<   2013年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ショウガ

朝はまだ冷え込みますね。

私の最近の目覚めドリンクはショウガティーです。

ショウガのスライスを数枚カップに入れてお湯を注ぐだけ、美味しい飲み物が出来ます。

身体がすぐにホカホカ温まってきます。

e0288951_13354727.jpg


寒いときにぴったりの飲み物です。


昨日は残りの半分に寒肥を施しながら、バラの芽が膨らんできているのを見つけては

嬉しくて一人微笑んでいました。

中には葉が少し覗いているのもあって、それぞれ個性があるのだなあと思いました。

明日から2月、如月です。 

日差しは春のように暖かです。



by gutsuri | 2013-01-31 13:56 | Trackback | Comments(2)

百歳は腫れ物、そっと扱う

99歳ともなると小さなことですぐに体調が変わります。

昨日の朝来られたヘルパーさんから、

母が足を動かすとすごく痛がると聞きました。

午後、リハビリの先生が来られて、やはり本当に痛いようだとおっしゃいます。

ちょっと動かした時に反射的に反応するのと、

介護の時に嫌そうに痛いと言うのとは種類が違うということでした。

かかり付けの医院にお電話すると、お薬を下さるとのこと。

今は医院から薬局に電話が行き、薬局が薬を配達してくださいます。

便利な世の中になったものです。

今日は母は元気でした。いつも通りです。

痛みどめが効いてきたようです。

とりあえず痛みを抑えて、それから原因をチェックでしょうね。


急に血圧が上がったり、体温が上がったり、身体のどこかに変調が起きたり・・

90歳と100歳とでは、身体の動き、身体の強さ、身体の働きが違うのだそうです。

100歳は壊れ物、そっと扱うのですって。



今日の夕日
e0288951_215084.jpg



全ての山に登れ      サウンドオブミュージックより

by gutsuri | 2013-01-30 21:08 | 介護 | Trackback | Comments(2)

散歩と富士山

良いお天気に誘われて、歩いて5分の富士山スポットに行きました。

e0288951_1813217.jpg


e0288951_1821354.jpg
先客の方がケータイで撮っていらっしゃいました。

大きく撮れないと苦労されていたみたいです。

今日は視界が良く小田原の町まで見えそうです。

少し先まで足をのばすと菜の花がたくさん咲いていました。

e0288951_188870.jpg


道端にはタンポポも。

e0288951_189434.jpg


e0288951_1810824.jpg


良い香りがすると思ったら・・

e0288951_18104789.jpg


空気は冷たいけれど春ですね。

黄色のセーターが着たくなりました。

今日の夕日です
e0288951_1850795.jpg




by gutsuri | 2013-01-28 18:17 | 富士山 | Trackback | Comments(8)

どうして玄米なの?

7~8年前になりますが、我が家が玄米(発芽玄米)食にしたとき、

母の反応は想像以上のものでした。

「どうして私が玄米を食べなければならないのか。」 これは母の言葉ですよ~

戦争中はそれは食べ物に困ったことでしょう。

皆が空腹を抱えていたのです。

玄米を見て母が何を思い出したのかはわかりませんが、

とにかく嫌なのです。

ということで、我が家では粗食は夫と私の二人だけです。 

母は若者食なのです。

すき焼きが好物、肉団子大好き、ハンバーグはひ孫と一緒にパクパク。

食べたいものを食べるのが健康の秘訣。

これは母に関してのことです。

粗食は自分から進んでするからよいのであって、

人から強制されると戦争中となんら変わらなくなってしまいます。

粗食と普通食の二種類の料理、大変なようですけど、母などお子様ランチ程度の量です。

毎日ほんの少しの量を作っています。

おままごとみたいですけど。

自分の食べたいものを食べたいですよね~




e0288951_20154499.jpg


今日の夕日
e0288951_20162724.jpg




by gutsuri | 2013-01-27 20:24 | 介護 | Trackback | Comments(2)

体圧分散マット

毎日24時間ベッドの中で過ごすようになると、

どうしても床ずれのことを考えてしまいます。

ベッドでの生活は一か月半になりました。

体圧分散のエアマットなのですが、寝たきり状態では気をつけるに越したことはありません。

母が太っていること。 普通の人以上に負荷がかかっているのだろうと思います。

そして99歳という年齢ですから代謝が落ちていますし・・・

着替えの時にヘルパーさんに背中や腰をボディーローションをつけてマッサージして頂いています。

母は、こちらがやりやすい姿勢を取ってくれないので、出来る範囲でしています。

母は気持ちよさそうにしていますよ。

私が出来ないところはヘルパーさんにお願いしています。

時々ベッドの中で、「さあ、今からトイレに行ってくるから。」などと言います。

「どうやっていくの?」と聞くと

「歩いていくのよ。」などと答えています。

歩けると思うときがあるようですね。

願望と現実がミックスされています。


今日はお日さまが出て暖かい日でした。

バラ講座で習ったように小さな枝、古枝などを切り落としてすっきりしました。

枝ぶりが整ったように思いました。

日差しは春のようです。

日の入りも随分遅くなりました。


e0288951_171171.jpg

今日の夕空
e0288951_1712714.jpg




by gutsuri | 2013-01-24 17:05 | 介護 | Trackback | Comments(0)

バラ講座

バラ育種家の河合伸志さんのバラ講座があるというので、

昨日行ってきました。

初めは室内でのお話だったのですが、

後半は小雨が降る寒空の下、外で剪定を見せて頂きました。

てきぱきとした話しぶりで、バラのプロとはこのような方を言うのだと思いました。

がっぷり四つに組んでバラと付き合ってこられた年月がうかがい知れます。

その公園はすでにすべてのバラが剪定されていました。

ボランティアの方がなさったそうですが、

太く育った幹は手を大きく拡げたように育っていて

思い切りよく剪定されていました。

名札を見るごとに五月に咲いている姿を思い浮べることが出来ました。

根元には「肥料バーグ」なるものが施されていました。

これからの私の剪定の参考になりました。


母の調子が以前に近い状態に戻って来たので、

様子を見てですが少しなら外出できそうです。

歩くことや立つことは出来なくなりましたが、

ベッドの上で快適に過ごしているように思います。

人間が持っている治る力は凄いです。



by gutsuri | 2013-01-23 14:15 | ナチュラルガーデン | Trackback | Comments(8)

101歳、トヨさんの詩集

詩集「くじけないで」の詩人、柴田トヨさんがお亡くなりになりました。

101歳だったそうです。

この夏、トヨさんの詩集を購入、母が熱心に読んでいました。

元気を貰ったと喜んでいました。

e0288951_13162354.jpg
今朝、新聞に目を通すなり、柴田トヨさんの記事を真っ先に見つけていた母です。

もう一度、「くじけないで」を本棚から出して手渡しました。

トヨさんの明るさに触れて、また身近なところで小さな喜びに出会ってほしいと思います。

101歳の人生を終えられて・・・

ご冥福を祈りいたします。





私が死に赴くとき
あなたがそばに居てくれたら
そして、手を握ってくれたら
満ち足りた気持ちでいられます
by gutsuri | 2013-01-21 13:35 | 長寿 | Trackback | Comments(0)

介護はホリスティックで・・・

最近、読み始めた本です。

以前買っていたのですが本棚に入ったままで、手に取ったのはこの頃です。

e0288951_1441841.jpg


「幸せな死」 「平和な死」 というような魅力的な言葉が眼に入ってきます。

この通りにはいかないでしょうが、何かの参考になることと思っています。

毎日の生活の中で大切にするものと省いても構わないもの、

そのようなことを選択しなければならない時に、アイデアを貰えそうです。

「幸せな死」という言葉を見て、目からうろこです。

こういいう発想もあったのですね。

人は皆、死ぬものですから、「死」は皆が通る道です。

その通る道をその人らしくしたい・・・

花が咲いていたり、草が生えていたり、枝葉の木漏れ日がさしていたり・・・

これから、母が通るその道を、きれいに準備していきます・・・



バラ友さんに頂いたポインセチアがきれい
e0288951_1512049.jpg


昨日の夕日
e0288951_15123296.jpg





by gutsuri | 2013-01-20 15:16 | 介護 | Trackback | Comments(2)

においは慣れる

空気清浄器を購入しました。 

消臭機能が付いているものです。

母の部屋に今も空気清浄器は置いてあるのですが、数年前の商品でした。

最近のものは加湿などもついてなかなか優れモノのようです。

何日か前に家族から「臭うよ。」と言われました。 

私がにおうのだそうです。

衣服や髪に部屋のにおいがついたのでしょう、

自分では気が付きませんでした。

においは初めは感じるのですが、

鼻はすぐにそのにおいに慣れてしまします。

私もにおいには敏感な方なのですけど・・・

その時には他に気が行っていて、それほど気にならなかったのでしょう。

以前は夜にアロマを焚いたりして、穏やかな香りを楽しんだりしていました。

リラックスできるのですよね、においは。

鼻からの刺激って気持ちに強く作用するものだとものだなあと思いました。

新しい空気清浄器、まだ届いていませんが、期待しています。



e0288951_14512196.jpg




by gutsuri | 2013-01-18 15:01 | 介護 | Trackback | Comments(2)

呼吸の大切さ

健康において、呼吸の大切さはよく知られています。

ヨーガの時には呼吸の大切さを先生はよくおっしゃっていました。

呼吸は意識、無意識と両方のコントロールを受けているそうです。

ですから、呼吸を通して無意識の領域に入っていくことが出来るそうですよ。

いくつかのメルマガが毎日届いていますが、先日届いたもので面白いものがありました。

呼吸の大切さを「家での呼吸」という切り口で話していらっしゃいました。

家での呼吸が心地よいか、深呼吸が出来る家なのか、

そして家も呼吸できているかなど書かれていました。 

家の中がどんなにすっきりしていたって、

外での呼吸の気持ち良さにはかないませんが

とりあえず散らかっているものを少し片づけることにします。

長い時間を過ごす部屋ですものね。

眼から入る情報も大きいそうですから・・・


e0288951_1493120.jpg


昨日の夕日
e0288951_1411182.jpg
 



by gutsuri | 2013-01-17 14:16 | 健康 | Trackback | Comments(0)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri