「ほっ」と。キャンペーン

百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

<   2017年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧


珍しく家族が風邪気味です。

病院に行きお薬をもらって静かに横になっています。

大した熱ではないので心配はしていませんが、

風邪で臥せっている人が家にいると、

こちらも幾分か気分が重いですね~


風邪を引いたのがいつか覚えていないくらい、

我が家はみんな風邪を引くことがなかったのですよ。

高齢者が家にいるということで、気を付けていたのかもしれませんが、

ここ10年以上、みんな風邪を引いていませんでした。

予防接種はしていません。

母がいなくなって、緊張が取れたのでしょうか・・・


ときどき気が付くのですが、

風邪を引いたり、花粉症になったりするのは当然だという前提で、

話をする人がいますよね。

でも実際は、風邪もひかず花粉症にもかからない人は結構な数いますから、

私もその一人ですが、

人は皆、強いところと弱いところを合わせ持っているのだなあと思うのです。


私は冷え性でちょっとしたアレルギーがありますから、

母のような健康体ではないのですが、

風邪だけは引かないのですよ~   不思議なことに・・・

まあ、「何とかは風邪をひかない」と言いますから、

その部類かもしれません・・・

家族もずっと風邪ひきなしできましたが、ちょっとねじが緩んだようです。


私の健康法は簡単です。

自然の秩序に従うことです。

種をまけば芽が出て双葉が伸びてきますが、

そこに漲っている生命エネルギーを感じています。

3月になれば、バラの葉が出てきて蕾が付きますが、

バラの枝が放っている力強さに浸っています。

草食昆虫や肉食昆虫がたくさんいる生命力溢れる小さな庭で、

虫たちを眺め、生命力のおこぼれに与っています。

このおかげかどうかわかりませんが、風邪はひかないのですよ~


ああ、もう一つありました。

今、自分がどのような気持ちでいるか、ときどきチェックしていますね・・・

気が付いた時だけですが、どんな気分でいるのか、第三者の目でチェックしています。

これは、母の介護をしていたときからの習慣ですね。

母の気分をチェックするようにしていましたから・・・

母に良い気分でいて欲しいと思っていました。


母がいなくなって、私も注意したほうがよさそうです。

正直、気が抜けていると感じるときがありますから・・・









今日の夕空
e0288951_22045772.jpg
e0288951_22052766.jpg
三日月と金星です
e0288951_22055767.jpg



みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2017-01-31 22:22 | 自然とのつながり | Comments(0)

我が家の4年間の母の介護生活の中で、

ヘルパーさんには本当にお世話になりました。

母は毎日来て下さるヘルパーさんを心待ちにしていて、

ヘルパーさんとの時間を楽しんでいましたよ。

ヘルパーさんと話している母の明るい声が私のところまで聞こえてくると

本当に嬉しくなりました。

外出はできないけれども、ヘルパーさんと接することで、

外の風を感じていたのかもしれませんね。


ご近所のバラ友さんのお話です。

離れたところに90代半ばのお母様がお一人でいらっしゃいますが、

お母様もヘルパーさんが来られるのを楽しみにしていらっしゃるそうです。

ヘルパーさんが来られると「さあ、お茶にしましょうよ~」と誘われるそうですよ~

お母様のお気持ちが伝わってきますね。

お弁当も毎日届くように手配してあり、

配達してくださる方との、ほんの一言二言の会話に

お母様はどれだけ活気づけられていることでしょうね。

ほんの些細な話、お天気とか季節とか・・・このような会話が出来るだけで、

気持ちに張りが出て自信につながります。

自分の家で暮らしたいと願っている高齢者が、自分の家で暮らすことができる・・・

これは、大きな喜びです。

そして、これは、支えてくださる方があればこそです。


ヘルパーさんは家事や介護がメインのお仕事ですが、

高齢者が求めているものは、案外、言葉の交流なのかもしれません・・・

家事や介護よりも、対等の立場で話を交わすこと・・・

何気ないおしゃべり・・・

これが一番、高齢者が求めていることではないでしょうか・・・




今日の夕日
e0288951_21441330.jpg
e0288951_21450334.jpg
28日が新月でしたから、今日は二日月です
e0288951_21460492.jpg


みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2017-01-30 22:02 | 介護 | Comments(0)

今日は暖かかったですね~

午後から庭で一仕事です。

気になっていたことがあって、

やらなくてはいけないと思いつつも、力仕事なので、つい先送りになり、

本来ならば12月にやっておくことなのでしょうが、

1月末の仕事となりました・・・

バラ3本を移植しました。

移したのは、イモーションブルー、クイーンオブスエーデン、レディーオブシャーロットの3本です。

ほんの少し移動させただけですが

根は深く張っていますからね、

シャベルでかなり根を切りました。

この春の開花に影響するでしょうね・・・きっと・・・

仕方ありませんね。

移すなら早い方が良いですからね・・・思い切りました・・・


クリスマスローズ、これは早く咲いてくれます。寒くても元気なのですよ~
e0288951_18565491.jpg
これは開いていますね・・・お顔はよく見えないですが・・・
e0288951_18575519.jpg

こちらはすぐに咲きそうです。
e0288951_18584985.jpg

つぼみが膨らみかけていますよ。これは横向きや上向きに咲くのでお花がよく見えます。
e0288951_19001182.jpg

こちらは茎が伸びる種類で、しかもお花は横向きに咲きますから花の表情がわかります。
e0288951_19003047.jpg

バフビューティーが咲いています・・・驚きました・・・小さな蕾もありましたよ・・・
e0288951_19020556.jpg

これはジャスミーナ・・・強風で痛めつけられましたが逞しいですね。
e0288951_19030483.jpg

今日は良く動きました。

シャベルで堀り返したので、上腕と腰が疲れたような感じがします~

お風呂に入ってのんびりゆっくりですね・・・

庭で頑張っていたら、夕日のことなどすっかり忘れていました~

そういえば、夕方は曇っていましたね・・・

でも暖かかったですよ・・・本当に・・・助かりますね。








みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2017-01-29 21:37 | ナチュラルガーデン | Comments(0)

私の介護生活(母の介護)は、4年間でした。

99歳で母が歩けなくなってから103歳での旅立ちまで、

この間、最期まで母とコミュニケーションはとれていましたが、

それでも、折に触れ、母は、戦時中の世界に迷い込んでいたり、夢の続きの世界に浸っていたり、

何かが原因で塞ぎ込み落ち込んでいたりと、いろいろな状態がありました。

その時に助けられたのが、お箏のCDなのですよ。

お箏のCDをかけ、それが終わるころには、母は元気になり笑顔も見せてくれました。

お箏の音色を聴くたびに、初めは真剣な顔で聴いているのですが、

母の顔が段々と穏やかになり、そして、笑顔が戻ってくる・・・

身体の緊張が解けてリラックスし、気持ちに余裕が見えるのです。

母の気持ちの変化が手に取るようにわかり、

本当にお箏のCDには助けられました。


住職さんがお付けになった母の戒名には、

「琴」という文字と「音」という文字が入っていました。

それを知った時の私の驚き!

何という偶然!

嬉しかったですね~

耳が遠い母にお箏のCDを聴かせるために、

部屋の中では、大音量で琴の音が鳴り響いていたのです~

毎日のようにです・・・

ベッドの中が全世界の母にとって、お箏の音色を聴くことは、

自由に歩ける2本足と同じ意味を持っていたのではないかと思われるのです。


住職さんは、母がお箏を好きだということはご存知でしたが、

介護の時にも、お箏のCDに助けられ、

お箏のおかげで母が元気で過ごせたなどということは話していませんから、

戒名の中に「琴」と「音」という文字が入っているのは、

ひょっとして、母の意思が入り込んでいるのではないかと、

導かれたその偶然に、何とも言えない満足感を覚えたのです。

今もまだ、その満足感に浸っています・・・

ひょっとして、お墓の中でもお箏の音色を聴いていたりして・・・


まさか・・・



近所の散歩道で
e0288951_21052438.jpg

今日の夕日です
e0288951_21033222.jpg
e0288951_21040945.jpg


みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-28 21:31 | 百寿者 | Comments(0)

この地に住み始めてから夕日を見ています。

秋冬限定の夕日観賞ですが、

赤みを帯びた優しい光に包まれると、

心が芯から温かくなってきて、

太陽が沈みかけてから沈むまでの数分間は、

太陽の美しい輝きに、心身ともに満たされるような気がして、

ああ、これがマインドフルネスという状態なのかしら・・・

最近、このように思うようになりました~


ときどき海を見に行きますが、

砂浜に腰を下ろして、打ち寄せる波を見ているときにも、

海の澄み切ったきれいな青色に、吸い込まれるような感覚を覚えて、

目に入るものは、青い空と青い海の青一色の世界であり、

私まで青色に染まってしまうのではないかと思いながらも、

そのブルーの色だけを意識している自分に気が付きます。

このような時には、今晩のおかずは何にしようかしら・・・などという思いは浮かばないですね・・・

これも一種のマインドフルネスかもしれません。


昨日も、梅の花にたくさんのメジロが飛び交っていて、

凛としたたたずまいの梅の老木と元気に飛び交うメジロたち、

白い梅の花と鶯色のメジロ、こげ茶色の老木の幹、

色の対比もきれいでしたが、私にとってはまったくの非日常の世界、

和歌の世界を彷彿とさせる趣のある世界に足を踏み入れた感じがして、

何とも穏やかな気持ちで梅の花とメジロを眺めていました。

これもマインドフルネスかもしれませんね。


3月になれば、ハチやアブ、小さなクモがこの小さな庭に姿を見せます。

そのうちにバラの蕾が膨らんで来れば、

草食昆虫や肉食昆虫が出てきて、食べたり食べられたりの世界が見られるのです。

きれいなバラの開花は、虫たち生き物の食物連鎖と共にあります。

虫たちなどの生き物は、「今ここ」を生きていて、

虫たちは過去のことや未来の心配などをしていません。

虫はマインドフルネスで生きていますね。

その虫たちを観察している私は、

虫たちが「今ここ」に生きていることに気が付いて、

また、私の胸深くにある普段気が付かないことが湧き上がって来るのにも気が付き、

虫を観察しながら、マインドフルネスの状態になるのですよ~


「今ここ」に意識を向けることをマインドフルネスと言いますが、

私たちは知らないうちにマインドフルネスになっているのですね~

自然を観察していると、

観ている自然だけに意識を集中していて、

マインドフルネスの状態になっています。

そして、地面のアリンコから空を流れる雲までが、繋がっているような気がしてきて・・・

もちろん、私たちもです・・・繋がっているように思うのです・・・

心の底から湧きあがってくる情熱のようなものが感じられたりします~


自然観察はマインドフルネス・・・ですよね・・・



今日の夕日
e0288951_20144375.jpg
e0288951_20153025.jpg






みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-27 20:36 | 自然とのつながり | Comments(0)

梅とメジロ(自由部門)


近所に早咲きの梅がきれいな場所があるので、

今日は午前中にカメラをもってそこへ行きました。

近所のこじんまりした梅林です。
e0288951_21385845.jpg
早咲きなのでほぼ咲きそろっているのですよ~
e0288951_21394937.jpg
香って来るようですね。
e0288951_21404982.jpg
枝から枝へたくさんの小鳥が飛んでいますが、

動きが早くてシャッターチャンスがありません。

ようやく撮れたのがこれです。
e0288951_21425071.jpg
メジロのようですね・・・目の周りが白いです・・・
e0288951_21440667.jpg
e0288951_21445654.jpg


こちらは別の場所に咲いている梅です。これも早咲きのようです。
e0288951_21460434.jpg
e0288951_21465296.jpg
この梅にもたくさんのメジロが飛び交っていました。
e0288951_21475963.jpg
メジロは梅の花の蜜を吸うのだそうです。

梅の花とメジロの組み合わせを眺めながら

ほんのひと時、風流の世界を味わうことが出来ました。

それにしても、たくさんのメジロが梅の枝を元気よく飛び交っていたのには驚きました。

メジロって俊敏なのですね~


空を見上げて梅の写真を撮っていると、飛行機が飛んでいましたよ・・・
e0288951_21575862.jpg


今朝早く、家族を最寄りの駅まで送っていきましたが、

駅近くの気温は、マイナス1度で、

自宅近くの気温は、2度でした。

この辺りは氷点下にはならないですね・・・


今は、一年で最も寒い時期ですよね・・・

それでも梅はほぼ満開でした。

梅の花は、逞しいですね。

そして、春はもうすぐのようです・・・

自然の営みを身近に感じると、季節の巡りも肌で感じることが出来て、

春の気配がそこここにあるような・・・

暖かい日差しの中で、春を感じた幸せなひと時でした・・・




みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-26 22:25 | 自然とのつながり | Comments(2)

今日はお天気に恵まれましたね~

素晴らしい青空でしたよ~

雲一つない澄み切った青空と凛とそびえたつ白い富士山。

今日は人と待ち合わせて一緒に、富士山の写真を撮りました。

場所はいつものところです。

今日の富士山
e0288951_19195252.jpg

e0288951_19205780.jpg
e0288951_19213370.jpg
太陽の光が海面にキラキラと輝いています。
e0288951_19220615.jpg


海が良く見えるレストランに入ってランチ、

青い海を見ながらの会話は途切れることがありません・・・

気が付けば4時を回っていました。

あら~、もうすぐ夕日が見られるわよ~

ということで、夕日も撮ることが出来ました。

いつもの夕日とは一味違いますね。

海が近いと夕日もパワフルです。

今日の夕日
e0288951_19381610.jpg
e0288951_19415427.jpg
海面の夕映えが美しいです。
e0288951_19422525.jpg
e0288951_19431118.jpg
e0288951_19441976.jpg
富士山のシルエットです。
e0288951_19444911.jpg
いつも見慣れている富士山や海ですが、

誰かと一緒に眺めると、受ける感じが違っているように思えて、

その発見もまた面白いですね・・・

また、誰か別の人と来ると、海は違った印象を見せてくれるのでしょうか・・・

海はいろいろな面を見せてくれます。

そういえば、水は容器にしたがい形を変えますよね・・・

ブルースリーの言葉だったでしょうか・・・



みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-25 20:36 | 富士山 | Comments(0)

必要なことが起きている

時間のある時に、以前のブログに目を通すことがあります。

99歳で母が歩くことが出来なくなり、

「ベッドの中の母」という状態に我が家が慣れるまで、半年以上かかっています。

それまでの私にとって、床擦れなどは遠い世界の話で、

高齢者と一緒に住んでいながら、高齢者のことについて何も知らなかったのですよ。

高齢者のことなど考えたこともありませんでした。

「母は元気なのよ~」で済ませていたのですから・・・


床擦れもですが、まず、排泄について・・・これは大変でしたね~

何かが起きれば、それに対処していく・・・

一つ一つこなしていく・・・

これの繰り返しでした。

ケアマネさんに尋ねたり、ヘルパーさんに聞いてみたり、

往診の先生にお話を伺ったり、リハビリの様子を覗いてみたり・・・

どのようにするのかを決めるのは私ですが、

皆さんの意見をお聞きして初めてわかったこと・・・が大半でした。


どのようにすると、扶美さんが最も幸せ感を感じて、

ベッドで過ごすことができるのか・・・

いろいろと考え工夫してやってきました。

そのうちに、扶美さんの体質や性格も理解できましたから、

たまには先手に出ることもあったのですよ。


4年経った今、振り返ってみると、

今では少しは高齢者のことが理解できています。

でも、私が知っているのは扶美さんに関してのことであり、

一般の高齢者に対してどうしたらよいか、ということではありません。

人は皆違いますし、

高齢になればなるほど、人の個性は強いかもしれませんしね・・・


やはり私は「扶美さんの介護のプロ」なのですよね~

扶美さんのことなら誰よりも良く理解できましたからね。

介護一般のプロではありませんね~


そして、母のことを一つ一つ対処していくうえで、

今まで私が何も知らずにいたこと、

何も考えずに生きて来たこと、

このことに気付かされました。


母の介護は、物事を考えていない私に、

「少しは考えなさいね」というメッセージだったと受け取っています。

私にとって必要なことが起きたということですね。

少しは掘り下げて考えることができるようになりましたから・・・

そういう意味でも、感謝しています。



介護は皆、違いますよね・・・

100人いれば100通りの介護があると思います。

先日も「どうしたらいいでしょう?」とコメントで質問を受けましたから、

このようにお答えしておきますね。

たくさんある介護の一つの例だとして受け取っていただければ幸いです。

そして、私の場合、介護は終わりました・・・



今日の夕日です
e0288951_22141805.jpg
e0288951_22145708.jpg


みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-24 21:31 | スピリチュアル | Comments(2)

天使の階段(自由部門)


今日は朝からずっと灰色の雲が空を覆っていました。

これでは今日の夕日は見れないなあ~と思っていました。

午後、外が明るくなったように感じたので外を見ると、

雲の間から、太陽の光がさしていました。
e0288951_18383335.jpg
久しぶりの天使の階段です~

嬉しいですね~
e0288951_18394026.jpg
お日さまの光線は薄くてよく見えないですけどね・・・

海にできたスポットライトが眩しいですよ。

その後、灰色の厚い雲はどこかへ行ってしまい、

少し青空がのぞいていましたよ~


ということで、今日も夕日を見ることはできました・・・
e0288951_20313878.jpg
e0288951_20325526.jpg

e0288951_20332203.jpg
雲の動きは驚くほど速いのです。

夕日を眺めていると、夕日は沈んでいきますが、

そのあと、5分で雲の配置が全く変わっています。

刻々と空の模様は変化していますよ・・・

空に、羊や竜の形の雲を見つけても、すぐに形が崩れてきますよね・・・

本当に、雲の動きは速いです。




みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-23 21:02 | 自然とのつながり | Comments(0)

80代夫婦の夫の方(夫の兄です)が、昨年の暮れ、都心の老人ホームに入居しました。

先週夫が見舞いがてら、入居した兄の様子を見にいってきたのですよ。

事前に聞いた話では、うらやましいと思うような老人ホームで、

そのようなところに入れてよかったねと話していたのです。

ホームでの兄は思いのほか元気で、ようやくホームの生活に慣れたところ、

あれこれ話は弾んだそうですが、

初めのうち、兄はホームシックで家に帰りたくてたまらなかったそうです。

兄はここ1年くらいで急に脚が弱り、歩くのが不自由になってきて、

兄嫁の負担が大きくなってきたので、

このままでは二人が共倒れするのではないかと周囲が危惧して、

兄がホームに入居することになりました。

「そうなんだよ。周囲のことを考えて老人ホームに入ったんだよ」

そのように語る兄は寂しそうで切なかったそうです・・・

自分の気持ちに整理を付けながらの語り口で・・・

帰宅して様子を話す夫も口数少なく元気がなかったですね。

身内の中では兄は一番身近な人ですから・・・


その日、義兄(夫の姉の夫、姉は他界)のことを思い出して、義兄に電話しました。

病を抱えてはいますが、自宅(二世帯住宅)で闘病しています。

「おかげさまでどうにか頑張っていますよ~ 身体の様子を自分で感じながら

薬の加減や身体に刺激を与えたりといろいろやっています。自宅に勝るところはありません」

このように話す義兄の声は力がありました・・・


親の介護と夫の介護と自分の介護。

介護にはいろいろな形があります。

そして、いろいろな老いがありますね~

どの老いも、それぞれの生き方なのですよね・・・

同じ老いの形などありません・・・

みんな違っていていい・・・

人は皆、違うのだから・・・



今日の夕日
e0288951_21363134.jpg

e0288951_21371132.jpg


みなさまに良いことがありますように!






にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

by gutsuri | 2017-01-22 21:55 | 介護 | Comments(1)