<   2014年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

落花生掘り

我が家の秋の恒例行事、落花生堀りに家族が行ってきました。

4~5年前までは私も一緒に行っていたのですが

ここしばらくは、収穫を楽しみに留守番しています。

落花生堀りに行くまでは、落花生が土の中に出来るなんて知りませんでした。

他の豆のように枝に生るものかと思っていました。

土が柔らかいので、簡単に落花生の枝を掘り上げられます。

そして、根っこについている落花生をむしり取ればいいのです。

面白いのは、その年によって、出来具合が違うのです。

物凄く違うのですよ。

落花生というものは、天候の影響を非常に受けやすいものだと知りました。

野菜も果物もお米もみな、お天気の影響を受けますけど

落花生ほどではないのではないか・・・と思われます。

それくらい、非常にセンシティヴな落花生です。

昨年に引き続き今年も不作なのだそうですが

それでも、落花生を目にすると、つい、笑みが浮かびますね~
e0288951_19163710.jpg

生ピーナッツで食べるには、大鍋で茹でます。

時間がかかりますけどね。

柔らかめがが好みです・・・

フェイジョアと言うフルーツ、キーウイを優しく甘くしたような感じです
e0288951_1924879.jpg

友人が作った竹炭、嬉しいです!
e0288951_1925238.jpg

自然と繋がろうと考えている人たちがたくさんいます。

何故だかわからないけれど自然に惹かれていく・・・

多分、それは自然なことなのですよね。

身の周りの小さな自然と仲良くすると、心も身体も喜びますから・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
クレアオースティン
e0288951_19324535.jpg

パパメイアン
e0288951_19331481.jpg

Happy Halloween
e0288951_19334949.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



ブルガリアローズの花摘み&フェスティバル


心と身体

by gutsuri | 2014-10-31 19:35 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

ふっくらといい感じ

お天気がいいですね。

秋らしい気持ちの良いお天気です。

秋の優しい日差し、そして乾燥しているので、洗濯物がすぐに乾きます。

そう・・・洗濯物・・・

毎日、洗濯物に追われていますよ。

パジャマが薄手の時には、それほど感じませんでしたが

肌寒さを感じるようになってから洗濯物の量が増えました。

母のパジャマも肌着類も厚手になり、 これにタオル2枚

これらを毎日、朝と夕に、すべて取り換えます。

洗濯物の量は多いですよ。

今まで、毎日こんなにたくさん洗濯したことはありませんと言える量です。

ベッドの上での生活になり、日々、身体を動かす機会がないので、

ヘルパーさんが来て下さる朝と夕方、

一日に2回、着替えをお願いしています。

身に着けているものすべてを取り換えています。

ボタンをはずして、腕を曲げたり伸ばしたりして脱いだり、

腰を浮かせてズボンを下げたり、脚を曲げて脱いだり、

今のところ母は、嫌がりもせず、面倒だとも言わず、しています。

そして、熱々タオルで顔を拭き身体も拭きます。

別の熱々タオルでお尻を拭いていただいていますよ~

これはヘルパーさんにお願いしています。

今どきの紙オムツはよくできていますから、おむつかぶれは出来ませんけど、

熱いタオルで拭くと気持ちが良いですからね。

「着替えは良い運動になるのよ」

などと、以前母に話したことはありますが、

母は着替えがを負担に感じていないようですね、今のところはですが・・・

パジャマが二組、肌着が二組、タオルが4枚、エプロン他

これが毎日の母の洗濯物です。

シーツ、おねしょシーツ、タオルケット、薄い肌掛け、これらは週に一回の洗濯です。

洗濯物を取り込むときに、お日さまのにおいがして、ふっくらして、良い感じです。

このお天気、本当に助かっています。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
「流しにバッタがいる」と言う家族の声が昨日聞こえてきました。
見ると、クビキリギスが台所にいましたよ~ 捕まえて庭に放しました。
クビキリギスは庭で冬越しします。草食ですがイネ科が好きですから
バラに影響はありません。
クレアオースティン
e0288951_17101769.jpg

シャリファアスマ
e0288951_17105449.jpg

今日の夕日
e0288951_17235335.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-10-30 18:21 | 介護 | Trackback | Comments(2)

石窯ガーデンテラス

今日は、鎌倉の浄妙寺、石窯ガーデンテラス、そして報国寺に行ってきました。

お昼には帰宅しましたから、駆け足のお出かけでしたけど、楽しかったですよ。

浄妙寺の境内にある石窯ガーデンテラスのイングリッシュガーデン、

他の方のブログで何度か目にしたことがあります。

お寺とイングリッシュガーデン?

この組み合わせが何とも奇妙に感じたのですが、

百聞は一見にしかずと出かけて来ました。

これが石窯ガーデンテラスです。
e0288951_15481355.jpg

大正時代に建てられた貴族議員の洋館をレストランに改造しています。

イギリス人のガーデナー、ニコラス・レナハン氏の指導の元、

石窯ガーデンテラスの従業員たちがお手入れしているお庭だそうです。

今日は空いていましたが、春は大勢の人が訪れるようで、

お店の入口にはたくさんのベンチや椅子が並べてありましたよ。
e0288951_1556953.jpg

お庭は、自然を肌で感じることが出来るナチュラルガーデンでした。
e0288951_15592488.jpg

秋ですね~
e0288951_1615755.jpg

バラは咲いていましたが、秋らしい咲き方でした。
e0288951_167486.jpg

ボチボチと・・・・あちらこちらに少し・・・自然な感じで咲いています。
e0288951_1672866.jpg

我が家のバラもそうなのですが、秋にはたくさんのバラは咲きません。
e0288951_169412.jpg

秋らしく、バラは咲いています。
e0288951_1615466.jpg

モンシロチョウやモンキチョウが飛んでいましたから、
e0288951_16103837.jpg

庭のお手入れをしている方に、農薬を撒いているのか、お聞きしましたよ。
e0288951_16165515.jpg

調理に使うハーブなども育てているので、基本的に無農薬なのですが、

バラにだけは農薬を撒いていると答えられました。

春に向けてたくさんの球根が植えつけられているそうです。

クリスマスローズも大きく育っていました。

早春も、そしてもちろんバラの5月も、素晴らしいでしょうね。

暖かい日差しを浴びて、テラス席でのんびりとお茶をいただきました。
e0288951_16322772.jpg

11時に腰を上げて、次の報国寺に向かおうと、浄妙寺の境内を歩いていると

ランチに来られた方々でしょう、もちろんお庭も愛でるのでしょうが、

たくさんの人とすれ違いました・・・

人気のレストランらしいですね。

今、建物を一部改造中です。

それなのに、こんなにたくさんの人が来るのですから・・・

お料理が美味しいのでしょう・・・

雰囲気もいいですしね。

お会計のときに、レジの傍の紫っぽい赤いバラが目につきましたから

「あら!このバラ、シェイクスピア?」と聞いたら

「これはイングリッシュローズです」と答えが返って来ました・・・

「ああ、そうよね。イングリッシュローズよね」

この方はきっと調理担当の方なのでしょうね。

今日の夕日
e0288951_1782876.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体

by gutsuri | 2014-10-29 17:16 | 鎌倉 | Trackback | Comments(0)

細菌とウイルス

今日届いたメルマガからです。

ウイルスは、核とタンパク質だけの構造のため、自分で細胞分裂できない。
増殖するためには、宿主のDNAに自分の遺伝情報を書き込む。その結果、
ウイルスに乗っ取られた宿主の細胞は本来の自分とは異なった細胞になって
いるので、免疫の攻撃を受けることになる。発熱や炎症が起きることになる。


同じ病原体でも、細菌とウイルスの違いは、

細菌は、人の体内で細胞分裂をして自己増殖しながら人の細胞に侵入する

細菌には、その特性に応じたさまざまな抗生物質や合成抗菌薬がある

ウイルスは、単独では増殖できないので、人の細胞の中に侵入し増殖する

ウイルスは細胞膜がなく人の細胞に寄生しているため、治療薬は少ししかない

このように書かれています。

細菌とウイルスの違いなど、私は全く知りませんでした。

病原菌について考えたこともありませんでしたからね。

私たちの体内や身の回りには、たくさんの微生物というか細菌がいるそうです。

腸内には数百種類100兆個の腸内細菌が住みついているといわれています。

乳酸菌、ビフィズス菌、大腸菌などの名前は聞いたことがありますが、

それ以外にも、たくさんの腸内細菌が、

ビタミンを再生したり、病原体の侵入を防いだり、

人体に有利に働いてくれているそうです。

細菌は我々に役に立つものがあるようですが

ウイルスはどうなのでしょうね・・・

ウイルスを寄せ付けないためには、どうすればよいのかなあと検索していると

防虫剤のようなものを首から下げるウイルス除けがあることを知りましたよ。

でも、そのホームページにいくと、

消費者庁から広告に関してクレームが付いたと書かれていて

ホームページの修正中なのだそうです。

いろいろありますね。

心配などしないで、明るく楽しく過ごすのが一番でしょうか・・・

そうすれば、ウイルスが入り込めないように免疫力が高くなりますからね。

母を見ていると、自分で選んでいるように見えます。

自分にやって来るものを・・・です。

考えられないものは来ない。

そのような世界に母は住んでいますね。

これもまたありなのでしょう。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シェイクスピア
e0288951_18565827.jpg

シャリファアスマ
e0288951_18573696.jpg

今日の夕日
e0288951_18583984.jpg


e0288951_18585737.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-10-28 19:25 | 健康 | Trackback | Comments(0)

このところ母がすこぶるご機嫌で、いつも笑顔なのですよ。

ニコニコしています。

朝、母の部屋のカーテンを開けに行くと、

母が起きていれば、顔には笑みがこぼれています。

わたしの気配を感じて目を覚ませば、

私が声をかけるのを笑顔で待っています。

手を伸ばしてきて、私の手を触りながら「ど~う?元気?」などと言ってきます。

まあ、機嫌の良いこと!

驚いてしまいます。

母に何が起きたのでしょう・・・

気分が良いのはわかります。

落ち着いていて、穏やかで、笑顔ですからね。

日中は、夢中で雑誌を読んでいますよ~

熱心ですね・・・

雑誌の内容の理解は、母なりに自己流で解釈しているようです。

でも、ちゃんとわかっているところもあるようです。

まあ、そのようなことはどうでもいいのです。

雑誌を楽しんでくれれば、満足なのですよ~

私が何かの本を読んで、著者の思惑とは別のことをそこから感じ取っても

私がその本を楽しいと思って読めば、それはそれで、いいのですからね。

私は経験のないことは理解できませんし、

想像力で補うとしても、限度と言うものがありますよね。

母の理解力は限られています・・・

今の母の歳相応のボケ具合に比例しています。

でも、想像力たるや私の及ばない凄いものがあるように思えるのですよ。

発想が豊かとでもいうのでしょうか、

子供と同じくらいの囚われない自由さがありますね。

そして、この「自由さ」と思えるものが、

母の身体に、実はすごい働きをしているのではないかなと思っているところです。

今日の訪問入浴もいつもの通り、ご機嫌でした。

バイタルも問題なしです。

健康そのものなのですよ。

101歳の身体には、101歳の臓器が頑張って働いている。

働きづめの心臓や肺、疲れた肝臓や膵臓、くたびれた胃や大腸など、

弱っている臓器それぞれが、弱っているなりに連絡を取り合い、

それぞれの臓器が、バランスを取り合って動いている。

101歳に似合ったように動いている・・・

何かの臓器を取り出して、そこだけを検査すると、

悪いところが出てくるかもしれませんが、

臓器全体が疲れているのですから、

案外、それで上手くいっているのかもしれません。

母は、自分は若くて元気だと、思っているようですから

そのような発想も、健康に一役買っているのかもしれないです。

自由な発想が、身体をもっと元気にしている・・・

日々、笑顔でご機嫌に過ごしています。

有難いことです。

ハワイの伝統的な言葉、ホオポノポノを思い出しました・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
久しぶりにナナホシテントウを見ましたよ。ナナホシテントウは、庭で冬越しします。
真冬にも姿を見つけることが出来るのですよ。カレックスの中で寒さをしのいでいます。
e0288951_18582529.jpg

フリュイテ
e0288951_1913443.jpg

ピエールドロンサール 秋にも咲いてくれました
e0288951_1921148.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




ホ・オポノポノ


心と身体
by gutsuri | 2014-10-27 19:23 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

フラワーセンターのバラ

鎌倉文学館のバラ庭園できれいに咲いているバラを見て、

また、大船フラワーセンターで伸び伸びと枝を伸ばし咲き誇っているバラを見て、

手をかけられているバラは美しいなあと心から思いました。

見事な大輪の花が咲いていたり、一枝に驚くほどのたくさんの花が咲いていたり、

手をかけられているって素晴らしいですね。

愛いっぱいのバラですよね。

翻って我が家のバラですが、

「シンプルなバラ育て」と「虫と一緒にバラ育て」

この二段構えでバラを育てています。

バラも心得たもので、それなりに咲いてくれます。

それなりにです・・・

こちらの気持ちを汲み取って、無理せず咲いている・・・

そのような感じですかね~

昨日のフラワーセンターのバラからいくつかご紹介します。

紫雲  京成バラ園 1984作出
e0288951_17471731.jpg

夢  京成バラ園 1994作出 
e0288951_17488100.jpg

ブラックティー   京阪園芸 1973作出 
e0288951_17514065.jpg
 
トーナメントオブロージズ  アメリカ J&P 1989作出
e0288951_17565220.jpg

ホワイトマジック  アメリカ J&P 1989作出
e0288951_18153414.jpg

マリアカラスとノスタルジー、我が家にもありますが、

違うバラのように立派に咲いていました。

マリアカラス  フランス メイアン 1965作出
e0288951_181916100.jpg

ノスタルジー  ドイツ タンタウ 1995作出
e0288951_18201374.jpg

我が家の庭には虫がたくさんいるので、

春にちょっと気を抜くと、バラの新芽や蕾が虫に食われて大変です。

この春はマリアカラスが一輪しか咲きませんでした。

来年はたくさん咲いてくれることを願っています。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




アブラムシ退治は水だけでも有効だそうです・・・


心と身体
by gutsuri | 2014-10-26 19:26 | 大船フラワーセンター | Trackback | Comments(0)

今日は午前中に大船フラワーセンターに行きました。
e0288951_1550658.jpg

お天気が良くてお出かけ日和、
e0288951_15525476.jpg

家に居るのがもったいなくて、身体をお日さまや風に当てたいと思いました。

秋バラが見ごろでたくさん咲いていましたよ。
e0288951_1612143.jpg

ここのバラ園は母とよく来たのですよ。
e0288951_1633489.jpg

バラ園の一角にベンチがたくさん並べてあります。
e0288951_15535364.jpg

上の写真の右側、白い屋根のところにベンチがたくさん並んでいます。

足の弱い方はそこでゆっくりと休むことが出来る・・・

そう、バラに囲まれてです。

そして、バラの香りに満たされて・・・

高齢者にやさしいバラ園なのです。

桜霞  京成バラ園 1990
e0288951_1694640.jpg

うらら  京成バラ園 1995
e0288951_169380.jpg

花房  京成バラ園 1981
e0288951_16114413.jpg

などなど、日本で作出されたバラが見事に咲いていました。

ここのバラたちは皆、年季が入っていて、その幹の太いこと!

20~30年経っているバラも多いと思われます。

イングリッシュローズは、グラハムトーマスとパットオースティンがありました。

2~3輪咲いていましたよ。

菊もたくさん咲いていてきれいでしたよ。
e0288951_16523629.jpg

菊の盆栽でしょうか
e0288951_1653345.jpg

今日は大船駅で孫と待ち合わせして一緒にフラワーセンターに行きました。

お供がいるといつもの調子とはいきません。

大変なところもありますが、それもまた楽しです。

今日の夕日
e0288951_16582093.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







心と身体
by gutsuri | 2014-10-25 18:43 | 大船フラワーセンター | Trackback | Comments(0)

長谷寺

10月18日に鎌倉文学館のバラ庭園に行きましたが、

時間が早かったので、その前に、長谷寺に寄り、ぶらりぶらりと散策しました。
e0288951_17421998.jpg

紫陽花がきれいなことでよく知られている長谷寺は、

小山全体が長谷寺なのですが、

青々とした豊かな緑と可愛い小花とのバランスが素晴らしいです。

たくさんの鯉が泳いでいる池に佇むと、心から落ち着くことが出来て、
e0288951_1821853.jpg

背後に隠れている長い歴史を十分に感じさせてくれる美しい日本庭園でした。
e0288951_1825596.jpg

境内は空いていましたが、写経に来られた方々が大勢いらっしゃったようです。

石に一文字書くと言う写経を私も体験しましたよ。
e0288951_1865344.jpg

「無」と言う文字を書きましたが、意味が深いですね・・・

偶然にも毎月18日だけ回すことが出来るというまわり堂、
e0288951_1885620.jpg

ぐいぐい押して一周しました。
e0288951_189571.jpg

そして、マニ車も
e0288951_1813886.jpg

こちらもくるくる回しました。インド文字に似ていますね。
e0288951_18134571.jpg


e0288951_18162545.jpg

皆さん、つい、撫でてしまいます。
e0288951_18171490.jpg

こちらも撫でました・・・
e0288951_18174968.jpg

紅葉の頃にはさぞかし美しいのでしょうね。

その頃もまた長谷寺に来たいものだと思いました。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シャリファアスマに緑色のお腹をしたハナグモがいます
e0288951_18195237.jpg

これは虫食いのイングリッシュヘリティッジ
e0288951_18204238.jpg

スーリールドゥモナリザを3輪切り取って飾りました。今日は新月ですね。
e0288951_18211150.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-10-24 18:58 | 鎌倉 | Trackback | Comments(2)

冷たい雨が降っています。

本格的な秋になりました。

秋って不思議だなあと時々思うことがあるのですよ。

春や夏には感じられなかったノスタルジックな雰囲気が漂っているように感じられます。

ふとした拍子に過去のことなどが蘇ってきたり・・・

沈んだ気持ちになっている自分に気が付いたり・・・

私たちの気持ちの上で、季節要因ってあるのではないでしょうかね・・・

秋だからこその物思いなどもそうかもしれません。

よく訪れるブログがあるのですが、

昨日は、そこで、エボラ伝染病(エボラ出血熱)についてでした。

メディアでセンセーショナルに取り上げられ、万人が恐れるエボラ出血熱です。

エボラ出血熱はウイルスによる伝染病だそうです。

ウイルスというものは、酸性体質の身体において、

増殖、繁殖しやすいのだそうです。

身体をアルカリ体質に保っておけば、エボラ伝染病には罹りにくいのではないか、

そのような内容でした。

身体がアルカリ体質か酸性体質かを調べるには、

リトマス紙をちょっと舐めてみると、すぐに結果が出ます。

私は時々リトマス紙を舐めてチェックしていますよ~

世間では一般的に、アルカリ体質だと病気になりにくいと言われています。

食べ物が身体を作るのですから、

何を食べるのかが大切になってくるわけですね。

食に関しては、皆それぞれ好みがありますし

食事は楽しみの一つでもありますよね。

また、健康についての意見も多々ありますから、健康スタイルもいろいろです。

何を信じてどのような食生活を実行するかということもその人次第です。

身体のアルカリ体質、酸性体質と言う面で考えた場合には

エボラ出血熱については、このようなことが言えるのだそうですよ。

興味深いお話でした。

今日は昼前に家を出て孫たちに会いに行きました。

元気をもらえました~

子供たちって本当にパワフル!

そして、楽しい!


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
イングリッシュヘリティッジ
e0288951_11113392.jpg


e0288951_11114665.jpg

コンフィデンス
e0288951_1112555.jpg

ズヴニールドゥラマルメゾン昨日の咲きかけの花です
e0288951_11123534.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-10-23 19:30 | 健康 | Trackback | Comments(0)

100万回生きたねこ

私のダンシャリは滞りなくすすんでいます。

バッサバッサと思い切りよく・・・のときもありますが、

ノンビリと、もう一度、その時の思いに触れながら・・・というのもありで、

処分する前にもう一度読んでみようなどと、

童話をパラパラ捲ったりしながら

孫たちの幼い頃を思い出しながら「100万回生きたねこ」を読み返しました。
e0288951_17111076.jpg

数年前には、何気なく読み飛ばしていたのですが

この話は輪廻転生をさり気なく書いていますね。

このねこは、たくさんの輪廻転生を繰り返しているのですが(100万回ですね)

いろいろな飼い主の元でいろいろな人生を体験していても(ねことしてですが)

ひとつとして、心底から満たされた人生はありませんでした。

どんなに可愛がられていても・・・です・・・

しかし、ノラ猫として生きている今の人生で、

このねこなりに心からの喜びを感じることが出来て、

この人生以後、再び生まれ変わることはなかったというお話です。

奥が深い童話だったのですね~

私たちは、数百回~数千回の輪廻転生を繰り返していると言われています。

もっと多いと言っている方もいらっしゃいますが・・・

魂というものは、どうも、中性のようで(男性でも女性でもない)

次は男になろうとか女になろうとか、自分で選んで、

この人生にやって来たのだと言われています。

自分で選んで、今の自分になっているわけですね。

この頃はいろいろなサイトで、このようなことが書かれていますから 

取りたてて珍しい意見ではありませんが、

童話の中に輪廻転生を発見して、いささか驚きましたよ~

読み返してみてよかったです。

それに気が付けば、作者に親近感が湧きます。

孫のおもちゃ類は使ってくださる方がいて、再利用していただけました。

木のおもちゃは温かみがあるので好まれるそうですよ。

少しスッキリして、家の中の気の巡りが良くなったと感じています。

この調子でダンシャリをすすめていきたいです・・・


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ミセスジョンレイン
e0288951_18262450.jpg

ズヴニールドゥラマルメゾン
e0288951_18272417.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_18275136.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







心と身体
by gutsuri | 2014-10-22 18:43 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri