<   2017年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

4月のナチュラルガーデン

お天気に恵まれて、バラはグングンと枝を伸ばし、蕾を付け、

その蕾がだんだんと大きくなってきました。

外に出るのが楽しみです。

私の想像力が膨らみますね~

ローズポンパドール
e0288951_17054496.jpg
マリアカラスはじきに咲きそうですよ。
e0288951_17070434.jpg
そしてこちらも・・・
e0288951_17083456.jpg
でもほとんどのバラはこのような感じです。
e0288951_17111031.jpg
蕾は固いので、咲くのは5月中旬くらいですね。

アーチを上から撮りました。
e0288951_17124541.jpg
今ある蕾が咲いてくれることを願っています。


お日さまが当たると花が咲いているかのようにきれいです。
e0288951_17173447.jpg
e0288951_17181994.jpg
モッコウバラが元気が良いですよ。
e0288951_17195152.jpg


アブラムシは相変わらず蕾にくっついていることがあって、

それに気が付いたら、アブラムシをパラパラと払い落としていますよ・・・それだけです・・・

でも、それなりにバラの蕾は大きくなっていますから、

今年は「アブラムシは手で払い落す」方法でやっていきます。

アリとアブラムシは共生し、

アブラムシがいるところには必ずアリがやってくるので、

そして、アリはなかなかの強者ですから、

草食昆虫もそうそう好き勝手にはできないはずです。


このところバラゾウムシが減ってきたように思うのです。

これもアリのおかげではないかと思ったりして・・・

アブラムシは案外、少しは庭にいてくれた方が、

アリが来てくれて、それが害虫対策になり、

結局は良いのではないかと思われるのですよね~

よくわかりませんけどね・・・

クモもたくさんいますから、クモのおかげかもしれません・・・

急にバラゾウムシの姿が消えたので不思議に思っています。


庭に出て、外の空気に浸っていると、気分が良いですね~

明日から風薫る5月です。

外にいると若葉の香りに包まれますね。

草木や花のエネルギーをたくさん吸い込んでいます・・・




ナニワイバラも咲いています。
e0288951_19433576.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-30 21:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

身体は心の歴史である

母の介護をしているときには、健康についていろいろと考えました。

母は百歳を超えていましたが、

日々明るく楽しそうに過ごしていて、

まだまだ生きようとする意欲も見えたので、

その調子で過ごしてほしいと、本やネットで調べていました。


その時に出会ったのが、「身体は心の歴史である」というものです。

身体にはその人の歴史すべてが刻まれているそうですよ。

楽しかったことや寂しかったこと、

嬉しかったことや悲しかったこと、

満たされたり、悔しい思いをしたり、恐怖を感じたり、何かに感謝したり、

幸せを感じたり、苦しくて死にそうな思いをしたことなど、

それらは全て身体に刻み込まれているそうです。


私たちは何かを考えたときには、その考えに添った感情を抱きますね。

そして、その感情というものは、体内に化学物質を生成するそうで、

心配や不安、恐怖などの感情は、あまり好ましくない物質を作り出すそうですから、

その不安定な心の状態が続くと、

それが病気の原因になることもあるそうです。

ストレスが病気の原因と言われて久しいですが、

初めはこのことを理解することは難しくて、

以前は、心と身体は別のものだという解釈が一般的であり、

ストレスとは心とか気持ちの問題であって、どうしてそれが肉体の病気の原因になるのか・・・

これを受け入れるのは、時間がかかりましたよね~


今は、「心と身体は繋がっている」

このような考え方が広くいきわたっていますから、

ストレスは病気の原因 No.1 らしいですよ。

ストレスによって受けるダメージの大きさについては、よく知られていますよね・・・


身体は心の歴史であるということ。

心と身体は繋がっているということ。

だったら、嬉しい心や楽しい気持ちで、身体の歴史を作りかえようではありませんか・・・

幸せな気持ちで、自分の身体の歴史を「上書き保存」すれば良いのです。

満たされた心で、自分の身体に、良い化学物質を体内に生成すれば良いのですよね。


「介護の極意は喜ばせること」は、そこから来ています。

そして、扶美さんは、楽しいことが大好きでしたから、

私はそこだけに焦点を当てて、扶美さんを喜ばせる介護をしたのですよ~

扶美さんに限って言えば、これは上手くいきました。

いつもご機嫌でしたからね。

たまに、ヘルパーさんへの拒否がありましたが・・・

まあ、たまにですがありましたね、これが・・・

でもこれは、自然なことだと思える範囲だったと思います。

いつもいつもハッピー状態ということはあり得ませんよね・・・


心と身体が繋がっているのですから、

どのような心でいるかが健康のカギになりますね。

感情は思考によって決まりますから、

どのようなことを考えているかが、健康のカギになるのです。

ときどきは、自分が何を考えているか・・・

考えていることをチェックする・・・

これが健康の秘訣である・・・

何とも、面白いですね・・・


私は今まで手相など信じていませんでしたが、

潜在意識が手相に現れているのだと最近知って、驚きましたよ~

つかみどころのないと言われている自分の潜在意識が手に現れているのですから、

「身体は心の歴史」ということが、受け入れられるような気がするのです。


小さな不満は、多分、日常に散らばっていることと思いますが、

それにどう対処するかで、その人のあり方が決まってきます・・・

その人の健康が決まってくるかもしれません・・・

このような事を書いている私も、まだまだ修行中の身ですよ~




スズランが咲き始めました。
e0288951_20111368.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-29 20:12 | 健康 | Trackback | Comments(0)

シジミチョウとカタバミ

今日は気持ちの良いお天気でした。

午後からのんびりと、芝生のお手入れしましたよ~

チドメグサが芝生前面に生えているので、

少しずつですが、まるで陣地取りのような感じで攻めていっています。

チドメグサ取りは一か月くらいをめどに考えています。


チドメグサをひたすら抜いていると、

カタバミも芝生に生えているのに気が付きました。
e0288951_19514560.jpg
カタバミは・・・というか、草は何でもそうですが・・・強いですよね。

土があればどのようなところでも逞しく育っていきます。
e0288951_19542248.jpg
カタバミも、まあ、芝生にとっては余計なものなのですが、

シジミチョウはカタバミに卵を産み付け、幼虫が育っていきますから、

庭に生えているカタバミは抜かないでおくのです。

そのせいかどうかわかりませんが

この庭にはシジミチョウがよく飛んでいるのですよ。
e0288951_19592137.jpg
e0288951_20001867.jpg
可愛いですね~

カタバミが増えすぎたら・・・それこそ芝全面カタバミになったら抜きますよ・・・

今年もまたシジミチョウが庭にやってきて、たくさん遊んでほしいと思っています。


今日は、アオスジアゲハを見ましたし、先日、アカボシゴマダラも飛んでいました。

シャッターチャンスどころが、私が目で追うのが精いっぱいというところ・・・

蝶々はもう少し待たなくてはなりません。

6月になってブッドレアの花が咲くと、たくさんの蝶々がやってきて、庭が賑わうのですよ。

蝶々は本当にブッドレアの花が好きですね。昨年の6月、ツマグロヒョウモン。
e0288951_20174610.jpg
外にいても今は蚊がいないので本当に気持ちよく過ごせます。

蚊の出現はあと2~3週間後くらいでしょうか・・・

今だけの贅沢なひと時・・・味わっています・・・


クンシランが満開でした。
e0288951_20230074.jpg
昨年、イチゴの苗は買っていませんが、いつの間にかイチゴの花が咲いています。

イチゴが実りそうですね。嬉しいです~
e0288951_20252165.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-28 20:30 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

コバネイナゴはミントが好き

今日ようやく、春菊、バジル、パセリの種まきをしました。

小さなプランターに春菊を撒き、

ちょっと大きめの植木鉢二つに、それぞれバジルとパセリを撒きました。

プランターは処分したので、残っているのは小さなプランターが一つだけ・・・

プラスチックの植木鉢はそれでも10個くらい残してあります。

作業するときに便利ですからね・・・あると助かります。


昨秋種まきしたパセリが大きく育って来て、今パセリは十分にあるのですが、

我が家は毎日たくさんのパセリを食べていることと、

7月にはキアゲハベビーが大量にパセリを消費するので、

本当にたくさんのパセリが必要なのですよ~

種まきにしては遅いですが、まあ、芽を出して育ってくれると思います。

庭のルッコラはそろそろ終わりです。

庭に虫の姿が見られるようになると、無農薬ではルッコラは育ちませんね。

ルッコラの後に春菊を植え付けるつもりでいます。

初めてなのでどうなることでしょう・・・

虫たちの反応が楽しみですよ。


5月になるとコバネイナゴが活躍します。

このコバネイナゴベビーはミントの葉が好きなのです・・・ミントの葉を齧っていますね・・・
e0288951_19463936.jpg
ルッコラも放ってはおかないでしょう・・・

春菊にどう反応するか、楽しみです。


キリギリスベビーは、花が好きなので、野菜類にはあまり興味を示しません。

百合の花粉とかクレマチスの花びらとか・・・グルメですよ~


キアゲハベビーは7月に姿を現すと先ほど書きましたが、

写真を調べていると、

昨年は5月にはもうキアゲハベビーが庭に出現してパセリを食べていました。

こんなに早く登場するなら、

今日種まきしたパセリは間に合いそうもありませんね~


今日は涼しい一日でした。

外の風は心地よかったです。


ナルコユリ・・・涼しげで可愛いです。
e0288951_20001882.jpg
e0288951_20010698.jpg


みなさな、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-26 20:02 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

芝とチドメグサ

畳3~4畳ほどの芝生が庭に残してあります。

正直なところ、面倒だなと思うことがたびたびあります。

狭いスペースでも芝生は芝生・・・手がかかるのですよ~

芝生の間に草が生えて、草を抜き取る作業をしなくてはなりませんが、

私は思いの外、この作業が好きなのです。

無心でただひたすら草を抜く・・・落ち着きますよ・・・

気持ちの良い風を感じながらの作業は、リフレッシュされますね~

日が当たると暑くなるので、日陰のところから草を抜いていきます。


今までは芝に目が行き届かなかったので、今は芝は荒れ放題、

チドメグサがほぼ芝の全面に生えていて、
e0288951_15413300.jpg
チドメグサ退治に熱心に取り組んでいるところです。

こんな感じで作業しています。
e0288951_15440880.jpg
緑のクッションに膝をついたり腰をおろしたりして、チドメグサを抜き取り、

その後、抜いて穴になったところに、芝の芽土をパラパラとシャベルでかけておきます。

作業はこれだけなのですが、チドメグサは芝の間深く、細い根を張っているので、

かなり掘り返さなくてはならず、腕力のいる仕事です。

歩き回ることはないので、今の私にはちょうど良い作業なのですが、

何日も続けてしていると、肩や腕が重くなってきます~


チドメグサとはその名の通り、出血を止める作用があるそうで、

外でちょっとした切り傷などをしたときには、

チドメグサの葉をもんでその汁を傷口に付ければ血が固まるそうです。

そして、小さな葉をくっつけておけばバンドエイドは要らないとか・・・?

庭仕事の時にバラの刺でよくひっかき傷ができますが、

私はちょっと舐めてお仕舞ですね。

こんなにたくさんのチドメグサは必要ありませんから、

せっせと抜いていますよ。


今日、今年初めてのバラが咲きました。レディーヒリンドンです。
e0288951_16075270.jpg
これから少しずつ咲いてくれることでしょう。バラの季節、到来です。
e0288951_16094493.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-25 20:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

八重桜の下はパワースポット

家から2~30メートルの空き地に大きな八重桜があります。
e0288951_19392281.jpg
30年くらい経っていますから、その間、毎年毎年枝を伸ばしていき、

今では見事な大木に育っています。

30年前に近所の子供たちが適当に植え付けた小さな八重桜の苗が、こんなにも立派に育つなんて、

その時誰が想像できたでしょう~
e0288951_19404987.jpg
そろそろかな~ 

咲き始めたかな~

毎年楽しみにしています。

近所にあるものとか、身近なところにあるものとか、

日頃から馴染んでいるものは、ひときわ愛着がわきますよね。
e0288951_19422402.jpg
この八重桜は、今日は八分咲きでした。

それでも周囲にエネルギーをまき散らしていて、

気持ちの良い今日のお天気と相まって、
e0288951_19425544.jpg
八重桜の枝の下に立っていると、

身体が芯から喜んでいるような感じがしてきました。
e0288951_19431777.jpg
八重桜が咲いているときのこの場所は、私にとってはパワースポットです・・・


さあ~、私の小さな庭を私のパワースポットにしましょう~

24時間365日のパワースポットに・・・




e0288951_19433321.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-24 19:51 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

天からの声

介護をしていたときには、捻挫の後遺症などそれほど気になることではなかったのです。

やはり、気が張っていたのかもしれませんね。

自分では、そのようなつもりはなかったのですが、

やはり、介護をすることで、気力が漲っていたのかもしれません。


母に、幸せを感じてほしい・・・

ここまで生きてきたのだから、生きている間は喜びをかみしめてほしい・・・

これだけを考えて介護していましたからね~

そのほかは本当に適当です。

母は元々丈夫な性質で、母のしっかりしていたところを私は頼りにしていて、

介護に関しては母にお任せの部分も多々ありました。

こうして頂戴ね~

いつもこのように母に頼んでいました。

母の長寿は、母が自分で成し遂げたことなのですよ。


捻挫の後遺症が出たのは、私がのんびりと心底リラックスしていて、

春になって暖かくなり、身体が緩んできて、足首も緩んできたのだと思われます。

今で良かった~

整形の先生がおっしゃるには、私の足首の骨はきれいなアーチを描いていて(レントゲン)

骨には異常はないそうです。

靭帯の緩みですが、10年以上も放っておかれたものを元に戻すには、

時間と根性が必要でしょうね~

私は半年から一年くらいを考えていますが、甘いかもしれません。


先週、たつさん(夫の母)の13回忌が東京でありました。

行くつもりだったのですが、足の様子を考えて、夫だけの出席でした。

参列者も段々と少なくなりますね。

寂しいと言えば寂しいですが、

たつさんは96歳で亡くなり、その13回忌をしたのですから、

子供たちは頑張っています~

子供たちと言っても、みんな大分お年を召してきましたけど・・・

たつさんの13回忌で集まったメンバーは、来月また顔を合わせます。

5月にお慶びの集まりがあります。

こちらには私は出席します。


捻挫の後遺症という思いがけない身体の故障。

これは、「しばらくゆっくりしなさい」という天からの声だと受け取っていますが、

一旦庭に出ると、天の声などすっかり忘れてしまい、

あれもしなくては・・・そうそう、これも・・・

1時間で切り上げるつもりが、つい長くなってしまいます。

春ですからね~

やることはたくさん!

でも、草花からもたくさん元気をもらっています。

そして、庭仕事は・・・庭と言っても小さい庭ですから、歩くことは少なく、

手を使い、腕力を使う仕事ばかりです。

今日は、腕と肩と腰が重いです・・・


サクラソウ
e0288951_20071321.jpg
ミツバチ・・・ブンブン
e0288951_20075252.jpg
キリギリスベビーです~ もう、親戚の子供みたいな感じですよ~
e0288951_20090940.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-23 20:10 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

昔の捻挫

介護から解放され、今はフリーの身ですから、

出かけたい時に出かけることが出来ます。

今年の2月3月のお天気に恵まれた日には、何度か電車に乗り出かけましたが、

電車で出かけると、思いがけず歩く距離が長くなりますよね。

ホームや階段、駅の構内など、その時には気づきませんが、かなりの距離歩いています。

3月のある時、お正月に会っていない次女と銀座で待ち合わせてランチをして、

私はそのあと、横浜を歩き回りました。

歩き回っている途中で、左足首に異変を感じ、

それは、ずっと前にねん挫した後遺症なのですが、

その捻挫は10年以上も前の薄暗い夕方、外出先で広場の階段を踏み外しての捻挫、

その時にはゾウの足のように足首が腫れあがり

次の日も予定があったので、びっこを引きながら予定をこなし、

その次の日には、痛みも落ち着いてきたような感じだったので、そのままの自然治癒・・・

捻挫の良くないパターンですね~


捻挫がひとまず治ったと思われた後は、普通の日常生活が出来ましたし、

ジムに通って身体を動かしすこともできました。

たまにちょっと左足首に負担をかけたりすると、

足首が嫌がっている感じがしたので、無理のないように過ごし、

でも、我が家には犬がいて、その時犬は若くて元気でしたから、朝の散歩は30~40分位しましたよ。

たまに足首が気になることがありましたけど、

そこは若さ?で乗り切りました。


介護をしているときには、足首が気になることはなく、介護に専念できましたね~

横浜を歩き回って足首に痛みを感じたときには、用事半ばで帰りました。

家で足首を動かさずに静かにしていると、

数日で違和感がなくなったので、また元の生活に戻りましたよ。


そして、4月にお花見に行ったときに、

お花見の後、慣れないところで買い物をしているとまた足首に痛みが・・・

これはもう、仕方ないですね~

意を決して整形外科に行きました。

足首の靭帯に少しゆるみがあり、足首の筋肉を付けるように言われました。

日々、足首の運動と静養に励んでいます。




赤くて丸いものがありますね~
e0288951_19414538.jpg
近づいてみると、ナナホシテントウでした~
e0288951_19424024.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-22 19:43 | 健康 | Trackback | Comments(0)

芍薬の蕾とアリ

3月も中旬になったころ、バラの新芽の奥に花芽が見えてきて、嬉しくなり、

その花芽が全部咲きそろった時の庭の景色を思い描いては、悦に入る・・・

毎年のパターンです。

でも、すぐに気が付いて、

無農薬だから・・・虫に食われるものがあるから、全部は咲かないだろうけれど、

唐辛子スプレーをすると、8割くらいの蕾が咲いてくれるかもしれないなあ~

こう考えると、庭の手入れにも熱が入ります~

でも、こういう期待と願望は、4月に入って無残にも打ち砕かれるのです・・・


この春、マリアカラスの蕾を8個見つけて、それがすべて開花した風景を思い浮かべ、

豪華な薔薇色のバラが8輪咲いている様子を頭に描きながら、自然と笑みがこぼれてしまいます・・・

でも、自然の掟は厳しいですからネ。

いろいろあって・・・バラゾウムシなどですが、

そのうちの2つが無事に育ち、ガクの間から赤色の花色が見えています。
e0288951_15050963.jpg
e0288951_15053285.jpg
この2つは多分咲いてくれるでしょう。

マリアカラスは蕾が全滅した年もありますから、2つの蕾が残って良しとすることにします。

足場があり、3週間ほとんど手入れできなかったのですから・・・


早く蕾が付くバラは虫の攻撃に会いやすいですね。

マリアカラスは早生の部に入ります・・・この庭では・・・

20年以上の古株だからかもしれませんけど、芽が付くのが早いですね。

もう一つ早く芽が付くのはレディーヒリンドンで、

こちらはじきに、多分4月中には、開花しそうです。
e0288951_15180717.jpg
こちらもバラゾウムシの被害にあいましたが、今、4つの蕾が健在です。


芍薬の蕾には、アリがセッセと動き回っています。
e0288951_16052847.jpg

これだけアリが歩き回っていると、害虫は近寄れませんね。

調べてみると、芍薬は他の害虫からわが身を守るために、

蕾から蜜をだして、アリをおびき寄せているのだそうですよ。

アリがこれだけ歩き回っていれば、害虫は遠慮せざる負えません・・・


このことを知ってから、

バラの蕾につくアブラムシは案外、アリをおびき寄せ、他の害虫から身を守るために、

バラが自らアブラムシを呼んで、そしてアリを呼び寄せているのかもしれないと思いました。

想像ですけどね・・・アリとアブラムシは共生しますから・・・

アブラムシの害はバラにとっては大したことありませんから・・・・我が家の場合は・・・


でも、バラゾウムシにはちょっと食われただけで、バラの蕾はすぐにダメになるのです。

バラゾウムシの天敵はクモ類だそうで、

クモ類は、ハナグモとかササグモとか、この庭にはたくさんいます。

今日もササグモがいましたよ。

でも、クモは害虫を全部捕まえてくれるわけではありません。

今の時期はまだ子供ですし・・・


このクモ類をバラゾウムシは嫌っていて、

それを模したこと・・・クモがいるように見せかければ、

それは、バラゾウムシ避けになると書かれたものを見ました。

緑色の毛糸を、蕾の茎に巻きつければいいのですって~

蕾は守られるそうですよ。

次に出かけたときに、緑色の毛糸を買って来ます。

昨日外出したばかりなので、来週になりますが・・・


そういえば、桜の幹がそうでしたね。

決定的な害を与える害虫を避けるために、甘い蜜を出してアリをおびき寄せて、

他の害虫から幹を守っている・・・桜の知恵だそうです。

植物の知恵は、虫より上手です。



イカリソウです。たしか楊貴妃という名前だったような・・・
e0288951_16271794.jpg


みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




by gutsuri | 2017-04-21 16:41 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

夢はメッセージ

少し前に見た夢の話です。

夢の中で、

扶美さん(母)と一緒に家で食事をしていて、

これ美味しいわね~とか、

これは身体にいいのよ~とか言いながら、

扶美さんはいつものようにニコニコしながら話をしている・・・

私も笑顔です。

そして、私は扶美さんと話をしながら、あれっと思う・・・

扶美さんは昨年秋に亡くなっているのだから、

扶美さんと話が出来ることなどないはず・・・

これは夢ではないかしら・・・

そう私が気付いて、そのことを夫に確かめようとしているところで夢から覚めました~

まあ、面白い夢でした。

夢の中で、これは夢だと気付くことがたまにありますが、

扶美さんがかかわっていた夢では初めてですよ~


夢は魂からのメッセージと言われていますよね。

潜在意識とか無意識とか深層心理とか・・・

夢は、このような言葉がセットになって語られることが多いです。

最近、夢からスピリチュアルにアプローチする方法が紹介されていて、

それもまた面白そうだと思いました。

夢のストーリーは荒唐無稽・・・

三次元の世界では有り得ない話ばかりです~

睡眠中の夢は、

寝ている間に魂が身体を抜け出して、異次元に飛んで行っているそうですが、

それだけではなくて、もっともっと奥が深いとも言われています。

潜在意識って手相にも表れているそうですが、夢にも表れているのですね。

潜在意識とは、自分では気が付かないつかみどころのない自分です。

普段私たちが何かをしていて、その時に何を考えているかを意識することは余りありません。

無意識でいることに無意識でいる私たちですから、

潜在意識というものの存在さえ気が付かないほどです。


夢には重要な役割があるそうです。

睡眠をとらなくても人間はある程度生きていけるそうですが、

夢を見ないようにされた人は、生きていけないとか、頭がおかしくなるとか、

そのような状態になるそうです。

夢は、見えない部分の私たちを整理整頓してくれるものらしいですよ・・・


ということで、この夢が何を現しているのか、夢占いでチェックしましたよ~

私の深層心理解明とまではいきませんけど・・・




プルモナリア、3色に変化します。まず赤色になりそして紫色それからブルーです。
e0288951_20285980.jpg
寸足らずですが、目立ちます。
e0288951_20303040.jpg
シナモンゼラニウム、葉も花もとても良い香りですよ。斑入りの小さな葉が可愛いです。
ナツメグゼラニウムでした。
e0288951_20321181.jpg



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!





by gutsuri | 2017-04-19 20:33 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri