百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

<   2017年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

虫の知らせ

「虫の知らせ」という言葉がありますね。

私には今まで、この「虫の知らせ」が良く作動していて、

何か、私に出来事が起きる前には、

必ずと言ってよいほど、何らかの「虫の知らせ」を感じることが出来ていました。

それは、夢で表されていたり(予知夢と言いますね)

どうしてかわからないけれど、そうしなくてはいけないと心が主張していたり、

私がそれに気が付くように、何らかのサインを読み取ることが出来ていました。

だから、母の介護をしているときも、

必要なことがあれば、どこかからメッセージが来るはず・・・

こんな風にのんびりと構えていたのですよ~


実は、一つの介護の例として、いくつかの介護が紹介された中に、母の介護も入っていて、

その賞状を戴けるその日に、母は亡くなったのです。

その日私は外出する予定でしたから(賞状を受け取るために出かける予定でした)

靴を磨いたり、スカーフにアイロンをかけたりと用意をしたのですが、

母の様子を見て、もう外出は無理だと判断して、その前日に、欠席の連絡をしました。

残念でしたけど仕方ありません。

まあ、どうしてこの日なの・・・と、その時には思いましたよ・・・


母がある種のメッセージを残して旅立ったように思われるのです。

絶妙な日の絶妙な時間を選んで、扶美さんは亡くなった・・・こうおっしゃった方もいます・・・

時間も、本当に絶妙な時間でした・・・まるで計算されたかのような・・・

賞状を戴く時間が終わってから、それが終わってから旅立ったのですよ~


母の介護をしていて、十分に親密な関係を母と築いていましたから、

亡くなる前には、何らかの「虫の知らせ」があるはず・・・と信じていたのに、

はっきりとした事前のメッセージがなくて、

まあ、私が気が付かなかっただけかもしれませんが、

母の旅立ちは突然のように思われました。

が、旅立った後には、強烈なメッセージが残っていたのです。

母は、この日を選んで旅立ったのです・・・


先生はこうおっしゃいました。

扶美さんは旅立つ日を自分で決めていたのですよ・・・


最近こう思うのですよ~

母だけではなくて、みんなそうなのかもしれない・・・

何もかも、自分で決めているのだと・・・

世の中には偶然などないのではないかと・・・





ヒマラヤユキノシタ
e0288951_00200492.jpg
みなさま素敵な一日をお過ごしくださいね!








by gutsuri | 2017-02-28 07:00 | スピリチュアル | Comments(2)
2月も下旬になり、春の気配がムンムンですね。

この小さな庭にも変化が見えてきましたよ。

ヒヤシンスの球根から芽が伸びてきて、色づいた蕾が見えるものもあります。
e0288951_19535163.jpg
e0288951_19542244.jpg
ピンクのクリスマスローズがようやく花開いてきました。
e0288951_19562091.jpg
クリスマスローズも乳酸菌で育てています。肥料は与えていません。
e0288951_19565146.jpg
e0288951_19572551.jpg
こちらはうつむき加減ですが・・・
e0288951_19583661.jpg

e0288951_20020702.jpg
ミニ水仙も咲いています。
e0288951_19594553.jpg
e0288951_20032763.jpg
そして、今年はクレマチスの芽がもう伸び出して来ています・・・早いですね~
e0288951_20054088.jpg
たくさんのクレマチスが、すでに芽を出して伸びているのですよ。
e0288951_20061913.jpg
クレマチスの開花が早そうですね。

楽しみです。

いつまでも寒いと思っていても、春はすぐそこまで来ています。


さあ、今日は魚座の新月ですね~

お月さまの新しいサイクルがまたスタートします。

今日は金環日食でもあるそうですよ。

日本からは観測できませんが、

観測できなくても、日食のエネルギーは降り注いでいますから、

そう思って過ごすのが良いそうです。


新しいスタートですから、私も少し変えてみました。

ブログランキングから外れました。

母がいるときには、母がブログ内容を日々提供してくれましたから

サクサクとブログを書いていましたが、

さすがに最近は、何を書こうかしら・・・と考える日があるのですよ。

これからはブログ更新の頻度が減るかもしれませんね~

などと言いながら、

5月にバラが咲き出すと、毎日のようにバラの花をアップするかもしれませんし、

夏になり、虫が姿を現すと、毎日虫たちが顔を見せるかもしれません。

どうなるかさっぱり見当もつきませんが、

今の時点では、ブログランキングからひとまず外れることにします。

今までクリックしてくださった方たちに、心からお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。



みなさま、素敵な一日をお過ごしくださいね!




ランキングバナーがないと少しさびしい様な・・・

ということで昨日の夕日の写真です。
e0288951_20573330.jpg





by gutsuri | 2017-02-26 07:00 | ナチュラルガーデン | Comments(4)

木蓮はコンパスプラント

再び、木蓮、登場です。

早春のモクレンの蕾はコンパスプラントと呼ばれています。
e0288951_22260133.jpg
この写真では、左が南で右が北になりますが、

木蓮の蕾は、お日さまが南から当たるとそちらが膨れ、蕾の先が北に向くそうです。
e0288951_22293141.jpg
そう言われてみればそのような気がしてきます。

まだ膨れていない蕾も多いですから、きれいにそろって北を向いていはいませんけどね・・・

春の兆しが見えると、嬉しいものですね。


この辺りは最近、風の強い日が多く、

強風だと海から塩を含んだ風が吹き荒れて、窓ガラスに塩が付くのです。

同居人は連日お出かけなので、昨日は窓にホースで水をかけ、塩を洗い落としました。

これで、室内からでも鳥の写真がきれいに撮れます・・・

と思っていると、早速やってきました。

これはヒヨドリですね。
e0288951_22373336.jpg
ジョウビタキもやってきましたが、撮ったつもりが写っていません。

何とすばしっこい・・・

ヒヨドリもジョウビタキも常連さんのようです。

いつもの鳥が、いつもの場所に止まっている・・・

このような感じを受けますよ~ 

部屋にカメムシがいましたから、その写真です。暖かいですからね。撮った後で外に出しましたよ。
e0288951_22405247.jpg


昨日の夕日です。
e0288951_22495598.jpg



素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-23 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)

身体の舵が切り替わる時

昨年の9月のこと、母が私にこのように話しています。

「私ちょっとね、病院に行った方が良いのではないかと思うのだけれどね・・・」

「どうして? どこか具合が悪いの?」と私が聞くと、

「いや~、ちょっとね・・・体力がないような気がしてね・・・」

これが母の答えでした。


2016年9月19日の「ジェロントロジーとアクティブエイジング」というタイトルの記事の中の話です。

何度この日の記事を読み返したことでしょうか・・・


母の年代の人の多くが、体調不良や多少の痛みや苦しさなどを物ともしない強さを持っていて、

もちろん母もその一人で、

4年間の介護の間、具合が良くないなどと母が口にしたことを聞いたことはなく、

この日、珍しく弱音を吐いた母を見て、

母も歳をとったものだなあ~と、私はそのような感覚でこの言葉をとらえていただけでした。


今年になって、時間があるときなどに、以前のブログ記事を読むことがありますが、

いつもこの記事で引っかかるのです・・・

母はちゃんとシグナルを出していたと・・・

私が気が付かなかっただけなのだと・・・

母は身体の異変を感じることが出来るほど、身体や意識が健康であったこと。

それに対し私は、元気づけて終わりでした。

そして、ジェロントロジーなるものを紹介しています。

ジェロントロジーとは、「老年学」であり、

老人と言えども、一人の生きた人間として、

その人が自信を持って生きていけるように、接すること、

このように書いています。


介護の記録として、ブログを書いていて良かったと思います。

後から読み返すと伝わってくることがありますね~

この2~3日後に、小さな取材が母にあったので、

母に元気になってもらいたくて必死で励ましている様子まで、手に取るようにわかります。


全体の流れとしてみると、この日を境に母の身体は下降していったように思います。

この日から、母の身体は舵を切り替えた・・・

生命が閉じる方に向かっていった・・・


「体力がなくなるような感じ」とは、どのような感覚なのでしょう・・・

その感じを捉えることが出来て、それを私に伝えることが出来た・・・

それが、扶美さんらしい・・・と感じています。

この日から生命が閉じるまで2カ月かかっていますね。

徐々に・・・徐々に・・・閉じていった・・・

穏やかに・・・

平和に・・・




2月18日の夕日
e0288951_22522709.jpg


素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-21 07:00 | 長寿 | Comments(0)
木蓮の蕾が色づいてきました。
e0288951_21371473.jpg
すぐにでも咲きそうな勢いで膨らんでいる蕾もあります。
e0288951_21380847.jpg
でも、よく見ると・・・ああ、鳥に食べられ、つつかれ・・・無残な姿の蕾もありますね・・・
e0288951_21411418.jpg
この時期になると、ムクドリがやってきて木蓮の蕾を食べるのですよ~
e0288951_21421515.jpg
2月になると食べ物がなくなるのでしょうか・・・

蕾はたくさんありますから、少しくらいお裾分けしてあげますよ。

こんなに齧られた蕾でも、それなりに咲いています。

たくさんの花の中では、それほど目立ちません・・・


鳥がこんなに好んで食べる木蓮の花・・・

調べてみると、中国では木蓮の花や蕾は薬用に、花弁は食用に用いられると知り、驚きました。

トライしてみようかしら・・・肉厚な花びらですけどね・・・

調理法は? お浸しとか・・・お味はどうでしょう・・・


そういえば、バラの花びらもサラダでいただけますし、スミレもそうですね。

ナスタチウム(キンレンカ)は、花も葉もサラダで食べていました。

随分前のことですが、美味しかったですね~ 

葉はマスタードの香りがしますよ。



蕾が膨らんでいるのを見ると嬉しいですね。

木蓮は早ければ2月から開花します。

いよいよ今年も始まりますね~

生命のダンスがスタートします。




今日は曇り空でしたから夕日は見れないと思っていると、
e0288951_22453081.jpg
日が沈むときになってその部分だけ雲の切れ間が現れました。

e0288951_22455531.jpg



素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-19 07:00 | 自然とのつながり | Comments(0)

若さはエネルギーの塊

「もし来れるようなら来て欲しいのよ」と娘から連絡があったので、

いそいそと授業参観(孫)に代理で行ってきました。

子供たちっていいですね。

元気をたくさんもらえました~

子供たちは輝いていて眩しかったです。


みんなで歌っている曲は初めて聴くものばかりでしたが、

子供たちは真剣に歌っていて、そして気持ちを込めて歌っていて、

メロディーにのって聴こえてくる子供たちの歌声からは、

純粋さや素朴さが伝わってきたり、

そこには若さのエネルギーが凝縮されているような感じを受けて、

まだ磨かれていないけれど、これから磨かれれば輝くであろう原石のようなもの、

その原石が持つパワーを感じました。

指揮の上手な子供もいましたし(本当に手で音楽をつかんでいるように見えました)

伴奏の子供たちも皆上手かったですね。

子供たちのコンサートもまた楽し・・・です・・・


子供たちって魔法の力を持っているのではないかしら・・・と最近思うことがあります。

それだけこちらが歳を取ってきたのかもしれませんが、

子供たちが眩しくって仕方ありません。

眩しいのだけれど、そちらに惹かれて、引っ張られていく・・・

例えば、抱っこされた赤ちゃんを見ると、

知らないうちに、まるで磁石に引き寄せられるように、赤ちゃんのそばに近寄りたくなりますからね~

若さって本当にエネルギーの塊!

そのエネルギーの塊である子供たちを心から応援したくなります。

世界中の子供たちが幸せを感じますように!


こう書いていて、母がひ孫の手を握って離さなかったことを思い出しました。

母も同じように感じていたのでしょうね・・・きっと・・・

子供が持つパワーを何となく知っていて、

手を握ってエネルギーを充電していたのかもしれません・・・

というより、子供と手を繋いでいると、気持ちが良かったのでしょうね・・・

わかるような気がします。




写真は鎌倉の寒牡丹です。
e0288951_23312040.jpg
e0288951_23315139.jpg


素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-17 07:00 | Comments(0)

ハートを意識して

このところずっと、「ハートを意識して」暮らしています。

マインドフルネスではなくて、ハートフルネス?な毎日です。


昨日は、バレンタインデーでしたね・・・

我が家はいつものようにチョコなし・・・甘いものもありませんでした。

今年はハートの形を飾ることもなく、ちょっと寂しく感じましたが

でも、常にハートを意識しているので、ハートフルなバレンタインデーを過ごしましたよ。

「ザ・パワー・オブ・ザ・ハート」というDVDを見て、

ハートの力を思い知らされました。

この本バージョンはかなり前に読んだのですが、DVDの印象は強烈でした。

心からの喜びをたくさん感じて、心臓の筋肉を鍛えようとも思いましたね・・・笑ってしまいますが・・・


この寒い中、小鳥が庭に来てくれるのは嬉しいことです。

シジュウカラ、ジョウビタキ、メジロ、ヒヨドリなどを見ては喜んでいます。

今までも来ていたけれど、気が付かなかっただけかもしれないし、

今年になって小鳥たちが来てくれるようになったのか、わかりませんが、

来てくれることが嬉しくて、小鳥たちを眺めていると楽しいですね。

本当に幸せなひと時ですよ~

満たされた気持ちになりますから・・・

我が家は、小鳥のための水やエサは何も用意していません・・・

小鳥は虫を食べますが、

今のこの寒い時期には、庭には虫などいません。

笑顔で小鳥たちを見ていられます。




鎌倉鶴岡八幡宮の寒牡丹から
e0288951_23385808.jpg

e0288951_23393004.jpg
e0288951_23424526.jpg

2月4日の立春の日の暖かさが嘘のように感じられるこの頃の寒さです。

皆様も体調にお気を付け下さい。





素敵な一日をお過ごしくださいね!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-15 07:00 | スピリチュアル | Comments(0)

メジロがやってきました

11日の午前中に、チッチッチという透き通ったきれいなさえずりが外から聞こえてきました。

スズメの声とは違うので、そっと庭を見ると、2ひきのメジロが飛び回っていました。

バラの葉をつついたり・・・
e0288951_22013453.jpg

e0288951_22022541.jpg
ブッドレアの枝に止まったり、プルプレアの葉をかじったり、地面に降りて土をつついたり・・・

目にもとまらぬ速さで動き回っています。

シャッターを押しても、もうそこにはいない・・・写っていないのです・・・

本当にすばしっこい鳥ですね。

2匹が仲良く飛び回っているのをしばらく眺めていました。

お隣に梅の木があるので、ついでに立ち寄ってくれたのかもしれません・・・

幸せなひと時でした。


そして、同じ11日の夕日です。
e0288951_22171609.jpg
夕日が沈んだ後で・・・ネコ科動物が獲物を狙っているさまに似ているような・・・
e0288951_22194169.jpg
以前の記事で、私は風邪にも花粉症にも縁がありません・・・などと書きましたが、

どういうわけか、風邪気味で、(気が緩んでいます)

久しぶりに風邪の症状を味わっています。

大したことはないのですが、鼻水が垂れてきて、喉が少しいがらっぽいです・・・

熱はありませんが、鼻水が垂れるだけで、頭がいつもと違いますね・・・ボーっとしたような・・・

11日の建国記念日の夕方、この辺り一帯が停電になりました。

寒くて仕方ないので、ホカロンを抱いて夕方からお布団に入りました。

たくさん寝たので、回復したようです。

停電は1~2時間続いたのだとか・・・

こんなに寒いときに停電するなんて、高齢者がいたら大変です・・・




みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-13 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)
「生老病死」という言葉は仏教用語でした。


1月15日の記事、「健やかに逝く」で書きましたが、

母の49日の法要の時に、

住職さんが「生老病死」という文字を書いた紙を見せてくださいました。

そして、「人は生まれ、老いて、病気になり死んでいきます。人の一生とはこのようなものです。」

このように言われました。


2月に入って、何かを調べているときに、

「生老病死」という言葉が、仏教用語であることを知りました。


お釈迦様の教え、仏教で基本となるのが諸行無常という考え方です。
この世に存在するあらゆるものに常なるものはない、いつまでも
元気に生き続ける生き物はいないというものです。そんな諸行無常の
世界を生きている我々にとって避ける事ができないもの。
それは生老病死という四つの苦しみです・・・日々是好日より引用


私は49日の法要の時には、

「生老病死」とは住職さんが自分で考えた言葉を半紙に書かれたものだと思ったのです。

法要が終わった後のお寺の座敷での雑談でしたが、

母の最期の様子を簡単に説明したり、

4年間の介護生活を、母がどのような気持ちで過ごしていたかなどを話しながら、

「健やかに逝く」 「健康な死」 「幸せな死」 「死ぬ日を最高に持っていく」など

このような言葉に出会い、それに沿った在宅看取りの準備をしたこと、

そして、母は満たされながら(そのように思えました)死に至ったことなどを話しました。

お医者様は、自然死とか老衰とか言われましたので、

母の場合は、「生老衰死」とか「生老幸死」などという言葉が浮かびますと

私の気持ちを住職さんに話したのですよ。

今にして思えば、冷や汗ものですが・・・・

その時には、「生老病死」という言葉は母に似合わないと思いました。


仏教用語の「生老病死」という言葉が意味するものは何となく理解できますが、

それでも、今現在生きていて間違いなく死に向かって歩いている私たちは、

前回のyoutube、ジェーン・フォンダのTEDトークのように、

身体の衰えは受け入れても、

精神やスピリットは年老いてもなお成長してくれるそうですから、

そちらに磨きをかけて、活き活きとして、溌剌として、

驚くほどに伸びた寿命を、楽しむ余裕を持っていたいものだと思います。

エイジングに抵抗することなく、

コンシャスエイジング、アクティブエイジング、サクセスフルエイジングなどという言葉が示しているように、

加齢の良いところに焦点を当てて、

加齢と仲良くしていきたいものだと思います。


加齢イコール病気とは限らないので、

「生老衰死」や「生老幸死」も、夢ではないと思うのですが・・・


「生老病死」は仏教用語ですが、
「生老衰死」と「生老幸死」は私の造語です。
この世に生まれ出て、老いていき、幸せを感じて、死んでいく・・・これが「生老幸死」です・・・



そして、昨日の寒かったこと。

雪が降りましたね~

外出していましたが、帰宅時の外気温は1度でした。

底冷えのする寒さでした。



八重の日本水仙です。良い香りを放ちます。
e0288951_20414174.jpg





みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-11 07:00 | 長寿 | Comments(0)
いつもは12月にバラの剪定を済ませていました。

冬至が新しい一年のスタートだと思っていますから、

咲いているバラはクリスマスにすべて切り取り、

年内にバラの剪定を済ませてからお正月を迎えていました。

が、今年は2月に入ってボチボチとやっています。

大体終わりましたが、後、3~4本のバラの選定が残っています・・・

今年は暖かいせいか、バラの葉が付いている枝がいくつかあります。

バラは落葉樹ですから、寒くなると自然に葉を落としますが、

青々とした元気な葉をたくさん付けている枝があるのですよ。

2月いっぱいは、まだ寒い日があるので油断はできませんが、

外で働いていると春の気分です~


生き物がいましたよ~
e0288951_20004201.jpg
バラの枝を剪定するついでに、リキュウバイの枝も整理しようとして枝を切り落としていると
e0288951_20014984.jpg
ナナホシテントウがリキュウバイの幹で冬越ししていましたよ・・・

初めはテントウムシに気が付かなくて、バッサバッサと切っていましたが、

テントウムシに気が付いて、枝を落とすのをやめました。

ナミテントウは集団で集まり冬越ししますが、

ナナホシテントウは個体で冬越しするようです。

今までは、2月にカレックスという草の中で冬越ししているナナホシテントウを見たことがありますが、

リキュウバイの枝で冬越しのテントウムシは初めてです。

それだけ暖かいのかもしれませんね・・・



昨日の夕日です
e0288951_20110384.jpg



女優のジェーン・フォンダがエイジングについて語っています。






みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-02-09 07:00 | 自然とのつながり | Comments(2)