若さを応援

今年もあとわずかになりました。

じきに新しい年を迎えますね。

新しい年は、楽しいことをたくさんして、たくさん笑いたいですね~

新しい発見などもあると嬉しいですね。

ちょっとした発見ですよ~(自分が満足するだけの、大発見?)

新しい年は、家族皆で、お正月を迎えることが出来そうです。

まさか、まさかで、ここまで来ました。

元々健康な扶美さんでしたから、そして、長生きの家系ですから、

長寿だとは思っていましたよ。

年が明けて、7月になれば、102歳です。

可能性は、大きいです。

今のところ、身体に不調はありません。

寒くなってよく眠るようになりましたが

これは、まあ、自然の摂理のようなものだと思っています。

今日は今年最後の訪問入浴でした。

今日のバイタルです。
       体温     脈拍     呼吸     血圧
入浴前  36.4     72      18      108/60
入浴後  36.6     78      20      114/64

いつもこの調子で安定しています。

顔の色艶もなかなか良いのです。

有難いことですね。

何となくですが、私の介護生活は、長丁場になるかもしれないなあなどと

漠然とした思いが湧き上がって来ます。

何となくです・・・

先のことはわかりませんからね。

母は、自分はまだ若いと思っているらしく、

時々80代になったり、たまに90代になったり、

驚くことに私がお母さんになっていたりで、

百歳を超えているなど実感として全くないようです。

「百歳を超えて長寿ですね~」と人から言われて、

ああ、そうなのか・・・と、その時に初めて自分の年齢に気が付いている、

そのように思えることがあって、

でも、本人がせっかく若い気持ちでいるのなら、

私もそれに応じて、母の若さを応援したいと思います。

と言うことで、ブログ名から101歳を外そうと思います。

我が家にやって来た87歳にまた戻って、

改めて、再び、百歳を目指し、

毎日一回は心の底から笑って暮らしていきます。

新しい年、2015年からは、このブログ名は「介護とバラ」に変更します。

シンプルですね~

今年訪問してくださった多くの方々、本当にありがとうございます。

読んで下さる方々がいたおかげで、毎日書き続けることが出来ました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

また、来年も、よろしくお願いいたします。

今年は、このブログは今日が最後です。

年明けは、1月4日から始めます。

皆さま、どうぞ、素敵な年をお迎えください。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2014-12-29 18:55 | 介護 | Trackback | Comments(4)

雑草の役目

昨日の記事を読み返していて

私の文章は、相変わらず説明が足らないなあ~と思いました。

ブログを始めて3年目に入りましたけど・・・

その補足をしますね。

以前、リンゴ農家の木村秋則さんの本を読んだときに、

雑草の役目というものが書かれていました。

その本はもう手元にないので、確かめることは出来ませんが、

その土地に足らないものを補うように、雑草は生えるのだそうです。

その草が生えると、その土地に不足している養分が根っこから出て、

自然と補われて、

その土地のバランスを取ろうとする・・・

たしかこのように書かれてありました。

このことがぼんやりと頭の中にありましたから、

「アナスタシア」の本の中で、庭に唾を吐くという記述に出会った時に、

あり得るかもしれない・・・と思い、即、庭に出て、唾を吐きました。

でも、なかなか唾は吐けないものです・・・

自然は、私たちが想像もできないほど、素晴らしい作用を備えているのですね。

気が遠くなるほどの時間をかけて出来上がった大自然のサイクル。

その恩恵を受けたいですよね。

地面の下なんて、7~80センチ下はどうなっているのか、

未だによく理解できていないと言います。

バラ育ては、大自然への窓口です。

バラの花は、その入り口なのです。

ドアは大きく開かれています。

虫たちと仲良くするのも、その自然に近づくための一歩です。

大自然のサイクルに沿った来春のバラの開花を楽しみにしています。



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-12-28 19:08 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

