<   2013年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

それぞれの道を辿って・・・

今朝、母の古い友人からお電話がありました。

「お母様、百歳でしょう?私と8歳ちがいなのよ。」とおっしゃるその方は

92歳で一人暮らしをなさっていて、とてもお元気です。

句や歌を詠み、日本画を楽しんでいらっしゃって

何年か前には、新年の宮中の歌会始に県を代表して選ばれたという

幸運の持ち主でもあります。

弾けるような声としっかりとしたお話に私も圧倒されて

私が元気を戴きました。

「庭で大きな石を抱えて、圧迫骨折になり、一か月入院していたのよ」

と、笑い飛ばしていました。

「朝風呂は身体にいいわよ。」とも言われます。

そうなんですよね~

私も朝風呂によく入ります。身体が芯から目覚めますよね~

「猛暑の時には、近くの温泉に避暑に行くの。蜩の声に癒されるわよ。」

「絵のお友達に助けてもらっているの。甘えているの。」

などなど、この方流の生き方は、この方らしく

生き生きとしていて、魅力的に思えました。

今、歌集を編集しているところだとか・・・

お嬢さんが今までの歌を、まとめてくださっているのだそうです。

「出来たら送りますからね。待っていてください。」

「お母様の百歳のお祝いにさせてください。」

なによりのプレゼントですよ。

はい、楽しみに待っています。


春先に、この方の句集が送られてきて

ベッドの脇に置いた句集を、母はよく読んでいましたよ。

母の楽しみが増えます。

歌集を待っていますね。

ありがとうございます。



今日、夫は、97歳で旅立った叔母の葬儀に出かけて行きました。

暑い夏と寒い冬は、特に、高齢者にとっては体力的に厳しいのでしょうか。

叔母様のご冥福を心からお祈りいたします。




ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭
日差しがないので、ガーデニング日和でしょうか。
でも、蚊がすご~いのですよ。夕方と言わず、一日中、湧いてきたようにいます。
長袖、長ズボン着用で、「ナイス蚊っち」というラケットを持って、それを振り回しながら
歩いていますが、蚊を取っても取っても、たくさんいますよ。
私のガーデニングスタイルはシンプルです。乳酸菌を撒くだけです。消毒は一切しません。
肥料も与えていません。乳酸菌だけです。虫はたくさんいます。
それでもバラはご機嫌に、毎日、咲いてくれます。ありがたいです。
昨日と同じバラですが、バラを見るたびに、元気をもらえるのです。
自然に沿った自然の生き方、小さな庭もナチュラルガーデンが目標です。


フェリシア
e0288951_14281650.jpg



グラミスキャッスル
e0288951_14285558.jpg


モナリザの微笑み
e0288951_14302356.jpg




e0288951_14315625.jpg



e0288951_14322553.jpg




こちらにも参加しています。
クリックをお願いします。




by gutsuri | 2013-07-31 14:58 | 百寿者 | Trackback | Comments(0)

うわ言は本音かしら・・・

月曜日はマッサージと訪問入浴の日です。

それ程暑くもなくて、母の体調は良好です。

お昼に来られたマッサージの先生は

「足が高く上がります。膝の浮腫みもありません。体調がよいですね~」

このようにおっしゃいました。

そうなんですよ。

一時の心配はどこへやら、お世話に来て下さる皆さんが

「絶好調!」と言われます。

関節の動きも膝の状態も良好なのだそうです。


2週間前の15日、母が息も絶え絶えになった日のことです。

私の問いかけに、母は応えようとするですが

話をするどころか、声を出すこともできず

私は母の荒い呼吸を見守っているだけでした。

そのような中で、何かの拍子に、声を出して

「お風呂には入りたくない。入浴は嫌だ。」とはっきりと言いました。

それを何度も言ったのです。

うわ言ですね。


母は忍耐強い性格です。

この年代の人は、多くの人がそうなのでしょう。

そして、周囲に心配を掛けたくないと思っています。

嫌だと感じたことでも、自分の中で処理できるのです。

考え方を変える、物の見方を変える、それが出来て

そして、そこに喜びを感じるのです。

感情の処理の仕方も上手いのだと思います。

いつもそのように、カッコいい訳ではがありませんが

基本路線がそうで、母はいつもその上を走っている人です。


荒い呼吸の中で、夢うつつ、意識が薄れた中で

母の本心が暴露されたのかなと私は考えました。

このように何度もうわ言を言うほど

訪問入浴が母の負担になっていたのかと

いろいろと思いを巡らせてしまいました。


寝たきりだって汗をかきます。

クーラーをしていても、身体は代謝をしています。

入浴は床ずれ予防にもなれば

看護師さんの眼で、母の全身にチェックが入ります。

確かに3人の方にお風呂に入れていただくのは気が引けますが

それでも、部屋で入浴をする方法では

最善のやり方で行われているのです。

母はそれが理解できていると思っていました。

弱音を吐く人ではありません。

入浴でお世話になっている方々には

母なりに、年相応のボケを考慮しても

それなりに、接していたのですよ。


今日の入浴の後で

「お風呂はとても気持ちが良かった」と母が言いました。

本当に気持ちよさそうに、お風呂が良かったと話していました。

今日の言葉は、真実のようです。

心からそう思って、話している言葉でした。

周囲に心配を掛けまいとして言った言葉ではなくて

お風呂が気持ち良くて、心から有難いという気持ちが溢れ出ていました。


良かったわね~ 気持ち良いお風呂に入れて・・・

あのうわ言は、あの日はお風呂に入りたくない、という意味だったのよね。

きっと、そうなのよね~


扶美さん、百歳になったら、そんなに頑張ることもないのよ~

嫌なことは嫌と言っていいのに・・・

でも、それが通るとは限らないけれどね。

一応は考えてみるから・・・


表現していいのよ。

生きているのだから・・

何か気になることがあったら

伝えてちょうだいね。

二人の意見がいつも同じだとは限らない。

でも、そこが面白いのよ。

喧々諤々、やりましょうよ。

意見の交換も、たまにはいいものよ~


夕食の後、スーパーへ買い物へ。

若い男の人から「こんばんは~」と声を掛けられ

「え!私、若い男の人の知り合いいたかしら?」と思って顔を見たら

マッサージの方でした。

このようなちょっとしたことでも

気分は、ルンルン!




ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ






今日の庭
バラが咲いています。同じようなバラばかりですね・・・
あちらこちらに雑草が目につきます。草抜きをしなくてはなりません。
日陰にゼニゴケが蔓延っていました。お酢で処理します。
以前に、消毒、木酢液、ニーム、お酢など、何も使っていないとかきましたが
ちょっと訂正します。ゼニゴケにお酢を使っていました。忘れていましたよ。
ゼニゴケにはお酢が有効なのです。たまにスプレーしています。
ゼニゴケに、お酢の原液をスプレーすると、すぐに枯れます。百円ショップで買った霧吹きに
お酢を入れて、ゼニゴケにスプレーしています。半日くらいで、枯れてしまいます。
醸造酢、米酢は有効ですが、ポッカレモンは効きませんよ~


マリアカラス
e0288951_145174.jpg



グラミスキャッスル
e0288951_14515170.jpg



クイーンオブスエーデン
e0288951_14523053.jpg



ナエマ
e0288951_1453776.jpg



シェイクスピア
e0288951_14534079.jpg



イモーションブルー
e0288951_14542256.jpg



モナリザの微笑み
e0288951_145523.jpg




e0288951_14553995.jpg





こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。






by gutsuri | 2013-07-30 16:01 | 介護 | Trackback | Comments(4)

高校野球を見て元気をもらっている母

昨日テレビで、のど自慢を見た後

夏の高校野球の地区決勝戦が放送されていました。

それを母は、ニコニコしながら見ていましたよ。

少年達がキビキビと、ボールを追いかけて

投げて、打って、キャッチする。

そのメリハリのある動きが、

母の眼に新鮮に映ったのだと思います。

私も傍でしばらく見ていました。

ただひたすらプレイするひたむきさは

一点のシミもなくて、純粋で、輝いて見えました。

母は、打者が打つと、眼を細めて拍手して

走者が走っていると、また拍手をして

時には、「がんばれ!」と声を出して応援して

上手にキャッチできると、また拍手をしていました。

ヒットかどうかなどはどうでもよくて

勝敗などはどうでもよくて

少年たちの動き一つ一つに注目していましたよ。

野球のルールなど知らなくても

高校野球の試合を楽しんでいました。


歳を重ねると若さが眩しいです。

孫たちがベビーのころには、ホント

エンジェルのように輝いて見えました。

眩しかったです。

甘~い匂いが漂ってきて、思わずその匂いを嗅いで

若さのお零れを預かったような気分になっていました。

若さって眩しいのです。


母も野球少年たちを見て、眩しくって惹きつけられて

目が離せないのかもしれません。

その上、カッコよく、スポーツしているのですからね。

この夏は、高校野球を母とテレビ観戦してもいいなと思っています。

少年たちが野球をしているのを見て

自分も一緒になって、グランドを走っている。

投げて、打って、キャッチして、走っている。

頭の中のグランドの中で

きっと母は大活躍なのでしょうね。


拍手をして、「頑張れ!」と声をかけて

身を乗り出して観戦している。


そうやって、自分を表現する。

自分が感じたことを、ちょっと表してみる。

折角、生きているのですものね。

たくさん、たくさん、表現してくださいね。

声を出して、応援してね!

きっと、楽しくなるから・・・

腕を振り上げて応援してみる?

もっと、もっと、楽しくなるわよ・・



ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ




今日の庭
暑さは一段落、こちらでは。
夕方の蚊は凄いけれど、昨日乳酸菌を撒きました。
私は、肥料というものをバラに与えていません。乳酸菌だけです。
それでも、よく花を付けますし良く咲いてくれますよ。


ソフィーズパペチュアル
e0288951_1458183.jpg




グラミスキャッスル
e0288951_14584977.jpg




シェイクスピア
e0288951_14592943.jpg



ヒリンドン
e0288951_1501077.jpg



イモーションブルー
e0288951_1505865.jpg



モナリザの微笑み
e0288951_1513627.jpg



マルガリータ
e0288951_152155.jpg



シャンタルメリュー
e0288951_1524966.jpg




e0288951_1532882.jpg




こちらにも参加しています。
クリックをお願いします。






by gutsuri | 2013-07-29 15:14 | 長寿 | Trackback | Comments(2)

食事を見直すと考え方も違ってくる

食べて、寝て、排泄する。

この当たり前のことに、心が向かうようであれば

健康を見直す良い機会かもしれません。

どのような生活や食事や運動を、身体が求めているのか

少し立ち止まって、身体の声に耳を傾けるのも良いでしょう。


私は40代のころに、食事の見直しを始めました。

・野菜をたくさん食べること(食事の初めに山のようなサラダを食べます)

・水をたくさんの飲む(今は喉が渇いたときに飲む程度です)

・砂糖を摂らない

この三つのことを始めました。今でも続いています。基本的にですが・・

娘たちとキャーキャー言いながら、部活のノリでやっていました。

この三つの中で、最も難しいのは、砂糖を摂らないことです。

あらゆる食品に砂糖が含まれていますからね。

トマトケチャップの代用品は、トマトの水煮缶を煮詰めたものでした。

かなり面倒でしたけど

身体が慣れてしまえば、しめたものです。

砂糖を摂っていないので、舌が敏感になって

あらゆる味を、感じ取ることが出来ました。

特に、野菜が持つ自然な甘みは

それだけで美味くて、それだけでご馳走だと思います。


10年以上前のことですが、家族が膝を痛めて立ち上がれなくなり

鍼治療に通いました。

その時に、食餌療法も一緒にすると鍼治療の効果が上がると

鍼の先生がおっしゃったので、先生のご指導の下、食餌療法を始めました。

鍼治療には2~3年通い、膝も回復、身体全体ががリセットされたようです。

それ以来、その食事療法に沿ったものを家族は摂っています。

というわけで、我が家はある種の養生食なのです。

最近は少しゆるめですけどね・・・


母も野菜たっぷりの食事を好んでいました。

これは健康に良さそうだと、私と同じサラダを喜んで食べていました。

ところが、ベッド上の生活になり、歩かない、動かないとなると

野菜をたくさん食べることが出来なくなりました。

動いてこその健康食ですよね、実感しました。

母は今、普通食を摂っています。いわゆる若者食です。

量は減りましたが、好物の時には、ちゃんと完食しています。


我が家の食事は、このようなものです。

そこで、庭に眼を向けると、庭もやはり同じなのです。

バラに消毒をしないのは、自然な流れなのです。

食事が自然に沿ったものですから、バラも自然に沿った育て方になります。

環境がこうであれば、バラはそれに沿って、それに応えて、大きくなります。

虫がいても、病気になっても、それはそれ

虫とは仲良く、病気になれば、少し休んでじきに元気を取り戻します。

ただ、バラの本数は限られますけどね~

風通しを良くして、バラがある程度の空間を占領できると

消毒をしないでバラを育てることが出来ます、高温多湿の環境でも・・

でも、いまだに迷い道ウロウロの状態ですが・・・


昨年から乳酸菌を撒くようになって、バラは一段と元気になったようです。

4月から12月まで、何かしらのバラが咲いています。

バラにたくさんの元気をもらっています、母も私も。

夏の暑さも、ヘッチャラよ(ホント?)

毎日、お暑うございますね~


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
昨日蕾だったものが、今日は8時には開き切って咲いていました。
早朝だったらきれいな写真が撮れたのでしょうに。
早朝のバラは、お顔が違います。春のようにきれいな花です。
庭のお手入れも休みがちのこの頃ですが、逞しいバラたちは元気に咲いてくれます。
少しづつですけどね・・


プリンセスマルガリータ  黒点病に弱いこのバラは、葉を全部落としています。
花が咲いているところだけ、申し訳程度に葉っぱがあります。
e0288951_15353099.jpg
イモーションブルー
e0288951_15361377.jpg
スザンナ
e0288951_15365780.jpg
ゴールドバニー
e0288951_15373760.jpg
エブリン
e0288951_15381853.jpg
シェイクスピア
e0288951_1539117.jpg
アブラハムダービー
e0288951_15394432.jpg

ヘリティッジ
e0288951_15402452.jpg
小さなギボウシです。ずっと日陰になっていて、今頃ようやく花を付けています。
e0288951_1541361.jpg
こちらにも参加しています。
クリックをお願いします。




by gutsuri | 2013-07-28 16:19 | 健康 | Trackback | Comments(2)

「食」と「睡眠」と「排泄」と

生き物は

生きて活動するためのエネルギーを得るために

エネルギー源となるものを

身体に取り込まなくてはなりません。

そして、取り込んだ後のカスを体外に出します。

排泄です。

当たり前過ぎて、普段は考えることもありませんが

ちょっと身体が不調になったり

いつもと違った状態になったり

何かのきっかけで、そのことに気が付いたりすると

その当たり前のことについて考えたりします。


「食」と「睡眠」と「排泄」の三つ。

まあ、これをしていれば、生きて行くことは出来ます。

最近はこれらの重要性が認められているので

たくさんの情報が、溢れています。

その溢れている情報の中から

それらをどのように解釈して生活するかで

人それぞれ違ってきますし、そこにはその人なりの個性も出てきます。

個々の個性を認める自由さは大事なことです。

何が良いことかを感じたり考えたりすることは

皆それぞれ違っていて当たり前

それこそ多様性で、それは大事なことでもあります。

前置きが長くなりました。

ちょっと、排泄について書きたいと思っただけなのです。


排泄というと、家族間だけの話、

お医者様に聞かれることもありますが

本当にプライベートな話のNo.1ではないでしょうか。

きれいな話ではないので

する方も聞く方も必要に迫られてといったところです。

でも、とても大事なことなので

生きて行くために、大切なことなので

必ずやどこかで話されている話題です。


昨年の12月に母がベッド上の生活になってから

我が家もこの排泄が大きな問題となりました。

初めは、ポータブルトイレを使用してと

私の頭の中では、青写真がすっかり出来上がっていたので

それを実行しようと頑張っていました。

でも、99歳の母の身体を相手に

予定通りに事が進むはずがありません。

母が、トイレはどこか、トイレに行くからと、手を引いてくれたら歩けると

挙句の果てには、トイレを使うのにはお金がかかるのかとか

いろいろなことを言ってきました。

私も適当に応えていました。

「今、紙おむつをしているのだから、そのまま、そこにしていいのよ」

「歩けなくなったのだから、仕方ないのよ。」

「今の紙オムツは良くできているから、大丈夫なのよ。そのまましてね。」


今のところ、私たちは排泄で困っていないけれど

今、私たちが紙オムツの中にして下さいと言われてできるものかしらと

家族や知人と話していました。

皆、「う~ん、ちょっと難しいかもね~」という返事でした。

椅子に腰かけた状態では難しいです。

寝ていたらできるのでしょうか。

健康体でもなかなか難しいのです。

母は、紙オムツの中にどうしても出来なくて

我慢に我慢を重ねて、便秘になりました。


昨年の12月までは、母がどうにか歩いている間は

手すりにぶら下がるように歩きながらトイレに行き

用を足していました。

排便は週に3回くらいでしたが、それで日々を過ごしていました。

野菜多めの食事、

母のトイレ所要時間の様子次第で

オリゴのおかげは便を柔らかくする作用があるので

それをヨーグルトに多めに入れて

すると母は、ヨーグルトが甘くなって喜びます。

そのようなことで済んでいました。


いろいろと大変でしたが

春ごろからあるスタイルが出来上がっています。

ヘルパーさんが来られた時に、紙おむつを外しますが

その時にお腹をマッサージしていただきます。

横向きになった母は、便が出やすいようです。

ゆっくりと気持ちの良い排便が出来ています。

トイレでパンツを下して排便していた長い習慣が身についているのでしょうか。

ある種の条件反射なのかもしれません。

よくわかりませんが、人それぞれですね。

紙オムツの中に便を出すということが出来ない人。

それならば、その人なりに出来るやり方を探ればいいのです。


紙オムツの中にオシッコをする。

これも初めは出来なくて大変でしたよ。

ぎりぎりまで我慢していたようです。

いまでも、日中の尿の量は少ないです。

眠りに入って、意識がなくなった夜間、

コントロールしていない夜間の尿量は多いです。

人それぞれ、母は母です。

誰かは出来ているのだから、してちょうだいといってもダメのようです。

母は最期まで母なのでしょう。

当たり前ですよね~


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
狭いながらも楽しい庭
何かしら咲いている庭、嬉しいです。朝、外に出る楽しみがあります。虫もたくさんいますから
夏はそれなりの状態です。我が家では、バラと虫は、お仲間といったところです。
バラは虫の存在を知っていて咲いていますよ~

ヘリティッジ
e0288951_15253143.jpg
ゴールドバニー
e0288951_15261538.jpg
シャリファアスマ
e0288951_15265170.jpg
シェイクスピア
e0288951_15272863.jpg
イモーションブルー
e0288951_1528113.jpg

e0288951_15285258.jpg
小さなスペースです。ルッコラ、バジル、パセリ、スープセロリ、ミントなどが見えますね。
e0288951_15292143.jpg
こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。




by gutsuri | 2013-07-27 15:47 | 介護 | Trackback | Comments(8)

久しぶりにお出かけ

昨日は久々に出かけました。

前から、たまには出かけたいと思っていたのですが

ずっと家にいると、それが当たり前のようになって

外出したいという意欲が、遠のいたように感じていました。

最近は、日常の買い物さえ、スーパーに行くのさえ

億劫に思うこともあります。

暑さのせいだけではありません。

家にいて、適当に家事を済ませて

庭仕事をしたり、本を読んだり、パソコンをしたり

一番大事な用事である、母の相手をしたりと

そのようなことをしていると

案外、そう、思いがけず、家が居心地が良いのです。

家に居て、籠の鳥で、家に張り付いていて

思うように外出が出来ないで

何とも刺激のない毎日と思いがちですが

そうでもないのですよ。

今はパソコンという便利なものがありますから

家で買い物が出来てしまうのです。

在宅介護支援が整っているので

母はたくさんの方に支えて頂いています。

本当に有難いことです。

というわけで

昨日は本当に久しぶりの外出でした。


3人の孫のうち一人がピアノを習っていて

その発表会があるというので

ウキウキと聴きに行ってきました。

子供たちのピアノを聴いて

何とも微笑ましくて

参加者みんなが可愛くて、

緊張している子供

のんびり構えている子

曲に入り込んで弾いている子

それぞれ個性があって、楽しかったです。

元気をたくさんもらってきました。


日頃とは違う雰囲気の中で

日常とは違う舞台の上で

注目されるのが好きな子供たちも

その場の独特さに飲み込まれそうに感じて

それでも健気に、指を動かして

姿勢を正して、お礼をして

ママの懐に飛び込んだりしていました。


帰りに美容院に寄って、すっきり、さっぱり。

良い気分転換になりました。


子供たちがいる場所って

何か気分が良くなりますね。

お行儀のよい子ばかりではなくて

そういう意味では、落ち着く場所とは言えないけれど

それでも、有り余るエネルギーを感じるような

ちょっと満たされた気持ちになりました。

ピアノの傍に飾ってあったヒマワリの花束が

子供たちのピアノの音に合わせて

輝いているように見えました。

黄色がたまには金色に輝いたりして・・・

ヒマワリのお花が、風車のようにクルクル回っていたり・・・

ヒマワリのお花が、ニコニコ笑っているように思えたり・・・

たくさんの黄色のヒマワリが踊っている様に見えたり・・・

夏はヒマワリです。

良いですね!


今朝、母の手の爪を切っていて

右手は私が切りましたが

左手は自分でやってみる?と母に聞いたら

自分ですると言いました。

我が家の爪切りは

10年以上も前に買ったアルミニッパーのようなもの。

今は薬局に、アルミニッパー型の爪切りで

使いやすいものがたくさん出ています。

夫の母は毎年夏に我が家に来ましたが、その時の名残の爪切りです。

明治42年生まれの夫の母は、96歳で旅立ちました。

子供たちは、この母の想い出をたくさん持っています。


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
休んでいたバラが、葉をつけたと思っていたら咲いていました。
まるで冬の枝みたいに、黒点で葉を全部落としていたのですよ。
休んだら咲いて、また休んで・・・
夏は、休みが必要ですね。
子供たちも夏休みですものね。

フェリシア    咲いているのに気が付かなくて、写真が遅れました。
e0288951_10522873.jpg
ジュビリーセレブレーション   小さな蕾でしたが、立派に咲きました。 
e0288951_10525861.jpg
ゴールドバニー     春は黄色がまぶしい位ですが、夏はそれ程感じません。
e0288951_10532714.jpg
マルゴコスター    ミニバラですが、丈夫に咲いてくれます。
e0288951_1054665.jpg
モナリザの微笑み
e0288951_1054314.jpg
e0288951_10553915.jpg

こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。




by gutsuri | 2013-07-26 11:32 | 日常 | Trackback | Comments(2)

まあ、頑張ったのね~

昨日のお昼に、往診の先生が来られました。

母の様子を見に来られ

血液検査の詳しい結果も、知らせてくださいました。


15日月曜日の夕方から夜にかけて

母は呼吸が苦しくなって、息も絶え絶え

傍で見ていた私も、能天気な私も

母はシブトイと確信している私でさえも、心配になり

夜の9時に先生にお電話して

往診をお願いしました。

夜の9時に往診を頼むことは、さすがに気が引けましたが

私が恥をかけばいいだけだと思って、お願いしたのです。

脈拍の数値が高く

心臓の負担を軽くする注射を打っていただいたのです。

それを境に、母の様子が快方に向かっていくのが感じられました。

次の日、16日のお昼に、先生がまた、来て下さって

お薬を戴き、検査のために血液を取られました。


その血液検査の結果を、知らせてくださいました。

今回問題になった三つの点について、教えてくださったのです。


・白血球     4000~8000  正常値
         10000~50000      軽度、中程度の増加
  母は14100でした。

・CRP(炎症を反映する検査)
          0~0.6        健康な人
           10            入院
           20            かなりヤバイ
           30            死にそう
  母は30でした。

・BNP(心臓の元気度がわかる検査)
           18.4以下      基準
           18.5~39      軽度の疾患
           40~99       心疾患
           100以上      心不全の疑い
  母は3000でした。


このような結果を先生は話されましたが

昨日の先生のお見立ては

母の元気が戻っていて、いつも通りだということでした。

母がすっかり元通りになったことに

先生も驚いていらっしゃいました。

昨夜、血液検査報告を見ながら、ネットで検索

先生からお聞きしたお話全てを統括して

本当に、危なかったのだとわかりました。

15日の夜には、三途の川を渡りかけていたのです。



あらためて、ありがとうです。

全てのものに、感謝です。

きっと、運が良かったのでしょう。

母が、その運を、引っ張ってきたのでしょう。


今日もいつもと同じ毎日です。

何ということもありません。

昨日、母がベッドから降りて、立とうとしているところを見つけて

あら、何をしているの?と聞いたら

引き出しの整理をしようと思ってねえ、という答え。

最近、ネットで母の夏パジャマを幾つか買いました。

母は真新しいパジャマを着て、嬉しいとは思うのだけれど

見慣れないものを着ているので

日中は、以前のTシャツを着せています。

ああ、これはあのTシャツだね、と言いながら思い出に浸って嬉しそうですから・・

引き出しの中の以前の服がどうなっているのか気になるのです。

まあ、ベッドを替えるとなると

引き出しの整理、衣類の処分などは必要です。

母とのやり取りを楽しみながら、進めていきましょう。

この、いつもと同じ毎日、これが幸せなのですよね。

それが実感としてわかってきました。

今までは、言葉としてだけ、知っていたように思います。

介護を通して、私もすこ~し、成長できたかな~

私の成長のために、母がしているのかな~

なんて、感じています。


明日はブログはお休みします。

久しぶりに、電車なるものに乗ります。

何か月ぶりでしょうか・・4か月ぶりくらいですね~


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭
久々のお湿りです。窓から入って来る空気が冷たく感じられます、私には。
バラはポツリポツリ咲いてくれます。
私は薔薇の根元は、風通しが良いように、見えるようにしています。
バラ株の根元は、隠すと美しいそうですが、高温多湿の気候では、
株元は、風通し良くしておくことが、大切だと思っています。
そういう意味では、我が家のバラ株は、美しくありません。
風通し良くしておくと、虫にやられることもないようですよ。

ソフィーズパペチュアル
e0288951_16154841.jpg
グルスアンアーヘン
e0288951_16162971.jpg
クレアオースティン
e0288951_16165980.jpg
イモーションブルー  我が家のイノーションブルーは、花びらが傷みやすいです
e0288951_16202344.jpg
レディーオブシャーロット
e0288951_16205717.jpg

e0288951_1621231.jpg

こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。




歌詞の一部です。英語しか見つかりませんでした。雰囲気だけでも・・・
My life goes on in endless song
above earth's lamentations,
I hear the real, though far-off hymn
that hails a new creation.

Through all the tumult and the strife
I hear it's music ringing,
It sounds an echo in my soul.
How can I keep from singing


                   
by gutsuri | 2013-07-24 16:54 | 長寿 | Trackback | Comments(2)

百歳になりました

今日は満月です。

今朝起きたとき、南西の低い空に

ピンク色の丸いお月様が

灰色の空を背景に、浮かんでいました。

今日は満月なのです。

そして、母の誕生日です。

おかげさまで、百歳の誕生日を迎えることが出来ました。

元気で百歳になることが出来ました。

歩くことは出来なくなりましたが

ベッドの上を

自分の全世界にして

それなりに、時間を過ごしています。

百歳の壁は、存在しましたね~。

手応えがありました。

通過するのが大変でした。

だからこそ、通過した喜びは、一入です。


百歳は通過点です。

これからも、歩みは続きます。

一歩一歩進んでいきます。

終点がどこであれ

そこまでの歩みや道のりを、

喜びに満ちたものにしたい。

小さな幸せを、あちらこちらに感じながら

生きていて良かったと思えるようにしたい。

そのように日々を過ごしていきたいと思っています。


長命は、天から授かったもの

その恵みに感謝して

母を見守っていきたいと思います。


百歳の長寿は、母一人で成し遂げたものではありません。

周囲の方々のお世話があったからこそ

在宅介護支援が充実していたからこそ

そしてもちろん、母の気力が日々充実していて

生きようという気持ちが強く

大事なところで、底力が発揮できたからこそ

百歳を生きることが出来たと思っています。


今の時期、お日さまが沈みかけたころに

西の空低くに、金星が輝いています。

明るいから、すぐに見つけることが出来ます。

金星は、楽しみごとと関連しています。

しかも西方位です。

味方に付けましょうよ、扶美子さん、金星を。

そして、今日は満月。

お月さまも、夜ずっと、照らしてくれます。

たとえ雲に隠れていてもね。



昨年、母が99歳になったときに

急に思いついて、このブログを始めました。

ここまで来たのだから、そう、99歳まで来たのだから

百歳まで生きて欲しいという願いを込めて

日々ブログを書いていました。

そして先月、何かに背中を押されるように

ブログランキングなるものに参加しました。

そのおかげで、アクセス数が増え

読んでくださる方が多くなりました。

読んでくださっている方々、本当にありがとうございます。

ネットの力を感じています。

ネットの繋がりから伝わって来るエネルギーが

母に、しっかりと届いていると思います。

考えを共有できる方々と

お会いすることもなく、繋がることが出来るツール。

素晴らしい時代になったものです。

この便利なツールを上手に利用していきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いします。



そして、庭でやさしく見守ってくれたバラたち。

窓から外を眺めて、バラを見ていた母。

母は、バラの生命力に、力をもらっていたと思います。

バラは力いっぱい咲きますからね。

毎日毎日、本当にたくさんの元気をもらいました。



ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。


by gutsuri | 2013-07-23 15:09 | 長寿 | Trackback | Comments(20)

喜びは創りだすもの

今日のお昼、NHKの衛星放送で

「ターシャ 四季の庭」 が放映されました。    

2005年に放送されたものの再放送です。

2005年にターシャは90歳

もし生きていらしたら今、98歳です。

ターシャと母は、ほぼ同じ年齢なのですね。

番組の題は

「喜びは創りだすもの、ターシャ、四季の庭」です。

ちょうどお昼時でしたから、台所でテレビを観ていました。

作業の手は休みがち

口の動きも休みがち

そして、画像は今一つ、台所のテレビは小さいのです。

後で居間のテレビで観ようと

急いで居間のテレビで録画しました。

用事が終わって、さあ、ゆっくりと腰を落ち着けて観ようと思ったら

録画が上手く出来ていません。

あ~あ、ホントにもう・・・

まあ、このようなことはよくあります。

機械が相手なら尚更です。

驚くことではないのです。

気を取り直して、ブログを書いています。


究極のナチュラルガーデン

自然を敬い、その恵みに感謝すること

自然と調和する安らぎ

自然と共に、静かに力強く生きる


ご自分で話していらっしゃる通り

ターシャは随分と内気な人だと感じました。

人との交流が苦手だと、好きではないと話されます。

その分、自然との交流が得意なのでしょう。

自然の良さを引き出して

それに理解を示し

それを愛して慈しみ

その中にたくさんの喜びを感じる・・・

マーガレットの花の白い輝きを、星に例えていらっしゃいました。

一年の半分は雪に埋もれる土地で

緑が輝くのは5月からで、花が咲くのは6月からです。

9月にはもう、冬の準備に入ります。

厳しい自然の中で歩んできて

庭はもう、母なる自然にお返しするのだと

90歳のターシャは話しています。


そうなんですか。

ちょっと、お借りしていたのですね。

母なる自然からちょっとの間だけ

自分の庭としてお借りしていた「ターシャの庭」

青々としたなだらかな斜面には

野の花がたくさん揺れていました。


来週の月曜日、29日、お昼の12時から

また、ターシャの番組が放送されるそうです。

NHKの衛星放送です。


先週から母がベッドで動くたびに

シャリシャリという音が聞こえてきます。

ピンクの袋がウエストのゴムひものところに挟んでありました。

あのピンクの袋の中には

長女が先週持ってきたひ孫たちのたくさんの写真

バースデーカードやメッセージなどが入っています。

肌身離さず持っているのがいじらしいです。


物はあちら側には持っていけませんよ~

でも、想い出や経験は持っていけます。

夏休みにまた、あの子たちが遊びに来ます。

たくさんの経験や想い出を作ってね!

扶美子さん、楽しみましょうね。


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
バラはぼちぼちと咲いてくれます。
私がバラを咲かせているのではなくて、バラは自主的に咲いています。
環境と相談しながら、いつ、どのように咲くのかは、バラが自分で考えて決めています。
バラのセンサーは優秀だと思います。

アブラハムダービー
e0288951_15443352.jpg
モナリザの微笑み
e0288951_15453761.jpg
クイーンオブスエーデン
e0288951_15461649.jpg
マリアカラス
e0288951_15465780.jpg
グルスアンアーヘン
e0288951_15473729.jpg
レディーオブシャーロット
e0288951_15483388.jpg
e0288951_154916100.jpg

こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。



こちらにコメントを下さるErikoさんの曲です。ご自分で作曲をなさって演奏されていま

by gutsuri | 2013-07-22 16:19 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(6)

介護ベッドのレンタルをしようかなあ

昨日、ケアマネさんが来られました。

月に一度、今の計画通りでいいか、それとも見直しが必要かどうか

母の様子を見に来られます。


私は今、母のベッドを

介護保険を利用したレンタルのものに

替えようかなと考えています。

身体を支える力が弱くなっているので

身体を起こした状態でいると

身体が少しづつ、ずれ落ちて行ってしまいます。

さもなくば、右か左に傾いて

私が気が付いたときには

とんでもない姿勢でいたりします。

柔軟体操をしているような状態です。

歩いていないし、動いてもいないので

筋力が低下するのは仕方ありません。

レンタルのベッドはたくさんの種類があって

至れり尽くせり、より取り見取り

選ぶのに困ってしまうくらいです。


今は古くから母が使っている自前のベッドです。

それをいろいろ工夫しながら

試行錯誤でやってきました。

たまには、私の力が及ばず

母がベッドから落ちたこともあります。

2回も!


母は、それなりの考えを持っている人で

万事が整い過ぎるよりも

何か足らないくらいの方が

母のためには良いと、私は感じていました。


ケネディ大統領の演説にありますよね。

「国に何かを求めるのではなくて

自分が国のために何が出来るかを考えよう」

それなのです。

母はそういうタイプなのです。

あの時代に育った人が皆

そうなのかどうかわかりませんが、

あの時代は、それに沿った教育が、なされたのですよね。

母は、それが、骨身にしみています。


アットホームな雰囲気で

最期までいきたかったのですが

百歳ですものネ!

少しくらいの贅沢は大丈夫だと

母にわかってもらいましょう。


暑さが一段落すれば

ベッドのレンタルを利用しようと思います。


先ほど、母がクッションのカバーのファスナーを

開けようとしていたので

「カバーを外さないで!まだ、洗わないから」というと、

「私には私の考えがある」と言って、カバーを開けました。

クッションの中から、「暮らしの手帖」と新聞が出てきました。

「これを持って出かけたいけど、私は歩けなくなった」

と言いながら、雑誌と新聞を取り出しました。

身の回りにあるものを

整理整頓したいのかもしれません。

整理整頓が好きな人ですから・・・

何かの袋を用意しましょう。

でも、クッションの方が良いかもしれません・・・


ブログランキングに参加しています。
クリックをお願いします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


今日の庭
朝は涼しいです。気持ち良い涼しさです。バラたちにもそうでしょうね。
毎日、何かしら咲いてくれますから、嬉しいです。
さあ、今日も、バラから元気を貰います。

アブラハムダービー
e0288951_1428593.jpg
クレアオースティン
e0288951_14284554.jpg
ジュビリーセレブレーション
e0288951_142928100.jpg
マリアカラス
e0288951_14301464.jpg
モナリザの微笑み
e0288951_14305425.jpg
お隣さんに頂いたブラックベリー、小さな鉢なので早く地植えにしないとと思いつつ
どこに植えようかと、迷っている間に、黒く熟しました。
実のなるものは好きなので、嬉しいのですけど・・・
なにせ、狭いのです。本当に小さな庭なのです。
e0288951_14313742.jpg
一つだけ、ポツンと・・
e0288951_14351174.jpg

こちらのランキングにも参加しています。
クリックをお願いします。





by gutsuri | 2013-07-21 14:49 | 介護 | Trackback | Comments(9)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri