百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

<   2013年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

のど自慢を楽しむ

母は、耳が遠いのです。

それも半端な遠さではないので、会話は大変です。

傍に行って、良く通る大きな声で、伝えようとする気持ちと一緒に話しかけます。

すると、聞こえているようです。

最近は、込み入った話はできなくなりました。

必要最小限、名詞、動詞だけの会話が増えてきました。

テレビは進化しています。

最近では、NHKは、文字が画面に出ます。

ほとんどの番組で、文字がでるのですよ。

ドラマもニュースも天気予報も、テレビで話している言葉がすべて画面に出てきます。

本当に有難いことです。

そのおかげで、母のように耳が不自由な人も、テレビを楽しむことが出来ています。


今日は日曜日。

日曜日といえば、NHKで、のど自慢があります。

母のお気に入り番組です。

今日も、ニコニコしながら、見ていましたよ。

楽しそうに、笑顔で、見ていました。

気に入った参加者の方、歌がお上手だと思った方には、拍手などしていました。

臨場感溢れる拍手でした。

出場者は、みなさん、明るい方ばかりですね。

雰囲気を盛り上げようという意気込みが、感じられる方ばかりです。

このような番組もいいですね。

きっと、この番組を楽しみにしていらっしゃる方がたくさんいらっしゃるのでしょう。

長く続いている番組ですからね。

母のようなファンが多いのではないかと思います。


母の幸せなひとときでした。



ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭   クレアオースティンが咲きました
e0288951_10492253.jpg


ベンジャミンブリテン、パパメイアン、ヘルツァス
e0288951_10494351.jpg


マリアカラス、シェイクスピア、イモーションブルー
e0288951_10501287.jpg


クイーンオブスエーデン、ジュビリーセレブレーション、ヘリティッジ
e0288951_10501575.jpg





こちらの福祉・介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。






by gutsuri | 2013-06-30 15:43 | 介護 | Comments(2)

月の引力

6月23日の満月は、スーパームーンでした。

私の住んでいるところでは、残念ながら、滲んだ月が浮かんでいました。

墨が滲んだようなお月さまでした。

時間をおいて観察すれば、スーパームーンが観れたのかもしれません。

月は楕円軌道を描いて地球の周囲を回っています。

その楕円軌道の地球に一番近いところに来た月が満月であれば、

スーパームーンなのだそうです。


私は海に近いところに住んでいます。

海辺を散歩するたびに、また、海岸線を車で走るたびに、

波打ち際の位置が、浅くなったり深くなったり、変化することがわかります。

「月の引力が潮の干満を起こしている。」

小学生でも知っていることです。

でも、毎日その変化を目にしていると、

実感として、お月さまの存在が、自分にとって大きくなってきます。

夜に月を見上げたり、月について考えたり

身近なものとしてお月様を捉えるようになりました。


海の干満は月の引力によるもので、

海の生き物の生態は、月と大きく関わっています。

そして、満月と新月のとき、潮の満ち引きの差は、最大になります。

これだけ月が、海に大きく影響を与えているのならば、

身体の70%が水である人間にも月はやはり、かなりの影響を与えていると考えるのが、自然かもしれません。

私の本棚には、「月の癒し」、「月のリズムで暮らす本」など、

随分前に買った本が並んでいます。

これらによると、昔の人は、洋の東西を問わず、月の影響を十分に理解していて

日々の暮らしに月が関わっていたと言います。


自然を感じようとすると、自然は応えてくれるように思います。

月も太陽も、ちょっと見上げれば、そこにあります。

雲に隠れていても、雨が降っていても、太陽と月はそこにあります。

太陽と月は、誰にでも平等に笑顔を見せてくれるものです。

今日のお日さまと同じで、母も笑顔です。

嬉しいです。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭から。
イモーションブルー(雨で花びらが痛んでいます)、ヘリティッジ、ダービー
e0288951_14485298.jpg

ケルビーノ、マルガリータ、シャーロット
e0288951_14491226.jpg


パパメイアン、マルゴコスター、モナリザの微笑み
e0288951_14493055.jpg



こちらの高齢者介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。






by gutsuri | 2013-06-29 15:30 | 自然とのつながり | Comments(0)

握手が好きな母

今朝来られたヘルパーさんの顔を見ると、母は満面の笑みになりました。

ヘルパーさんの手を取って握手をして、手を撫でて、

つないだ手をまた振って、随分と嬉しそうでした。

それにつられて、ヘルパーさんも、笑顔を返します。

手はつないだままです。

このような光景が毎朝見られます。

誰かにお世話になっていて、その感謝の意を母なりに表しているのだと思います。

99歳でこれが出来ているのですから、まあ、立派なものだと、母を褒めてあげましょう。

毎朝、ヘルパーさんが来られる15分くらい前に、母を起こしています。

カーテンを開けながら「ヘルパーさんがもうじき来るわよ~」と母に声をかけるのですが、

「ヘルパーさん?ヘルパーさんって誰?」というのがいつもの返事です。

でも、ヘルパーさんのお顔を見るとすぐに、、母は笑顔になって、ヘルパーさんの手を取ります。


3人のヘルパーさんが交代で、来てくださいます。

母は皆さんとそれぞれコミュニケーションをとれているように見えます。

そして、ヘルパーさんはプロですから、とてもお上手です。

良い方たちと巡り合えて、本当に良かったと思います。

ヘルパーさんが帰るときも、母は握手をします。

ありがとうございましたと言いながら・・・・

握手をして、手を撫でて、腕の方まで撫でて、

傍で見ていて、ちょっと心配になるほど触ります。

赤ちゃん返りをしていて、ひと肌が恋しいのか、

ただ単に、肌を触っていると気持ちが良いのかわかりませんが、

握手をして、手を触っています。

ヘルパーさんだけではなくて、マッサージの人とも、リハビリの人とも、入浴介護に来られる方たちとも、

往診の先生とも、握手をして、手をなでて、振り回しています。

在宅介護は、多くの方々にお世話になってこそ、成り立っています。

良い方たちに囲まれて母は幸せです。

介護の世界では、これは当たり前のことなのかもしれませんが、

実際に気持ちの良い方たちと接していると、元気が出るのです。

母が元気でいられるのも、日々接している素晴らしい方たちのおかげであると思っています。

もし、引き寄せの法則があるとしたら、

これは母が引き寄せたことになります。

母のパワーが、お世話をして下さるこの方たちを引き寄せたのです。

素晴らしい方たちを引き寄せたのは母の力です

。母のパワーはまだまだ健在のようです。

うん、まだ、大丈夫ね。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



庭を見回すと、黒点病が随分と幅をきかせています。
グングン伸びてきている枝を整理したり株元を風通し良くしたり、
これからは特に、高温多湿に向かっていきますから、気をつけなくてはなりません。

マダムイサークペレール、ベンジャミンブリテン(3番花)、モナリザの微笑み
e0288951_1521348.jpg


ヘリティッジ、ペッシュボンボン、ソフィーズパペチュアル
e0288951_15223813.jpg


e0288951_15232166.jpg




こちらの在宅介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。






by gutsuri | 2013-06-28 15:53 | 介護 | Comments(4)

トマトが美味しい季節

今日は良いお天気です。

青い空を見ながら、洗濯物を干していたら、鼻歌が出てきましたよ~

今の時期、雨のシットリ感も嬉しいですが、

お日さまが出ると、やはり気分は最高です。

母は今朝もご機嫌でした。昨日届いた新しい雑誌を読んでいました。

最近は、本や雑誌を読むことが多いです。

ベッドの上で、熱心に本を読んでいる余り、

本の中に入りこんでいるように見える母を見て、微笑ましくなります。

今日は「暮しの手帖」がお気に入りです。

一生懸命に読んでいるようなので、バックナンバーをAMAZONで買っています。

今までは、写真のきれいな雑誌、アピール性の高いものを揃えていましたが、

「暮らしの手帖」は大きさ、重さ、紙質など、

もちろん内容が一番ですが、とても気に入っているようです。

美味しそうなお料理をみたら、ヘルパーさんたちに声をかけています。

「これ、美味しそうね」

「美味しそうですね~」

「トマトがいいわね」

「そうですね~」

など、時々聞こえてきます。

トマトが美味しい季節です。

スーパーにも、手ごろな値段で、美味しいトマトがたくさん並ぶようになりました。


雑誌を見ながら人と話すのは楽しいですね。



ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日の庭から
e0288951_14221387.jpg


e0288951_14224146.jpg



こちらの在宅介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です




by gutsuri | 2013-06-27 14:40 | 介護 | Comments(2)

お箏を習う

母は93歳まで、お箏を習っていました。

車で10分くらいのところにお箏の先生がいらっしゃって、

月に2回、お箏のお稽古に行ってました。

初めのうち1~2年は、家でもお箏のお稽古をしていました。

練習したいと思った時にできるように、居間の片隅に、お箏を置いていました。

それから1~2年は、お稽古の前日に、一生懸命、練習をしていました。

それ以後は、家でのお稽古はほとんどしなくて

先生の処でぶっつけ本番だったようです。

それでもお箏のお稽古には行くと言っていましたから、

先生のご指導が素晴らしかったことがわかります。

先生のお宅に伺うことが、母にとってはすごく楽しみだったのです。

先生には、当時80代半ばのお母様がお近くにいらして、お元気でいらっしゃいました。

先生は高齢者のことをよく理解していて、

母にとって居心地の良い場所を提供して下さいました。

これ以上はないと私が感じたほどです。

私は音楽は好きなのですが、邦楽については知識がありません。

母のお稽古の後に先生が話してくださるお話、

音楽の話だけでなく、お箏には源氏や古典文学から題材を得たものが多くありますがそのお話など、

また、尺八や和楽の音階構成など、とても興味深くて

私も母のお箏のお稽古を楽しんでいたのです。

おひなさま、七夕、クリスマスなどに催される先生のお宅でのコンサートも楽しみの一つでした。

福祉会館で行われる演奏会なども母と行きました。

母が93歳の時に、入院して一時体力が落ち、それを機会にお箏のお稽古は止めました。

それでも、先生のお宅でのホームコンサートや近くでの演奏会などは、

母は楽しみにしていて聴きに行ってました。

98歳まで、母にはその元気がありました。

今は歩けないので、難しいですね~


雨がよく降ります。

雨の中でもバラは咲いています。

我が家で雨に強いバラは、ナエマ、クイーンオブスエーデン、パパメイアン、モナリザの微笑みなどです。

雨に弱そうに見えても、今日も咲いているのは、ジュビリーセレブレーション、ヒリンドンです。

クレアオースティンも咲いていました。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ


モナリザの微笑み、クイーンオブスエーデン、パパメイアン
e0288951_16243424.jpg

ヒリンドン、ジュビリーセレブレーション、クレアオースティン
e0288951_16253480.jpg

ヘリティッジ、シャーロット、フェリシア
e0288951_16255668.jpg



こちらの在宅介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。





by gutsuri | 2013-06-26 16:51 | Comments(2)

自分の家に帰りたい

昨日は訪問入浴の日でした。

先週の入浴日には、「今日はお風呂には入りたくない」などと、

母にしては珍しく気弱な言葉が口から出ましたから、

昨日はどうかなと思って、様子を見ていました。

大丈夫でした。

いつもの調子で入浴していました。

入浴の日は、看護師さんも来てくださいます。

看護師さんの眼で、全身のチェックが入りますから、とても有難いのです。

以前から気になっていた腰の床ずれ、掻き傷、おむつ被れらしきものなど、

今は大したことはないのですが、

今しっかりと、処置しておくことが大事なようです。

1~2か月内には、週に2回のリハビリの内の1回を、

訪問看護に切り替えることになりそうです。

母の免疫力を高めるには、母の気持ちの高揚が一番良いと思っていました。

気持ちの高まりって、手っ取り早くて、簡単で、楽しいし、私も気分が良いし、

看護するうえでも、一緒にいる上でも、自然の摂理に適っていると信じていました。

ですから、これまで、母の気持ちを高めることを中心に、

母と向き合ってきたと思います。

それはそれで、本当に良かったと思っています。

現に母は、これだけ元気でいてくれますから。

でも、百歳という年齢は、一筋縄ではいかないところがあると、つくづく感じます。

気持ちの高揚だけでは補いきれない何か、

身体全体を底に引っ張り込もうとする力、

精神的なパワーの限界点、

身体の随所に現れてくる諸症状など、

いろいろなことが波のようにやって来ます。

大波だったり、さざ波だったりしますが、その波がやって来たとき、「寿命」という言葉が頭を

過ります。

今朝、ヘルパーさんに手伝って戴いて、

床ずれの手当て、背中を摩ったり、掻き傷の処置などをしました。

背中を摩ると、母は、気持ちが良い、気持ちが良いの連発です。

ベッドの上でいつも体重を支えている背中や腰は、

かなりな圧がかかり、蒸し暑さも加わって、大変な思いをしているのかもしれません。

そして今朝、新聞を読みながら、「自分の家に帰りたい」と母が言いました。

自分の家?どの家のことだろうと思い聞いてみると、

母が子供時代を過ごした家でした。

歳を取ると、想い出は子供時代のことが大半を占めるそうです。

気持ちはわかりますね~

12年前に、我が家にやってきた母にとって、

ここが自分の家でないことだけは、確かなようです。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護ブログランキングに登録しました。
応援のワンクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ



今日庭で咲いている花
e0288951_16311379.jpg


e0288951_16311483.jpg


e0288951_1718509.jpg

こちらの在宅介護のブログランキングにも参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。






by gutsuri | 2013-06-25 16:47 | 介護 | Comments(4)

バラも応援してくれる

一日に何回か庭に出ます。

花がらを切ったり、蕾の様子を見たり、

最近は黒点病が気になったり、乳酸菌をドボドボとバラの根元にかけたり、

乳酸菌を葉にスプレーしたり、虫の様子を見たりしています。

そこは一つの小さな世界です。

ホントに笑ってしまうほどのちっぽけな世界なのですが、

そこにいると、不思議と落ち着いてきて、

そこが私にとっての全宇宙のような気がしてきます。

数日前に、クレア・オースティンの蕾を見つけて驚いています。

昨年は梅雨時には、このバラは休眠状態でした。

つぼみをつけることもなく、ひっそりとしていたのです。

他のバラは、梅雨時でも、チラホラ咲いていましたが、

クレア・オースティンは、お休み状態でした。

それが幾つか蕾を付けて、2~3日のうちには咲きそうです。
e0288951_15312374.jpg
庭に乳酸菌を撒きはじめて1年になります。

去年のバラに比べると、たくさん、大きく、長く咲き、

虫や病気に強くなり、色鮮やかに咲いているように感じるのは

気のせいだけではないように思います。

乳酸菌を作っているときの私の手間(まあ、エネルギーとも言えますねえ)が、

バラたちに届いていると思っている幸せ者がここにいます。

何かにちょっと手を掛けたときのエネルギーって、

それは、相手に届くものなのかもしれません。

良く咲くバラを見て、そのように思ってしまいます。

バラの花から、母も私も元気をたくさんもらっています。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護のブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。



今日のバラ
レオナルドダヴィンチ、モナリザの微笑み、エブリン
e0288951_15543652.jpg


シャーロット、ヒリンドン、シェイクスピア
e0288951_15545640.jpg





by gutsuri | 2013-06-23 16:26 | 介護 | Comments(0)

訪問看護

今日はケアマネさんが来られました。

月に一度はケアマネさんが母の様子を見に来られます。

介護の計画が今のままで良いかなどのチェックなのですが、

今朝、ちょっとした心配があったので、グッドタイミングでした。

月曜日の入浴の時には、それほど目立たなかった腰の皮膚の皮剝け状態のものが、

木曜日、金曜日と大きくなってきて、

今朝私が見たときには、床ずれのようにも見えました。

ヘルパーさんにお手伝いしていただいて、私が応急処置はしておきました。

ケアマネさんに相談すると、

週に一度の看護師さんによる訪問看護を利用してみてはどうかと言われます。

看護師さんの眼で母の身体を見ていただける。

私では見過ごしてしまう小さなことや、

これから起きてくるであろう身体のトラブル、

高齢者や寝たきりの人の身体の特徴などを

看護師さんはよく理解していらっしゃいますから、こんなに心強いことはありません。

ただ、週に1回の訪問看護を受けると、

今、週に2回利用しているリハビリを、週に1回に減らす必要があります。

母は要介護4の認定ですから、その枠の中で抑える必要がありますから。

今すぐにということではないにしても、

いずれはその訪問看護が必要になってくると思います。

今までも、小さな皮剝けは出来たり治ったりしていました。

ただ、今回のは大きめです。

このように、いろんなことを体験しながら、ベッドの上で過ごしていくのでしょう。

幸い、母は精神的には落ち着いていて、明るい毎日を過ごしています。

気持ちが穏やか・・・本や雑誌をよく読みます。嬉しいです。


介護保険や市で提供されているサービス
   2か月に一度の散髪 理髪師の方が来てくださいます 交通費の500円だけ支払います
   年に一度の掛け布団の丸洗い 
   一か月に3000円分の紙オムツ支給


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護のブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。

在宅介護 ブログランキングへ


今日のバラ お日さまに誘われて咲きました
e0288951_16362183.jpg
  



 


  

by gutsuri | 2013-06-22 16:55 | 介護 | Comments(4)

夏至は折り返し点

今日も雨です。

梅雨ですから仕方ありません。

雨が降らないとみんな困りますから、雨降りもいいのですが、

穏やかに優しく降ってねなどと、私達に都合の良いことをつい考えてしまいます。

ちっぽけな庭もそれなりに一つの世界が出来上がっています。

雨に濡れて、しっとりと緑がきれいに洗われて、生き返ったようです。

今日くらいのやさしい雨なら、バラの花は上を向いてしっかりと咲いています。


そして、今日は夏至です。

昼の時間、太陽が顔を出している時間が、一年で一番長い日です。

明日からは、昼の時間がだんだんと短くなって行き、

12月の冬至の日は最も昼の時間が短くなります。

そしてまた、昼の時間がだんだんと長くなって夏至に至るという風に一年は回っています。

12月の冬至の日から、少しづつ長くなってきた昼の時間が、

6月の夏至の日を境に逆に転じます。

その逆に転じたものは、冬至の日を境にまた逆に転じるのです。

そしてまた夏至の日に逆に転じます。

冬至と夏至の日は、Uターンの日なのです。

折り返し地点です。

地球上の生き物は、太陽の恩恵を受けてこそ生命を保っていますから、

この夏至と冬至の意味は、生き物にとってとても大きいのだそうです。

植物は太陽の出ている時間に敏感に反応しますから、

明日からは、植物は収穫、結実に向けての準備に入ると言われています。

葉っぱはまだ青々としていて、花もきれいに咲いています。

でも、見えないところでは、変化が始まっているのかもしれません。

「夏至は太陽の満月だ」という表現もありました。

面白いですね。


母はおぼつかない手つきですが、

自分でお箸を持って、食事することができています。

最近、そのお箸を持つ手が弱々しくなってきたなと感じることがあります。


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護のブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。

在宅介護 ブログランキングへ


雨の中、涼しげに咲いています
e0288951_1629544.jpg




by gutsuri | 2013-06-21 16:42 | 自然とのつながり | Comments(0)

歌謡ショーが大好きな母

火曜日の夜8時から、NHKで歌謡ショーがあります。

昔の歌手や演歌歌手が出演し、素晴らしく美しい衣装を身にまとって、

情緒溢れる聴きごたえのある歌を、聴かせてくれます。

母はこれを楽しみにしています。

音が割れんばかりの、大きなボリュームにして、

小さな部屋に響きわたるほどの音量を楽しんでいます。

耳が遠いから仕方ないのですが、

それでも普通では考えられないほどの音量なのです。

昨夜もその歌謡ショーを見入っていて、母は笑顔で聴いていました。

きらびやかな衣装に目を奪われ、歌声に耳を奪われ、母のその様子を察するに、

どこか別の世界にどっぷりと浸かっている、

歌の世界に入り込んで、その世界を楽しんでいる、そのような感じがしました。

音楽は直接、私たちの心情に入り込んできます。

そのメロディーが、楽しくても、哀愁を帯びていても、

私達に訴えてくるパワーは大きいものがあります。

リズミカルな楽しい曲を聴けば、身体は自然にリズムを刻んでいます。

憂いを帯びたメロディーを聴けば、知らず知らず、

その哀愁を帯びた世界に身を置いている自分に気が付きます。

昔の曲を聴けば、一足飛びにその「時」に飛んでいくこともあります。

音楽っていいなあ。

母が音楽を聴いて浸っている世界は、きっと私の知らない世界ですね。

存分に浸ってね。


今日は曇り空、ガーデニング日和です。

雨や暑さでしばしお休みをしていましたから、

今から庭に出て、一仕事します。

ホントに、本当に、小さな庭なのですが、知らないうちに雑草が・・

サンバでも聴きながらすると、仕事は捗るのかなあ~


ご訪問、ありがとうございます。在宅介護のブログランキングに参加しています。
応援のクリックをお願いします。一日ワンクリック有効です。

在宅介護 ブログランキングへ

今日のバラ
白いグラミスキャッスルから時計回りにアブラハムダービー、マルガリータ、シャーロット
e0288951_14195038.jpg



  

by gutsuri | 2013-06-19 14:28 | 介護 | Comments(4)