庭に唾を吐く

最近は余り本を読まないのですが、

それでも今年、何冊か読みました。

その中の一冊で、ちょっと印象に残っている本があります。

「アナスタシア」(ウラジーミル・メグレ著)というロシアの小説です。

これは万人向きの本ではなくて、

スピリチュアルな考え方が好みの人や

スピリチュアルをもっと深く知りたい人などが読むと面白い本ですよ。

まだ、2巻までしか読んでいないのですが、

杉の木が秘めているパワー、動物たちとの交流、

大自然が秘めている底知れぬ力など

私があちらこちらで見聞きしたことが、いろいろと書かれていて

非常に興味深く読みました。

自然界のことはまだよくわかっていないことが多いそうですが、

古の昔から、知っている人はいろいろなことがわかっていたようですね。

この本を読んでから、私は自分の庭に唾を吐きましたよ。

いざ、唾を吐くとなると、一度にそうできるものではないので、

一日に何回かに分けて吐きました。

庭に、実の生るものが植えてあれば、

大自然の叡智は、その唾からその人の身体の健康状態を察知して、

その人にとって必要なものを必要なだけ、

その実に入れてくれるのだという記述がこの本の中にありましたから、

さっそくその恩恵に与りたく、行動したわけです。

我が家は基本的に無肥料なので、

これが当てはまるのではないかしら・・・と思ったのです。

来年のイチジクやブルーベリーなどの収穫が今から楽しみです。

無肥料と言えば、

最近、別の方のブログで、

やはり、無肥料についての本が紹介されていました。

「自然から学ぶトンプソン博士の英国流ガーデニング」

この本には、庭に肥料は必要ないと書かれているそうです。

この本も是非読んでみたいと思っています。

私はこの冬、バラに寒肥を与えるつもりだったのですが、

迷ってしまいましたよ・・・

鉢植えには、肥料を少しだけ与えていますけどね~

地植えのバラは、よく咲いてくれますから、

乳酸菌だけでいいのかもしれません。

大自然の采配が、知らないところで、働いているのでしょうか・・・

今日の夕日
e0288951_1914286.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




一年前にもこれを貼りつけています


心と身体
by gutsuri | 2014-12-27 19:18 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

昨日のクリスマスの日、いつものスーパーに出かけました。

差し迫った買い物があった訳ではないのですが、

郵便局に行くついでに、スーパーにも寄って、

お正月用のお肉などを買っておこうかなあ~などと思ったのです。

買い物を終えて、駐車場に行くと、

駐車場のガードマンの方と見知らぬ婦人が、私の車のところで待っています。

「これはあなたの車ですか」と聞かれ、「そうですよ」と答えると、

「館内放送で、何度も呼び出しをかけたのですが、わかりませんでしたか」と言われました。

そういえば、しつこいくらいに、車のナンバーを繰り返し、呼び出していましたね。

でも、気にも留めず、私はお正月の献立を考えながら買い物をしていました。

見知らぬ婦人が「本当に申し訳ありません。ハンドルを切り損ねてぶつけました」と言われ、

クルマを見ると、ボディーがへこんでいます。

「こちらで修理して元通りにいたします。100%私のミスですから・・」

それから警察に電話して、お巡りさんが来られるのを待ち、

免許証や車検証等を確認して終わりました。

その婦人は78歳でした。

お巡りさんの前で、名前と電話番号を交換して、私はその老婦人に、

「お宅の保険屋さんに電話して、その保険屋さんから私がお世話になっている

クルマ屋さんに電話してもらってください」と言いながら、

車検証に挟んであったクルマ屋さんの名刺を渡しました。

帰宅して、家族がクルマ屋さんに電話をすると、25日で今年は仕事納め?だそうで

急いで車を持っていき、見てもらいました。

修理の見積もりなどを出してもらい、保険屋さんからの電話を待っていましたが

電話がないのです。

夜、老婦人の御宅に電話して、保険会社のことをお聞きすると

手続きはまだしていなくて、保険のことがまったくわかっていないようでした。

どのように手続きをするかもわからない状態だったので、

電話口で、車検証ケースに入っているものを一緒にチェックしました。

保険会社の名前が書いてある書類が見つかり、

「私が保険会社にお電話しましょうか」と言うと、「お願いします」と言われます。

保険会社に事情を説明すると、理解していただけたようで、

今朝、その保険会社から確認の電話が入りました。

一安心です。

昨日はクリスマスでした。

昔むかし、若草物語を読んだときに、

「クリスマスというのは、美味しいものを食べたり、

プレゼントを交換したりするだけの日ではない。

クリスマスは、困っている人に優しく接する日である」

という風に書かれてあったのを憶えています。

が、正直、今回は、老婦人と交渉するのがとても重く感じて

私が入っている保険屋さんに間に入ってもらい、交渉をお願いしようと

電話して事情を話しました。

すると、今回のことでは、私にまったく非がなく、相手が100%悪いので、

このような場合は、保険会社は間に入れないと言われました。

相談には乗るけれど、間に入って交渉することは出来ないのだそうです。

交渉相手に悪意はなくて、ただ、そのことがよくわかっていないだけなのですが、

その相手と交渉するというのは、ちょっと、厄介なものですよね。

長いクリスマスの一日でした。

「高齢化は他人事ではないよね」と家族と話したり、

一体、何歳まで運転できるのかと心配したり、

時代の波について行く努力をしなければと思ったり、

いろいろと考えさせられたクリスマスでした。

今日の夕日
e0288951_19251896.jpg


e0288951_19252100.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-12-26 19:26 | 日常 | Trackback | Comments(0)

昨日、庭に咲いているバラや蕾のバラをすべて切り取り

食卓に飾りました。

部屋が暖かいからでしょう、つぼみがだんだんと膨らんできて、咲いたバラもあります。
e0288951_18251342.jpg

シャリファアスマ、スーリールドゥモナリザ、イモーションブルー、ジュビリーセレブレーション

などなど、今年最後の華麗な姿を見せてくれました。

固い蕾もこれから咲いてくれるかな~
e0288951_18322262.jpg

窓越しに日差しを浴びると、膨らんで来て、咲いてくれるかもしれませんね。

蛍光灯の下でもう一度撮りました。
e0288951_18352091.jpg

レディーヒリンドン、ゴールドバニー、ズブニールドゥラマルメゾン、シェイクスピアなども

見えますね。

2014年のバラは、これで終わりました。

これから寒さの中、根っこをしっかりと張って、

来春の開花に備えてほしいです。

また、4月に入ると、アブラムシとの知恵比べが始まりますね~

アブラムシの上を行くように、しっかりと目を見張り、やっていくつもりですが、

何しろあちらは数で勝負してきますよね・・・

昨年はバラに寒肥も与えていません。

この冬は、どうしようかと・・・・まだ決めていません・・・

バラを飾ると、良い香りが部屋中に漂っていいですね~

バラがあるだけで雰囲気が少し違ってきます。

虫たちも好きになるはずですね・・・

来春のバラを想像しながら、これから少しづつ手入れをしていきます。

母の刺繍作品、プリンターのほこりよけに使っています
e0288951_1849104.jpg

今日の夕日
e0288951_18521855.jpg


e0288951_18524425.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-12-25 19:01 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

冬至が過ぎました。

お日さまの日差しが少しは強くなって来たかな~と思うと、

不思議なことに、そのように感じてしまいます。

今日の午後の昼下がり、背中に窓越しの太陽を浴びていると

ポカポカしてきて、じりじりと肌で熱を感じます。

日没も、気のせいか、遅くなってきたように思います。

夕日が差し込んでくると、

カメラを持って、時計と睨めっこしながら、家の中をうろついていますから、

ほんの気持ち、遅くなってきたかしら・・・

後、3~4日経てば、5分以上、いやもっと違っているかもしれません。

お日さまは、春の準備を着々と進めていますね。

後一週間でお正月を迎えます。

ついこの間、カレンダーを捲り、12月になったように思いますが、

驚くほどの速さで、日々が過ぎて行き、時間が進んでいきます。

母は今日はご機嫌でした。

睡眠が十分だったのでしょう。

眠たいときには、思いっきり眠るのがいいですね。

身体がそれを要求しているのですから、

十分に眠った後は、スッキリとして、満たされた感じになっているようです。

昨日のリハビリも、先生の大きな掛け声を受けて、

いつものように楽しそうにお手玉を投げ入れていましたよ。

命中率はなかなか大したものです。

ヘルパーさんとはいつもと同じ、笑顔でお話しできていました。

良かったです~

嬉しいですね~

「いつもと同じ」は、本当に有難いことなのですよ~

母が百歳になったときに、

「百歳からの健康法」のようなものをネットで探しましたが、ありませんでした。

「百歳まで健康で生きる」というようなものは、たくさん出て来ましたけど、

百歳はどうも目標のようですね。

そこから先は、手探りで、自分で進むしかありません。

手探りで、試行錯誤しながら、

喜んだり、怒ったり、がっかりしたり、笑ったりしながら

進むのでしょうね~

また、これから先、お天気の悪い日や眠いときなどには、

扶美さんの怒った敵意に溢れた眼に、遭遇するかもしれませんね。

まあ、その時はその時です~

ポンコツ部品は故障が起きますよね・・・

今日の夕日
e0288951_1859068.jpg


e0288951_1859184.jpg


e0288951_1859353.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2014-12-24 19:05 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

どっちがパワフル

昨日月曜日は訪問入浴でした。

母は、昼食の後、お昼寝中・・・気持ちの良い眠りを中断されて

「私は今日はお風呂には入りません」と宣言するも、

看護師さんとヘルパーさんなど3人の元気の良い声に押され気味です。

一対一なら母に勝ち目がありそうですが、

一対三では、入浴の流れにあらがうことは難しかったようです。

それでも「私は今日はお風呂に入りません。何度言ったらわかるの?」

と言う母の元気の良い声が聞えてきましたよ~

明るいはっきりとした、良く通る声で、

最初から最後まで、このように言って抵抗していました。

何て元気が良いのかしら・・・

まるで80代のよう・・・

抵抗するにはパワーが必要です。

昨日の母はパワフルでしたね。

気が付いたら「お風呂には入りません」と言いつつ、

それでも自分で身体を洗ったりして、

でも、はたと気が付いた時には、また、

「何度言ったらわかるの?お風呂には入らないと言っているでしょう。」

と繰り返しながら、入浴しています。

お風呂に入っている間ず~っとこの調子でした。

すごいですよね~

私なら、あきらめて言われるまま、静かに入浴しますけどね・・・

そのほうが楽ですから・・・

入浴スタッフの方々は、母よりもっともっとパワフルでした。

声に勢いがあるのです。

感謝ですね。

夕方、外から帰った私がダウンのベストを着ていると、

「それ、温かそうでいいわね~」と言います。

「そうよ、これはね、昔のちゃんちゃんこと同じで、中に綿が入っているから

すごく温かいのよ」と言うと、

「そうだね~」と言いながら、

ダウンベストに手をかけて、その感触を確かめています。

このような普通の状態のときがほとんどなのですが、

何かの拍子で、エンジンの回転が急に速くなったり遅くなったり、

まあ、百年を過ぎたおんぼろ車が走っているのですから、仕方ありませんね。

そう考えれば、まあ、よく動いているわね~と、

くたびれた車を、応援してあげたくもなります・・・

母の刺繍作品 袋です。しわくちゃです~
e0288951_18284535.jpg

強風で、八重の水仙が倒れていたので、切り取りました。素敵な香りが漂っています。
e0288951_1833859.jpg

今日の夕日
e0288951_18384236.jpg


e0288951_1839050.jpg


e0288951_18391923.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ


e0288951_18401962.jpg

心と身体
by gutsuri | 2014-12-23 18:46 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

今日は冬至でした。

そして、午前10時36分に新月ということで、

お月様は新月で太陽は冬至、どちらも新しいスタート地点に立っています。

太陽もお月さまもそろって、次の新しいステップを、一緒にスタートしました。

「陰極まれば陽に転ず」の言葉通り、

太陽と月のダブルで陰ですから、

転ずる陽のパワーはすごいですよ~と言われていました。

早めに起きて掃除をして、家事を済ませて・・・

ちょっとお正月気分で過ごしましたよ。

カレンダーを見ながら日々を過ごしている身としては、

天からのシグナルは気になるものです。

いにしえの時計やカレンダーにあたるものですからね。

バシャールが言っていますが、宇宙はニュートラルなのだそうです。

そう、中立なのです。

平等にみんなを応援してくれるわけではありません。

でも、宇宙のルールに気が付いて、それを意識して、その波に乗ろうと気を付ければ・・・

ひょっとすると、ちょっとした変化が起きるかもしれない・・・

そのような感じでしょうか・・・

それを味方に付けるかどうかは私たち次第・・・

夕日の写真もつい力が入ってたくさん撮りましたよ。

朔旦冬至の夕日です。
e0288951_18425679.jpg


e0288951_18434333.jpg


e0288951_1844033.jpg


e0288951_18442064.jpg


e0288951_18443791.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



e0288951_18445423.jpg



心と身体
by gutsuri | 2014-12-22 19:04 | 朔旦冬至 2014 | Trackback | Comments(0)

転ぶといけないから

今朝、母を見に行くと、母はもう目を覚ましていて、

おはようと言うと、おはようと応えてくれました。

入れ歯を装着した後で、「ありがとう。サンキュー、サンキュー。」

いつもの調子です。

嬉しいですね~

いつもと同じということは、有難いことなのですね。

昨日は、母が今、日々していることを、もう一度見直してみようかな~などと

考えていました。

例えば、今は朝と夕に、一日に2回着替えていることなどです。

ベッド上での運動とはいえ、一日に2回の着替えは、私でも面倒になります。

面倒だと感じれば、しなくてもいいのかなと思います。

これも母次第です。

やる気を出せば、いろいろとやる人ですから、

母の様子を見て、またその時に、考え直してもいいですね。

近いうちに、その必要が出てくるかもしれませんしね。

春になって暖かくなると、以前のパワーが戻ってくるかもしれませんしね。

今日は日曜日、お昼にのど自慢があるので、テレビを付けると、

高校の駅伝が放映されていて、

元気の良い男の子たちが、京都の市街地を軽快に走っています。

それを見た母は、「私も走るといいのだけどね、転ぶといけないから・・」

などと言いながら、走っている高校生を応援していました。

高校生が走っているのを見るのは、気持ちの良いもので、

私も母と一緒にしばらく観ていましたよ。

な~んだ、今日の母はいつもと同じです。

たまに機嫌が悪くても、それもいいのではないか・・・

長く生きていると、いろいろありますよね~

でも、さすがに昨日は、私もちょっと凹みましたけど・・・

先日、ホームセンターで、矢車草(ヤグルマギク)を買いました。
e0288951_1955931.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



今元気が良いのは、ルッコラです。大根の葉っぱみたいですけどね。
e0288951_1984021.jpg


心と身体
by gutsuri | 2014-12-21 19:13 | 百寿者 | Trackback | Comments(2)

富士山がきれいでした

冷たい雨が降っています。

冬の雨は、気分も沈んでしまいますね。

12月に入り、寒さが厳しくなったころから、

母がよく眠るようになりました。

朝の目覚めのときは起きたくないようですし、

昼食が済むと気持ちよさそうにすぐに寝入ってしまいますし、

夜は、早い時間から眠そうにあくびなどしています。

身体が眠りなさいといっているようです。

眠いときに眠るのは良いことですから、それはいいのですが・・・

今朝は寝起きが悪くて、母の機嫌の悪いことと言ったら・・・

まあ、久しぶりでしたよ~

「眠いところを起こさないでちょうだい」と言っています。

今までは、人前では機嫌の悪さを露骨に出すことはなくて、

自然に繕うことが出来ていました。

まだ、プライドもありますから、

機嫌の悪さを前面に押し出すことはありませんでした。

今日、感じたのは、母は、何か嫌だと思った時に、

そこに何かが入り込んでしまい、プライドなどなくなっている・・・

何を言っても通じない壁のようなものを、自分の周囲に張り巡らしている、

そのような感じを受けました。

高齢者独特の閉塞感のようなものでしょうか・・・

知らぬ存ぜぬの世界の住人でした。

今朝は、ヘルパーさんはお上手ですから、そのような母を相手に

おむつ替えとパジャマの着替えをして下さいましたよ。

明るく、元気に、笑顔で、いつもと同じ調子で振る舞う。

これが基本なのでしょうね。

母はその後3時間くらい眠って、いつもの扶美さんに戻りました。

昼食は完食、雑誌を読んだり、新聞に目を通したりして、普段と同じです。

「寒くない?」

「大丈夫、寒くないよ。これを着ているからね。」

「雨が降っているのよ」

「あら~、そうなの・・・」

このような会話はいつも通りでした。

普通の人相手の介護は、それほど、大変ではありません。

話せば通じる相手には、話をして、

何をするか理解してもらうことが出来ますからね。

でも、いつもと違った状態にいる人のお世話をするのは、

骨の折れることだと実感しました。

ブロ友さんで、アルツハイマーのお母様を介護していらっしゃる方がいます。

通じない相手に、明るく、楽しく、愛情を持って話しかけ、お世話をすることは、

こちらのモチベーションをかなり意識して上げる必要があること、

お母さまの笑顔は、何よりの喜びであること、など、

お二人の繋がりの深さがうかがわれます。


時折見せる母の摩訶不思議な世界。

この不思議な世界に母が居る時間が、これから、増えるかもしれませんね。

冬という季節要因のせいかもしれませんし・・・

今日は雨、低気圧のせいかもしれませんし・・・

百歳を超えると、このようなことは起きて当たり前なのかもしれませんし・・・

よくわかりませんが、

今朝のヘルパーさんのように、

また、ブロ友さんのように、

明るく、元気で、笑顔で、いつもと同じ調子で接すること。

これから、未熟者は、これ目指します~


昨日、富士山がきれいでした。

車を止めて、写真を撮りましたよ。

e0288951_19223686.jpg


e0288951_19231794.jpg


e0288951_1924736.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



e0288951_19244430.jpg


心と身体
by gutsuri | 2014-12-20 19:28 | 富士山 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri