄ったり、チームを組んだりして、狙いを定めた弱った獲物に目を付け狙います。

元気な草食動物にはかなわないからですよ。

走ったら負けるのです。 チーターは別ですが・・・

走るのは遅いし持久力がないのです。

ライオンは獰猛さで勝負します。


草食動物は、太陽の恵みをたくさん受け取っている草を食べて、

太陽の力を体内に蓄えています。

肉食動物は、草を食べた草食動物を食べることで、間接的に太陽の恵みを取り込むので、

太陽の恵みを受け取る効率が良くありません。


草しか食べない草食動物は、歯や胃などの消化器官や腸内細菌によって、

固い葉を消化できる工夫が、それぞれにあるそうです。

それによって生み出されるたくさんの物質が、

草しか食べない草食動物が筋肉質である理由だとか・・・

面白いですよね~


甥は、一般的な医者の意見として、

身体に筋肉を作るためには、たんぱく質を摂ることを勧めたのであり、

その意見はネット上に溢れていますから、それはそれでいいのですが、

私は今日からまた菜食主義に戻っていますよ~


熱帯雨林をもし、大型ブルドーザーで刈り取ったとして、

そのあと放っておくと元に戻るかというと・・・

つまり、元の豊かな生態系の植物が生えそろうかというと・・・

どうもそうではないらしいですね。

少し種類の違った熱帯雨林が出来るそうです。

元の生態系に戻すには、手を入れて望む植物を増やさなくてはならないそうです。

腸の中にお花畑を作っても・・・腸の中にサンゴ礁を作るという言い方もありましたが、

何かで変化が起きたときには、腸の中のお花畑を元に戻す工夫をしなくてはならないそうです。


さあ、何をしようかしら・・・ちょっと考え中です・・・




マジェンタ色のバラです。パルムの僧院。
e0288951_21332888.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!


by gutsuri | 2017-05-14 21:35 | 健康 | Trackback | Comments(0)

慶びを祝う

今日はあいにくの雨・・・

雨といえば、雨はいつもは、恵みの雨なのですけどね、

今日に限って言えば、あいにくの雨でした・・・


夫の身内の結婚式があり(夫の兄の孫が新郎です)

幸せオーラいっぱいの華やかな集まりに出かけてきました。
e0288951_16513208.jpg
若い人がたくさんいて、その人たちの存在に圧倒され、
e0288951_16554181.jpg
みなさん、おしゃれで華やかで活気があって
e0288951_16551186.jpg
今どきの若者はカッコいいな~、センスが良いな~などと眺め、

昨年の秋、鎖骨を骨折した夫の妹がすっかり元気になっているのに驚いて、

その時の妹の夫の活躍ぶりを聞き(家事を全部こなしたそうです)、

「健康が一番よね」などと、いかにも年寄りくさい話に終始し、

それでも、慶びの席で拍手が起きるたびに、幸せのおこぼれをたくさん頂戴しました。
e0288951_17293831.jpg

式の後の親族紹介の時に、

新郎の父方の祖父の弟とか妹・・・新郎の母方の祖父の弟や妹、母方祖母の弟や妹・・・などなど、

とにかく、新郎にとっての大叔父さんや大叔母さんがたくさん出席していました。

そして、新郎新婦ともに、両方の家族を大切にするという、
e0288951_17291031.jpg
そのような二人の気持ちが強く伝わってきて、なかなか気持ちの良いお式でした。


今日はおごちそうを戴きました。私はウニのババロアが美味しかったですね~
e0288951_17384725.jpg
整形外科医の甥がいたので足首のことを尋ねると、

専門のトレナーを見つけ、脚足全体の訓練をするのが良いとのこと、

そして、たんぱく質を摂ることもよいと言われましたから、

コースのメインのお肉料理を戴きましたよ・・・

菜食主義の私にとっては、何年かぶりのお肉です・・・

美味しい牛肉でしたよ。 ソースも素晴らしかったです。


慶びを祝う人がたくさんいて・・・

お腹はいっぱいで満ち足りていて・・・

お洒落な素敵なところで・・・

幸せいっぱいの集いに参列で来て嬉しかったです。

帰宅してすぐに冷蔵庫の白菜の漬物をつまみましたけど・・・


オードブルにたくさんのピンクと赤の花びらがお皿に散らばっていました。
e0288951_21000503.jpg
カーネーションの花びらだそうです。

エディブルフラワーとしてナスタチウムやスミレなどは食べますが、たまにバラも・・・

カーネーションがエディブルフラワーとは知らなかったです。

カラフルできれいなオードブルでした。



e0288951_19163568.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!

by gutsuri | 2017-05-13 20:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

魁あやめとミノムシ

今朝、魁あやめが咲いていましたよ。
e0288951_20371596.jpg
蕾がたくさんついているので、これから次々と咲いてくれるでしょう。
e0288951_20381840.jpg
凛とした佇まい・・・紫色が目に沁みます・・・

先日、この魁あやめにミノムシがくっついていて
e0288951_20395216.jpg
蕾を齧られてしまいました。

お花の左側の蕾がかじられていますよね・・・
e0288951_20412490.jpg
魁あやめにミノムシは初めてです。

気を付けなければ・・・


お口直しにパパメイアンです。
e0288951_20441926.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!

by gutsuri | 2017-05-12 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri