<   2014年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

蝶が集まる花

今朝、洗濯物を干そうと庭に出ると

ブッドレア(オーレア)に蝶々が止まっています。
e0288951_16411810.jpg

洗濯物を放り出して、カメラを取りに行きましたよ~
e0288951_16474482.jpg

周囲をウロウロしても、まったく動じないで、花に集中しています。

もう一匹、少し小さい蝶々は、葉にとまっていました。
e0288951_16485820.jpg

こちらは模様が違うので、種類も違うのかもしれません・・・

何と午前中ず~っと、この二匹の蝶々はブッドレアに止まっていました。
e0288951_174156.jpg

慌てて走ってカメラを取りに行く必要はなかったようです・・・

ブッドレアはバタフライブッシュとも呼ばれていて

蝶々が集まる花として人気があるそうです。

優しい香りも辺りに漂っているのですよ。

我が家には、この赤紫と水色とピンク、三種類のブッドレアがあります。
e0288951_17154084.jpg


e0288951_17174384.jpg

楽しみです~

これからたくさんの蝶々が来てくれそうです。

蝶々は花の蜜を吸うためにやってきます。

ブッドレアの香りに誘われてたくさんの蝶々が来るのですよ。

それを知ってか知らずか、カマキリはブッドレアの枝に擬態して待ち構えています。

庭でカマキリが蝶々を捕まえているところは見たことがありませんが、

ブッドレアにはいろいろな小さな虫たちもやってきますから、

それを捕まえようと肉食昆虫たちもブッドレアに潜んでいます。

草食昆虫、肉食昆虫入り乱れてのブッドレア・・・

食べたり食べられたりの世界が出来上っていますよ~

これって自然の掟ですね・・・

この小さな庭での話ですけどね・・・

今、ピンクのブッドレアの写真を撮ってきたのですが

モンシロチョウが飛んでいました。

変化のない毎日ですが、蝶々さんが来て活気づけてくれそうです。

この夏も千客万来!

庭の話ですけどね・・・

蝶々はキタテハという種類のようです。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
ベンジャミンブリテン
e0288951_17383120.jpg

グラミスキャッスル
e0288951_1739782.jpg

レディーオブシャーロット
e0288951_1739428.jpg

アブラハムダービー
e0288951_17402718.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-30 18:44 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

100%受け入れる・・・

母が紙オムツのお世話になり始めて一年半が過ぎました。

お世話する側としては、慣れてきましたね~

初めのうちは、おむつかぶれになったらいけないと、かなり気を使いましたが

最近の紙オムツは上手く出来ているのです。

その心配は杞憂に終わりました。

今のところ、母がたまにひっかき傷を作るくらいです。

お世話される側、すなわち母はどうかというと・・・

紙オムツに対して、気持ちの整理はついたように見えますね。

抵抗はありませんからね。

ヘルパーさんに対しても

ヘルパーさんが仕事をやりやすいように身体を動かしている、

母なりの気配りが出来ています.

では、紙オムツを100%受け入れているのかというと

そうではないのですよね~

紙オムツの中で排便できないのです。

トイレに行くと言い張ります。

それが一年半続いています。

初めのうちは、トイレに行くと言っていたのですが

最近は少し違ってきました。

とにかく、出かけなければならない、

だから、ベッドから出なくてはいけない、

どこかわからないけど、とにかく行かなくてはならないのだから・・・

ベッドの柵を外してちょうだい!

このように言います。

寝たきりになった母が哀れに思えて

母の手を握って、「うん・・・うん・・・」と

母の言葉に耳を傾けていたこともありましたけどね・・・

この頃は違いますよ~

新しい雑誌を何冊か用意してあります。

新しい雑誌を目にすると、母の目がキラリーンと輝くのです。

嬉しそうに雑誌を手に取って、ページをめくっています。

気が紛れる・・・・そうなのです・・・

新しい雑誌で時間をやり過ごすことが出来ています。

問題が解決されたわけではないのですが

気持ちが楽になる・・・というところでしょうか・・・

そして助かるのは、母が穏やかだということです。

自分がどうしたいかを伝えたい、それが響いてきます。

来月百一歳になります。

母は昨年より元気なのですよ~

ヴァージョンアップしたと思っています。

ということで、7月は、ニューヴァージョンの扶美さん誕生です。

今は変化の時代ですが

扶美さんも時代の波に乗って変化している・・・出来ている・・・

これからもいろいろあるでしょうけどね、

たくさんの幸せを感じる能力にはますます磨きをかけて

変化の波に乗ってほしい・・・

そう思っています。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
レディーオブシャーロット
e0288951_18192576.jpg


e0288951_18202030.jpg

ペッシュボンボン
e0288951_182123.jpg


e0288951_18215416.jpg


e0288951_1822279.jpg


e0288951_18225657.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-29 18:55 | 介護 | Trackback | Comments(0)

たかが夢、されど夢・・・

毎週金曜日夜10時から、教育テレビで、日本の芸能という番組があります。

日本舞踊を見せてくれるのですよ。

母はこれを楽しみにしていて、昨夜も目を輝かせて観ていました。

番組が終わって、「どうだった?日舞は楽しかった?」と聞くと

「きれいだったね~ 良かったよ~」と応えていました。

「私の知らない踊りだったけど、衣装がきれいでね。

動きがはっきりとしていてね・・ちょっと派手な踊りだったね~」

感じたことをいろいろと話してくれました。

このような日本舞踊の番組があって、本当に助かっています。

プロが踊っているのですから

母が見とれる程、夢中になって当然ですけど

日舞の合間に、ちょっとしたお話も加わって

踊りの背景などをわかりやすく説明してくれるのです。

着物についてのお話もありますから

母は笑顔でず~っと観ていましたよ・・・

今朝のお目覚めも、「おはよう」と私が声をかけると

入れ歯の入っていない口で、もぞもぞと「おはよう!」と返してくれます。

笑顔です~

昨夜、日舞を見て、母はそのまま眠ったのですから

夢の中できっと日本舞踊を踊っていたのかもしれませんね。

夢の中で体験したことは、その人にとってはリアルなことです。

たとえ夢でも、そのような夢を見たということは事実なのですから

その体験は真実だと考えています。

99歳と4か月から、ベッドの上が母の全世界になりました。

が、それでも、なにがしかの楽しみがあって、日々を笑顔で過ごせるのなら

その世界も悪くはないなあと思っています。

それが、夢の中の日本舞踊であっても・・・です。


夢はまぼろしとも言いますが

まぼろしであっても、見たのであれば

その人にとっては、そのまぼろしは真実です。

まぼろしを意識出来る限り、それは真実の世界なのです。

夢って面白いのですよね。

スピリチュアルでは、夢を重要視することがあります。

睡眠中は基本的に無意識ですから

夢の中で、その人の潜在意識が顔を出すことがあります。

普段、意識下に隠れているものが出てくるのですよ。

最近は、lucid dream(明晰夢)という言葉もよく見受けます。

睡眠中、夢を見ているときに

自分が夢を見ているのだという自覚があって

その夢を自分の思い通りに変化させることが出来る夢

それを lucid dream、明晰夢と言っています。

練習をすれば出来るようになるそうです・・・・・・

ちょっとしたコツがあるらしいですけど・・・

起きているときに、将来なりたい姿を思い浮べるのも・・・夢

睡眠中に無意識下で、お布団の中で繰り広げられる冒険も・・・夢

同じ言葉なのですよね。

関連があるのかもしれません・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
コンフィデンス 春は虫にやられて元気がなかったです。今ようやく咲いています。
e0288951_18211826.jpg

アブラハムダービー
e0288951_18241045.jpg

シャンタルメリュー 6月にたくさん咲きました。これが咲いたらしばらくお休みです。
e0288951_18245279.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_18261262.jpg


e0288951_18272165.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-28 18:39 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

江島神社

梅雨のこの時期、鬱陶しい日々が続きますが

6月もそろそろ終わりますね。

2014年になって、もう半分が過ぎようとしています。

飛ぶように日々は過ぎて行きますよね~

最近、どうしてこう時間の経つのが速いのか、不思議でなりません。

深呼吸を10回したら、一日が終わってしまいそう・・・

大げさではなくて、そう感じることがあるのですよ~

今日は思い立って、江ノ島へ出かけて来ました。
e0288951_1741813.jpg

母が無事に誕生日を迎えられそうです。

来月ですけどね・・・
e0288951_17423019.jpg

食欲もあって、体調も良好で、頭のねじは少し緩んでいますが

それでも、本を読むのが一番の楽しみなのですからね、

それなりに頭は働いてくれているのです。
e0288951_1744578.jpg

天の神様に、感謝の気持ちを伝えたくなりました。
e0288951_17444214.jpg

いつもなら、鎌倉の鶴岡八幡宮に行くのですが

今回はちょっと足を延ばして、江島神社にお参りをしてきました。
e0288951_18154114.jpg

私たち家族も、子供たちも、孫たちも、おかげさまで元気に過ごしています。
e0288951_1819282.jpg

また、母も一世紀を生きることが出来て

さらに、ヴァージョンアップして、次の新しい一歩を踏み出そうとしています。
e0288951_18325163.jpg

神様にお礼を言いたくなりました・・・
e0288951_18333742.jpg

そして、私自身もちょっと、神社のパワーに浸りたい・・・
e0288951_18343232.jpg

そう思って出かけて来ました。

江島神社は海流から生まれたパワースポットだそうです。
e0288951_183526100.jpg


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
イモーションブルー
e0288951_1837257.jpg

シャリファアスマ
e0288951_183875.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-27 18:52 | 鎌倉、葉山、横須賀 | Trackback | Comments(2)

バラの入れ替えは、ちょっとブルー・・・

クラウンプリンセスマルガリータは葉をすべて落としています。

そして、その近くにあるバラたちも葉を落としていて

そこだけ季節が異なっているような感じがします・・・

マダムイサクペレール、フェリシア、ラレーヌビクトリア、そしてクラウンプリンセスマルガリータも・・・

そう、冬枯れのようなのですよ・・・

1番花はきれいに咲きましたが、

そのあとは黒点病になり葉をすべて落とし、冬の枝になっている・・・

6月に入ってずっとそれを見ていて、考えるところがありましてね・・・

毎年のことですから・・・


私は無農薬でバラ育てをしています。

本当に、消毒なるものは一切していないのです。

消毒も木酢液もニームも、な~んにもしないでバラを育てています。

消毒として、薄めた酢水をスプレーすることはあります。

これは、まあ、アブラムシを洗い流すような感じで使っています。

それと、発酵とぎ汁乳酸菌をスプレーします。

発酵とぎ汁乳酸菌はバラの根元に撒くことが多いのですけどね。

活性剤として素晴らしい働きをしてくれますよ。

使っているのは、酢水と乳酸菌液だけです。

私は、たくさんの虫たちが棲んでいる庭でバラを育てたいと考えていますから、

使うものは自ずと制限されてしまいます。

制限されますけど

虫たちと一緒のオーガニックローズガーデンを私は楽しんでいるので

使うものの制限は、それ程苦になることではありません。

今の時期、どこからともなくカマキリの赤ちゃんが現れて可愛い姿を見せてくれます。

嬉しいですね~

本当に小さいのですけど、
e0288951_17103992.jpg

一人前にカマキリらしく振る舞うところが微笑ましいですね。

無農薬無肥料でバラを育てていたら、

私の知らないうちに、虫の世界が庭に出来上がっていて

虫たちが我が物顔でのし歩いているこの庭・・・

どういうわけか、居心地がとても良いのです。


最近思うのですが

無農薬で育てることが出来るバラは、限られているのではないか・・・

そのように感じています。

品種改良を繰り返して、毎年新しいバラが生まれています。

ヨーロッパではきれいに咲いても

高温で湿っぽい日本の6月は

バラにとっては、厳しい環境なのでしょう。

1番花を咲かせた後でホッとしたその直後に梅雨の季節に入っては

黒点病に負けて葉を落としてしまっても

仕方ないのかもしれません。

そういうバラには、消毒など

何かの手段を取ってあげるのが、本来のあり方なのかもしれませんね。

私のように、何もしないで、バラに頼って育てるというやり方は

それが受け入れられるバラもあるでしょうけど

それが受け入れられない、それに耐えられないバラもあるのです。


今日、バラをいくつか注文しました。

耐病性があるとか、黒点病に強いとか、ADR受賞のバラとか

それを考慮して選びました。

バラを少し入れ替えます・・・

処分しようと思っているバラは、いずれもバラの専門家が推奨しているものばかり・・・

美しいバラなのですが、仕方ありません・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
ピエールドゥロンサール
e0288951_17381480.jpg

アンブリッジ
e0288951_17401140.jpg

シャリファアスマ
e0288951_17432590.jpg

イモーションブルー ここにもカマキリの赤ちゃんがいますね~
e0288951_17435817.jpg


e0288951_17443578.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




リラクゼーションミュージック

by gutsuri | 2014-06-26 18:47 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(2)

ハスの花が開花する音

私は無料のメルマガを幾つか申し込んでいます。

小さな世界に住んでいる私には、知らないことがたくさんあり

興味深くメルマガを読んでいます。

随分前のメルマガですが、ハスの開花音について書かれていました。

私はハスの開花音については全く知らなかったので

音がする派と音がしない派、どちらの主張も面白かったですよ。

その中でも引用されていた部分(無印良品のサイト)が素晴らしかったので

それを私も引用しますね。

蓮の花が咲くのは、午前3時45分頃だそうです。それは、夜から朝に変わる時間
だといいます。自然の音を録音し続けている音楽家の話によると、朝の4時ぐらいに
鳥の声も虫の声も一斉に止まる瞬間があるのだとか。すべての動きが止まり、
あらゆる生命が生まれる、そんな不思議な瞬間があるらしいのです。蓮の花の咲く
時間も、このことと関係しているかもしれません。
実際、朝の静寂の中で美しい蓮の花を見ていると、この静寂を打ち破って、花開く
瞬間に音がするような気になります。それは多分、朝の訪れの合図。耳で聞く音では
なくて、「体で感じる」音なのかもしれません。
鳥や虫たちは、一斉に何かを感じて朝の始まりを察知します。同じ生きものである
人間にも、本来はそうした能力が備わっていたはずです。聴くということに集中して、
自然のリズムに身を寄せる。そうすることで、聴こえてくる世界があるかもしれません。
聞こえない音に耳を傾けたり、見えないものに目を凝らしたりすることは、そのまま、
自然のリズムに寄り添うことにもつながるでしょう。


聞えるはずがないとされているものが聞えることはあります。

空耳という言葉もありますからね。

たまたまその音と波長が合った時に聴こえてくると私は思っているのですけどね。

この世のものは全て振動なのだそうですから・・・

身体全身の感覚を研ぎ澄ませて、早朝、自然の中に佇む・・・

素敵ですね~

夜から朝に変わるその瞬間を感じる・・・

満ち足りた幸せな気持ちになることでしょう。

自然の中に身を置くだけでも、身体は喜ぶのですから・・

気功やヨガ、アーユルヴェーダなどで

夜と朝が切り替わるその一瞬の素晴らしさについてはいろいろと語られています。

知ってはいたのですが、

その切り替わる一瞬に立ち会うまでにはまだ至っていません。

早起きにチャレンジしてみようかしら・・・

この記事に誘われています~

ちょっと庭に出るだけでも・・・

虫がいないですよね、きっと。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
パパメイアン
e0288951_1814351.jpg

シャリファアスマ
e0288951_18144860.jpg

イモーションブルー
e0288951_18152682.jpg

ダリア
e0288951_18155853.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ




「ハスの花」 シューマン作曲   歌っているのはカリタ・マッティラです 

by gutsuri | 2014-06-25 18:26 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

在宅介護

曇り空のはっきりしないお天気です。

今朝、いつものように、「おはよう」と母に声をかけました。

返事がありません。

目は開いていますいますが、自分の世界に入りこんでいるように見えます。

カーテンを開けて、ベッドの背中を少し起こし

ポリデントに浸しておいた入れ歯を母の口にもっていきます。

いつもならここで

「ありがとうございます! まあ、まあ、お世話様~」

と大きな声で、私に言うのですが、今日は声が出ません。

あら~、今日は随分とテンションが低いのね~などと思いながら

いつもと同じように準備をしているとヘルパーさんが来られました。

私は今日、3時間くらい外出したいと思っていたのですが

母の様子がいつもと違うので、どうしようかな~などと迷ってしまいました。

多分、印象的な夢を見て、その中にどっぷりと浸かっているのでしょう。

頭の中は混乱状態・・・

戦前、戦中、戦後が入り乱れて

登場人物も、今はいない人がほとんどだったりして・・・

夢の中で何かのメッセージを感じ取ったのか・・・

はたまた、心の琴線に響くような出来事があったのか・・・

よくはわかりませんが、いつもの元気な扶美さんではありませんでした。

まあ、こんな日もあるわよね~

たまにはドラマがないと退屈よね~

お昼を過ぎて、リハビリの先生が来られると

いつも通りに、身体を動かしたり、お手玉入れをしたり

先生は、特別母の様子がいつもと違うと感じることはなかったそうです。

リハビリの後は、いつも通りの明るい扶美さんでしたよ。

良かったです~

有難いですね~

いろいろな方に来ていただいて、お世話をしていただいています。

母にとってもそれは世界が広がることですから

刺激になっていることでしょうし

人に会うことは、そこからエネルギーが生まれることですからね。

元気の源だと思っています。

私にとっても、お世話してくださる方がいて、どれほど助かっていることか・・・

本当に有難いことです。

介護保険の範囲内でしていることは

毎日の朝夕のヘルパーさん、週一回のリハビリ、週一回の訪問入浴

そして、ベッドとエアマットのレンタル、これだけです。

要介護4の介護保険の範囲内で収まっています。

医療保険でお世話になっているものは

隔週の往診と週一回のマッサージです。

今は在宅介護の支援が整っているので

当人も家族もそれ程負担を強いられることがありません。

ただ、我が家の場合は、私の外出は制限されますけどね。

今日予定していた外出は、延期です・・・

母が元気な時に出かけることにします。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
コンフィデンス
e0288951_1774725.jpg

ズヴニールドゥラマルメゾン
e0288951_17144297.jpg

アブラハムダービー
e0288951_17391170.jpg

ジュビリーセレブレーション
e0288951_1741571.jpg


e0288951_17415654.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-24 18:55 | 介護 | Trackback | Comments(0)

プラスのスパイラル

月曜日は、マッサージと訪問入浴があります。

今、母は、入浴が終わったところで

気持ちが良かったのでしょう、ご機嫌です。

水分をちょっと補給して、夕食までウトウトします。

今、母の様子を見ると、新聞を読んでいますね~

入浴のスタッフ3人と話をしている母の明るい声が聞えていました。

汗ばむ季節には、お湯につかるのは気持ちが良いですよね。


一昨年、母が99歳になったときに

せっかく99歳を元気で迎えたのだから

是非とも百歳まで頑張ってほしいな・・という思いで、ブログを始めました。

目標は百歳でした。

それ以外のことは考えていませんでした。

とにかく百歳・・・これだけだったのですよ。

百歳になる直前に体調を崩して心配したことがありました。

そして、無事に百歳を迎えた後、昨年の秋ですが

何かにつけて機嫌が悪くて

お風呂に入りたくないと拒否があったり

ヘルパーさんが来られた時に、着替えはしたくないと不機嫌だったり

順風満帆とはいかない毎日でした。

ところが年が明けて、2014年になってからは

まあ、驚くほど機嫌が良くて、体調が安定していて

ご機嫌の良さと体調の良さ、この二つが、

プラスのスパイラルのように、お互いを盛り上げているのです。

体調が良いからご機嫌で、機嫌が良いから体調が良い・・という風にです。

そしてそれは、半年たった今でも続いています。

母は毎日ご機嫌です~

どうしてこのように、一皮剝けたように元気に明るくなったのか、

定かではありませんが

百歳まで頑張ろうね、とか、百歳おめでとう!とか、

あまり百歳、百歳と言い過ぎたのかもしれないなあと今、少し反省しています。

「百歳?とんでもない!私はそんな歳ではない」

そのように母は言っていますから・・・

では、何歳なの?と聞くと

「そうだね~ 70代くらいかな~」と応えます。

70代なら元気なのは当たり前よね・・・

歩けないのがちょっと辛いけど・・・

ヘルパーさんの顔を見ると笑顔になって

日々のルーティーンを明るくこなしています。

母なりに気を使っているのがわかって、笑ってしまいますが

それだけの余力がまだあるのだと思うと

百一歳どころかその先も視野に入ってきたり・・・

ああ・・・欲張りはいけませんね・・・

介護をしていると、身体は何を喜ぶのだろう・・と考えることがあります。

健康とは・・・やはり・・・

気持ちに張りがあること

喜びを感じていること

生き生きとしていること

これなのでしょうね~


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
ズヴニールドゥラマルメゾン
e0288951_17341061.jpg

ケルビーノ
e0288951_1735326.jpg

シャンタルメリュー
e0288951_17353846.jpg

伯爵夫人
e0288951_17361824.jpg

ピエールドゥロンサールが小粒で咲きました
e0288951_17365529.jpg


e0288951_17374919.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-23 18:31 | 介護 | Trackback | Comments(0)

夏至と太陽のパワー

今日は夏至です。

こちら地方は曇り空なので、空を見上げては

え~と、今日は本当に、太陽の支配が最も強い日だったかしら・・・

などと思ってしまいます。

が、そうなのですよね。

お日さまが出ている時間が最も長い日であり

太陽のパワーが満ち溢れている日だといえるのです。

せっかくそこここにたくさんのエネルギーが満ちているのですから

意識して太陽のパワーを頂戴すると、元気が湧いてくるのでしょうね。

植物はこの日を境に、収束、結実に向かうそうです。

春になって枝葉を伸ばし開花して大きく育ってきましたが

今度は、実を結ぶほうに舵を切り替えると言われています。

結果が出るのは3か月後ですけどね・・・

きっと私たちも、今までやってきたことが

実を結ぶ方向に向かっていくのかもしれませんね。

お日さまのエネルギーがそちらに引っ張って行ってくれるのですから

太陽のパワーにお任せしましょう・・・


夏至は折り返し点です。

今日の夕日は最も北寄りに沈みます。

あすからはだんだんと夕日は南寄りに沈みます。

日没が少しづつ南に移動してきて、

そのうちに伊豆半島を背景に駿河湾に沈む夕日が

家から眺められることと思います。

そして、冬至の日には、最も南寄りに夕日が沈みます。

冬至が出発点、夏至が折り返し点。

我が家から夕日を眺めていると、

日没の位置が、伊豆半島を行ったり来たりしているのがわかります。

一日で太陽の幅一個分は動いているように見えるのですよ。(我が家から見てですが)

1年間では相当な距離を移動します。

太陽と地球の関係は日々少しづつずれて行きますが

1年後にはまたぴったりと戻ってくるその不思議さ・・・

当然のことなのでしょうけど、不思議ですよね・・・

地球上の生き物全てにとって、太陽は生きていく上で必要不可欠なもの。

梅雨の季節に、しばし太陽に思いを馳せて・・・


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
シャリファアスマ
e0288951_1714487.jpg

スーリールドゥモナリザ(モナリザの微笑み)
e0288951_1724375.jpg

シスターエリザベス
e0288951_1733066.jpg

クイーンオブスエーデン
e0288951_174566.jpg

アナベル
e0288951_1743961.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-21 18:41 | 太陽 | Trackback | Comments(0)

子々孫々、庭に棲んでいる虫

今朝、写真を撮っていると、例のキリギリスが何とまあ・・・

頭隠して尻隠さず・・・です。

このような格好で失礼!
e0288951_1512172.jpg

このキリギリス、庭で飼っているのですよ。

飼っていると言っても、エサをやっているのではありません。

4月、最初に咲いたクレマチスの花びらが虫食われです。4月14日のクレマチス
e0288951_1535470.jpg

そばを見るといましたよ~  キリギリスの幼虫が・・
e0288951_15384628.jpg

1センチくらいのキリギリスの幼虫が、クレマチスの花びらを食べたのです。

幼虫は花粉や花びらを食べますからね。

このキリギリスがどんどん大きくなっていって、

6月15日には、ここまで育っています。(ニュードーンの上で)
e0288951_1545297.jpg

羽もすぐに生えそろって、じきに大人ですね~

夏には虫退治に活躍してくれることを願っています。

2012年10月31日のクビキリギス、パパメイアンの古枝にいます。
(この昆虫はクダマキモドキといいます。羽が葉っぱにそっくりで人懐っこい虫ですよ)
e0288951_15532452.jpg

パパメイアンには、カマキリも住んでいるのです。

共になわばりを主張する生き物ですが、

パパメイアンの枝では、仲良くやっているようです。

パパメイアンは枝が横張りで広がっていますから

上手く住み分けているのかもしれません。

クビキリギスは冬越しします。

この春、庭に冬越ししたクビキリギスがいましたよ。2014年4月13日のクビキリギス
e0288951_1663295.jpg


たくさんの虫たちが、子々孫々、庭に住みついてくれると嬉しいですね~

トノサマバッタも庭に棲んでいますし、ジョロウグモは大きなネットを張っています。

ニホントカゲやカナヘビは何度かチラッと見かけましたよ。

そして、何と言ってもカマキリの存在は大きいのです。

頼りにしています。

どんどん食べてくれますからね。

無農薬、無肥料でバラ育てを始めて3年目に入りました。

いつの間にか、いろいろな虫たちが庭に棲みついて

いつの間にか、この庭独自の食物連鎖が出来上がっていました。

食べたり食べられたりの世界です。

肉食昆虫が草食昆虫を食べるのです。

害虫とは草食昆虫のことですからね。

この小さな庭で繰り広げられる現実!

それまでは、バラの花だけしか見ていなかったのですが、

今それを振り返ってみると、

何か忘れ物をしているような感じでやって来たのではないか・・・

そのような気持ちにもなりました。

小さな生き物たちを見ていると、原点に返ったような気がします。

今では、庭に座っていると、

蝶々がやってきたり

花に潜んでいるクモが顔を出して来たり

バラゾウムシに慌てたりと

生き物が周囲にいることが、当たり前と思えるのです。

バラの花がきれいに咲いていて

それを眺めて喜びを感じるのと同じくらい

虫たちの動きや生き様を眺めて

生き物の不思議の世界に浸っています。

バラの花を育てることで、

それを支えている背後にある大きな力を感じることが出来て

それは虫たちの食物連鎖の世界ですが、

それがあるからこそ、バラの花も美しく咲いていると思えるのですよ。

この小さな庭の中でも

母なる自然を感じることが出来ています。

虫たちのおかげですね。


乳酸菌でオーガニックローズガーデン 今日の庭
シャンタルメリュー
e0288951_17195044.jpg

レオナルドダヴィンチ
e0288951_1721109.jpg

シャリファアスマ
e0288951_17232681.jpg


e0288951_1724358.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





by gutsuri | 2014-06-20 18:46 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri