<   2014年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

生きようとする意志

先日、私が夕方から外出した時は、帰宅時間は夜10時を回っていました。

母の部屋では、テレビが大きな音を出していましたが

母は雑誌を手に取ったままウツラウツラしていましたよ。

声をかけると、「あら、帰ったの?」

そしていつもの夜の御仕度です。

入れ歯を出してポリデントに浸けます。

今はまだ、自分で外して出すことが出来ますから、助かっています。

歯は命の綱です。

入れ歯のおかげで普通の食事が楽しめますからね。

完食ですよ。秋ですものね~

その後、ナイトケアで口を漱ぎます。

何回も丁寧に漱ぎますよ。

高齢者は誤嚥性肺炎で命を落とすことが多いと聞きますから

口内の清浄には力が入ります。

洗面器に水を張ったものの中に、

ナイトケアで口を漱いだものを吐き出してもらうのですが、

勢い余って洗面器の外まで飛んで行き、

ベッドの両側の柵に渡して掛けてある細長いテーブルを乗り越えて

タオルケットも私の手も濡れてしまいました・・・

すごい肺活量だワ・・・

ありゃ~、元気だね~と自分で言っていましたけど・・・

そしてベッドの背を倒して横になってもらい、おむつを替えます。

最近は、おやつに果物をたくさん食べているせいか、

尿の濃さもそれほど気になりません。

ベッドの背を少し上げて、膝も少し曲げた状態に調節して、お休みです。

お世話をして下さる皆さんが口をそろえておっしゃいますよ。

母の身体の動きが良くて、ご機嫌であると・・・

体温や血圧、脈拍などのバイタルを見ると健康そのものなので

多分、母は今、本当に健康なのだと思います。

どうしてこんなに元気になったのか、私にもよくわかりません。

でも、母を見ていると、生きようとする意志が感じられるのです。

全身から生気が立ち上っているように感じることすらありますからね。

元気の源は、その生きようとする意志の力だと思っています。

介護をしていると、思わず発見があるものです。

梨やブドウが美味しい季節ですが、

母がブドウを口に入ると「これは美味しい!」と言います。

その途端に母の全身に何かが漲るように感じるのです。

エネルギーが充電されたかのように・・・

これを見て私も充電されていますよ。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
久しぶりに水遣りしました。乾燥していますね。その後で乳酸菌もドボドボと撒きましたよ。
コンフィデンス
e0288951_16265121.jpg

マッキントッシュ 小振りです 肥料をやらなくてはと思いました 
この冬は寒肥をやります
e0288951_16271914.jpg

ホトトギス
e0288951_1629297.jpg

花ショウガも終わりです
e0288951_163002.jpg

今日の夕日
e0288951_17104836.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-30 18:41 | 介護 | Trackback | Comments(0)

な~んだ、シンプルね!

連日、引き寄せの法則について書いています。

引き寄せの法則は、深く考えれば、どこまでも掘り下げていくことが出来、

また、私のように能天気でお気楽な性質は、

引き寄せの法則を、私なりにシンプルに解釈しています。

「明るくて良い気分でいること」

これだけですね。

毎日を楽しく過ごすこと。

たまに落ち込んだりしても大丈夫です。

それは自然なことだから・・・

気が付いたらまた、気分が良くなることをします。

このようにしていると、発している周波数が高くなり、

その周波数と同調して、それに見合ったことがやって来るでしょう。

ケセラセラの世界で生きていますよ、最近は・・・

私がいろいろ書くよりも、youtubeでいろいろありますからそれを貼り付けますね。


それにしても、木曽の御嶽山は、突然噴火して大変なことになりました。

身近なところに山好きがいますから、他人事ではありません。

彼は4月の雪が多いときに御嶽山に登ったそうで、

山小屋はすべて雪の下に隠れていて見えなかったそうです。

その時(2年前)にも、噴火口から水蒸気が立ち上っていて

噴火口辺りだけは熱で雪が溶けていたそうです。

御嶽山は3000メートルの高さがありますから、

山が好きなら一度は登ってみたいと思う山らしいです。

秋晴れの土曜日のお昼時、頂上でお弁当をを楽しんでいた方もいらしたことでしょう。

被害に合われた方々に心からお見舞い申し上げます。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
レディーヒリンドン
e0288951_1749884.jpg

シェイクスピア
e0288951_17494397.jpg


e0288951_17495565.jpg

今日の夕日
e0288951_17501438.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-29 18:45 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

類は友を呼ぶ

今日もまた、引き寄せの法則です。

地球上に存在しているものは全て、

それ独自の周波数を持ち、振動しているのだそうです。

目には見えず、微細な振動ではあるけれど

そのようなものがこの空間を満たしているそうです。

目には見えないですから、また、その振動を私たちは知覚できないですから、

私たちにとってはそれは存在しないも同然ですが、

何もないと思っている空気や大気、部屋の中や庭や森の中は、

いろいろな情報に満ち溢れていると言われています。

引き寄せの法則のときに、エイブラハムがよく引き合いに出すのが

ラジオの周波数のことです。

ラジオを聞こうと思ったら、スイッチを入れてダイアルを合わせます。

FM81.9にダイアルを合わせると、NHKのFM放送が流れ、

AM59.4にダイアルをあわせれば、NHKの第一放送を聞くことが出来ます。

私たちが住んでいるこの空間には、様々な周波数が流れていますから

私たちは自分が発している周波数を、

希望の周波数に合わせなくてはならないのです。

幸せになりたいのなら、まず、幸せ周波数を発することです。

幸せとは、条件付きのものではありません。


こうなると幸せなのに・・・

あれがあると幸せなのに・・・

このような周波数を発していれば、これは不満を発していますから

不満と同調していることになります。

幸せとは選択なのだそうですよ。

まず初めに、幸せを感じて、そして幸せ周波数を発していれば、

それは幸せ周波数と同調していることになりますから

幸せがやってくるということです。

幸せにダイアルが合っているのです。


同じものが引き合う。

類は友を呼ぶ。

このことわざもスピリチュアル的でしたね。意外なことに・・・

私たち人間の思考や意識が、特定の周波数を持った波動であり

この意識の波動が、現実世界を作り出しているらしいですよ。

量子物理学でわかってきたことなのだそうです。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
アブラムシの勢いがとまりませんね。我が家だけかもしれませんが・・・
今朝もスプレーでアブラムシを吹き飛ばしながら洗い流しながらしていると
私の指先が緑色に・・・
シャンタルメリューにたくさんついています。棘が多いのに素手でしましたから
痛い思いをしました・・・
スーリールドゥモナリザ
e0288951_1753836.jpg

マルゴコスター
e0288951_176859.jpg

クレアオースティン
e0288951_1762441.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-28 18:27 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

I want ~.

今日も引き続き、引き寄せの法則です。

引き寄せの法則では、何かが欲しいという思いがあるとき、

例えば、お金が欲しいときに、 「お金が欲しい」  I want money.

と強く願ってもダメなのですよね。

I want ~. 何かが欲しい、必要だ、という語形は、

それが今ないから欲しいのであって、それは欠乏を土台にしていますから、

~が欲しい、 I want ~. と言う表現は、欠乏を表しています。

欠乏の波動を発信していれば、戻ってくるのは、欠乏だということになり

欲しいものはいつまでたってもやって来ません。

欠乏を発しているのですから欠乏がやって来ます。

あなたが豊かさを経験するか貧しさを経験するかは、他の人が何をするか
何を持っているかとは全く関係がない。関係するのはあなたの見方だけだ。
あなたがどんな思考を差し出すかだけだ。

健康のことで例を出すとわかりやすいです。

心臓に病気を抱えている人が、いつも心臓のことを心配していて

心臓がちゃんと働いているか不安でならない場合と

心臓が悪くてもそれを心配するのではなくて、

心臓がきちんと働いているところをいつもイメージしている場合とでは

心臓の働きや回復に、差が出て来るかもしれませんよね。

どのような考えを発しているか・・・知らないうちにですが・・・

日々の生活パターンは無意識でしている場合が多いそうですから、

ちょっと気をつけて常に思考をチェックすれば、

幾分は変化があるかもしれませんね。

意識するかしないか・・・

その瞬間瞬間を意識してということなのでしょうか。


昨日は夕方から東京へ行き、

丸ビルの35階でイタリアンのディナーを楽しみました。

3~4か月ぶりにお肉を食べました。

松茸のパスタが美味しかったです~

夜景がきれいでしたよ。

お台場が良く見えましたが、

別の場所から花火が上がっているのが小さく見えて可愛かったです。

久しぶりの気分転換でした。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シャリファアスマ
e0288951_1935431.jpg

イングリッシュヘリティッジ
e0288951_1941973.jpg

クレアオースティン
e0288951_1943733.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-27 19:34 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

情けは人の為ならず

引き寄せの法則の続きです。

情けは人の為ならず。

このことわざを見聞きする度に、これは引き寄せの法則のことなのだと思ってしまいます。

このことわざの意味は、

人には親切にしておくこと。そうすれば巡り巡ってそれが我が身に返ってくるのだから。

人に優しくするのは、その人の為ではなくて自分の為なのだ。

もちろん優しくされた人も温かい気持ちになって嬉しいだろう。

困っている人のみならず、人には親切にしておくと、結局はそれが自分に返ってくる。

それが世の中の仕組みなのだ。

このような意味ですから、これはまさに引き寄せの法則です。

バシャールがいつも話している「発するものが戻ってくる」、まさにこれなのです。

日本は古の昔から、引き寄せの法則のことを、

みんな知っていたのかもしれませんね。

諺や童話などは、私たちの目に触れやすいものです。

そこには古来から伝わってきた知恵が詰まっているのです。

目線をちょっとずらして読むと、発見があるかもしれませんね。

他にも、まだまだたくさんの知恵が溢れている書があるのでしょうが

古語で記されているとハードルは高いです。

日本語でも「魂」と言う言葉があるのですから、

スピリチュアル的な考え方は、世間に広まっていたでしょうね。

空海以降でしょうか・・・

日本には、スピリチュアル的な考え方がしっかりと土壌に根付いていたと思われます。

前世、来世、輪廻転生、この世、あの世などの言葉もありますよね。

死と言うものを身近に感じて、死後の世界に思いを馳せ、

先祖をまつり、自然を敬い、季節の移り変わりの中で、

今の私たちよりももっと敏感に魂を感じ、畏敬の念を持っていたと思われます。

情けは人の為ならず・・・

これは非常にスピリチュアル的諺です。

「バタフライエフェクト」は、「風が吹けば桶屋が儲かる」でした。

古の日本って先を行っていたのですね。


さて、今日は夕方から出かけるので、予約投稿です。

上手く投稿できているといいなあ・・・


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-26 18:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

発したものを受け取る

以前、引き寄せの法則が大流行しました。

願えば叶えられる。

強く願えば、それが実現に向かっていくというものです。

このような引き寄せの法則の考え方には驚きましたが

youtubeで、エイブラハムのたくさんの動画を見ていると、

エスターは説得力がありますからね、

引き寄せの法則って面白いなと興味を持ちました。

願えば叶えられるなんて、まあ、楽しいわね~

一方で、これもyoutubeですが、バシャールがいつも言っています。

私たちは、発信したものを受け取るのだと・・・

人はそれぞれ固有の周波数を宇宙に発信しているのだそうです。

この世の物は全て振動しているそうですが、

私たちの身体も例外ではなく、

みんなそれぞれ独自の周波数を発信しているのだそうですね。

その時、その人がどのような状態であるかによって周波数は決まるそうです。

穏やかな時、笑っているとき、楽しいとき、何かに夢中になっているとき、

退屈な時、イライラしているとき、怒っているとき、

喧嘩しているとき、嫌なことを思い出しているとき、

周波数は高かったり低かったり・・・変化しているそうです。

宇宙は、私たちが発信した周波数を受け取り、

その周波数に見合ったことを応援してくれるといいます。

「まず、幸せになる。幸せを感じる。そうすると幸せがやって来る。」

こういわれていますよね。

自分が望んでいることを感情を伴って発信することが大事なのだそうです。

私たちは皆歌手であり、

宇宙に向かってそれぞれがいつも自分の歌を歌ってお披露目していることになります。

そして宇宙はその歌を聴いていて、

その歌に応じたことが返って来るということになるのです。


先日鎌倉の八幡宮の境内を歩いていて

どうしたわけか、ふと、引き寄せの法則を思い出したのです。

本棚にはまだ引き寄せの法則の本が並んでいますが

本を読むとエイブラハムもバシャールと同じことを言っているのがわかります。

思考とはとてもパワフルなもので、

思考によって私たちの周波数が決まるとなれば、

何を考えるかを選ばなくてはならないのです。

結構、面倒なこと・・・慣れればそうでもないのでしょうか・・・

神社で引き寄せを思い出して・・・

この組み合わせも愉快です・・・


昨日は久しぶりに孫たちに会いに出かけました。

子供の成長は早いものですね。

孫たちが気を使ってくれましたよ~

え~、いつの間に・・・

母の体調が良いので助かっています。


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
シェイクスピア、風が強く吹いています
e0288951_17364260.jpg

ジュビリーセレブレーション あちらを向いていたのを無理やり引き寄せました
e0288951_17442577.jpg

今日の夕日
e0288951_1745358.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-25 18:35 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

秋分の日、鶴岡八幡宮に行きました

今日は秋分です。

昼と夜の長さが同じ日です。

昼と夜がシーソーをしていて、丁度上手い具合にバランスが取れている・・・

そのような感じでしょうか。

バランスね~

バランスを上手く取るのは、案外難しいことなのですよね。

ついどちらかに偏ってしまいます。

知らないうちにですが・・・

冬至、春分、夏至、秋分と一年に4回、

太陽と地球の関係がはっきりとわかるときがあります。

ちょっとした気持ちの区切りとでもいうのでしょうか、

このような日は、自分なりに出来ることをやっています。

今朝は8時前に家を出て、鎌倉の鶴岡八幡宮に出かけました。
e0288951_1831322.jpg

境内は空いていました。

秋晴れの気持ちの良いお天気、のんびりと歩いて気分も良かったです。

大銀杏の切り株です。こんなに太い幹だったのですね。
e0288951_1835793.jpg

神社はきれいに浄められていて、芯から清々しい気持ちになります。

参拝では、母の長寿のお礼と

子供たちや孫たち家族皆が健康でいることへの感謝を伝えました。

2月の立春にはいつもここに来て、見事な寒牡丹を楽しむのですが

池に蓮がたくさんあるのに今日初めて気が付きました。
e0288951_18434319.jpg

花が咲いているときは、きれいでしょうね。

鎌倉の由比ヶ浜は賑わっていましたよ。
e0288951_18461467.jpg



虫と一緒にバラ育て 今日の庭
アブラハムダービー
e0288951_18482753.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_18485648.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-23 19:20 | 鎌倉鶴岡八幡宮 | Trackback | Comments(0)

オオスカシバ

庭にメドウセージが2株あり、いつもミツバチがホバリングしています。

メドウセージは本当にミツバチに好かれるのですよ。

今朝、洗濯物を干し終わってメドウセージの傍を通ると

きれいなハチがいるではありませんか!
e0288951_16916.jpg

急いでカメラを取ってきました。

お目眼パッチリのはっきりした顔立ち、このようなハチは見たことありません。

ハチのホバリングと同じ羽音を立てて、花のみつを吸っています。
e0288951_16252443.jpg

写真を撮りながら、ハチとはちょっと違うような気がしましたが

透明な羽を羽ばたきながら蜜を吸っている姿はミツバチのように見えました。

あ!お尻に毛が生えているわ~

面白いわね~
e0288951_16303448.jpg

今、こうして写真を見ているとハチの仲間ではないとわかります。

これは、オオスカシバ(大透翅)という蛾の仲間だそうです。

胴体をよく見れば、ハチというより蝶々に近いとわかりますよね。
e0288951_16484233.jpg

オオスカシバの幼虫はクチナシの葉や花を食べるのだそうです。

そういえば、先日バラ友さんと会った時に

クチナシが虫に食われた話を聞いたような気がします。

ひょっとして、このオオスカシバが幼虫のころに食い荒したのかもしれませんね・・・

幼虫は驚くほど大量の葉を食べますから・・・

メドウセージ
e0288951_17151421.jpg

こちらは濃い青ですが・・・
e0288951_17154524.jpg

メドウセージはミツバチに好かれます。ミツバチがいつもブンブン飛んでいます。

私はにわか昆虫愛好家・・・自称ですけど・・・

今まで昆虫には、本当に無関心で来たので、と言うより、好きではなかったので、

この2~3年、庭にやってくる虫たちをちょっと観察しているうちに

生き物の世界の面白さに気が付いて

生命あるものすべてを優しい目で見守ろう・・・などと思ってはいるのですが・・・

そこには私の主観も入りますけどね。(バラの害虫はやっつけますよ~)

今日のブログを書いていて、写真を貼りつけたりしながら

やっぱり、私はオオスカシバのような大きな昆虫は

あまりアップで何度も見たくはないなあと感じています。

ちょっと苦手の部類ですね・・・

まだ、ヘナチョコ昆虫愛好家なんですよ。

でも、やはり、生きとし生けるものはみな素晴らしい。

そうですよね・・・

今日の夕日
e0288951_1742597.jpg


虫と一緒にバラ育て 今日の庭
アランティッチマーシュ
e0288951_17435182.jpg

ズブニールドゥラマルメゾン
e0288951_17444715.jpg

蕾のうちに半分虫に食われてしまったシャリファアスマ
e0288951_1749650.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-22 18:45 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

夕日が戻って来ました

11月から2月まで、我が家からきれいな夕日が見えます。

今日はまだ秋のお彼岸ですが、久しぶりに夕日が見られましたよ。

秋になると空気が澄み渡って来ますから、夕日が一段と鮮やかに思われます。
e0288951_1881644.jpg

海面に映る夕映えは見られませんでしたが

夕焼けはもうすっかり秋です。
e0288951_18133674.jpg

南西に海が見える我が家は、

夕日の沈む位置が動いていくのが手に取るようにわかるのです。

これからだんだんと夕日の沈む位置が、伊豆半島の先端寄りになって行きます。

そうすると、駿河湾の海に夕日の輝きが映るのです。

12月22日の冬至の日に、最も南寄りにお日さまは沈み、

その日を境に、Uターンをして、北向きに進路を変えるのです。

そしてまた伊豆半島を北に動いて行きます。

夕日が沈むのを眺めていると、

その間だけは、ほんの少し別の世界に浸ることが出来るのですよ。

地球って動いているのだなあ。

太陽と地球の位置関係は刻々とかわっているのだなあ。

でも、一年経つとまたもとの位置に戻ってくるのは不思議だなあ。

一週間でもかなり沈む位置が違ってきます。

一ヶ月ともなれば随分と動いているのです。

間違うことなく、そして寸分の違いもなく、太陽と地球の関係は成り立っています。

太陽系の他の惑星、金星、水星、火星、木星、海王星などとの関係も

バランスを取りながら、太陽はきちんと管理しているのでしょうね。

天の川銀河の中での太陽系の位置も、

宇宙の中での天の川銀河の位置も、

全てにおいて、何かの叡智によって、寸分たがわず動いているという・・・

それは一体何なのだろう・・・

こんなことを思い浮べるのも、秋のせいかもしれませんね。

今日のお日さまはきれいでしたよ~
e0288951_18474040.jpg



虫と一緒にバラ育て 今日の庭
ズブニールドゥラマルメゾン
e0288951_1859474.jpg


e0288951_18592065.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ






心と身体
by gutsuri | 2014-09-21 19:14 | 夕日 | Trackback | Comments(0)

ジョロウグモ

庭にジョロウグモが巣を張っています。

あちらこちらにありますから、気をつけなくてはなりません。
e0288951_17231514.jpg

初めは、ジョロウグモかコガネグモか区別がつかなかったのですが

調べてみるとどうもジョロウグモのようです。

小さいうちはよくわからなかったのですが、

身体が大きくなると、特徴がはっきりと出て来てジョロウグモだとわかりましたよ。

ジョロウグモのジョロウは、女郎から由来した言葉だと思われていますが

上臈(高級女官のような身分の高い人)のジョウロウから来た言葉がなまって

ジョロウになり、それが由来だとする説もあります。

いずれにしても、黒、白、黄色、おなかに赤のきれいな姿です。

目に見えて大きくなってきますよ。

ある日突然、庭に大きな立派な巣が張られていて

一日でこのような作業が出来てしまうことに驚きます。

その巣が通り道にできていると困ってしまいますけどね~

私が作った小道があるのですが、

そこにジョロウグモの大きな巣が張られているので

今は通り抜けできない状態です・・・
e0288951_17531530.jpg

大きいクモと小さなクモが近くにいるので、親子かなあと思っていたら

オスとメスなのだそうです。

もちろん大きくて立派なのがメスですよ。

虫の世界では、そうですよね。

どういうわけか知りませんが・・・
e0288951_1853932.jpg

庭にクモの巣がたくさん張っていて、それを何とも思わない私の変化にも驚いています。

クモの巣は天然の防虫網なのだと思っています。今はですが・・・

無農薬でバラ育てをしている私にとっては、

クモの巣は、虫を取ってくれるありがたい存在なのです。

今、庭で目立つのは、ジョロウグモとカマキリとオンブバッタです。

9月の庭というのは、このようなものなのでしょうか・・・

春に活躍したハナグモ、ササグモ、ワカバグモ、オニグモなどは

一体どこにいるのでしょうか・・・

花からも季節を感じますが、昆虫たちからも季節を感じるこの頃です。

虫と一緒にバラ育てですものね・・・

今日の庭
ソニアリキエル
e0288951_18203485.jpg


e0288951_1821752.jpg

バジルの花
e0288951_18212578.jpg

クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







心と身体
by gutsuri | 2014-09-20 18:58 | 庭の虫たち | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri