<   2015年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

期待通りではなくて、歳相応で・・

暑い日が続いていますね。

朝起きるときに、身体がだるく感じ、掛け声とともに起き上がっていますよ。

昨日から豆乳ヨーグルトは順調に出来ています。
e0288951_18444599.jpg
いつもと同じで、トロンとした感触がのど越しよく、美味しく食べています。

温蔵庫の底に敷いているタオルを、かなり厚くしました・・・

まだ、シャポンシャポンの出来上がっていない豆乳ヨーグルトを朝、温蔵庫から出して、

冷蔵庫に入れています。

すると、1~2時間で、ちょうど良いくらいに固まっています。

季節によって、少し調節が必要なのでしたよ。

忘れていますね~ 

一年はあっという間とか言いながら・・・

そして、扶美さんの排泄がないことを心配しましたが、

昨日今日と続けて、溜まっていたものをすべて身体から出したようです。

身体はしっかりと動いていると安心しました。


私が期待しているように、私の思っているように、

扶美さんの身体が反応してくれるわけではありません。

扶美さんの身体が、働きやすいように、歳相応に動いているのでした・・・

わかっているつもりでしたが、つい忘れてしまいますね~ 

ホント、空回りしている日々です。


午後、洗濯物を取り込もうと庭に出ると(パセリとスープセロリのところです)

キアゲハが飛んでいて、しばらく庭にいましたよ。

私は洗濯かごを持って、キアゲハを目で追いました。

キアゲハはお隣のアジサイまで飛んで行って、そこにとまっていました。

カメラを取りに行こうか迷いましたが、そのまま見ていました・・・

ひょっとしたら、あの幼虫たちの一つかもしれないなあ~

などと思いながら見ていると、嬉しくなりましたよ~

本当にそうなのかどうか、わかりませんけどね。

時期的には、ちょうどピッタリなのです・・・

ハートがホンワカと温かくなったりして・・・洗濯物を取り込みました。

強い日差しで、草木は水を欲しがっているようです。


今一輪咲いているローゼンドルフシュパリスホープ
e0288951_19204840.jpg

薄いパープルのブッドレア
e0288951_19211941.jpg
濃い青のメドーセージ ミツバチやクマンバチがいつも飛んでいます
e0288951_19215472.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-31 19:26 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

エアコンのおかげで長寿です

私は冷え症なので、夏の暑さはそれほど苦になりません。

じわ~っとにじみ出てくる汗を感じていると、

身体が働いている~という感覚を味わえて、安心したりしますよ。

その代り、冬は冷えて大変ですけどね・・・

夏の29度や30度の室温は、ちょうどいい感じで、気持ちよく過ごせます。

ただ、扶美さんの部屋は、25度くらい(除湿30度でこれくらいになります)ですから、

半袖のTシャツで長くいると私は冷えてきます。

足先、指先が冷たくなってきて、そのうち腕が寒くなりますから、

長居は無用・・・なのです・・・

扶美さんの部屋の傍で、でもエアコンの風が当たらないところで、

本を読んだり、猛暑になってからはここでブログを書くこともありますね~

身支度を整えてですよ・・・長袖を羽織って・・・


涼しい部屋にいる扶美さんは、外が猛暑だということを忘れています。

「外はね、暑いのよ~ 洗濯物を干すだけで汗が出てくるのよ」

などと話すと、「え!そうなの?」と驚いています。

扶美さんは、高齢で心臓には気を付けなくてはいけないので、

心臓に負担がかからないように、

暑いよりは涼しいほうが良いと聞きましたから(扶美さんの心臓にはですが・・)

室温を度々見てチェックしています。

25度を上がらないようにしています。

エアコンがあってこその扶美さんの長寿です。

エアコンなしで、この夏の暑さに耐えることのできる体力を、

扶美さんが持ち合わせているとは思えません。


涼しい部屋で、首まで肌布団をかけて気持ち良さそうにお昼寝している姿を見ると、

エアコンの有難さが良くわかりますよ。

今年になってからは、扶美さんの健康状態はとても良いのです。

聴診器から聴こえてくる心臓の音は、以前よりもしっかりとしているそうです。

雑音なども少ないのでしょう。

健康で調子の良い扶美さんなので、

ここらで一度、血液検査をして見ましょうかと言う先生の提案を受けて、

来月、それを行うことにしました。

体調が良くて健康な扶美さんを、血液検査が後押ししてくれるでしょうか・・・

それとも、気合と気力だけで、健康を勝ち取っているのでしょうか・・・

詳しい検査結果が出るそうなので、楽しみでもあります。


イングリッシュヘリティッジが幾つか咲いていました。

このバラはよく咲きますからね。

後で撮ろうと思っていると忘れたり、気が付けば散っていたり・・・

今は3種類のブッドレアが庭を彩ってくれています。

次から次に咲いてくれます。途切れることがありません。

濃い赤紫、薄いパープル、ピンクの3種類です。

水やりもそろそろ必要ですね・・・



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ









by gutsuri | 2015-07-30 18:55 | 健康 | Trackback | Comments(0)

私はもっと若い・・・

今日火曜日の午後はリハビリがあります。

リハビリの先生が来られて、扶美さんとお話ししている声が聞こえてきました。

「お誕生日おめでとうございます。102歳になりましたね。」

扶美さんの返事が聞こえてきません。

扶美さんに聞こえていないと思ったのか、

リハビリの先生はもっと大きな声で、同じことを言っています。

その後のことは、先生が帰られる時に、どのようなようすだったかをお聞きしました。

「私は102歳ではないです。そんなに歳は取っていません。」

扶美さんはこう言ったそうですよ。

リハビリの先生は、長寿を誉めようとしておっしゃったと思いますけどね。

ちょっと驚いていました・・・


7月23日の誕生日の日に、私は、扶美さんに聞きました。

「扶美さん、今日が誕生日だけど、何歳になったの?」

昨年は、たしか「88歳か89歳になったと思う」と扶美さんが言っていましたから、

今年はそれに一歳プラスすると、90歳くらい・・・

そのような答えを期待して聞いてみたのです。

すると 

「何歳になったか、わからないね~ そんなこといちいち数えていないからね~」

と、歳のことなぞ、あまり興味はないと言わんばかりの口調でしたよ。

誕生日はたしかにお目出度いことですけどね。

何歳になったかなどは、問題ではない・・・

扶美さんにとっては、年齢などどうでもいいのです。

いまのところ健康で、身体のどこが悪いということもなく、

美味しくご飯が食べれて、自分の好きなように時間を過ごしています。

歩けないことを忘れています。

まあ、それ以外は健康なのですけど・・・

扶美さんは気持ちが若い!

これも凄いことだと思いますから、それはそれで立派だと思っています。

なかなか真似は出来ません。


心の深いところから、そのように信じることは、

何かしらの信念が必要になります。

心が若いと言っているのですから、身体はそれに従っているのです。

身体は健康そのものです。

扶美さんは、自分で自分を健康にしています。

自分で健康を維持していますね。

扶美さんの誕生日の日に、私が撮った写真に、家族が、

「102歳のお誕生日おめでとう」という文字を入れて大きくプリントアウトしました。

A4の大きな写真だったのですよ。

扶美さんはその写真を見て「これは私ではない」と言いました。

どうも102歳が気にいらなかったようです・・・

扶美さん、いつまでも若くね~

その調子で、健康で長生きしてくださいね~


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-28 18:34 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

老年的超越

80歳代の方の介護と百歳の人の介護を比べた場合、

百歳の人の介護のほうが疲労が少ない場合が多いという専門家の記事がありました。

初めは、ちょっと信じられない気がしましたが、

読んでいるうちになるほどと思ってきました。

百寿者の方の反応が、介護する人にとっては、達成感があるのだそうです。

いろいろな統計があるのですね。

介護疲労の度合いを調べて、

サクセスフルエイジング(幸せな歳の取り方)にちなんで

サクセスフルケアと呼んでいるそうです・・・


別の興味深い記事もありましたよ。

百寿者の心を特集したテレビ番組で(NHK)

百歳を超えるお年寄りの心を調査したそうです。

すると、百寿者の方は、生活環境がどのようであれ、

ほとんどの百寿者が、幸福感に包まれて暮らしていたのだそうです。

これは「老年的超越」と呼ばれる現象だそうですよ。

お年寄りたちは、すでに亡くなった身近な人などの
「見えない存在」たちとのつながりを感じ、毎日が
キラキラとして、感謝の気持ちに包まれているそうです。

これなど、まさに、扶美さんにぴったりと当てはまります・・・

驚きました・・・

「見えない存在」たちと交信をしたり、また、何事にも感謝の人ですからね。


社会とのかかわり合いの中で、

仕事や子育て、はたまた人間関係の中で、

何かしらの、生きにくさ、のようなものを感じながら生きて来たとしても、

それが、歳をとるにつれて、いや、百歳になるとでしたね・・・

幸せ感で満たされてくる・・・と言うのですからね・・・

多くの百寿者がこのように話していると言うのです。

百歳まで生きると、苦しみとは無縁の幸福感を味わえる・・・

何とも、面白いお話でした・・・


私から見て、扶美さんがちょっとおかしいな・・と感じることが時々あるのです。

いろいろなサイトを見ていると、

百歳を生きていると、それはあたりまえのこと、

ちょっとくらい変でも、ちょっとくらいおかしくても、それでいいのだ~

このように感じられるサイトが幾つか見つかり、安心しました。


「百歳まで元気に生きよう」というものはたくさんあるのですけどね、

百歳からはこうなのだ・・・というものは、今まではあまり見つけられませんでした。

でも、人と比べることなく、扶美さんは扶美さんでいいと思っています。

平均や標準ででなくてもいいのです。

人はそれぞれユニークな存在ですからね。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-27 19:33 | 長寿 | Trackback | Comments(2)

図書館で「おいくらですか」

「暮らしの手帖」は隔月発行の雑誌です。

扶美さんお気に入りの雑誌の一つですから、ネットで注文しています。

隔月ですから、つい、忘れてしまうのですよね・・・

8月9月号がすでに発売されていました。


以前は定期的に、図書館に行って、

見て楽しめる本、評判になっている本、手芸の雑誌、きれいな写真集など、

扶美さんが楽しめそうな雑誌や本などを、まとめて借りていました。

そばにいる私もページをめくってしまう・・・素敵な本はたくさんあります・・・


4年くらい前から図書館には行かなくなりました。

扶美さんが本に、鉛筆で書き込みをするのに気が付いたのです。

基本的には、扶美さんに、あれこれ注意したくないと思っています。

自分で考えて、やりたいと思うことは、やって欲しいと考えていましたし、

何か理由ががあって、それをしているのですから、

注意したところで、きっとすぐに忘れるでしょう・・・

環境を整えるのが一番だと思いましたから、

それを機に、本を借りるのは止めました。

今も、時々本に書き込みをしていますよ~

器用な人なので、写真や絵を、ちぎり絵のようにきれいに手でちぎり取ることもあります。

何をしてもOKです。

何でもしてください~

これは扶美さんの本ですからね~


扶美さんと図書館に行って面白かったことがあります。

カウンターで本を借りるときに、「おいくらですか?」と聞いたのですよ。

どうも、昔の貸本屋?だと思ったようです・・・

カウンターの人は???でした。


今朝も5時起きで庭仕事をしました。

気持ちが良かったですね。

早朝の空気は美味しいです。

でも、蚊がたくさんいました。

ネット付きの帽子を被りました~

時々の庭仕事では、草の勢いに負けてしまいます。

虫たちは早起きですね。

蝶々が舞い、トンボがやってきて、小さなキリギリスが現れて、ミカドフキバッタもいて、

生命の宝庫・・・

元気がもらえます。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ








by gutsuri | 2015-07-26 19:07 | 百寿者 | Trackback | Comments(2)

ブルームーンを見ると幸せになれる?

7月は、2日が満月でした。

7月は31日にもう一度満月があるのです。

同じ月に2回の満月がある場合、2度目の満月を「ブルームーン」と呼んでいます。

別に月が青色に輝くことはありませんが、

一か月の中に2度の満月があるのは、珍しいということで、

2度目の月を「ブルームーン」と呼んでいます。

珍しいこと・・・

めったに起こらないこと・・・

そこから、めったに起こらない幸運なこと・・・となり、

見れば幸せになれる・・・となりました・・・

俗に言われていることですけどね・・・

見れば幸せになれるのなら、

ちょこっとでも空を見上げて、お月さまを眺めるのも良いものですよね。

満月は、夕方7時ごろから明け方5時くらいまで、

夜空に明るく燦然と輝いていますから、

お月さまを探すまでもなく、

夜空を見上げれば、いやでも目に入ってきます。

ブルームーン・・・

ひと時の気分転換・・・癒しの時間かもしれません・・・

7月2日は、梅雨真っ只中でした。


今年は本当に梅雨らしい梅雨で、雨がよく降りました。

梅雨明けと共にお日さまの光を浴びて、緑がグングン伸びていますね。

草木の伸びる勢いが半端ではありません。

いつもの年に比べて、ものすごい勢いで伸びているように感じるのは、

気のせいでしょうか・・・

大量に降った雨を地面が吸い込んで、

その大量の水分を、草木が吸い上げて空気中に戻している・・・

湿っぽいから、蒸し暑い・・・

改めて言うまでもなく、夏は蒸し暑いもの・・・

でも・・・私はサウナが大好きですから、

蒸し暑さなどヘッチャラなのです~



モナリザの微笑み
e0288951_17522625.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-25 18:55 | ブルームーン | Trackback | Comments(0)

夢も認知症も同じ・・・変幻自在です・・・

扶美さんの新しい一年がスタートしました。

扶美さんのカレンダーでは、新年を迎えています。

ついこの間、101歳の誕生日を迎えたように思います。

一年が経つのが早いですね。

こんなに速く日々が過ぎ去って行っていいのでしょうか・・・

怖いくらいですよね。

102歳の扶美さんには、兄弟姉妹はもういません。

同年代の友人もいません。

でも、会いたい人には、時々会っているようですよ。

意思の力って、パワフルですね。

考える力って凄いですね。


そういえば、「願えば叶えられる」とエイブラハムが言っていました・・・

それには、波動を整えなくてはなりませんが、

高齢者は自然に波動を整えられるのかもしれませんね。

それだけ純粋なのだと思います。


高齢者が、ちょっと変なことを言ったからって、

ついあり得ないことを話したからって、

それは、ボケとか認知症などとあまり関係ないのではないか・・・などと

最近、そのように思うことがあるのですよ。


私たちは、夜寝ているときに、夢を見ることがありますよね。

夢って本当に荒唐無稽であり、理屈など通用しない世界ですよね。

私たちが住んでいるこの三次元の物質世界では有り得ないことばかりが、

夢の中では起きます。

不思議な世界ですね~

夢は一種の体外離脱だといわれていますよね。

身体から飛び出した魂が遊びに出かけるのだそうですよ。

魂ですから、どこにでも出かけることが出来ます。

別に三次元に限らずとも、宇宙のどこにでも・・・変幻自在に・・・


ただ、私達にはまだ分別というものが残っていますから、

夢をそのまま、自分の体験のように人に話すことは、あまりしません。

この現実の世界の制限に、強く縛り付けられていますから・・・

それを常識と呼ぶこともありますけど・・・

その常識に凝り固まっていた扶美さんが、

自由に羽ばたくのを見るのは、面白いものですよ。

どこまで羽ばたくことができるのか・・・見ものですね・・・

この新しい一年も、面白い発見がたくさんありそうです~



イングリッシュヘリティッジ
e0288951_1964297.jpg

レオナルドダヴィンチ
e0288951_197512.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-24 19:11 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

102歳になりました

102歳になりました。
e0288951_16111636.jpg

          (1~2日ほど、扶美さんの写真を貼り付けておきますね)

毎日、明るく、元気に、楽しく、ベッドの中で過ごしています。

有難いことに、毎日美味しくご飯を食べることができます。

おかげさまです。

お世話をしてくださる方々に、感謝しています。

ヘルパーさん、リハビリの先生、訪問入浴のスタッフの方々、ケアマネさん、

そして、往診に来て下さる先生など、

皆さんがチームになってお世話してくださいますから、

安心して過ごすことが出来ます。

99歳で転んで歩けなくなりました。

でも退屈している暇はありません。

本や雑誌が積み重ねてありますからね。

それに目を通すのが大変なんですよ。

忙しいのです~

それから、お昼寝もいいですね~

夢の中では、どこにでも行くことが出来ますからね。

夢の中では、制限は一切ありません。

行きたいところに行きたいだけ、瞬時に行けますからね。

歩けないことなど忘れてしまいます。

そして、何を考えるかは、自由ですからね。

きっと、皆さん、考えていることはそれぞれ異なると思いますが、

平和の大切さだけは、皆さん、同じですよね。

今の平和な世の中に感謝です~

どういうわけか、このところ体調が良くて驚いています。

身体が元気に動いています。

これも皆様のおかげです。

有難いですね。

嬉しいですね。

心から感謝しています。

この調子で、暮らしていきますね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-07-23 19:04 | 百寿者 | Trackback | Comments(8)

葉山の花火

昨日は、葉山花火の日でしたから、

孫たちと一緒に、花火を見に出かけました。

私が時々海を見に行く場所です。
e0288951_17315451.jpg

森戸や一色の浜の方が、花火が大きく見え、臨場感や迫力があるのですが、

この場所は、何分にも空いていて、砂浜に寝転がって見ることが出来ます。

昨日は、土手の草むらに敷物をしいて見ましたよ。
e0288951_17374876.jpg

午後7時半ごろ、金星と木星が見えますね・・・
e0288951_1738594.jpg

金星は、富士山の左上、

木星は富士山の頂上のずっと上辺りに、埃の点のように薄く見えています。

昨日は風が強くて、強風が吹きつけていて、砂を巻き上げて、

風と一緒に砂が飛んで来て、顔に強く当たるのですよ。

仕方がないので、ず~っと薄眼で花火を見ていました。

カメラを構えるものの、砂の攻撃に耐えきれずカメラをバッグにしまいました。

初めの数分だけ、花火にシャッターを切りました。
e0288951_186406.jpg


e0288951_1881488.jpg


e0288951_189981.jpg


e0288951_1893896.jpg

風の吹きさらしで、寒いと感じるくらいでした。


孫たちはお泊りして、今日帰りましたが、

帰るときの挨拶で、握手をした時に、

扶美さんは、ひ孫の手を握って振り・・・しばらく振り続けていました。

なかなか離しませんでした~

子供の元気なパワーを手から手へ・・・

たくさん充電できたでしょうね~



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-22 19:20 | 葉山花火 | Trackback | Comments(2)

百歳以上は百寿者、百五歳以上は超百寿者

100歳以上の高齢者を、百寿者と呼ぶそうです。

そして、105歳以上の高齢者を、超百寿者と呼んでいるそうですよ。

今日は、超百寿者についてです。

夫の妹が東京に住んでいて、

そのお隣さんに明治42年生まれのおばあちゃんがいらっしゃいます。

90代後半まで一人で都心に出かけ、

観劇、歌舞伎、コンサートなどを楽しむ元気な方だったそうです。

よくお話しをする方だったそうですが、

百歳を過ぎるころから、デイサービスに出かけるときに顔を合わせても、

反応がなくなってしまったと聞いています。

それでも、週に1~2回は車椅子でデイサービスに行っているそうですから、

元気に過ごしていらっしゃるようですね。

今年、106歳ですよ・・・

もう一方の超百寿者は・・・

知人のお兄様が九州に住んでいて、奥様のお母様が明治42年生まれで、

一緒に住んでいるそうです。

元気な明るい方で、健康そのもの・・・

楽しく毎日を過ごしているそうです。

家族は、その長寿に驚いているそうです・・・

まあ、どうしてこんなに元気なの?

いつまでも明るくいられるの?

今年、106歳になりますね・・・

共に在宅で暮らしている超百寿者です。

誕生日が来れば102歳になる扶美さん、今日はとても元気です。

午前中に、月に一度のケアマネさんの訪問があり、笑顔で応じていましたよ。

「ありがとうございます。」

「お気をつけてお帰り下さい。」

などなど、思いつく言葉を並べていました。

昨日、眠りこけていたので、心配になりましたけど、

今日は元気いっぱいで安心しました。

午後の往診もいつも通り、先生と笑いながらの会話でしたよ~

お肌のつやが良いですねと褒められても、

良く聞こえなかったらしく、平然としていましたけどね。

雲一つない青空が広がっていますよ。

夏ですね~

海日和ですね~



レモンバーベナを収穫しました。冷たいお水に入れるとレモンの香りが移ります。
e0288951_1517513.jpg
爽やかで水が美味しくなります。



スープセロリのキアゲハの幼虫。
e0288951_15195670.jpg
小さいうちは、鳥の糞の擬態だそうですが、なるほど・・・ですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-07-21 19:00 | 長寿 | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri