<   2015年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

明日から3月

久しぶりに夕日がきれいでした。

滲んでいますけどね。
e0288951_18245534.jpg


e0288951_18252690.jpg


e0288951_18255220.jpg

我が家から美しい夕日が見られるのも、あと少しです。

11月から2月くらいまでは、きれいな夕日が見られます。

あともう少しです・・・夕日を楽しめるのも・・・

そう思いながら、味わって眺めています。

明日から3月ですね~

春本番です。

木蓮が綻び始めました。
e0288951_18344111.jpg

木蓮の蕾は美味しいようで、野鳥が来てつついています。
e0288951_18351623.jpg

たくさんの蕾が付いていますから、開花が楽しみです。

我が家のヒヤシンス、第一号・・・
e0288951_1836833.jpg

こちらもひっそりと咲いていました。
e0288951_18363516.jpg

そして、籠いっぱいに、ルッコラを収穫しました。
e0288951_18394019.jpg

お店で買うような上品なお味のルッコラではありません。

冬の露地物ですから、からみがたっぷり含まれています。

私は、生でサラダに入れて食べますが、

こんなにたくさんありますから、炒めても良いですね、美味しいです。

ルッコラって冬野菜だと思います。

寒さに強いです。

そして、雪の重みにも負けませんでした、去年の話ですが・・・

ルッコラに、もう、蕾が付いているのもあります。

蕾から食べています。蕾も花も美味しいです・・・

あと少し収穫できそうです。

こぼれ種からいつの間にか咲いていました。
e0288951_1854751.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-28 19:01 | 夕日 | Trackback | Comments(0)

温かい聴診器

昨日は、扶美さんがイチゴでチャージしていることを書きました。

「美味しい!」と言いながら、生き生きとした表情になります。

好物を食べると嬉しくて、元気になる・・・

その様子がはっきりと目に見えるのですよ。

そして、もう一つ、扶美さんが元気を貰えることがあるのです。

月に2回の往診です。

母は、健康そのもの、お薬は何も飲んでいません。

内臓的にはどこも悪いところはないのです。

99歳で歩けなくなりましたけど、

どこといってトラブルを抱えているわけではないのです。

定期的な往診が、必要かどうかわからないのですが、

年齢が年齢だけに、念のために往診をお願いしています。

往診の先生は、多分、意識してだと思いますが、

扶美さんに「こんにちは~」と挨拶するときに、

全身からエネルギーを発していて、力に満ち溢れています。

その先生の迫力が、扶美さんに伝わって、

扶美さんがその迫力をしっかりと受け取って、

パワーを充電しているように見えるのです。

先生は、言葉と動作で、母に何かを与えて下さり、

母はそれを受け取り、もっと元気になっている・・・

実際、往診の後は母は上機嫌です。

お薬を頂戴することは、余りないのですが、

先生からエネルギーをしっかりと頂戴している・・・

そのように感じられる往診です。

先生は、在宅介護や終末医療がご専門ですから、

もっともっと弱った方をたくさん診ていらっしゃるのでしょう・・・

お薬以前に、患者を元気づける・・・

先生のこの迫力に、扶美さんは元気をたくさんもらっている・・・

強さと優しさ、包み込むような迫力と温かさ・・・

本当に有難い往診なのですよ。

アラフォーの女医さんです。

聴診器はぶら下げたままで来られます。

服の下で温められている聴診器・・・

先生の気遣いを感じます。

気合を入れて集中するってきっと大変なこと・・・疲れるでしょうね・・・

扶美さんは、往診の度に、元気の注射を打っていただいているようなものです。

いろいろな方のおかげで、

扶美さんのベッドの生活が成り立っています。

母の長寿は、皆さんのおかげです。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-27 19:11 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

イチゴでチャージ

今日は冷たい雨が降っています。

春近し・・の雨ですね。

春が近づいてきたせいか、扶美さんが元気です。

一時の「ヘルパーさん拒否」はありません。

ヘルパーさんを笑顔で迎え入れて、笑顔で見送っています。

嬉しいですね~

笑顔って、プラスのスパイラル効果が絶大ですよ~

その場の空気まで温かくなります・・・

そして、母のご機嫌は、伝染します・・・

母の朝食は果物なのです。

果物だけの朝ごはんです。

このところスーパーではイチゴがたくさん出回っていますから、

朝食のメニューは、最近はいつもイチゴ・・・

イチゴは甘くて美味しいですから、

母はイチゴを口に入れて「美味しい! 甘くて美味しい~」と言いながら、

全身で反応してくれます。

イチゴを口に入れた途端に、身体がシャキっとするのです。

食べる喜びをを全身で表していて、

美味しいと言いながら、イチゴのパワーが全身を駆け巡っているように見えて、

その様子が面白いのですよ~

だから、買い物に行ったときに、

あんなに喜ぶのだから、またイチゴを買おうかな・・・などと思ってしまいます。

喜びと共に食べる・・・

食の基本でしょうね。

感謝して食べる・・でしたね、多分。

食べ物が美味しいと感じられるのは、健康な証拠です。

ずっと前に読んだアーユルヴェーダの本に書かれていましたが、

「大勢で楽しく語り合いながら食べるのは、本来の食べ方ではありません。

一人で静かに感謝して、食べ物に集中して食事をするのが、本来の食事の在り方です。」

このような個所を見つけて、唖然としたことがありました・・・

え~ そうかしら・・・

いろいろな時がありますからね。

大勢で集まった賑やかなとき・・・

みんな出かけて行って一人のとき・・・

食事の味わい方も違ってきます。

いろいろあって楽しいし面白いです~

食べることを意識して静かに食べる・・・

このような食事の仕方もあるのですね。

私もトライしてみます。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-26 19:21 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

漢字が教える真実

胃腸に肉が入ると腐る。

昨日、菜食のページをいろいろと見ていて、

なるほど、そうなのかもしれないな・・・というものを見つけました。

「腐る」という字は、

肉を食べると腸の中が腐敗するという意味なのだそうです。

五臓六腑の五臓とは、肝臓、心臓、肺臓、脾臓、腎臓を表し、

六腑とは、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸を表しています。

六腑は消化器官系の内臓です。

「腐」という字は、もともと、腑に肉が入ることを意味していて、

昔の人は、肉を食べることの意味を知っていたことになります。

昔の人の知識には驚かされます。

例えば、身体の部分を表す漢字にはすべて、月が付いていて、

胸とか腕とか腰とかいろいろですが・・・

昔の人は、人間の身体が月に大きく影響されていたことを知っていたのです。

ですから、腐という字の意味を知ったときに、

ああ~、なるほど・・・昔の人は凄かったのだな~

と、違和感はありませんでした。

ネットで検索していると

先人の知恵に触れることがあり、驚きますよね~

知っていたのですよね。

科学発達以前にいろいろなことを知っていた・・・

本当に驚きます。

孫の一人が、肉嫌いで、

私も今は全く肉を食べませんから、同類なのですが、

時間のある時に、ちょっと、検索したりしています。

肉が食べられないのは、感覚的なものもあるのかもしれません。

肉が帯びている波動のようなもの・・・

私は、嫌だと感じるものは、食べなくても良いと思っています。

身体は正直です。

身体の奥深くから発していることを、察知しているのかもしれませんし・・・

無理をすることはないですよね~

ヴィーガンで有名なナタリーポートマンという女優が、

皮を使わない靴を売り出したり、

ハリウッドの有名俳優の家に行くのに、革のベルトまで外さないといけない

という話をネットで見たこともあります。

毛皮を使わないデザイナーもいましたよね。

動物に対する感覚的なことは、人それぞれずいぶん違うのです。

皆それぞれに考え方も感覚的なことも異なりますから、

いろいろな選択肢があっても良いのかな~

などと、のんびりと考えています。

それにしても、先人の知恵って本当にすごいですよね。

驚きます。本当に。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-25 19:32 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

生きている庭

暖かさにつられて、庭でいそいそと働いています。

冬の間、放りっぱなしでしたから、しなくてはならないことが目白押しです。

外で身体を動かすのは、気持ちの良いことです。

枯れている葉や茎をむしり取ったり切り取ったり、

バークチップに隠れている草を引き抜こうとちょっと掘ってみると、

何か、トンネルのようなものがあるような気がして、

それも、幾つもあるようなのです!

やっぱりモグラくんは、健在なのだ・・・と、安心したりがっかりしたり・・・

地上に出来ているモグラ塚は昨年の半分もなくて、

喜んでいたところなのですけどね・・・

私の庭であっても、100%私の思うようになるはずもなく、

昆虫や生き物、微生物などすべてを含めた環境と共存出来てこその「生きている庭」、

生きている庭に咲く、生命力溢れるバラたち!

日ごとにバラの芽が膨らんできて、葉が伸びていくことでしょう。

すぐに3月ですから、私のエンジンもスタートです。

クロッカスが咲いています。
e0288951_18194192.jpg

暮れにヤグルマギクの開花株を買いました。蕾を次々と付けて咲いています。
e0288951_184449100.jpg

暖かいのでしょうか・・・
e0288951_1845686.jpg

ヒマラヤユキノシタ、これが咲くと春です!
e0288951_18492961.jpg

クリスマスローズのピンクフロストは地植えでもよく見えます。
e0288951_1857373.jpg

昨年も良く咲きましたが、今年はぎゅうぎゅうに咲いています。
e0288951_18575821.jpg

力強いクリスマスローズです。

黄色い花は春らしいですね。
e0288951_192480.jpg

そして、今日も収穫しました。ホワイトセージです。
e0288951_1923551.jpg

明日もまた、庭で働きます。

小さな庭ですから、すぐに終わりますけどね。

母は元気で食欲旺盛なのですよ。

雑誌を見てもお気に入りはお料理です。そして、「美味しそうね~」

新聞のチラシを見てもやはり、「美味しそうね~」

これだけ食べ物に興味があれば、心配ないですね~


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-24 19:10 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

あいにくの曇り空

私は夜空を見上げるのが好きです。

目があまり良くないので、星座などははっきりと見えません。

それでも、星空は果てしない想像を掻き立ててくれ、

介護で外出できない憂さを晴らしてくれるのです。

今の時期の夜空は、木星が明るく輝いています。

満月のときのお月さまと同じように、

夕方東の空から上り始めて、明け方西に沈みます。

夜中、ずっと明るく輝いていますよ。

木星は、発展、成功、幸運を意味する吉星ですから、

少しでも木星を見ようと、ちょっと外に出たりします。

でも、今日は、あいにくの曇り空・・・

今の時期、金星が我が家からよく見えるのですよ。

そして、22日には、火星が金星に最接近するといわれていて楽しみにしていたのですが、

あいにくの曇り空・・・

火星って本当に赤っぽいのです。

星の明るさを蛍光灯に例えるなら、火星は電球です。

オレンジがかっている明るさです。

火星が金星と並ぶと、明るさの違いがはっきりするでしょうね。

火星と金星のコラボは、25日まで見られるそうなので、期待しています。

お天気も変化してきました。

雨が降って、冬の乾燥した大地が湿気を帯び、

植物は新芽を出す準備を始め、

雨の恩恵を味わっていることでしょう。

有難い雨でもあります。

春が近づいていることを知らせてくれる雨ですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-23 19:12 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

ベッドの柵をベルトで縛る

何日前か忘れましたが、

介護施設などで高齢者を拘束していることがテレビで話題になっていました。

聞いていて、複雑な気持ちでした。

介護施設での拘束と同じように、私も母を拘束していますから・・・

ベッドに柵をしているだけでなく、

柵にベルトを通して柵が外れないようにしています。

高齢者とは、長く生きている人たちですから、

いざという時には、

自分の意思を通そうとするその創意工夫の力は凄まじいものがあるのです。

想定外のことばかり起きるのです。

これは我が家に限ったことではないと思います。

運良く大事には至りませんでしたが、

ヒヤッとしたことが何度あったことか・・・

百歳を過ぎると麻酔薬が使えないと先生から言われています。

ベッドから落ちて、怪我をしたり骨折した場合など、

手術は出来ないので、痛みどめでの処置なのだそうですよ。

ベッドから落ちたら大変!

柵止めのベルトを締めるときにも力が入ります・・・

介護施設などではたくさんの高齢者をあずかっている上に、

人出が足らないようですから、本当に大変でしょう。

しかも、高齢者といっても、

一人ひとり個性も違えば体力も考え方も健康度も認知度もすべて異なり、

個性が違えば対応も自ずと違ってきます。

個別対応が出来なければ、自由を拘束するしかないわけです。

安全のための拘束ですよね。

私も家族とはいえ、母の傍に一日中張り付いているわけにもいきませんから、

ベッドの柵を外して母が落っこちないように、柵をベルトで締めています。

母をベッドに拘束しているわけですが、

自分のために子供が犠牲になるなど母が嫌がると知っていますから、

ベッドに拘束していることに罪悪感はありません。

ベッドの中の限られた世界で、母が精一杯楽しく過ごせるように

生きている間は幸せを感じることが出来るようにと願ってはいます。

でもそれは、私のできる範囲で・・・ですよ。

そして、介護していて、一番気にかけていることは、

母はどうして欲しいのかな・・・ということなのです。

母はどうして欲しいのだろう・・・・

母は多分こうしてほしいだろう、と思いながらの私の日々の介護です。

そう考えると、人はそれぞれ違いますから、

介護の在り方も違って当然ですよね。

でも、介護施設のように、大勢の高齢者が入居している場合は、

人それぞれ・・・などと言っていられない事情があるのでしょう。

10年先20年先には介護の仕事に関わる人たちの数が

今よりもず~っと不足するのだそうです。

元気な高齢者であっても、

最後はどうしても介護のお世話にならなくてはなりません。

介護ってみんなの問題なのですよね。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-22 19:25 | 介護 | Trackback | Comments(0)

春はすぐそこ

今日は庭の南西部分をきれいにしました。

先日、北東部分を片づけましたから、今日は南西・・・

鬼門と裏鬼門・・・をまずきれいにして、それから・・・です・・・

バラの根っこの周囲の雑草をきれいに取り除き、

必要であれば、土を足します。

モグラ塚がいくつか出来ていますから、思わぬところに穴が開いています。

地中も穴だらけかもしれませんね。

土を足して穴をふさいでおきます。

またすぐに、モグラ塚が出来るだけかもしれませんけど、

放っておくわけにもいきません。

昨年は、一日に10個以上のモグラ塚が出来ていて、

目が回る思いをしました。

今年もモグラ塚は出来ていますが、昨年ほどたくさんではないので

胸をなでおろしています。

モグラ塚で出来た山は、大きかったり小さかったり、いろいろです。

乳酸菌で土壌再生していますから、土はたくさんあるのですよ。

不要になった鉢の土に黒土を足して、乳酸菌をかけておく・・・

しばらくすると、良さそうな土が出来ています。

そろそろ乳酸菌も活動を始めるかもしれませんから、

土づくりもスタートさせましょう。

乳酸菌の仕込みが先ですね。

頑張ってたくさん作ることにします。

庭仕事が終わって、母のところに行くと、

母がタオルケットと肌掛けを畳んでいました。

「仕事は終わった?」と聞いてきたので、「まあ、大体ね~」と応えました。

「外で動いている姿が見えたから、手伝おうかと思ってね~」

と、また、布団を片づけようとしています。

元気なことです。

嬉しいですね~

今日は朝から明るい顔でご機嫌でした。

このような日もありますし、拒否の日もあります。

いろいろあって退屈しません。


カタバミやクローバーは、今の時期は根っこの深いところから取れますね。

気持ちの良いほどするすると取れて、

今、取っておくと、夏に助かりますからね。

ヒヤシンスが日に日に伸びているのがわかります。

蕾を見て、紫色の花が咲くのかピンク色の花が咲くのか、わかるくらいです。

そう、あと少しで3月になります。

春はすぐそこ・・・

速いものです。

驚くほど速いですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-21 19:12 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

慣れる

午後から庭に出て、気になっていたことを片づけました。

芝生の伸びている部分をハサミで切ったり、

踏み石の間に生えている雑草は抜きにくいので、それに熱湯をかけたり、

物置の裏の落ち葉を拾ったり、

知らぬ間にゼニゴケが広がっていたので、これにも熱湯をかけたり、

外に出て、身体を動かしていると、春の気配をそこここに感じます。

バラの芽が赤く大きく膨らんでいます。

葉が出ているのもあります。

黄色のクロッカスが咲き始めていました。

ヒマラヤユキノシタの蕾が開きかけて、ピンク色が見えています。

ベンチに腰を下ろしてしばし休憩しても、

日差しが強いので寒くはありません。

手始めに今日は、庭の北東部分をきれいにしました。

片付いてスッキリすると、気分が良いものですね。

あれもしなくては、これも・・・と気持ちは焦ります。

草は早めに引いておくと後が楽ですよね。

そういう意味では、2月は踏ん張り時でもありますけど・・・

手をかけないバラ育てを目指していますが、

これからは、お天気の良い日は外に出て、ひと働き。

大変さと楽しみが半々くらいでしょうか・・・

緑が少しづつ増えて来るのが嬉しいですね~

例年、地上部が寒さで枯れるのに、

この冬は枯れないで葉が残っているものがあります。

暖冬だったのでしょうか、それとも、植物が寒さに慣れたのでしょうか・・・

両方かもしれませんね。

この地の植物は、潮風にも強風にも順応なくてはなりません。

年々そのように変化していくのだと思います。

バラは海からの強風にもめげずよく咲いてくれますから。

毎年毎年、環境に適したように進化進歩していく・・・

生き物って凄いですね。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



私は曼荼羅の図柄が好きです。このyoutubeは楽しいです。


心と身体
by gutsuri | 2015-02-19 19:15 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

ボール投げ

昨日、扶美さんは、午前中、元気がありませんでした。

でも、午後から往診やリハビリがあり、だんだんといつもの調子に戻って来ました。

リハビリの先生から

「いつもと同じですよ~ 自分から進んでいろいろとやろうとしています」

季節の変わり目は、いろいろあるそうです。

他の高齢者もそのような様子が見られるとのことでした。

気分の凹みなどは、あって当たり前?かもしれませんね。

リハビリの終わりに、私と母でボール投げをしました。

ベッドに腰掛け、足を床に着けて、

体重を少し足にかけるような姿勢で動作をするように、

扶美さんの姿勢を先生が正して、ボール投げをしました。

床ずれ防止のエアマットを使用していますから、

ベッドに腰掛けた状態では、なかなか身体が安定しません。

身体が右に左にフラフラ、ユラユラと揺れたり、

身体が片方に傾いていって、ひっくり返ったりするのです。

初めのうちは、先生が母の身体を支えてくださいますが、

しばらくすると、母の身体が自然とバランスを取っているようで、

身体の揺れが収まって安定しているのがわかります。

まだ、筋肉がしっかりとはたらいていて

バランス感覚をつかさどるセンサーが動いているのです。

母は、その不安定なエアマットに腰を掛けて、

元気よく、ほどほどの勢いで、ボールを投げていました。

投げるのも受け取るのも上手です。

身体に力が入るとき、つい、口元にも力が入っているらしく、

ひん曲げた口元が可笑しかったり、扶美さんらしかったり・・・

ボール投げはいつもの調子で張り切っていましたよ。

元気そう・・・大丈夫ですね~

私は今日は、久しぶりに孫たちのところへ行きます。

ついでに、日頃出来ない買い物もしてくるつもりです。

フルグラ入りのクッキーを持って・・・

鎌倉の寒牡丹
e0288951_22424268.jpg


e0288951_22431229.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-02-18 19:00 | 介護 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri