<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

102歳の現実

現在102歳の母は、99歳のときに転んで歩けなくなり、

それ以後はベッドの中での生活です。

ベッドが全世界、この生活になって3年が経ちました。

有難いことに、母は健康面ではどこも悪いところはなく、お薬は何も飲んでいません。

ただ、心臓だけは幾分疲れ気味のようではありますが、

それも「まあ、百歳の心臓というのはこのようなものでしょう」

往診の先生はこのようにおっしゃいます。

母はベッドの中で元気いっぱいに過ごしてきました。

毎日、朝と夕方にヘルパーさんが来て、着替えとおむつ替えをして下さいます。

毎日、朝と夕方、顔を見せてくださるヘルパーさんを、母は心待ちにしていました。

外出できない代わりに、ヘルパーさんから、外の風を感じていたのかもしれません。

楽しそうなおしゃべりが聞こえていました。

また、一日に2回の着替えは(来ているものは全て着替えます)

良い運動になると思いました。

腕を伸ばしたり縮めたり、腰を浮かせたり、脚を曲げたり伸ばしたり・・・

そして、右を向いたり、左を向いたりして身体を動かことが、

ベッドの中で過ごす母にとって、良い刺激になると考えたのです。

それを楽しむ余裕が母にありました。
e0288951_2242295.jpg


昨年の秋から、ヘルパーさんに対する拒否が、度々見られるようになり、

冬になると、ヘルパーさんを笑顔で迎える日の方が少ないくらいになりました。

ヘルパーさんだけではなくて、リハビリや訪問入浴に対しても、拒否がありました。

そして12月クリスマスの頃、39度の熱を出したのです。

先生がすぐに往診に来て点滴をして下さったおかげで、母はすぐに回復しました。

尿路感染でした。

そのこともあっていろいろと思いを巡らせ、

「母が嫌がっていることは、基本的にやめるようにしよう」

こう決断しました。

それから一週間は、ヘルパーさんをお休みにして、私がやりました。

入浴は長いお休みにして、週に一度のリハビリだけは続けました。

3年ベッドの生活ですから、いろいろな心配がありますのでね。
e0288951_22422481.jpg


毎日朝9時と夕方4時半、ヘルパーさんが来られる時間なのですが、

この時間に母を起こしておくのが大変だったのですよ。

朝は時によっては、9時を過ぎても眠い日があったり・・・

夜、いつもの時間に眠っても、夜中に何かの折に目を覚まし、

夜中に独り言を言ったり、歌を歌ったりして、活動していることがあるのです。

昼食の後、母は昼寝をするのですが、

すぐに寝ないで雑誌をパラパラとめくっていて、寝る時間が遅くなったりすると、

4時半に起きるのが難しい時もあります・・・

私としては、母に好きなように過ごしてほしいという気持ちもあり、

一方、スケジュールがあるので、それに沿って行動してほしいという気持ちもあり、

両方を調整しながらやってきたのですけどね・・・

そして、母もそれに従って過ごすことが出来ていたのですけどね・・・

こちらのスケジュール通りにはいかないことが多くなりました。

何時に起きて、食事をして、それからこうしてああして、

次にはこの予定があるので、この時間には、起きていてね。

102歳にはこれが難しいのです。
e0288951_22532572.jpg


年が明けてからは、週に3回、朝だけヘルパーさんに来ていただいています。

あとは私がしています。

着替えは一日1回だけ・・・これでも母は大変そうです。

今までよくまあ・・・一日に2回も服を着替えていたものだわ・・・運動とはいえ・・・

今になって気が付きます・・・・

この生活になって、母は毎日笑顔です。

ご機嫌です。

だからというわけではありませんが、

4月からは、リハビリを週に3回に増やそうかなと思案中です・・・


早咲きのクレマチス、アップルアーマンディーがほころび始めました。
e0288951_22565745.jpg

ホワイトセージの葉の上で、ハナグモが何かを捕まえていました
e0288951_2303373.jpg


クリックをお願いします




by gutsuri | 2016-03-30 07:00 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

ブログランキングに参加しました

昨年の10月にブログを一旦終了し、そして、今年3月、ブログを再開しました。

ブログを再開して一週間が過ぎたところです。

もっとのんびりと構えても良いのですが、

以前のようにたくさんの方々にブログに来ていただきたいと思い、

ブログランキングに参加することにしました。

ブログ上では「心の風景」が出ていますが、

それに加えて、「昆虫」と「ナチュラルガーデン」の三つのジャンルに加わりました。
e0288951_2151986.jpg


百寿者との暮らしでもっとも気をつけていることは、

母の気持ちを考えることです。

私は、心の持ち方や感じ方で、健康が作られると考えています。

実質的な介護は、ビジネスライクの感がありますね。

そして、そのようなやり方の方が、適していることもあります。

その中で幾分でも、会話を通して、心のスクリーンに映しだされるもの・・・

それを大事にしたいと思っています。

母には歳相応のボケがありますが、

たとえボケてはいても、感じる心は健在ですから。
e0288951_2153395.jpg


ミツバチの数が減ったというだけで、世界中が大騒ぎをしました。

食糧難に陥るのだそうです。

私たちの生活は、複雑に周囲と絡まっています。

それこそバクテリアから動植物に至るまで・・・お月さまや太陽に至るまで・・・

互いが影響し合っていると言われています。

外に一歩出ると、アリンコが目につきます・・・コバエが飛んでいます・・・

土を掘り返すと、ミミズが出て来ます・・・

四季折々の虫たちがその季節を謳歌しています。

自称虫愛好家になって4年目・・・身近なところで虫を観察していますよ。

バッタを素手で触れないという・・・・まだ・・・ヘナチョコの虫愛好家です・・・
e0288951_2154182.jpg


無農薬、無肥料で、バラを育てています。

この小さな庭で、花づくりをしたり、虫を観察したり、風を感じたり・・・

花も咲きますが、虫もたくさんいます・・・花と虫が共存しています・・・

自然を感じることが出来る庭を楽しんでいます。
e0288951_2155486.jpg


ということで、心の風景、昆虫、ナチュラルガーデンに参加しました。

このブログに来て下さった折に、

「心の風景」をクリックしてくださると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。


これはカメムシだと思われます・・テントウムシに似ていてきれいですね・・・
e0288951_21555593.jpg

クリックをお願いします





by gutsuri | 2016-03-28 07:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

オオカマキリの卵とハラビロカマキリの卵

毎日カメラを持って、庭を見て回ります。

見回ると言っても小さな庭ですから、すぐに終わるのですよ。

今は、伸びてきたクレマチスのツルが変な方向に絡んでいないかをチェックしています。

庭でオオカマキリとハラビロカマキリの卵を見つけました。

コデマリの枝に付いているのが、ハラビロカマキリの卵です。コデマリはすぐに咲きそうですね。
e0288951_15411469.jpg

そして、こちらはオオカマキリの卵です。
e0288951_1544186.jpg

この夏も元気なカマキリ君たちが活躍してくれそうです。

ブログを始めた2012年からカメラで庭の虫を追っています。

これは2012年10月のオオカマキリです。これ以後、子々孫々この庭に棲んでいます。
e0288951_15502966.jpg

パパメイアンという赤バラの古枝に、クダマキモドキ(キリギリス科)と仲良く棲んでいたのですよ。

こちらがそのクダマキモドキです。カマキリに引けを取らないくらい大きくて立派でした。
e0288951_15532343.jpg

バラの枝に、カマキリのような肉食昆虫が棲んでいるのは、なかなかのグッドアイデアなのです。

四季咲きのバラは一年を通して咲きますから、夏でも花をつけるのです。

バラの花に引き寄せられて、たくさんの虫がやってきますから、

花の陰に潜んでいるカマキリは、簡単に獲物を捕まえることができるのです。

2012年から2014年の3年間は、この庭ではオオカマキリが主役で、

ハラビロカマキリを見ることはあまりありませんでした。

カマキリは縄張りを主張する昆虫ですから、

卵から生まれた200匹くらいのカマキリの赤ちゃんは、

共食いをし、勝ち残った数匹が、この庭の中でバラの枝を確保し棲んでいます。

ところが昨年は、庭には、ハラビロカマキリが君臨し、
(イモーションブルーという四季咲きのバラの枝を占領していました、お尻を上げて威嚇しています)
e0288951_21151461.jpg

オオカマキリはたまにあちらこちらで姿を見るだけ・・・

いつもの年とは様子が違っていたのです。

庭にはキリギリスも棲んでいるのですよ。

春にはたくさんのキリギリスの赤ちゃんが飛び跳ねていました。
e0288951_2128129.jpg

が、夏にはキリギリスを見ることはなかったですね・・・昨年の話です・・・

クダマキモドキとキリギリスは、人懐っこいので、写真のモデルをしっかりと務めてくれます。

人が近づいても驚かないでじっとポーズをとってくれますが、

オオカマキリは人が近づくと逃げてしまいます。


さあ、今年はここを舞台にして、どのようなことが起きるのでしょう・・・

虫たちはどのようなドラマを展開してくれるのでしょう・・・

いずれにしても、カマキリが登場するのは・・・

そう、カマキリの赤ちゃんが卵から孵るのは5月末ごろです。

キリギリスの赤ちゃんはいつも3月末には顔を見せてくれるのですが、

今年はどうなのでしょう・・・

クモは元気に活動していましたよ。

アジサイの葉に、ハナグモがいました。
e0288951_2144396.jpg

クリックをお願いします




by gutsuri | 2016-03-26 12:00 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

ダーウィンの土手

3月20日の春分の日に、汐留ミュージアムに出かけました。

誘われて出かけたのですが、久しぶりの外出は気持ちの良いものでした。

キュー王立植物園所蔵のボタニカルアート、イングリッシュガーデンの花々・・・

精密な植物画がたくさん展示されていました。

実物の植物よりも、植物画の方がその植物の特徴をとらえていて、

描き手の植物に対する愛情が、会場いっぱいに溢れれているようでした。

大航海時代以来、イギリスでは植物研究と庭づくりは文化として発展し、

世界各国からもたらされた植物は、ボタニカルアート(植物画)として鑑賞されるようになったそうです。

会場の繊細に描かれたたくさんの美しい花々の絵が並んでいる中で、

私の目を引いたのは、「ダーウィンの土手」でした。
e0288951_11211169.jpg

イングリッシュガーデンと思われるところに、たくさんの虫たちが棲んでいます。

ネズミもいますね。

明らかに草食昆虫(害虫)とみられる虫が数匹潜んでいますよ。

「ダーウィンの土手」の絵の説明です。
植物や動物などの種の間に見られる複雑な相互作用。
植物、動物、昆虫などの多様性。
ダーウィンの土手とは錯綜した土手(tangled bank)

「ダーウィンの土手」はジョアンナ・ラングホーンが描いた最近の絵です。

イングリッシュガーデンという言葉が持つ優しい響きは、

この絵が良く表しているように

花だけを愛でるのではなくて、生き物すべてへの賛歌からくるものですよね。

生き物はみんな繋がっているのですから・・・

我が家の小さな庭を思い浮かべながら、

そして、そこに棲んでいるたくさんの虫たちを思い浮かべながら、

しばし、「ダーウィンの土手」に見入ってしまいました。

帰りに「ダーウィンの土手」のポストカードを買いました。


さて、今日は満月(天秤座)です。

ぼんやりとですが、満月の一部が欠ける半影月食が見られるのだとか・・・

昨夜もお月さまはきれいでしたが、その近くに一際明るい星が燦然と輝いていました。

木星です。

今のこの時期、木星は一晩中夜空に輝いています。

木星は大吉星・・・そう思って眺めています・・・


季節は廻り、ようやく暖かくなってきて春本番ですね。
e0288951_1722669.jpg

1月2月は、母が元気がなくて、やはり母も歳には勝てないのかしら・・・と

心配していました。

母があらぬ方を向いてぼんやりしている様子はそれまで見たことがありませんでした。
e0288951_173087.jpg

何もせずボーっとしている母に、「新しい雑誌があるのよ~」と声をかけると、

その時には雑誌を見るのですが、以前の目の輝きはありません。

雑誌を手にしてそのままボーっとしています・・・
e0288951_1732786.jpg

でも、3月に入ると、以前の元気が戻ってきました。

ベッドの中での読書もいつも通りです。

春の甲子園の野球の試合をテレビで観ては、手をたたいて応援しています。

その様子を見たリハビリの先生に

「野球がお好きなんですか?」と聞かれて、

「母は野球のことは何も知らないですよ。

でも、誰かが一生懸命に身体を動かして頑張っている姿を見ると、応援したくなるようです。

投げて、打って、走ってですからね。

マラソン、テニス、サッカー、大相撲と、テレビでのスポーツ観戦を楽しんでいますよ。」
e0288951_1735746.jpg

母が以前の状態に戻ってきました。

嬉しいですね~

このまま認知症が進むかもしれない・・・

あれこれ考えて、2月は家で沈没していました・・・母も私も・・・

今日は暖かです。

桜もすぐに見ごろになりますね。

バラの芽が勢いづいてきました。

春って、やはり、何かありますよね。

ヒヤシンスとクリスマスローズが今を盛りと咲いています。

ヒヤシンスにミツバチがいます。

ミツバチがここにもいました。
e0288951_17133834.jpg

クリックをお願いします




by gutsuri | 2016-03-23 19:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ブログを再開します

今日は3月20日の春分の日です。

昼と夜の時間の長さが同じで、

太陽は真東から出て、真西に沈みます。

寒さ暑さも彼岸まで・・・の言葉通り、辺り一面、春に覆われていますよ。

嬉しいですね。

身体も良く動きますし、フットワークも軽やかです・・・

占星術では、この日の天空図で、これからの一年を予想しますから、

3月20日は、宇宙レベルでのお正月とも言われています。

カレンダー上の1月1日、立春の2月3日、そして自分の誕生日と

一年に3回のお正月を迎えていますが、

春分の日もありましたから、なんと一年に4回のお正月です~

3月20日は、宇宙レベルでの新しいスタートですから、

今日はお日さまやお星さまを見上げて、新しい気持ちで過ごそうと思います。

e0288951_186595.jpg

春分の日に合わせて、ブログを再開します。

ブログの更新は、ゆるいものになります。

以前はほぼ毎日ブログの更新をしていましたが、

5か月のブログお休みの間に、やはり、母に少しばかり変化が見られ、

幾分か手が掛かるようになりました。

注意深い観察が必要になりましたので、

週に1~2回位のブログ更新予定です。


魚が海の中に棲んでいるように、

私たちは、周波数の大海の中に住んでいると言われています。

私たちの周囲には、目に見えないたくさんのものが張り巡らされているらしいですね。

それこそクモの巣のように、いえ、空気全部がいろいろなものを含んでいるそうです。

ラジオやテレビの電波だけではなくて、ありとあらゆるもの、

まだ何かよくわかっていないものも含めて、

空気中には、たくさんのものがあるそうです。

そういわれてみて、

ブログを更新することで、目に見えない何かを発信していて、

そのことが、意外にも、母の健康にプラスに作用していたのではないか・・・

引き寄せの法則は、発する周波数と同じ周波数のものを呼び込むそうですから、

やはり、何かを発することは活動であり、

多少とも、見えないレベルで影響力があるのではないかと感じました。

見えないレベル・・・といえば、

仏教経典の、「色即是空、空即是色」を思い浮かべます。

見えない世界が大事だと説いています。

e0288951_189556.jpg

そして、ブログ名を変えました。

よい題が思い浮かばなくて、ひとまず、「百寿者と一緒の暮らし」に落ち着きました。

百寿者と一緒に生活していると、

生きるとは何だろう・・・という思いから、

生きるとは何とシンプルなんだろう・・・このように思えてきます。

生命の逞しさを日々感じています。


百歳以上の高齢者を百寿者と呼び、

105歳以上の高齢者を超百寿者と呼ぶそうです。

国内の百寿者は昨年で6万人を超えました。

文字通りの高齢化社会ですね。

e0288951_18123012.jpg


無農薬、無肥料でバラを育てています。

「虫と一緒にバラ育て」をしています。

バラの花はバラらしく、のんびりと咲いてくれますよ。

本当に小さな庭ですが、

この庭が持つ生命力は、庭に棲んでいるたくさんの虫たちのおかげで、

生命が漲っている生命力の宝庫ではないかしら・・・などと思いながら、

米ぬかで作った発酵乳酸菌液を、ドボドボとバラの根元に撒いています。

窓から外を眺める母も、目に入る花からパワーをもらっています。

目からだけではなくて、庭が持つパワーを身体全体で受け止めていることでしょう。

2月にナナホシテントウムシ
e0288951_18244156.jpg



引き寄せの法則は難しいですね。このビデオはその難しさをシンプルに説明しています。
引き寄せているのではなくて、自らが創造している・・・と語っています。



コメント欄はしばらく閉じます。
by gutsuri | 2016-03-20 07:00 | その他 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri