かかとの床ずれ

今日は冷たい雨です。

これから芽吹こうとする植物たちには恵みの雨かもしれません。


私は床ずれについての知識がありませんでした。

2月になって母の右足かかとにできた床ずれに気が付いた時、

これはもう、お墓に入るまで、この床ずれと仲良くするしかないのだと思ったのですよ。

今週、往診の先生がおっしゃるには

かかとの床ずれがだんだんと良くなってきているそうです。

そんなことってあるのですね。

嬉しいですね~

床ずれは回復するものなのですね。

朝と夕に来ていただいているヘルパーさんたちにも、

着替えの時に、背中と腰を少し摩っていただくようにお願いしてあります。

四六時中マットレスに着いたままの背中を摩って刺激すると

気持ちが良いと母が喜ぶそうです。

ほんのちょっとした作用で、身体がそれに反応して、

身体の組織が正常な機能を取り戻していく・・・そのようなイメージを思い浮べました。

年老いた身体でも、ちょっとした刺激があれば、

身体の臓器が自分の役割を思いだして、役目を果たそうと動き出してくれる・・・

そういうこともあるのですね。

私たちも、自分の身体をちょっといたわって、目を向け、やさしくすると、

身体が喜んで応えてくれるかもしれませんね。

介護をしていて、小さな心がけで何かが変わってくるかもしれないと、

このようなことに気が付いて良かったです。



by gutsuri | 2013-02-27 21:49 | 介護 | Trackback | Comments(5)

昨年の12月に母が寝たきりになったとき、

ケアマネさんが一番に言われたのは、床ずれ予防のエアマットレスでした。

介護保険を利用して、良いマットレスをお借りしています。

そのおかげで、母は随分と体重があるのですが、

何事もなく過ごしていました。

腰や背中は朝夕のヘルパーさんたちにお願いして、

着替えの時などに少し摩っていただいています。

ところが、2月の初めに右ひざが腫れて痛くなり、

一週間くらい右足を全く動かしていなかったのです。

そしてリハビリの時、先生が右足のかかとに床ずれらしきものを見つけられました。

右足が痛くて動かすことが出来なくて、

かかとに圧がかかったまま日にちが経って、

小さな部分ですが紫色に変色していました。

すぐに先生に往診に来ていただき手当を受けました。

このようなことがこれからも起きるのかもしれません。


私は母の旅立ちが平和なものであって欲しいと願っています。

1年後か、2年後か、何年先なのか分かりませんが、

いずれやってくるその時に、

満ち足りた平和な気持ちで別れることができたらどんなにいいでしょうね・・・

落葉樹がひらひらと葉を落とすように、

葉っぱが少しづつ枯れてきて、何かの拍子に枝からひらりと地面に舞い落ちる・・・

そのようなイメージをしています。

だんだんと枯れていきます。

今日の夕日
e0288951_2011643.jpg





by gutsuri | 2013-02-20 20:13 | 介護 | Trackback | Comments(2)

昨年新しくしたパソコンの電源が入らなくなって慌てました。

「え!もう、故障したのかしら・・」 

早速、困ったときのサポートへ電話しました。

電話が繋がるまで10分、これって普通なのでしょうね、最近では。

事情を話すと、まず、

「ちゃんとコンセントにつながっているかどうか確かめてください」

そうですね、まずここからです、はい。

「それでは、パソコンをひっくり返して、バッテリーを外してください」

「そして、また、そこへ納めてください」

これで直りました。 


なーんて簡単なんでしょう。 

リセットしたのですね。

パソコン,また、快調に動いてくれています。

良かったです。本当に・・・

我が家ではケーブルテレビの受信機を、時々リセットします。

何かわけのわからないことが起きたときにリセットすると、

すぐに機嫌を直してくれるのです。

そういえばケーブルテレビの受信機は、

パソコンと同じなのだと聞いたことがあります。

私は機械音痴ですが、今の時代はどちらを向いても機械だらけです。

それも小さなコンピューターで制御された機械ばかりですね。

便利な機械に囲まれて、快適な日々を送っている私達。

外は寒いけれど暖かい部屋で、美味しいお茶を飲んでテレビを見たり、

本を読んだり、パソコンをしたり、

家族で笑ったり、喧嘩したり、そしてまた笑ったり・・・

幸せですね、私たちは。

そう、本当に、幸せ。



by gutsuri | 2013-02-18 21:41 | 日常 | Trackback | Comments(3)

今日は母が何度も「トイレに連れて行って」と私に言いました。

「もうね、歩けなくなったから、そのまま紙おむつの中にしていいのよ」と答える私。

「歩けなくなった?そんなことはない。ほら、手を引いてくれたらトイレまで行けるから・・」

と必死で訴えます。 

昨夜、お腹にやさしい下剤を飲ませたので、母も必死の形相です。

いつもは穏やかに話すと「そうだったね」と納得するのだけれど、

今日は様子が違います。

当然ですね・・・差し迫っているのですから・・・

しばらく付き合おうと傍に座って「うん、うん」とうなずいてみる。

でも、30分経ってもきりがない・・・同じことを繰り返しています・・・

そして我慢しているのです。

話し疲れたのか、いつの間にか眠っています。

ときどきこのようなことがあります。

さて、明日はどうでしょうか。

こればかりは、だんだんと慣れていくしかありませんね・・・


母が転倒してすぐにポータブルトイレを買いました。

木製のしっかりしたもので、介護保険利用で1割で購入できたのですよ。

そのポータブルトイレは3回利用しました。 

その後部屋に鎮座しています。

ベッドからそれに移るのが難しいのです。

立つ力がもうありません。


でもまだ、ヘルパーさんたちが来られた時に

「おはようございます」とか「いらっしゃい」とか挨拶をしたり

帰り際には「ありがとうございました」とか「お世話様でした」とかお礼を言ったり、

ヘルパーさんとの会話が弾んでいたり、一緒に歌う声が聞こえてきたり、

笑い声が聞こえてきたりするのですよ~

ヘルパーさんを心待ちにしている様子が感じられます。

1日に2回来られるヘルパーさんは、寝たきりの母にとっては、

外から吹いてくる新鮮な風のようでもあり、

知り合いがやって来るような感覚で、母が待っているように思えて、

本当にありがたい存在なのです。

皆様に支えられて、在宅介護が成り立っています。

感謝です。


近所の梅
e0288951_1851162.jpg



by gutsuri | 2013-02-15 18:35 | 介護 | Trackback | Comments(6)

Happy Valentine's Day!

e0288951_10412336.jpg


e0288951_10415377.jpg


楽しいバレンタインの日をお過ごしください。


by gutsuri | 2013-02-14 10:48 | バレンタイン | Trackback | Comments(2)

時間



バシャールはいつも面白いことを言っていますが、これも楽しいですね。

楽しいことをしていると時間はすぐに立ってしまいます。

本当の時間よりも、実際に私たちが感じた時間が、

身体中の細胞が感じた時間なのだそうです。

感じた時間が体験した時間になるそうですよ。

本当は長い時間経っていてもでも、

私達が短い時間だと感じれば、少しの時間しか経っていないのだそうです。 

これぞ究極のアンチエイジングですね。

私は以前にディーパックチョプラの本をよく読んでいたのですが、

やはり同じことが書いてありました。 

その本には、飛行機の中の退屈な時間、友人と話していて1時間くらいに感じたならば、

たとえ7時間の飛行でも実際には1時間しか経っていないことになると書いてありました。

身体の仕組みとはいとも簡単にごまかすことが出来るのだそうです。

だから楽しいことをたくさんしている人は、人生をインジョイしている人は若々しいのだと。

でも忙しさに追いまくられて時間を過ごしていると逆効果だとか・・

楽しいことをたくさんしましょう。

小さな発見をたくさんして、驚いて、感心して、感動して、楽しみましょう。

楽しいこと、嬉しい発見、心躍る体験などが若さの秘密なんて、素晴らしいですね。

e0288951_1328392.jpg

by gutsuri | 2013-02-13 13:36 | Trackback | Comments(4)

在宅介護支援のおかげ

母がベッド上での生活になって3か月目に入りました。

私の介護生活も3か月目に突入です。

今は在宅介護の支援が整っているので、

私自身がすごく忙しくて介護の負担が大きいということはありません。 

いろいろな方々が支援してくださいますから、本当に助かっています。

毎日来て下さるヘルパーさん、週に2回のリハビリ、週に一回の訪問入浴、そして、隔週の往診などがあり、

わからないことや心配なことはその都度聞いて対処できますからね。

有難いことです。

ただ、当然のことですが、外出が限られてきます。

外出しても家のことが気になって、知らないうちに急ぎ足になっています。

でも、自宅での自由な時間はたっぷりあるのです。 

自分でも驚いていますが・・

この自由な時間、今は土いじりを楽しんでいます。

庭にいても時々窓からのぞきこんで、母が何をしているか確かめていますよ。

外からのぞくと、母も「何なの?」という顔で見返したり、

笑顔だったり、ウトウトしていたり・・・

午後の柔らかい日差しの中で気持ちよさそうにしています。

私は外で、時折鼻水さえ垂れてきそうなほどの寒さの中ですが、

膨らんでくる新芽を眺めたり、

クロッカス、ヒヤシンスなどの球根の芽が伸びてきているのを見ています。

このような寒さの中でも春を感じてチャーンと芽を出してくる植物。

やっぱり春は近いのですね。

植物が教えてくれています。


鶴岡八幡宮の寒牡丹
e0288951_22484340.jpg


e0288951_22493763.jpg


今日の夕日
e0288951_22501493.jpg





by gutsuri | 2013-02-11 22:54 | 介護 | Trackback | Comments(2)

先週、母のひざが腫れてしまい、

往診の時に溜まった水を先生に抜いていただきました。

その時に、少しでも足を摩ったり揉んだりするだけでも、効果があり、痛みも和らぎますと、

先生から言われました。

言われた通り、本当に少しだけ、母の脚のマッサージを始めました。

片足1~2分位のマッサージの真似事です。

するとどうでしょう~

本当に脚のむくみが取れてきたのです・・・

そしてひざの曲りも良くなってきました。

たったの数日でこの効果です。 

驚いています。

手には本当にパワーが潜んでいるのですね。

摩ったり撫でたり、これから機会あるごとにしていこうと思っています。


それにしても、手の威力、ハンドパワーには本当にびっくりでした。

手仕事、手芸品、お習字、絵など、一針ごとに、そして一筆ごとに、

パワーというかエネルギーというか、絶対的なフォースのようなもの、

そう、魂のようなものが宿っているのではないかと感じました。

これから、ハンドパワーを大切に使っていきたいと思います。 


魔法の手、みんな持っているのに、

その威力を知らないから使っていないだけかもしれませんね。

使いましょう~

せっかくあるのですから・・・



近所の梅
e0288951_21174562.jpg


今日の夕日
e0288951_2118122.jpg


e0288951_21185237.jpg




by gutsuri | 2013-02-10 22:03 | 介護 | Trackback | Comments(2)

散歩に行こうと外に出た途端、空気の冷たさに驚きました。

今日は冷え込みました。

でも、満開の梅があると聞いたので、近くを散歩することにしました。

3分咲きや5分咲きの梅です。

e0288951_1943691.jpg


e0288951_19444750.jpg


すぐそばに、ウサギと数羽のニワトリがいました。

e0288951_1947391.jpg


e0288951_19475764.jpg


そして満開の梅

e0288951_19513396.jpg


e0288951_19521965.jpg


e0288951_1954114.jpg


カメラのシャッターを押す手が悴んでしました。

空気は冷たいけれど春はすぐそこまで来ていますね。



by gutsuri | 2013-02-08 20:04 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(2)

日本水仙の香り

日本水仙がきれいに咲いています。

今年は例年に比べて咲きはじめが遅く、今が盛りに咲いています。

今までは水仙と言えば、ラッパ水仙やちょっとおしゃれな水仙が好みだったのですが

今はこの日本水仙がとても好きです。

少し地味な感じがしますが、そのさりげない佇まいに魅せられています。

そして何よりその香りが素晴らしいですね。

何に例えればよいのでしょうか。

清々しくてほのかに甘くてすっきりとしていて優しい。

気持ちが落ち着いてくるのがわかります。

シャネルの香水に使われているそうですが、なるほどと思います。

花が少ない1月にちょっと散歩すると、あちこちにこの日本水仙が見られます。

球根がどんどん増えるらしく、束になってたくさん咲いています。

その姿も清楚でひっそりとしていて、匂いに気が付いて花を見つけることもあるくらいですが、

妙に惹かれてしまいます。

学名はナルシストの語源だそうです。


e0288951_2301464.jpg




by gutsuri | 2013-02-07 23:05 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。

by gutsuri