<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

健康は小さな積み重ねから・・・

今は世を挙げての健康ブームです。

我が家もご多分に漏れず、そのブームに乗っています。

自分たちの健康に関してもですが、

高齢者がいますから、切実さを感じながらのチャレンジです。

日々の小さな積み重ねが大切だと信じていますから、

続けることが出来るような簡単なことばかりです。

扶美さんは健康そのもので元気いっぱい。

おかげで助かっています。

お薬を何も飲まず、今の体調を維持していますから、元々丈夫な性質なのでしょう。

寝る前のひと時のルーティーンに、春からマッサージを加えました。

オイルをつけて、お腹や背中を少し摩るだけですが、喜びますね~

喜ぶということは、健康増進していますから、

身体と心のプラスのスパイラルと思っています。

そして、皮膚のチェックも出来ますし、一石二鳥どころか三鳥ですね。


バラに乳酸菌を撒いたのは4月ですから、そろそろ撒く時期なのですが、

今は蚊が本当に多くて、覚悟が要ります。

バラのために乳酸菌を庭に撒きはじめたのですが、

その効用はバラだけではなくて、

私たちみんなが、乳酸菌の恩恵に与っていると感じています。

空気が気持ち良いのです。

バラも虫も私たもみんな元気です。

と、ここまで書いて、

どういうわけかわかりませんが、キーボードの様子がおかしくて、

文字の打ち込みが非常にやりにくいです・・・

いつもと同じように打てません・・・

ということで、中途半端ですが、今日はこれにて・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ








by gutsuri | 2015-06-30 19:44 | 健康 | Trackback | Comments(0)

スピリチュアルへの扉

「悪とは、悪いことばかりではありません」というアリスの言葉。

我が子とホロコーストで生き延びたアリスの言葉です。

想像を絶するほどの過酷な状況の中で生き延びたアリスの言葉だからこそ、

その言葉の持つ意味は深いことでしょう。

youtubeでは、いろいろな質問を受けてバシャールやエイブラハムが答えますが、

同じような質問が何度も出てくるのに気が付きますよね。

私はスピリチュアルなのに夫がスピリチュアルではないから困っているとか・・・

スピリチュアルになろうと努力しているのに、仕事や友人関係でストレスを受け

スピリチュアルへの気持ちが砕けてしまうとか・・・

このような質問が目につきます。

周囲に困っています~

環境が良くないのです~

私は悪くありません~ 

私は努力しているのです~

バシャールはいつも丁寧に教えてくれますね。

それを聴くたびに、なるほど、そういうことなのねと納得するのですが、

私はすぐに右から左です・・・忘れてしまいます・・・

この「悪とは、悪いことばかりではありません」というアリスの言葉を聞いて

エックハルトトールを思い出しました。

「苦しいことや困難な出来事は、チャンスなのだ」と彼は言っていますが、

これが理解できるまでには、時間がかかるかもしれませんね。

生まれてからずっと私たちはスピリチュアルの旅をしています。

歩いている道は、人それぞれ。

山道もあれば川沿いの道もあり、

険しい岩の道もあれば草原を通ることもあるでしょう。

そして、カバンに入っているものも人それぞれですよね。

一緒に歩いている人も違います。

別れもあれば新しい出会いもあることでしょう。

障害もちゃんと用意してあり、

その障害によって初めて気づくことがたくさんあります。

ゲームみたい・・・そう思うことがあるのです。

ゲームなら楽しもうかしら・・・と覚悟を決めて・・・

アリスの障害に比べれば、

私の周囲には障害と呼べるものは見当たりません・・・

ホロコーストに比べれば、ほとんどの障害は可愛く思えることでしょう・・・


暑くなってきて、虫が増えました。

クモたちも頑張っていますが、私も助っ人しましょうかね。

蕾がかじられてきれいに咲きません。

ハナグモが害虫を食べようとしています。
e0288951_19292642.jpg


e0288951_19295766.jpg


e0288951_1930943.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-29 19:31 | 弾くことは生きること、109歳 | Trackback | Comments(0)

アリス ホロコーストを生き延びた109歳のピアニスト 

スムージーの材料がなくなり、昨日、夜になって買い物に行きました。

果物や野菜を買って来て、それを冷蔵庫に仕舞いながら、

お茶でも飲みましょうと、台所のテレビを何気なくつけました。

ヒストリーチャンネルが何か戦争の映像を流していて、

暗いものは見たくないので、チャンネルを変えようとしたところ、

画面が変わり、老婦人が話し始めると、

それにくぎ付け・・・・になりました・・・

映画「弾くことは生きること ホロコーストを生き延びた109歳のピアニスト」

原題「Lady In Number 6」


撮影当時109歳のアリス・ヘルツ=ゾマーは、世界最年長のピアニスト
かつホロコースト生存者である。
この希望に満ちたオスカー受賞作品は、彼女の100年に及ぶ歴史を刻んだ
感動的な物語であり、人間の魂の強さを伝える。
本作では、アリス・ヘルツ=ゾマーが音楽への愛と決して打ち砕かれない
前向きな姿勢で、いかにして第二次世界大戦とホロコーストという歴史上
もっとも暗い時代を生き抜いたかを描く。
貴重なアーカイブ映像や写真、アリスとその友人たちの興味深いインタビューを
交えて、生存者である彼らにとって、いかに希望と音楽がもっとも恐ろしい時間を
生き抜く手助けになったかが痛烈に語られる。


正確ではないかもしれませんが、映画の中で語られたアリスの言葉です。

「悪とは、悪いことばかりではありません。」

「子供は母親と一緒であれば、どのような困難も越えられます。」

「状況はどうであろうとも、頭の中はいつも音楽に満たされていました。
音楽は神です。」

アリスが語る言葉はすべて素晴らしいものでした。

ネットでチェックすると再放送があります。

6月29日月曜日19:00からヒストリーチャンネルで放映されます。

映画と言っても正味45分の短いものです。

初めの数分を見逃しているので、明日を楽しみにしていますよ。

果物や野菜を仕舞うのも忘れ、半分は出したまま、

お茶を飲むのも忘れ、テレビの画面に吸いつけられましたよ。

ヒストリーチャンネルは、こちらでは650チャンネルです・・・

アンブリッジローズ
e0288951_19124249.jpg




クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体

by gutsuri | 2015-06-28 19:55 | 弾くことは生きること、109歳 | Trackback | Comments(0)

扶美さんが映っているわ~

昨日26日の特報首都圏(NHK)に扶美さんが出ました。

往診の先生とにこやかに話をしているところが映っていましたよ。

ベッドには、スーパーのチラシが広げてあり、いつもの通りです。

扶美さんは、表情豊かに会話が出来ていて、

先生に感謝の言葉を述べている様子もいつものまま・・・

テレビって、その人の特徴を瞬時に捉え、表現するものなのですね~

驚きました。

ほんの短い時間映っているだけなのに、

その人のことがすべてわかってしまう・・・

怖いくらいにね・・・

高齢化が進む首都圏では、高齢者施設が不足していて、

地方での生活を選択する高齢者も現れているそうです。

施設に入れない高齢者は、在宅で過ごすことになります。

在宅で過ごしている高齢者として、扶美さんが登場したのです。

明るく元気で暮らしている高齢者。

歩けないけれど、それなりに日々を楽しんでいる高齢者。

それがそのまま映っていました。

ほんの瞬間、姿が見えるくらいだと、取材のときに言われていたので

今回知らせたのは、子供たちや介護でお世話になっている方たちだけでした・・・


加齢はいつの間にか進んでいますね。

ある日、自分の年齢に気が付き、信じられないわ~ 私まだ若いのよ~

と叫んでも、後戻りできません・・・

生きている人は皆、老人になるのです。

日一日と高齢者に近づいているのですが、

そのようなことはわかるはずもなく、

わかる必要もなく、

日々を精一杯満喫していればそれで結構ですよね。

でもある時ふと、自分の老いについて考えるときがあれば、

それは、高齢者全般についても、眺めてみるチャンスというもの、

そう願いたいですね。

番組の最後に、近い将来ヘルパーさんが不足すると言っていました。

大変ですね・・・

これからの高齢者は覚悟が必要です~

e0288951_19232855.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-27 19:24 | テレビ | Trackback | Comments(4)

介護と外出

家に、寝たきりの高齢者がいると、なかなか外出が出来ないものですよね。

扶美さんは99歳で寝たきりになりましたが、

それ以来、私は思い切った外出はしていません。

泊りで温泉は行けませんし、

たとえ日帰りとはいえ、早朝から深夜までの遠出は難しいですね。

気忙しいですから、行こうという気持ちが起きません・・・

でも、東京辺りは大丈夫のようです。

準備万端整えておけば、どうにか出かけられます。

鎌倉が近いので、朝早めに、人の少ないときに鎌倉散策などは楽しんでいます。

孫たちのところにも出かけることができるのです。

それはやはり、ヘルパーさんの存在によるところが大きいのです。

昨日は孫たちのところへ出かけましたが、

早めのお昼を扶美さんに出して、私は昼ごろ出かけました。

昨日は夕方5時半にヘルパーさんが来られますから、

その準備としてパジャマと肌着一式は出しておいて、

熱々タオル2枚は家族が電子レンジで用意します。

留守を頼まれた家族は、たまに部屋を覗いて

扶美さんの安全をチェックするだけです。

そして、ヘルパーさんが来られた時と帰られる時の挨拶を頼んでいますよ。

また、私が出かける日は、新しい雑誌を扶美さんに渡します。

そうすると、扶美さんは目を輝かせて、ずっと雑誌を読んでいますからね~

安心してお出かけできるというわけです・・・


ヘルパーさんが来られて、にこやかに話をして下さって、

さっぱりと気持ちがよくなって、扶美さんはご機嫌です。

毎日、朝と夕方、ヘルパーさんが来て下さいますから、

それが扶美さんにとっては活性剤のような役割をはたしているように思えるのですよ。

人が来ることで刺激を受けている。

身体も心もシャキっとなる。

時々は、着替えが面倒に感じることもあるようで、

その時はその時、臨機応変にやっています。

在宅で高齢者の介護をしていて思うことは、

家族だけでは行き届かないことがあるということです。

ベッドの中の扶美さんも、ヘルパーさんたちとの交流が、

なにがしかの喜びになっているようです。

昨年は、朝ヘルパーさんが来られた時に「お帰りなさ~い」

帰られるときには「いってらっしゃ~い」

このような言葉も出ていましたからね。

家族の負担は軽くなり、本当に助かっています。



パパメイアン
e0288951_19283113.jpg


緑色のお腹をしたクモ
e0288951_1930029.jpg


e0288951_19301641.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-26 19:32 | 介護 | Trackback | Comments(0)

ホワイトセージ

今日はお昼から孫たちのところへ行きます。

昨日煮込みハンバーグを作りましたから、それを持っていきます。

私は菜食で、家族は魚がメインの食事ですから、お肉はあまり買わないのですが、

買い物に行くたびに、赤身のひき肉を(牛も豚も)少しづつ買いためておいて、

1キロくらいになったら、煮込みハンバーグを作り、

個別に冷凍して、おみやげに持っていきます。

孫たちはハンバーグが大好きなのですよ。

そうそう、バナナケーキも作りました。

毎度同じようなものですが、 「不動の人気メニュー」 らしい・・・です・・

ハンバーグにはニンジンを1本すりおろして入れ、

パセリもみじん切りにしてたくさん入れました。

玉ねぎもキノコも入っていますよ。

菜食人間が作るハンバーグです・・・


庭では、ホワイトセージの茎が2本、ヒョロヒョロと物凄い勢いで伸びて来て花を付けました。

場を浄化するというホワイトセージ。

アメリカ先住民が神聖な儀式のときに、浄化に用いたというホワイトセージ。

初めて花を付けました。

茎が2本伸びてきて、高い方は3メートル近くありそうです。
e0288951_22394262.jpg

清楚な白い花はホワイトセージの香りがします。
e0288951_2242569.jpg

この純白の白は浄化にピッタリですね。

ホワイトセージは香りが強く、

(我が家にあるハーブの中では一番香りが強いです)

アメリカ先住民の儀式では、乾燥させたホワイトセージを焚き、その煙で浄化しますが、

焚くまでもなく、このホワイトセージの葉っぱの強烈な香りは、
e0288951_12313654.jpg

それだけで、邪気を寄せ付けないだろうと勝手に信じています。

枝がすぐに伸びて来て大きくなりますし、
e0288951_12315651.jpg

挿し木ですぐについて、増やすのも簡単ですよ。

陽当たりの良いところで育つと言われますが、
e0288951_12321881.jpg

我が家の小さな庭では日陰で育っています。

ただ、アブラムシが付きますから、ちょっと手がかかるところもありますけどね。
e0288951_12325330.jpg
歩いていて衣服がふれただけで強烈な香りを発します。

そのたびに清涼感溢れる香りで、私が浄化されている気分になっていますよ。


ハナグモが頑張っていますね~
e0288951_12332446.jpg

伯爵夫人が咲いています
e0288951_1234818.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ








by gutsuri | 2015-06-25 19:00 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

蓮の花とカミキリムシ

いつも行く近くのスーパーでは、蓮が咲き始めました。
e0288951_18412320.jpg

蓮の鉢がたくさん置いてあり、これからきれいに咲くのですよ。
e0288951_18425417.jpg

これは昨日スーパーに行ったときの写真です。
e0288951_18431457.jpg

近くで蓮の花を見ることが出来て嬉しいです~
e0288951_1844591.jpg

咲き始めたばかりですからね。
e0288951_1846321.jpg

これからスーパーに行くのが楽しみになります。
e0288951_18462714.jpg

その季節季節に、精一杯そして力いっぱい花を咲かせているのを見ると
e0288951_18464659.jpg

元気が貰えますね~
e0288951_1847378.jpg

生き物って逞しいなあ・・・

庭でカミキリムシを発見!
e0288951_19212860.jpg

虫の世界は虫にお任せでやっていますが、
e0288951_19223073.jpg

カミキリムシだけは、私が始末します。

今の時期、カマキリはまだ子供だったり赤ちゃんだったりです。

キリギリスはまだ大人ではありません。(中高生くらいかな?)

大きなジョロウグモはまだいません。現れるのは7~8月です。

小さなクモはたくさんいますが、カミキリムシの相手ではありませんからね。

虹色に輝いているニホントカゲはチョロチョロしていますが、カミキリムシを食べるかどうか・・・

というわけで、イチジクの木に被害を及ぼすカミキリムシは私が退治しているのです。

それほどいないのですよ。見かけるのは毎年1匹です。

大きくて模様がきれいで、ペットにでもなりそうなカミキリムシです。

可愛そうですが、思い切りよくやっつけています。

袋に入れて踏んづけます。

仕方ありません・・・

ゴメンナサイと言いながらね・・・

私はイチジクが大好きなので、地植えで1本、鉢植えで2本あるのですよ。

小さな実がたくさんついていますから、夏の収穫が楽しみです。

シオカラトンボはこのプラスチックの棒が好きです。
e0288951_19332091.jpg

セントジョンズワートに黄色い花が咲きました。
e0288951_19343922.jpg

パパメイアン
e0288951_1935811.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-24 19:40 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

 青い海で充電

今日は朝からお日さまが顔を見せてくれました。

有難いですね~

毎日、山のような洗濯物を抱え込んでいますから、

お日さまの顔が見えると、本当にホッとします。


スーパーに買い物に行く途中、

いつものところで車を止めて海を眺めました。

午前10時の海です。 江ノ島がうっすらと上部に見えます。
e0288951_1827238.jpg

今日は6月、さすがに富士山は見えません。
e0288951_18492189.jpg

同じ場所で3月、富士山が見えています。
e0288951_18521452.jpg

波打ち際は、水が澄んでいます。
e0288951_18584088.jpg


e0288951_18593657.jpg

青い空が嬉しいですね~
e0288951_1905886.jpg

いつもなら砂浜に胡坐を組んで座り、

波の打ち寄せる音を聴きながら、10分位目を閉じているのですが、

今日は暑くて、何か気忙しくて、その気になれなくて・・・・

青い海を少し眺めただけ・・・

気持ちが落ち着きますね~

青い海を見ていると何故が懐かしい気がしてきて、海が仲間だとわかるのです。

磯の香りが漂っていて、何とも満たされた感じがします。

ずっとそこに居たいと思いますね。

腰を上げてスーパーへ向かいましたけど・・・

充電された気がします。



アガパンサスに何か付いています。
e0288951_19202485.jpg

ササグモでした。
e0288951_19205681.jpg

こちらにも・・・  活躍してくれるので助かっています。
e0288951_19212011.jpg


e0288951_19264470.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-23 19:30 | | Trackback | Comments(2)

他の人から見ると、ボケたように見えるかもしれませんが・・・

扶美さんは、新聞に入っているスーパーのチラシをいつも楽しんでいます。

そのチラシを往診の先生やヘルパーさんなどと一緒に、

「美味しそうですね~」と言いながら見た後で、

「先生、どうぞ、このチラシをお持ちください」と言うこともあるのです。

知らない人がこれを見ると、

「まあ、ボケたおばあさんね」とか、「歳を取ると可愛いわね」とか

そのような感じで見られることでしょう。

でも、私はこのシーンを見て

「扶美さん、まだまだ、しっかりしているわ~」と思うのです。

扶美さんは、まだ、物が不足している時代のことをしっかりと覚えています・・・

身に染みているのかもしれません。

時には、頭の中は戦時中だったりします・・・

戦前、戦時中、戦後の復興期、このような時代は、モノ不足ですから、

人に何かを上げることで、感謝の意を表します。

そして、今、扶美さんの手に届く範囲にあるものは、雑誌や本や新聞だけなのです。

その中で、美味しいものが並んでいるスーパーのチラシは、

見ていて楽しいし、飽きないし、美味しそうで、

扶美さんにとってはある意味宝のようなもの。

周囲にあるものの中で、一番良いものを人に差し上げるとすると、

今の状態では、それがスーパーのチラシだったりするのですよ。

それを、「どうぞお持ちください」と先生に言っています。

「そのチラシ、まだ見ていないから・・」と私がチラシを受け取りますけどね。

私から見れば、これはボケとは違うように思えるのです。

扶美さんのことをよく知っているから、私はそのように理解しています。

私のよく知らない他のちょっとボケたように見えるおじいさんやおばあさんも、

きっとそうなのではないかしら・・・

よく知らないから、ボケた人に見えますけどね。

その人にとっては、それまでの自分の体験や思いから、

そのような発言や行動が出てくるのだと思います。

身近なところにいる人なら、それに気づくかもしれませんね。

このような種類のボケは、認知症とは異なり、

単なる時代の違いや世代の違い、

その時代時代に見られる特徴からくるもの、

価値観の違い、体験の違い、受けた教育の違いなど、

いろいろなことから来るものでしょうね。

高齢者の方の発言って、案外、意味が深い・・・

私たちが、ものをよく知らないだけなのかもしれません。

今のこの便利な世の中だけしか、私たちは知らないのですからね。


今日は夏至。

一年で太陽が一番長く顔を出している日。

この日を境に、植物はこれから、結実へとかじを切り替えます。

収束に向かうのですよね。

植物のセンサーって凄いなあといつも思います。


シャンタルメリュー
e0288951_19521990.jpg

アンブリッジローズ
e0288951_19524685.jpg

そこにアリンコがいるのかと思いよく見るとカマキリの赤ちゃんでした
e0288951_19535952.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-22 20:00 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

初夜権という言葉があるのですね

初夜権という言葉は、「フィガロの結婚」のあらすじの中で初めて目にしました。

もう、随分と前のことですが、このような言葉があることに驚きましたよ~

今日は、上野に行き、オペラ「フィガロの結婚」を楽しんで来ました。

本当に久しぶりのお出かけです。

以前オペラに行ったのがいつなのか思い出せないほど久しぶりです。

今も頭の中でモーツアルトの音楽が奏でられていますよ~

明るい音楽、楽しいストーリー。

鍛えられた喉、訓練された歌声。

ストーリーは、廃止された悪習、初夜権を

フィガロとスザンナの結婚を機に復活させたいともくろむ侯爵、

機知に富んだフィガロとスザンナがそれに対抗するお話です。

気が付けば、3時間が過ぎていましたよ・・・

驚いたのは、2幕初めに登場する伯爵夫人は、

長椅子に寝たまま有名なアリアを歌いました・・・歌い終わりまで横になったままです・・・

また、諸悪を体現しているはずの侯爵は、声がソフトで、声量も今一つで、

明らかにフィガロの太い声に負けていて、

これではストーリーは初めから見えてしまいます~

そして、それに気がついてか、

知らないうちに、侯爵を応援している自分に気が付いて、慌てましたよ~

もっと頑張って、大きな声を出して、その時代の悪を表現して歌って~っと

侯爵を応援していたのですから・・・

ドタバタのコメディーと楽しい音楽、

きれいな歌声と洗練された演技、

贅沢な時間でした。


今は東海道線で上野に行けるのですね。

たまのお出かけは驚くことばかりです・・・

我が家には名前のわからないバラが3本ありますから、

それぞれフィガロに登場する3人の女性の名前を私が付けました。

伯爵夫人、スザンナ、ケルビーノがありますが、これが伯爵夫人です。5月の写真です。
e0288951_19581225.jpg

今夜は、金星、木星、5日月が並びました(右からです) ボケました・・・
e0288951_19595419.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




伯爵夫人とスザンナの手紙の二重唱 伯爵夫人はキリテカナワです。
キリテカナワが若いですね~




by gutsuri | 2015-06-21 20:04 | コンサート、音楽 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri