<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

床擦れ予防のハイテクエアマットを交換しました

マット全体がバランスを取りながら、5分おきに圧が変わるというハイテクエアマットを

母はベッドで使用しています。

介護保険利用でお借りしているものです。

歩けなくなってベッドが全世界になってからは、

介護ベッドとそのエアマットを利用して、24時間ベッドの中で過ごしています。

このエアマットのおかげで、床ずれなどにならないのですよ。

朝起きるとベッドの背を上げて、

食事の時には、ベッドの背を最も立てて、咽らないようにし、

昼寝の時には、低くしますが、

本を読むときには、楽な姿勢で読書ができる程度に背を上げ、

夜寝るときには、頭が少し上がった状態にしています。

脚の方は、いつも膝が少し曲がった状態、楽で自然な状態にしています。

このマットがあるからこそ母の日常が成り立っているといっても過言ではないほど

マットのお世話になっています。


昨年からですが、フラットにしてもマットの膝の部分が上がったままになりました。

マット全体がベッドからずれ落ちているので、

たわみが出来て膝の部分が上がってしまうのです。

業者さんに相談すると、マットがずれ落ちない工夫をすればよいということで、

あれこれやってみたものの、大した効果がありません。

一番の問題は、我が家の使い方なのです。

床ずれ予防のハイテクエアマットは、寝たきりの人が床ずれにならないように作られています。

母は歩けなくなった当初は、文字通りの寝たきりで、寝返りも打てない状態だったのですが、

お世話してくださる方々のおかげで、徐々に回復してきて、今に至っています。

回復してきたので、ベッドをフラットにして、ただ寝るためだけに使うのではなくて、

生活の場として、朝から夜までいろいろな用途で使っています。

このエアマットのおかげで快適な日常が送れているのです。

夜の9時半から翌日の朝の9時までは、ほとんどフラットにして就寝していますが、

それ以外の時間帯は、ベッドの背を起こして、

食事をし、雑誌を読んだり新聞を見たり、テレビを見たり、ウトウトしたり、おやつを食べたり・・・と、

このように過ごしています。


エアマットの中は、細いパイプがたくさん入っていて、

それらが膨らんだり萎んだりして、圧の変化が起きています。

パイプは結わえてありますが、その結わえてあるパイプが解けてきた可能性もあるそうです。

母が寝ていれば点検できませんから、交換ということになりました。


エアマットを交換するときには、

母が寝ているエアマットを、母が落ちないように気を付けてマットごとベッドから降ろして

新しいマットをベッドに入れてから、

今度はシーツごと母を持ち上げて、新しいマットの上に置きましたよ。

母はすごく緊張していました。

目を白黒させていました。

体重が32キロくらいの高齢者だったら、お姫様抱っこですむそうですが、

母は、Mサイズの私より10キロくらい重いので、お姫様抱っこというわけにはいかないのです。

マットを交換した次の日も、その次の日も、母はよく寝ていました・・・

緊張したせいなのか・・・それとも、新しいマットが気持ち良いせいなのか・・・

両方かもしれませんね・・・


レオナルドダビンチ
e0288951_2230277.jpg

西洋ニンジンボク
e0288951_22304655.jpg



蝶々にクリックをお願いします






by gutsuri | 2016-07-12 07:00 | 介護用品 | Trackback | Comments(0)

水分補給と水分制限・・・熱中症対策と心不全予防

ここ2~3日は涼しくて、ひと時のオアシスのような感じがします。

少し前は、真夏ような暑さでしたね。

知人から聞いた話ですが、

90歳を過ぎた高齢者が元気がなくなった様子なので、お医者様に相談すると、

それは軽い熱中症の症状で、お水を少しずつ飲ませてくださいと言われたそうです。

お水を少し飲ませ、1時間たったらまた少し飲ませ、そしてまた1時間たったらまた少し・・・

高齢者にはこういう風に、少しずつ飲ませるのだとお医者様から教えてもらったそうですよ。

知人は、このような水の飲ませ方を知らなかったので、

先生に教えてもらって本当に良かったと話していました。

私も知らなかったので参考にさせてもらいましょう。

今まで母は熱中症でぐったりしたことなどはありませんが、

毎年目に見えてパワー不足になっているので、

今まで熱中症の経験がないから大丈夫というわけにもいかないのです。

しかも、「心不全予防は水分制限が一番」というドライウエイトを実践していますから、

熱中症対策の水分補給と、心不全予防の水分制限、

この二つのバランスに注意することが必要になります。

水分が足らなければ熱中症になるかもしれませんし、

水分が多すぎれば心臓に負担がかかるかもしれません・・・

暑さが厳しくなってくると、たかが水・・・されど水・・・ですね。

着替えの時に、肌着が汗で湿っぽい感じがしますから、

その汗の分だけでも補う感じで、水の摂取は少し多めにしたほうが良いのでしょう。

汗をかく時期は、バランスに気を付けなくてはなりません。

私は本当にアバウトな人間で、母の介護に関しても、

こんなものかなあ~というようなお気楽感覚で世話をしているのです、実際の話・・・

そのアバウトな介護でここまで長寿ですから、母はしっかりしていると思います。

自分で管理しているのです・・・ある程度は・・・

歳相応のボケがありますから、そのボケた頭で身体に指令を出しているのです・・・きっと・・・・・

しっかり働きなさいよとか・・・

傍で見ていると、そのように見え、そのように感じ取れるのですよ・・・


レディーヒリンドン
e0288951_0144159.jpg


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-10 07:00 | 心不全と股関節拘縮 | Trackback | Comments(0)

地球が一つの生命体であるならば・・・

私たちの身体は、70兆もの細胞からできているそうです。

気が遠くなるほどのたくさんの数の細胞ですが、

それぞれの細胞は、連携していて、仲良く協力して、

1秒間に何千何万もの作業をやってのけているそうです。

細胞同士が互いに瞬時に連絡しあって、次に何をすべきか知っているので、

私たちの身体は、日常の動作をスムーズにすることができます。


先日、ガイアという言葉を知りました。

ギリシャ神話の女神の名前だそうですが、

地球を一つの生命体として考えることを、ガイア理論と呼ぶそうです。

最近は、この説はだんだんと受け入れられるようになってきているそうですよ・・・

地球が一つの生命体だとすると、

私たち人間は、地球に対して、どのような存在になるのでしょうか・・・

人間は、地球に対して影響力の大きい生き物ですから、

一人一人の人間は、地球の細胞と考えることもできますね。

そうであれば、細胞同士で喧嘩をしていれば、

地球という生命体は、病気になってしまうかもしれません。


地球を一つの生命体として見たときに、私たちがその細胞だとすれば、

私たちはどのように過ごせばよいのか・・・・・考えるまでもありません・・・

テロとか戦争とか・・・・・あってはならないです・・・

難しいことでしょうか・・・

難しくないという考え方もあります。

喧嘩をしなければいいのですから・・・

平和は一人ひとりの心の中から・・・と信じています。



蝶々にクリックをお願いします






by gutsuri | 2016-07-08 07:00 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

豆乳ヨーグルトは簡単にできますよ~

昨日は涼しくて過ごしやすい日でしたが、

その前は暑かったですね。

真夏の暑さでした~

ところで、暑い夏には簡単に、豆乳ヨーグルトを作ることが出来ますよ~

温める必要がないので、混ぜるだけで簡単に豆乳ヨーグルトが出来ますから、ご紹介しますね。

用意するものは、

1.無調整豆乳(無調整です)
2.市販のヨーグルト(牛乳で作られたもの、ブルガリアヨーグルトとかいろいろな
 美味しいヨーグルトがありますね。好みの味のものを用意してください)
3.糖類(私はオリゴ糖を使っています。マイルドに仕上がるように思います)
4.ニガリ(海の塩でも代用できます。なくても良いみたいですよ・・・)

無調整豆乳500㏄に、市販のヨーグルトを大匙4くらい加えてよく混ぜます。
そこにオリゴ糖40~50ccくらいとニガリ1プッシュ入れて、混ぜます。
これだけです。
寝る前にこれを仕込んでそのまま置いておくと、朝起きたときには
、豆乳ヨーグルトが出来上っています。温める必要はありません。
今は暑いですからね・・・

市販のヨーグルトを、乳酸菌の種菌として使います。
私が自分で作った乳酸菌は、米とぎ汁を発酵させたものですが、
市販のヨーグルトの乳酸菌は、乳酸菌が洗練されていますよ。
さすがですね・・・・失敗がありません。
温度や発酵時間が多すぎたり少なすぎたりしても、美味しい豆乳ヨーグルトが出来ます。

豆乳ヨーグルトを作るときには、温度と消毒が大事だと言われています。
温度は、まあ今の暑い時期は問題はないですが、
消毒に関しては、作る容器(私はZiplocを使っています)を熱湯少々をかけて消毒すると、
見かけもきれいな豆乳ヨーグルトが出来上ります。
消毒しないと、出来上がった豆乳ヨーグルトの表面がほんのりとピンク色になっていたりします。
我が家は、食器など消毒しないですから、平気でこれを食べていますが、
きれいに作りたいなら、容器を軽く熱湯消毒をすると安心です。

出来上ったこの豆乳ヨーグルトは、大匙4くらい残しておくと、次回作るときの種菌として
使うことが出来ます。同じ要領で作ります。
我が家は母が食べやすいように甘みが強めにしてありますから、
糖類はお好みで加減してください。

夏だけの期間限定、豆乳ヨーグルトです~
暑い夏は温めなくても豆乳ヨーグルトが簡単にできます。
材料を混ぜるだけです。

腸の中にお花畑が出来るかもしれませんよ~
腸内フローラでしたっけ・・・


レディーヒリンドン
e0288951_15465372.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_15472533.jpg

ヘリティッジは、無肥料無農薬で次々と咲いてくれるバラです。
虫の多い我が家で虫にもめげず、きれいに咲いてくれる有難いバラです。


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-06 07:00 | 豆乳ヨーグルト | Trackback | Comments(0)

庭から元気をもらっています

暑さが厳しくなりました。

外に出たときに、無意識に日差しを避けようとしますね。

この蒸し暑さの中で、バラが少し咲いています。

パパメイアン
e0288951_232133.jpg

レオナルドダビンチ
e0288951_23221573.jpg


e0288951_23223664.jpg

シャルトルーズドゥパルム
e0288951_2324556.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_23255485.jpg

レディーヒリンドン
e0288951_23275922.jpg

鬼百合・・・ではなくて山百合でした
e0288951_23344928.jpg

みな逞しいです。

高温多湿のこの場所で、虫にもめげずに、健気に咲いてくれます。


蝶々は毎日やってきます。

アオスジアゲハ、クロアゲハ、キアゲハなど毎日やってきますが、

ひっきりなしにやってくるのは、このアカタテハです。

ブッドレアにくっ付いています。
e0288951_2337164.jpg

キアゲハベビーたちも元気で育っていますよ~
e0288951_2341438.jpg

暑いけれど、庭に出て、元気をもらっています~


蝶々にクリックをお願いします


by gutsuri | 2016-07-05 07:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

長丁場になるかもしれない・・・

母が歩けなくなって3年半経ちました。

歩けなくなった99歳の頃は、母はまだしっかりとしていて、

毎日朝と夕方来て下さるヘルパーさんとの交流を楽しむ余裕がありました。

ベッドが全世界となり、その小さな世界に住んでいる母にとっては、

毎日、朝と夕方来て下さるヘルパーさんは、爽やかな風のような存在であり、

母は毎日、ヘルパーさんが来るのを楽しみに待っていましたからね。

そして、それを楽しむ気持ちが、身体全体を良い方向に引っ張っているような感じもしました。

プラスのスパイラルが働いていたように思います。

上手くいっていたとお世話をして下さった皆さんに感謝しています。

しかし、昨年102歳を迎えたころから、気力の衰えが見えるようになりました。

当然ですけどね・・・

たまにですが、ヘルパーさんに対する拒否があったり、

夕方は特に(4時半でしたから)寝ていたりして、

こちらのスケジュール通りに母に対応してもらうのは、難しく思えてきたのです。

いろいろ考えてですが、

毎日2回来ていただいていたヘルパーさんを今年になって大幅に減らしました。


高齢者のお世話をするには、施設、病院、在宅など、今は状況によって選択はいろいろできますね。

私は在宅で母を見ることを選びました。

在宅で高齢者の世話をするには、今は、介護保険という便利なものがありますから、

その助けをお借りして、利用できるものは利用させていただき、今に至っています。

母がこの歳まで健康でいられるのは、介護保険のおかげだと有難く思っています。

が、体力的な綻びが見えてきたり、気力の衰えが目に付くようになると、

やはり、家族の力が段々と必要とされてくるのではないか・・・

このような気がしてくるのです。

在宅ですからね・・・

母の様子を見ていると、

心不全の心配はあるものの、血圧は低めで安定していますし、

食欲は旺盛でいつも完食で、

元気がなくパワー不足でボーっとしているときもたまにはありますが、

元気な時にはパワフルで、テーブルをリズミカルに強く叩くのです。

「今日も元気に行くわよ~」

こんな感じです。


長丁場になるかもしれななあ~

ひょっとすると、母は、もっともっと長生きをするかもしれない・・・

そうだとすると、それは有難いことだし目出度いことでもあるけれど・・・

だったら、私たち家族にとって、

最も楽なやり方で、そして、私たちのスタイルで、母の世話をするのがいい・・・

私たちがのんびりと、そしてゆったりとした気持ちで世話をすると、

母もそれがいいに決まっている・・・

それが母に伝わり、いろいろな面でプラスにもなるだろう・・・

昨今はこのように感じています。


介護保険を利用して、たくさんのサービスを入れれば、それが一番楽なやり方だと、

以前はこのように思っていましたが、考え方が大分変わってきました。

母の状況が変化したこともありますが、それだけではなくて、

私たち家族はどのような世話をしたいのか、

どのようにするのが私たちにとって一番良い方法なのか、

今までは母を主体に考えていましたが、

私たちのことについても同じように考えることが、結局はベストな方法ではないのか・・・

このように考えています。

私たちは、のんびりと、そして、ゆったりと、やっていきたいのです。

長期戦にシフトしました・・・在宅で・・・


イングリッシュヘリティッジ
e0288951_21205686.jpg

シャルトルーズドゥパルム
e0288951_21211768.jpg

ピンクのブッドレア
e0288951_21213471.jpg


蝶々にクリックをお願いします





by gutsuri | 2016-07-03 07:00 | 介護 | Trackback | Comments(0)

ゆったり感をのんびりと味わう

ケアマネさんは月に一度、母の様子を見に来られます。

電話で日時を連絡してから来られます。

先週の土曜日がその日だったのですが、私はすっかり忘れていて、

ピンポンの音で、誰かしら・・・と外を見ると、ケアマネさんが立っています。

そうだった~、土曜日の午前10時、ケアマネさんが来る予定だった~、

母はまだ寝ている~、あら、大変~、

ケアマネさんにどうぞと声をかけ、母の部屋のカーテンを開けると、

母は機嫌よく目を覚ましました・・・良かった~

ケアマネさんのいるところで、母に入れ歯を入れると、

母はいつものように、「ありがとうございました」と私に言ったのです。

すると、ケアマネさんは「ちゃんとお礼を言われるのですね」と驚いた様子です。

「大分前から丁寧にお礼を言うようになって・・・ちょっと他人行儀な感じですね。

私のことを誰だと思っているのでしょう・・・」

ケアマネさんは母とあれこれ話をして、母が変わりないと安心した様子です。

無事に訪問終了しました。


今の母のスケジュールは、月曜日から金曜日まで予定が入っています。

月曜日は、ヘルパーさんとリハビリ。

火曜日は、リハビリと隔週で往診。

水曜日はヘルパーさんと午後訪問入浴。

木曜日は、リハビリ。

金曜日は、ヘルパーさん。

と、このように月曜日から金曜日までは母の予定が入っていますが、

土曜日と日曜日は、母の予定がないので、

こちらもつい、気が緩んでしまって、のんびりムードです。

ケアマネさんから電話をもらった時にすぐカレンダーに書き込んでいるのですが、

書き込んだ予定など忘れるほどののんびりムードなのです。

そういうわけで、土曜日や日曜日は、母ものんびりムードで朝寝をすることも・・・・

今のこののんびりムード、いい感じですね~

身体も心もリラックスしたゆったり感を、のんびりと味わっています。


昨年までのスケジュールを見直して、

今年からこの時間的に余裕のあるスケジュールに変更しました。

これだと、私たちもゆったりとした気持ちで、

日々落ち着いてスケジュールに対応できるようになりました。

私が自分でしなくてはならないことは、以前に比べると確かに増えましたが、

母もまた、少しずつが衰えが見えてきていますから、

のんびりと、そしてゆったりと、対応していきたいと考えています。


でも、予定を忘れてはダメですね。

気を付けましょう。

土日が自由というのは、気持ちが軽くなります。


レディーオブシャーロット
e0288951_003258.jpg



バラの花にクリックをお願いします
にほんブログ村 花・園芸ブログ ナチュラルガーデンへ




by gutsuri | 2016-07-02 07:00 | 介護 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri