百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

<   2013年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

バラと乳酸菌 1

バラを育てている方はご存じだと思いますが、

ブラインドと言われる現象が、春には起きることがあります。

バラは枝を伸ばした先には花を付けますが、

それがどういうわけか、蕾が付かないことがあります。

そういう時には、枝先から一節、二節切り取ると、新しく出た芽から蕾が出るそうです。

我が家の小さな庭のバラたちには、この春はブラインドは見られません。

勢いよく伸ばした枝先には蕾が付いています。

葉っぱが大きくきれいです。

今日も強風が吹き荒れています

根張りがしっかりしていれば大丈夫ですよね。

葉っぱが茂って栄養分を作り、そして花を咲かせる。

これは根をしっかりと張ってこそですね。

バラには乳酸菌が合うのだなあと最近実感しています。


昨日の訪問入浴を我が家の都合で今日に変更、母は新しいパジャマを着てご機嫌です。


今日のフリュイテ(果物という意味だそうです)
e0288951_1802170.jpg


芍薬
e0288951_18543740.jpg
ジャーマンアイリスが急に咲きました
e0288951_1856922.jpg




by gutsuri | 2013-04-30 19:31 | Comments(6)

雑誌が好き

母の枕元には、本や雑誌が3~4冊おいてあります。

活字には抵抗がないようで、よく本や雑誌を手にとっては読んでいます。

時には大きな声で音読もしています。

新聞も読みますし、チラシも熟読しています。

先月長女が来たときに、母の枕元にあった雑誌をパラパラとめくっていて、

「こんなに良心的な雑誌があるのね。」と驚いていました。

「そうでしょう?扶美さん好みでしょう?」と言うと「わかる気がする。」と応じました。

隔月の雑誌ですが読みごたえがあります。

母は隅から隅まで目を通しています。

特にお料理のところでは、「美味しそうね」と言いながら、材料を一つ一つ説明してくれます。

食べ物にこれだけ関心があれば、まだまだ大丈夫ねなどいう声も聞かれます。

今日は母は元気でした。

ヘルパーさんやマッサージの先生と楽しそうに話していました。


フリュイテとグラミスキャッスルです 咲きかけのこのくらいのときが可愛い~
e0288951_18241979.jpg


そしてジャーマンアイリスも
e0288951_18341292.jpg




by gutsuri | 2013-04-29 18:41 | 介護 | Comments(2)

春眠暁を・・・

先週、朝母を起こしに行ってもなかなか起きてくれませんでした。

身体をゆすっても眠り続けています。

ヘルパーさんの来る時間なので、起こそうとするのですが、

すぐに深い眠りに入ってしまいます

。身体の具合でも悪いのではないかと心配になりました。

そして、無理やり起こすと機嫌が悪いのですよ~

でも起こしましたけどね。

ヘルパーさんが来ると知らされても起きないってところに、

もう認知症の症状があらわれています。

普通なら飛び起きます。

以前の母なら飛び起きて身支度を始めます。

先週このようなことが2~3度ありました。

起こされて不機嫌で、いつもなら気持ちよく応じているのに、

膝が痛いとか太ももが痛いとか言いながら、

あまり協力的でないどころか、どうしてこんなことを言うのだろうと、

傍で聴いていたら暴言としか思えないような言葉を吐いています。


まあ、そのような日もあるよね、などと思っていたら、2~3日でそれは終わりました。

春の心地よい朝、深い眠りから覚めたくなかったようです。

春眠暁を覚えずなどという言葉もありましたっけ。

そして、たまにはワガママを通す。

きっとそれを「健康的」というのでしょう。

明日は私は家族の都合で4時半起きです。早起きは気持ちが良いですよね。

特に今の季節は。


e0288951_1773615.jpg


コンフィデンスとモナリザの微笑みがさらに開きました
e0288951_1785426.jpg




by gutsuri | 2013-04-28 17:22 | 介護 | Comments(4)

バラが咲きだしました

ようやくバラが咲き始めました。

コンフィデンスとモナリザの微笑です。

e0288951_18214517.jpg
色づいた蕾もあって次々と咲いてくれそうですね。

e0288951_18231656.jpg
枝ぶりも昨年と比べると一回り大きいようで、しっかり、どっしりしているように思います。

春の嵐から風の強い日が続き、大きく育って枝を奔放に伸ばしたバラの木を見て、

余り大きくしない方がいいなとも思いました。

ここは海からの風が非常に強いのです。

でも、大したことはなく、ホッとしています。

我が家は庭の半分近くがは日陰です。

でも、こんなに元気に育ちました。


昨日は久しぶりに孫たちに会いに行ってきました。

広場で下の子とボール投げをしていたら

「先日はどうもありがとうございました。」と言いながら、私の方へ近づいてくる人がいます。

孫と遊んでいるから私のことを長女と間違えているようです。

私は帽子を目深にかぶっていて顔は半分しか見えません。

ジーンズ、シャツにスニーカーでした。

「いつもお世話になっています。」と答えると、

「ああ、失礼しました。」ですって。

だって、横幅が違うでしょう?などと思いながら笑ってしまいました。



by gutsuri | 2013-04-27 18:58 | ナチュラルガーデン | Comments(4)

雨ってありがたいですね

2月に切り花を買った時に、きれいな緑の葉が付いていました。

水につけておいたら、多分根が出てくるだろうと思って、水に差したままにしていました。

一か月半くらいしたら、白い根がかなり伸びていたので、地植えにしました。

2本ともしっかりと付いたようです。


e0288951_14562450.jpg



昨日の雨で地面が落ち着いていて根がしっかりと張っているのでしょう。

庭の植物はみんな元気です。

色づいているバラの蕾や、地面低く咲いている可愛い小花などを眺めながら、

発酵とぎ汁乳酸菌をドボドボとかけて歩いています。

私達の腸の働きと植物の根の働きは似ているのだそうです。

乳酸菌が腸を活性化して私たちを健康に導いてくれるのなら、

乳酸菌は植物の根の張りを深く強くして、花をきれいに咲かせ、

病気に負けないで虫と共存できる元気さをくれることでしょう。

昨年に比べて、格段に勢いが良いバラたちを見ていると、

ほんのちょっとしたことで、このような違いが出てくることを目の当たりにして、

本当に驚いてしまいます。


e0288951_1538982.jpg




by gutsuri | 2013-04-25 17:03 | ナチュラルガーデン | Comments(6)

ご近所のナニワイバラ

ご近所のナニワイバラがすごくきれいです。

ほぼ満開に咲いています。

道行く人皆が、毎年このナニワイバラを楽しんでいます。

今年も勿論、いつもより早い開花に道行く人は眼を楽しませていることでしょう。

このナニワイバラのお宅もご主人が植栽のお手入れをされています。

ナニワイバラは枝が乱れる上に勢いも強いので、

毎年バッサバッサと切っていらっしゃいますが、勢いは衰えません。

白い一重の大輪のバラを見事に咲かせています。

雨がちょっと上がった間に、カメラを持って行ってきました。

近づくと甘いやさしい香りが濃厚に漂っていました。

やさしい香りが濃厚にというのはおかしな表現ですが、

傍に行くと、優しさに包まれたような感じがしました。

枝が重なって山のようになっています。

樹齢30ねんくらいでしょうか。

e0288951_16113629.jpg


e0288951_16125093.jpg


e0288951_16132015.jpg




by gutsuri | 2013-04-24 16:22 | 自然とのつながり | Comments(4)

地植えのクンシラン

春本番の暖かな朝、花たちを見回しながら、切り取りました。

e0288951_15361469.jpg


じきに義姉の命日です。

昨年が三周忌でした。

時間のたつのは早いものです。

去る者は日々に疎しとは良く聞きますが、

ゴールデンウィークが近づくと、どのお花が良いかなと思いながらも、

同じ時期には同じ花になってしまいます。

今年も、クンシラン、カラーなど昨年とあまり変わりません。

私たち家族は、義姉夫婦に可愛がってもらいました。

子供たちを連れ家族みんなで義姉の家によく行きました。

大勢でトランプをしました。

セブンブリッジや7並べ、

ゲームの名前は忘れましたが、一覧表を作って各自の得点を集計したりして、

子供たちはとても楽しかったようです。

「おばさん、トランプになると人が変わる」とは子供たちのセリフです。

童心に返ってトランプをしている義姉は本当に楽しそうでした。

そして、ゲームが強かったですね~

義姉は優しくて強い人でした。

人はそれぞれ持ち味が異なります。

自分とは違う一面を義姉に見て、

若いときには尊敬と違和感が入り混じった感覚を憶えたこともあります。

でも今は、ただただ感謝です。

今日は夫がこのお花を持って義姉のお墓参りに、

そしてその足で義兄のところへ行きました。


随分前に、頂き物のクンシランを地植えにしました。

良く咲きます。

来年もきっとクンシランを持って行くのでしょう。



by gutsuri | 2013-04-23 16:23 | ナチュラルガーデン | Comments(2)

雨上がりに乳酸菌を撒く

昨日、一昨日と雨が降りました。

地面は相当湿っています。

さあ、今日は、たくさん撒こうかな。

乳酸菌は湿り気と温度があると増えますから、雨上がりの日は狙い時です。

庭を乳酸菌でいっぱいにしたいので、今日はいつもより多めに、乳酸菌液を撒きました。

昨年の7月から毎日のように発酵とぎ汁乳酸菌を庭に撒いています。

バラの根元にドボドボと撒くとバラが生き生きとしてきます。

そして、周囲の植物も元気が良いのです。

今朝はクレマチスが開いていました。

昨日の寒さで、蕾が固まってしまったのではないかと思っていましたが咲いていました。

今年は全般的に開花が早いです。

早い方が良いとは思いませんが、植物は環境の変化に敏感に反応します。

今のご時世は、「早くて効率が良くて」がベターだと思われているようですが、

母なる自然を相手にしている植物には、

もっと悠然と構えていてほしいなどと勝手な思いを持っていたりします。

まあ、気候変動の時期にあり、

天候不順であれば、植物も混乱気味なのかもしれないなあ・・・などと思いつつ、

バラの開花を心待ちにしていた身としては、

バラが思いがけなく早く咲いたりすると、嬉しくなってしまいます。


今朝のクレマチスです。

e0288951_208105.jpg




by gutsuri | 2013-04-22 20:33 | ナチュラルガーデン | Comments(4)

冷たい雨、嬉しい雨

今日は冷たい雨が降っています。

久々のお湿りです。

植物にとっては嬉しい雨かもしれません。

先日、クリスマスローズの葉っぱがしおれているのに気が付いて、

病気になったのではないかと驚きました。

地植えなのですが、念のため水遣りしておいたら、

ピンと元通りになっていて安心しました。

そういえば、春の嵐からずっと強風が続いていましたし、雨も降りませんでした。

地植えだからと安心していましたが、案外土が乾いていたのでしょう。


今日は午後、母のリハビリがありました。

ときどき元気の良い母の声が聞こえてきました。

リハビリの先生にお聞きしたら、ボール投げをしていたのだとか・・・

直径20センチくらいの柔らかいゴムボールを投げっこしていたのだそうです。

私の前でも二人でキャッチボールを見せてくれましたが、何とも楽しそうで気持ちも弾んでいました。

春は良いですね。

桜を見たときの晴れやかな気持ちが今もまだ続いています。

そして、周囲には植物の生命力が漲っていて、私たちを応援してくれているようです。

雨もまた、後押ししてくれているのでしょうかね。


e0288951_21263763.jpg




by gutsuri | 2013-04-20 21:30 | 介護 | Comments(2)

土木作業もまた楽し

昨日は頼んでおいた介護用品を受け取りにホームセンターに行きました。

用事が済むと、自然と足は園芸用品に向いてしまいます。

園芸売り場をブラブラしました。

楽しいですね。

今の私の一番のお気に入りです。

久しぶりに来たホームセンター、園芸関連品をカートに入れながら頭は庭仕事の手順を追っています。

これから少し、土木作業をすることになりそうなのです。

薄いレンガで花壇を作ったり、土をならしたり、

まあ、力仕事が続きそうです。

今まで放っておいた場所を少し片づけてきれいにすれば、気持ちが良いですからね。

暑くなると虫も出てきますから、今のうちに手を入れておくことにします。

小さな場所なので楽しい土木作業になりそうです。 

今日はジャスミーナというバラが咲いていました。

北側のあまり日当たりが良くない場所に植えてあるのですが、

健気に咲いてくれました。


e0288951_21234238.jpg


e0288951_2127463.jpg




by gutsuri | 2013-04-19 21:47 | ナチュラルガーデン | Comments(8)