一昨日の夜、こちらではかなりまとまった雨が降ったようです。

雨降りの後は、草は簡単に抜けますから、昨日は午後から庭で一働きしました。

猛暑続きで庭に出ていなかったので、

草は伸びほうだい、バラの花殻も幾つか残っています。

目に付いたところだけの草抜きをしましたが、気持ちがいいものですね。

これからは少し涼しくなるでしょうから、外に出るのが苦にならなくなります。

ひと段落したところで、米とぎ汁を発酵させたものを、バラの根元にドボドボと撒きました。

これがその発酵とぎ汁乳酸菌です。
e0288951_19514526.jpg

米とぎ汁は、そのまま庭に撒く方法もありますが、

米とぎ汁は一旦、発酵させて撒くと、活性剤としての作用が庭に良い影響を与え、

植物のみならず、庭の生き物すべてが元気になり、

発酵とぎ汁を撒いている私も、リンゴを煮た時のような甘い香りをかぎながら、

気分が良いだけではなくて、実際、健康にも良いと聞いています。

作り方は簡単です。

お米5合のとぎ汁が2リットルのペットボトル1本分です。

乳酸菌のエサとして、砂糖を大匙1くらい加え、ニガリもワンプッシュ加え、

ペットボトルに溢れるくらい米とぎ汁を入れて、空気が入らないようにキャップをします。

今の気温で、常温で放置して1週間くらい、キャップを外して甘い香りがしたら出来上っています。

膨張してペットボトルが変形してきますから、時々キャップを緩めてガス抜きをします。

そのときすでに、甘いにおいがしますよ。

米とぎ汁をそのまま撒くより、

ちょっとひと手間かけて、発酵とぎ汁乳酸菌を作り、それを撒くと、

植物はみんな元気になりますね。

庭全体の活性剤です。

そうそう、虫たちも元気になりますよ~

肉食昆虫も草食昆虫も、ミミズも、元気です。

無農薬無肥料ですが、バラはきれいに咲きますよ。

不思議なことにハダニは庭にいません・・・

バラの自然栽培はもう数年になりますから、

虫たちの世界・・・食べたり食べられたりの食物連鎖が庭に成立しているようです。

カマキリ君も元気です。

今日のオオカマキリです。バラの枝にいました。
e0288951_20293615.jpg

シャンタルメリューにハナグモがいますね。バラを守っているように思えます・・・
e0288951_09623.jpg




蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-08 07:00 | 発酵米とぎ汁乳酸菌 | Trackback | Comments(0)

9月4日の朝刊に大きく本の広告が載っていました。

人はいくつになっても、美しい
e0288951_15555965.jpg

部門でベストセラーらしいので、多くの方がご存知の本だと思います。

が、私はこの本のことをまったく知らなかったので、興味が湧いて、

広告の文字をすべて読みました・・・・時間はたっぷりありますから・・・
e0288951_1613595.jpg

読みにくいですから、拡大しますね。
e0288951_1616089.jpg


e0288951_16162125.jpg

新聞の紙面がしわくちゃです・・・

母が新聞を読んだ後はこのようになっていることが多々あります。

シワクチャだということは母が新聞を見たということで、

紙面がきれいなままだと、新聞に目を通していないとわかります。

新聞の紙面は大きいので、母は紙面を折ったり、手前に引き寄せたり、

その引き寄せ方によっては紙面がシワクチャになったりしますが、

母に好きなように新聞を読んでもらっているので、この有様になります。


本の話に戻りますが、「人はいくつになっても美しい」、この本の広告を見て、

詳しく書いてあるこの本の紹介文を読んでいるだけで、

自ずと姿勢を正してしまいますね・・・

「美しさはこころに宿るものです。
いつもワクワクすることを心に思い描いて、
キラキラした目で世界を見続けていれば、
その心の輝きは必ず顔に現れます。
私の目に映る世界は、今日も喜びと驚きに溢れています。」


この本の新聞広告には訳者が載っていなかったので(ちょっと変ですよね)

アマゾンで調べたりしていると、

アクティブエイジングという言葉や、ジェントロジー(老人学)という言葉を知りました。

もう、アンチエイジングの時代ではないですね。

アクティブエイジングなのですね~

流れに抗わない・・・自然に寄り添う・・・加齢を困るものだと思わない・・・加齢と仲良くする・・・

サクセスフルエイジング(幸せな歳の取り方)という言葉が私のお気に入りですが、

アクティブエイジングという言葉もなかなか魅力がありますね~

英語ではこのように二つの言葉を合わせた素敵な造語が出来ていますから、

日本語でも何か素敵な言葉を作れますよね・・・きっと・・・


以前、テレビだったと思いますが、

老人ホームに美容師さんがやってきて、女性の方にお化粧をしているのを見たことがあります。

お化粧をしてもらって、美しくなった方はみなさん、

「嬉しいです。」

「幸せです。」

「きれいになった自分が輝いて見えます。」

などと、口をそろえて笑顔で喜んでいらっしゃいました。

たかがお化粧・・・などと思いますが、

お化粧をすると、自信に溢れた様子に変身するのです。

照れている方も中にはいましたが、それでも本当に嬉しそうでした。


「人はいくつになっても美しい」という本の広告の中で、

「いつもの場所にも、おしゃれをして出かける」という言葉があります。

ご近所さんで、いつも美しくしていらっしゃる方がいます。

それが彼女の人生哲学だと思って、素敵な生き方だなと、ただ単にそう思っていましたが、

これって案外大事なことなのかもしれないなあ~と本の紹介を読みながら感じています。

いつも美しくあることは生きる姿勢につながっていくのですよね。

美しい生き方とは、表面だけのことではなくて、中から溢れ出ているものから生まれる自信と輝き!

表面を整えることで生まれる自信と物事に向き合うときの前向きの心。

気を付けたいですね~


レモングラスティー
e0288951_209944.jpg

レモングラスが大株になりすぎて場所を取っていたので、株を四分の一に減らしたら、
元気がなくなり枯れたかとあきらめていたのですが、葉が出始めました。


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-06 07:00 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

9月になってホッと一息

9月に入り、ほんの少しですが秋らしさを感じています。

窓から入ってくる風が涼しいのですよ。

まだ残暑は厳しいでしょうが、日の暮れも早くなり、日に日に秋を身近に思うことでしょうね。

今年の夏は、7月に、母の咳が酷くて心配しました。

心臓がくたびれていて(当然ですよね)、全身に血液を十分に送ることが出来ず、

肺のあたりに水分が溜まり、そのせいで痰が絡んだような咳が夜になると出て、

咳のためなかなか寝つけず、いつまでもこもったような咳をしていて、

傍で見ていても辛そうでした。

8月に入ると、その咳も時々になってきて、

でも、咳が出るときには、ごろごろと気管支炎のような感じがするのです・・・

が、ようやく、ここ2週間くらいは、咳が出ていません。

時間がかかりましたが、身体が以前に戻ったように思います。

声にも以前のような力強さと張りが戻ってきました。

母の歳になると、回復するのはゆっくりなので、

こちらものんびりと構えて、そのゆっくりにお付き合いをしています。

お茶を飲んだときに、たまに咽ったような咳をすることは今でもありますけどね。

いつもニコニコご機嫌でしたから、それほど心配することはない・・・・

食欲も旺盛でしたから、大丈夫だとは思いましたけど・・・

何分、高齢ですからね、咳が聞こえてくると、不安でしたよ・・・・・肺炎ではないかと・・・

母の身体も頑張って働いてはいますが、

何かの拍子に、今までと違ったことが身体にあって、その反応が痰や咳として出たのですから、

やはり一年一年細かいところにも注意が必要になってきたようです。


正直なところ、9月になって、秋になって、ホッと一息です。

まだ厳しい暑さの日があるとは思いますが、

それでも、私の気持ちの中では、9月になって一区切り・・・

この夏も越せたのではないかしら・・・と、そのような気がしています・・・


最近は、冬ではなくて夏に体調を崩す高齢者が多いと言われています。

今までは、高齢者にとっては冬が危ない季節だったのですが、

最近は、冬よりも夏に、十分気を付けなくてはいけないそうです。

それくらい夏の暑さは厳しくなっているそうです。

早いものでもう9月、月日は飛んでいきますね~

すぐに寒くなります~


9月2日に葉山の森戸海岸に夕方行きました。富士山は厚い雲に隠れたままでした。
e0288951_21343065.jpg



蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ




by gutsuri | 2016-09-04 07:00 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

今日は午後5時半ごろ家を出てのんびりと富士山スポットへ行きました。

空は晴れているのですが、西方面は春霞のように白っぽくなっていて、

夕日はとてもきれいなのですが、富士山の姿は見えません。
e0288951_22412445.jpg

富士山の姿が見えなければ、いくら夕日がきれいでもダイアモンド富士ではありません。

久しぶりの夕日を眺めていました。

秋と冬は毎日のように夕日観察をしていますから、その経験からすると、

いくら空が曇っていても、夕日が沈み始めると、急にその辺りだけ晴れることが多いので、

ひょっとすると・・・・と期待してカメラを構えていました。

すると、ぼんやりと富士山の輪郭が見えたような気がしました。
e0288951_2250233.jpg

やはり、一日分ずれていますね~

太陽は富士山の頂上から外れています。
e0288951_22544792.jpg


e0288951_22563053.jpg

今日9月1日は新月です。

新月とは、太陽と月と地球が一直線上に並ぶのです。

ダイアモンド富士とは、太陽と富士山と見ている私が、一直線上に並びます。

明日も明後日も車でちょっと移動すればダイアモンド富士の場所は近くにあります。

お天気が良ければ見ることが出来ます。

太陽は日没の位置を、一日に太陽の幅一個分づつ移動して行きます。

ダイアモンド富士の日はそれをはっきりと教えてくれるのですよ。

でも何より、やっぱりダイアモンドですからね。

心惹かれます~

これは自然からの巨大な「贈り物」だと思って、いつも楽しみにしているのです。


蝶々にクリックをお願いします


バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
by gutsuri | 2016-09-01 23:17 | ダイアモンド富士 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri