百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

<   2016年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

急に涼しくなって慌てています。

気持ちの良い外の空気を吸いたくなりますね。

オオカマキリの様子を見に庭に出ました。

11月中にはオオカマキリは庭からいなくなります・・・限りある命です・・・

彼らを見ることができるのも、あと一か月半位ですから、

オオカマキリが元気な今のうちに、ちょっと観察です。

今年、庭で一番良い場所を占領しているブルーさんです・・・ブルーのブッドレアに棲んでいます。
e0288951_175233100.jpg

貫禄ありますよね~
e0288951_17533445.jpg

正面からです。
e0288951_1756761.jpg

お腹の大きいこと!じきに卵を産むのでしょうね。
e0288951_17582796.jpg

一方、こちらはブルーのブッドレアにいるハラビロカマキリです。
e0288951_1991268.jpg

少し小ぶりなのでオスかもしれません。が、よくわかりません・・・
e0288951_1993475.jpg

クイーンオブスエーデンの枝にくっついているオオカマキリは、

スイートフェンネルにいたフェンネルさんです。
e0288951_19134443.jpg

フェンネルさんもお腹が大きいので、じきに産卵することでしょう。
e0288951_19161338.jpg

オオカマキリはまだ、赤紫のブッドレアにいた赤紫さん・・・羽が少し茶色っぽいのですぐにわかりますが、

ざっと見回しても、見つけることが出来ませんでした。

カマキリは擬態がうまくて見つけるのは難しいですね・・・

カマキリたちはみんな、この夏もよく活躍してくれました。

来年も彼らに期待しています。

5月の中旬辺りから、オオカマキリのベビーが姿を現します。
e0288951_1926789.jpg

庭のあちらこちらにカマキリベビーの姿を見付け、いよいよご登場と嬉しくなります。

昨年は、勢力図が少し違っていて、それはそれで面白かったです。

昨年のブッドレアはハラビロカマキリが棲んでいて、オオカマキリは隅っこにいたのですよ~
e0288951_19361100.jpg


カマキリの写真をたくさん撮ったので家に入ろうと思っていると、何か黒いものが動いています。

ハラビロカマキリがオオスカシバを捕まえていました・・・

お食事中でしたから、写真は遠慮しました・・・

そうそう、カマキリベビーはアブラムシをたくさん食べてくれますよ。

小さいですが生まれながらのハンターですね。


シャリファアスマ
e0288951_1958076.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_19583684.jpg


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-11 07:00 | 庭の虫たち | Comments(0)
10月らしい陽気になりましたが、雨は相変わらず降りますね。

10月6日に、本当に久しぶりに夕日らしい夕日が見られました。
e0288951_15816.jpg

この地は、秋冬限定で夕日を楽しむことが出来ます。

10月から2月までは夕暮れのひと時、茜色に染まった夕空を見ながらのんびりと、

夕日が沈みかけてから見えなくなるまでのその数分間、夕日を眺めて過ごしています。
e0288951_15184356.jpg

夕日が沈む位置は、一日に太陽の幅一個分づつ、左に移動していきます。
e0288951_15304829.jpg

方角で言えば、南に移動していることになります。

なだらかな山並みのシルエットが見え、

それと比べると夕日が沈む位置が移動していることがよくわかるのですよ。
e0288951_15324099.jpg

毎日左に移動していきますが、それも冬至の日までです(今年は12月21日が冬至です)。

冬至の日を境に今度は、日没の位置が右に(北に)移動し始めます・・・戻ってくるのです・・・
e0288951_1548329.jpg

日没の位置がずっと右に移動して、夏至の日になると、今度はまた左に移動するのです。
e0288951_1550182.jpg

冬至の日が最も左で、夏至の日が最も右寄りに日が沈みます・・・この地から見てですが・・・

面白いですよね~
e0288951_15502840.jpg

太陽と地球の関係って凄いと思います・・・間違えることなどありません・・・

強い繋がりがあるのですね・・・

日没の位置を見ていると、冬至がスタートで夏至が折り返し点のように見えるのです。
e0288951_1553446.jpg

夕日を見ているとそのように感じられるのですよ~

風水でも確か、植物の成長をそのように言っていたと記憶しています。
e0288951_1557572.jpg

夕日が沈むのを見ていると、不思議と穏やかな気持ちになるのです。
e0288951_16133099.jpg

たったの数分ですが、夕日を浴び、沈む夕日を眺めていると、

身体も心も芯からリラックスします。
e0288951_16324226.jpg

ひと時のヒーリングタイムですね。
e0288951_1635054.jpg


e0288951_16365845.jpg


e0288951_1637188.jpg

日没の位置は行ったり来たり動きますが、富士山を通るときにダイアモンド富士になります。

行きと帰り・・・一年に2回のダイアモンド富士のチャンスがあります・・・この前は見逃してしまいました・・・


ペッシュボンボン
e0288951_16411374.jpg


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-09 07:00 | 夕日 | Comments(4)
9月末のある日、雨の合間を見計らって、庭に発酵とぎ汁乳酸菌を撒きました。

2リットルのペットボトル10本分を撒いたのですよ~

リンゴを煮た時の甘~い匂いがしばらく庭中に漂っていました。

以前に、と言ってもに数年以上前ですが、

月刊農業という雑誌で、発酵乳酸菌を薄めて畑に撒くという記事を見ましたが、

私は原液をそのまま、薄めることなくドボドボと、ペットボトルから直接バラの根元に撒いています。

薄める手間が面倒なのと、そのまま撒いても何ら問題はないからです。

今のところ(ここ数年ですが)特にトラブルはありません。

バラも虫たちもみな元気です。

乳酸菌が増えるには、温度と水が必要ですから、

水に関して言えば、乾いた土ではなくて、雨の後などに撒けば、

土が湿っているので、乳酸菌がどんどん増えていくと思います。

寒くなると乳酸菌の活動は衰えますし、バラも休眠しますから、

冬はたま~に乳酸菌を撒くだけです~

無肥料無農薬でのバラ育てですが、バラはそれなりに咲いてくれて、

そして、庭の虫たちはとても元気がいいです。 母もでした~ 母も元気です~

乳酸菌のおかげだと思っています。


自家製乳酸菌の作り方です。

お米5合のとぎ汁(初めのとぎ汁)で2リットルのペットボトル1本分です。

ペットボトルに米とぎ汁を半分くらい入れ、

砂糖大匙1くらい(乳酸菌のエサ)とニガリをワンプッシュ加えてよく混ぜ、

そして、米とぎ汁をペットボトルに溢れるまで入れ、空気が入らないようにキャップをする、これだけです。

これで放置しておけば、今頃の気温で、一週間くらいで乳酸菌が出来ています。

すごく簡単です。

ペットボトルがパンパンに膨れたら、キャップを緩めてガス抜きをします。

一週間から10日くらいして、キャップを開け、甘いにおいがしていたら乳酸菌が出来ています。

ガスが発生してペットボトルが膨張し、こんな感じになります。
e0288951_20445538.jpg

乳酸菌などバクテリア(微生物)の働きについては、

以前の記事に書きましたから、そちらをご参照くださいね。


私は夏剪定というものは適当に、必要と思われるものだけいい加減に剪定しているので、

四季咲きのバラはほとんど一年中、ぼちぼちと咲いて楽しませてくれますよ。

今咲いているバラは、パパメイアン
e0288951_16143796.jpg

ポンポネッラ
e0288951_16162089.jpg

小さなアブが飛んでいるレディーヒリンドン
e0288951_1617862.jpg

イモーションブルー
e0288951_16211122.jpg

イングリッシュヘリティッジは次々と花を付けますね~
e0288951_162601.jpg

バラ以外では、ハナショウガ
e0288951_1627016.jpg

赤紫のブッドレアにはオオカマキリが陣取っています(中央にいますよ)
e0288951_1629320.jpg

そして、こんな虫も・・・ツマグロオオヨコバイです。目がくりくりしていて可愛いですけど
草食昆虫ですからね。葉っぱを食い荒らします。でも、バラの花には害はありません・・・今のところはですが・・・ 放っていますよ~ オオカマキリに捕まらなければいいけれど・・・
e0288951_1815352.jpg

こちらは、小さなクモが何か捕まえています。
e0288951_18154957.jpg

クモは小さくても強力なハンターです~

虫と一緒にバラ育てを楽しんでいます・・・


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


by gutsuri | 2016-10-07 07:00 | 発酵米とぎ汁乳酸菌 | Comments(0)
お野菜の値が上がりましたね。

買い物に行くたびに、野菜の値段を見て、買うか買わないか迷ってしまいます。

玉ねぎの高値は、ここ神奈川県では先月あたりから落ち着いています。

とても大きな玉ねぎが5つ入った袋が398円ですから、以前の値段に戻ったように思います。

産地がどこなのか、気にもかけずに買っていますよ。

8月には北海道で台風や長雨による水害で畑が水に浸かり、その影響らしいのですが、

ニンジンの高値が続いています。

人参はほとんど北海道産だったようです・・・知りませんでした。

中くらいの人参3本入りが298円、一本が百円です・・・

お値段が高くても、ニンジンはお店に行けば売り場にはたくさん盛られてあります。

先週末買い物に行ったときに、サニーレタスを買おうと売り場にいくと、

サニーレタスが見当たりませんでした。

セールになっているのかと、入口に近い野菜の特売売り場に行ってもサニーレタスはなく、

アボカドやパプリカなど明らかに輸入品だと思われる野菜が特売のメインに並んでいました。

ああ、また異変が起きている・・・・

玉ねぎやジャガイモ、ニンジンなどが高値になれば、これはやはり困ったことですけど、

サニーレタスがお店から消えるとなると、これは私にとっては一大事です。

私は菜食主義者で大の葉っぱ食いです。

サニーレタス一束など一日にぺろりと平らげるほど葉物野菜が大好きなのですよ。

仕方がないのでそこにあった丸いレタスを買いました。

そのレタスのお値段は398円!驚きますよね~

一つだけレタスを買いました。

ネットで調べると、9月の日照不足でレタス産地(長野県など)ではレタスは育っていないようです。

そういえば、本当に9月は雨ばかりでした。


植物は太陽の光をたくさん取り込んで、育つと言います。

野菜もそうですよね。

太陽の恵みを受け、ぐんぐん育って大きくなります。

一方、私たちの身体は、直接太陽から太陽エネルギーを取り込むことはできないらしく、

太陽のエネルギーをたくさん取り込んでいる植物を食べることで、

太陽エネルギーを私たちの身体に取り込むことが出来るので、

野菜や果物を食べることは、太陽エネルギーを体内に取り込むことになるのです。

地球上のすべての生き物は、太陽のおかげでこの地球上で生きていくことが出来ます。

私たちも例外ではなく、太陽エネルギーを体内に取り込まなくてはなりません。

健康に生きるために・・・です。

太陽が姿を見せなくては、野菜は・・・特に葉物野菜は育ちませんね~

昨日、一昨日と、お日さまが顔を出したので、

お布団などをちょっと干すと、ホントに気持ちがいいですね~

お日さまが出ると気持ちも晴々します。


そうそう、肉食動物は、太陽の恵みを受けた草をたくさん食べる草食動物を食べることで、

そこから太陽エネルギーを取っているそうです。

肉食昆虫と草食昆虫もきっと同じ関係でしょうね。


シェイクスピア
e0288951_18324117.jpg

クイーンオブスエーデン
e0288951_1833927.jpg

シジュウカラがつがいで仲良くやってきましたよ。
e0288951_18334387.jpg

シジュウカラは、枝に飛び乗って遊んでいるだけです。虫を食べません・・・この庭では・・・
が、スズメは虫をついばんでいますよ~ ちょっとひやひやします。

久しぶりの夕日です。
e0288951_19111579.jpg

蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-10-05 07:00 | 日常 | Comments(0)

感謝モードのスイッチ

今は週に3回ヘルパーさんに来て頂き、朝の着替えとおむつ替えをお願いしていて、

それ以外の日、週に4日は、私が母の朝の着替えなどをしています。

母は今、感謝モードのスイッチが入った状態で、

何かことあるごとに「ありがとう」や「ありがとうございます」の言葉が口から出てきます。

ところが先日、私が母の着替えや清拭をしたときには、何と、拍手でした~

「ありがとうございました~」と言いながらの長~い長~い拍手でした。

よほど気持ちが良かったのでしょう・・・・

鳴りやまない拍手に、私も応じましたよ~

「今日の扶美さんは、思うように動いてくれたから、私はとてもやり易かったのよ。

良く動いてくれた扶美さんに、私からも拍手~」と言って、私も拍手をしました。

しばらく二人とも拍手をしていました・・・・笑ってしまいます・・・

他の人が見たら何と滑稽なシーン・・・と頭に浮かびましたけどね。

まあ、いろいろなことがあります。

昨日は、お昼寝の目覚めがご機嫌だったので、「気持ちよく眠れたの?」と聞くと、

「気持ちよく眠れた~」と笑顔で答えが返ってきました。

ずっとご機嫌でしたよ。

母は素直に喜んだり、自分の気持ちを正直に話したりするタイプではありませんでしたが、

昨年あたりから段々と、ボケ具合が進むとともに、

子供のころに戻ったような、童心に帰ったような、そのような素直さがみられるのです。

加齢とともに体力は落ちていき、またボケ具合も進んでいきますけど、

身体と心って加齢とともに衰えるだけではなくて、

加齢とともに変化していく何か隠されたものがあるように感じています。

勿論、それは好ましい変化であり、周囲を温かくするようなものであり、

本人にとっては生きる喜びに通じるものだと思います。


私がしている母の着替えや清拭は、午前中の1時間をかけています。

のんびりとマイペースでしているので、時間がかかるのです。

熱々タオルで身体全体を拭き、そのあと、クリームを付けて全身を軽くマッサージします。

脚や足は特に念入りにしますよ・・・3年10か月も歩いていませんからね・・・リフレクソロジーの要領です。

母は熱々タオルで身体を拭くのが好きですね。

背中をゴシゴシすると喜びます。

でも、適当にやっていますよ・・・疲れない程度にです・・・母も私も・・・



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ


クレアオースティン
e0288951_21575977.jpg

シスターエリザベス
e0288951_21581732.jpg

by gutsuri | 2016-10-03 07:00 | 長寿 | Comments(2)

あるメルマガから・・・

私は無料のメルマガを幾つか申し込んでいるので、

毎日のように、メルマガが届きます。

以前から申し込んでいるメルマガでも、2~3年経つと興味がなくなることがありますし、

これは多分、私が少し変化したからかもしれないと思っていますが・・・そう望んでいますけど・・・

また、何かを検索していて新しいメルマガを知り、申し込むこともあります。

最近届いたメルマガで、興味深いものがありましたから、ご紹介しますね。

バシャールが「出したものは受け取る」とよく言っていますが、このことが書かれていました。

私など、良い言葉を聞いても、すぐに忘れてしまう状態・・・

何度聞いても右から左に流れていき、本当に困ってしまいます。

だから気が付いた時に、ブログにメモしておくことにします。

「呼吸で人生をストレッチする」というメルマガで、

「ブリージングストレッチ本院の古久澤」さんが書かれています。


さて、かつて20年ほど前に氣功の先生から教わったことがあります。
それは、氣の修練が進んで活性化し、強化されてくると
「心の持ち方」を変えていく必要があるということです。

氣功を修練していくと心身のパワーがとても強くなっていくので、
周囲の人を恨んだり、怒りを向けたりすると想わぬ影響が出てしまうことがあります。

それまでよりも何倍ものパワーで相手に物理的にも精神的にも影響を与えかねず、
そうして相手に現実のマイナスの影響を与えてしまうと、必ず自分のところにも返ってきます。

もちろん逆に相手に喜びや安らぎというしあわせの影響を与えると、
こちらも必ず自分のところに返ってきます。

他人を活かすことが自分を活かすことにつながるということであり、
そうすることで人間としての徳がついていきます。

どちらにしても、生命エネルギーが飛躍的に高まることで、
相手に対してそれまでの何倍にも強く、速く影響が出てしまいます。

エネルギー量が増大することで願望実現能力が速まり、高まる代わりに
負の影響力も同じように大きくなってしまう危険性があります。

この世は大きなエネルギーの循環の反映ですから、
どのような言動も行為も、必ず自分のところに返ってきます。

そのため、ある段階まで来たら「客観的観照」という見方を身に付ける必要があると教わりました。

これは大空を飛んでいる鳥が下界の様子を観察するように、
生活の全ての場面を客観的に眺めるという方法です。

第三者的な視点で自分や自分を取り巻く状況を観察するのです。

この方法を習慣にしていくことによって、心が穏やかになり、
物事を落ち着いてみることができるようになり、感情のコントロールが楽になってきます。

イライラしている自分やクヨクヨしている自分、ワクワクしている自分を
「第三者の視点」で客観視するのです。

具体的な方法は、教室での氣功クラスや各地でのセミナーなどでお伝えしておりますので、
興味、関心のある方はぜひお越しいただき、いっしょに稽古しましょう。


私は、身近なところに百歳を超えた高齢者がいて、

まだ生きようとする意思のある百寿者の世話をしながら、

せっかくいただいたこの生命を最期まで精いっぱい母に味わってほしいと思っています。

生きることは、喜びや楽しいことだけではありませんが、

もうこの歳(103歳)になったら、喜びや楽しいことだけでいいのではないか・・・と思っています。

いろいろなメルマガを見ると、根本となることを忘れている自分に気が付いて、

また新たな気持ちで母と向き合うことができるのですよ。

メルマガとの出会いも引き寄せですね・・・・きっと・・・



e0288951_21131237.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ



by gutsuri | 2016-10-01 07:00 | スピリチュアル | Comments(0)