カテゴリ:自然とのつながり( 98 )

目指しているのはローメンテナンスのバラ育て

私が目指しているのは、シンプルなバラ育てです。

歳を取っても、それなりに楽しめるバラ育てです。

私は、今、いろいろなことが面倒に思えて仕方がないのです。

毎年毎年、手抜きに励んでいますよ~


日々の生活の中で、ちょっと外に出て、バラの花を見ると

元気になる自分が感じられます。

介護に対する前向きな考えも浮かんで来るのです。

さあ、また今日も楽しくいきましょう!

このような気持ちになれるのは

庭先に咲いているバラのおかげかもしれませんね。

そして、バラを育てていると

その背景にある大きな存在を感じることができるのも

バラ育ての面白さの一つかもしれません。

このちっぽけな庭を管理しているのは私ではなくて

背景にある母なる大地だと気が付くのです。


そして、植物の持つその強さにも気が付きます。

人間の歴史がたかだか何万年だとしたら

植物は億がつく時間を重ねているらしいですよ。

バラは放っておいても育ちます。

近所の空き家になっているお庭に咲いているバラは

春と秋に立派な花を咲かせていますからね。

剪定されていないので、ヒョロヒョロしていますが

この辺りの強風にも負けず、何年も生き延びて、その生を謳歌していますよ。


自分が何と出会うのか。

どんな情報と巡り合うのか。

誰と知り合うのか。

これは、その人の、その時の状態を表していると言います。

ですから、この空き家のバラを目にするたびに

そこにメッセージが込められているように感じていました。

我が家は20年の古株のマリアカラスを初めとして

10年来のバラが10本くらい、

そしてここ3~4年で増えたバラと合わせて50本くらいあります。

以前も消毒はしませんでしたが

ボカシ肥はたっぷりと与えていました。

肥料をたくさん与えると、きれいに咲くと信じていましたからね。

一昨年から、乳酸菌だけで育てています。

花付きは今一つかもしれませんが

何しろ簡単なのですよ。

乳酸菌を撒くだけで、他は何もしないのですからね~

バラは今休眠中です。

ですから、私も休眠しています、バラ育てに関してはです。

することがないのです。

じきに地面下で根が働き始めるのでしょう。

乳酸菌を撒いて応援します。

虫や病気は風通しを良くして予防しています。

でも、黒点に関しては、余り気にしていません。

葉を落としても、必要とあらば見る見るうちに葉をつけて

花を咲かせますからね~

これに対して、うどん粉病は、対処に窮していますよ。

何か良い対策はないものかと思案中です。

うどん粉にかかると、葉は縮れて花首は曲り

如何にも病み上がりのバラになります。

今年はうどん粉対策に挑戦です~


楽しみながら

ネズミのおでこほどの庭で、バラを育てています。

面白いです。

2013、5月10日   パパメイアンとベンジャミンブリテン
e0288951_118194.jpg



在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ドイツ歌曲では、バラは大事な人、愛する人を表しているそうです。
それでいくと、このシューマンの「Meine Rose」は、「私のバラ」ではなくて
「私の愛しい人」となりますね。



今日の夕日
e0288951_16595419.jpg


e0288951_1701785.jpg




by gutsuri | 2014-01-29 17:03 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

物差しは海と空

午前中に暖かさが感じられたように思ったので

「さて、今日も外でひと働き」と思い、午後、外に出ると

冷たい風が強く吹いていたので、すごすごと家に入りました。

空を見上げると、雲が怪しげな動きをしています。

e0288951_16221333.jpg


灰色の厚い雲が空を覆っていても

ちょっとした隙間を見つけて、太陽が強烈にその姿を現そうとします。

この地に来て、30年以上経ちます。

青い海と青い空。

海の広さと空の大きさ。

肌で感じる海と空、太陽や雲・・

30年の間に、それらは、私の中で定着しているようです。

最近それに気が付いたのですけどね。

海と空が私の中で定位置についていて

知らないうちに、それが、判断基準になっていたりして・・・

自分でもときどき、ピントがずれているのではないか

と感じることもあるのです。

そして、それはきっと、海と空の物差しのせいではないかしら

などと思ったりもしているのです。

ピントがぼけている代わりに

何か自分でも気が付かない面白い感覚が

身についていると良いなあと思ったりもしています。

そう思えるくらい、海と空は素晴らしいですからね。


上の写真の後、夕方の空でドラマチックな展開がありました。

私のところでは、冷たい雨が降っていましたけど・・

e0288951_17284838.jpg


e0288951_17295975.jpg


e0288951_17401156.jpg


e0288951_17422819.jpg


e0288951_17451136.jpg


今日の日没は5時でした。

冬至から一か月と少しで、40分も日没が遅くなりましたよ~

春に近づいていますね。

日差しも強くなりましたしね。


母は今日は、昼食が済んでから、ず~っとお昼寝をしていました。

その後、笑顔でお目覚めでしたよ。

ご機嫌です~


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








by gutsuri | 2014-01-26 18:19 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

春の予感を感じて・・・

今日は暖かかったですね~

外に出ても身体が緊張することなく、空を見上げて深呼吸。

春の予感!

このように春を予感させる日と、寒さに凍えるような日を繰り返しながら

春に近づいて行くのでしょうね。

身体が喜んでいるのがわかります。

嬉しいと感じるのですから、心も喜んでいるのですよね~

知らずに笑みが浮かんでいます。


今日は、母は、往診とリハビリがありました。

身体はいつもと同じで大丈夫だそうです。

しっかりと動いているのだそうです。

先生との会話も出来ていました。

気持ちが落ち着いているところが素晴らしいと先生に褒められました。

誉められると、きっとわかるのでしょう、母は喜んでいました。

穏やかな笑顔でした。

リハビリでは、ベッドの縁に腰を掛けて、輪投げやお手玉投げをするのですが

その時に、投げる勢いで姿勢が前屈みになるのです。

足の裏を強く床に押し付けています。

投げることに夢中になって、自然にその体勢になっているのですよ。

一年以上も使っていない足を、床に押し付けている・・

これは、なかなか良い状況だと言われました。

使っていなくとも、血液がまわって、筋肉を刺激しているのでしょうね。

そうあって欲しいと思います。


春の予感・・・なんか、良い感じです・・


午後に庭でひと働きしました。

気持ちの良いひと時でした。

小バエの集団が飛び回っていましたよ。

草花を幾つか移動させたり

掘り返してみたら根があって慌てたり

気が付けばお日さまが沈みかけていました・・

日が長くなりました。


在宅介護ランキング、または薔薇ブログランキング

ポチッとクリックしていただけると嬉しいです~

皆さまとの繋がりに感謝です。


にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ








乳酸菌でバラ育て
今日の暖かさに誘われたのでしょうか
パンジーもクリスマスローズも、元気が良いです。

クリスマスローズ
e0288951_19182259.jpg


日が沈みかけていたので、慌てて家に駆け込みました 間に合いました
e0288951_19185731.jpg




by gutsuri | 2014-01-21 19:22 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(2)

母なる自然を感じて

今日のヘリティッジです。 あとでお花を切り取りますけど・・・
e0288951_13321474.jpg

今年もきれいにたくさんのバラが咲いてくれました。

バラを見るたびに元気になりました。

心からバラに感謝しています。

その中でも良く咲いてくれたバラの一つが、イングリッシュヘリティッジです。

イングリッシュ・ヘリティッジ。

その名前に負けることなく、すべてにおいて素晴らしいと思えるバラです。

「どのバラが好き?」と、もし聞かれたら

多分、「イングリッシュ・ヘリティッジが好き」と答えると思います。

あのターシャが「一番好きなバラはイングリッシュヘリティッジ」と言っていますが、

それを知って嬉しくなりました。

別にターシャの真似をしているのではないのですよ。

さり気なくて、優しくて、良い香りがして、一年を通して次々と花を付けるヘリティッジ、

どこにでもあるようなピンクのバラですが

実は、強烈な個性が中に隠れていますよ・・・

私がイングリッシュヘリティッジの良さを知っているのと同じように

ターシャもそれを知っていると思うと、心から嬉しくなるのです。


生き物というのは

自然のサイクルに身を任せて、精一杯生きています。

植物は、必要とあらば、葉を落としたり、花を落としたりして

守りの姿勢に入りますよね~

自分を守るためです。

このちっぽけな、「ネズミのおでこ」ほどの庭の中で

バラや草木を眺めて楽しんだり

バッタやミミズやダンゴ虫や、その他バラの害虫などを観察しながら

生命の息吹を肌で感じ取ることが出来ました。

バラも虫もみ~んな一緒で、その上でバランスを取っている母なる自然!

その母なる自然に、心から感謝します。

そして、バラを見ることで、その周囲にある様々なことに気が付くことが出来ました。

食べたり食べられたりの世界ですね~

チッポケな庭の中で、たくさんのドラマがあります。

生きることの厳しさみたいなものが垣間見えたりもしましたね・・


百歳の母と一緒に、バラを楽しむことが出来て幸せです。

バラの花から母はたくさんのエネルギーを頂戴できたと思っています。

バラは見る人にたくさんのことを提供してくれますからね。

母の元気もおかげさまです。

バラに感謝です。


新しい年も、生命の大切さを感じながら

そして、母なる自然を感じながら

バラを楽しんでいきたいと思います。

そう、虫たちと一緒にです~

そして、もちろん、乳酸菌のたくさんのバクテリアたちと一緒にです~

また、私自身も、母なる自然との調和を目指していきたいですね・・・


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます




今日の夕日です
e0288951_16334379.jpg




by gutsuri | 2013-12-30 16:35 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(4)

冬至のお日さま

今日は冬至です。

一年の中で、お日さまが最も南寄りに沈みます。

我が家から見れば、最も左寄りに、伊豆半島の先端寄りに沈みます。

なだらかな伊豆半島が、シルエットで浮かび上がっていて

そこを毎日少しづつ、夕日の沈む位置が移動していくさまは面白いです。

明日からは、夕日の沈む位置が、毎日少しづつ右に移動していきます。

私は神奈川に住んでいるので、冬でも青い空に青い海です。

冬はさすがに寒いですが

それでも、お日さまはいつでも暖かく包んでくれるますから

晴れの日は、家の中で日向ぼっこをしていますよ~

背中と首が暖かくなったと思ったら

頭が急に、燃えるように熱くなってきて、慌てることもしばしばです。

お日さまのパワーは凄いですよね~


緯度の高い地域では

冬はお日さまが顔を出している時間が本当に短いのだそうです。

太陽の力が最も弱まった冬至を無事に過ごせたお祝いとして

冬至祭が行われ、それがクリスマスの起源だとも言われています。


地球上の生き物は、太陽の恩恵を受けてこそ生命活動が出来るのです。

植物は、そのことをよく知っているのでしょうね。

あすから、昼の時間が長くなることを

バラもパンジーもバッタもミミズもナメクジもバラの害虫たちも

み~んな知っているのでしょうね。

生命の源である太陽の光を感知するセンサーのようなものを

動植物と言わず、地上の生き物すべてが持っているのでしょうね。

私たちは家の中で暮らして、夜は照明のお世話になっていますから

ちょっと鈍感になっているかもしれませんけどね・・・

お日さまなんて当たり前すぎて、考えることも少ないですが

太陽のその輝きに、眩しさに、暖かさに、強烈な個性に、目を向けてみると

楽しいかもしれませんよ~


冬至のこの日に、生命の源である太陽に感謝します。

そして、今、生きていることに、感謝します。


今日は、太陽にとってお正月ですね。

太陽の新しい一年がスタートしましたよ~






よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます







乳酸菌でバラ育て
庭は緑が少なくなっていきますが、地面下で生命活動が活発に行われているのだと
思っています。やらなくてはいけないことが山積みです~
春を思い浮べながら、少しづつ片づけていきます・・・


ゴールドバニー  ミッキーマウスに見えます~
e0288951_18471941.jpg



今日の夕日です
e0288951_18495691.jpg



e0288951_18501668.jpg



e0288951_18503958.jpg





by gutsuri | 2013-12-22 19:21 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

夕日の沈む位置がずれていく

私は神奈川の相模湾沿いに住んでいます。

相模湾を挟んで伊豆半島が見えます。

そして、今の時期は、その伊豆半島に夕日が沈んでいくのですよ。

秋と冬には、伊豆半島に沈む夕日がよく見えて

毎日このひとときを夕日を眺めて過ごしています。

秋と冬のひそかな楽しみなのです。

伊豆半島は、なだらかな山並みが連なっていますから

時には、海に夕日が沈んでいるように見えることもありますし

伊豆半島の山並みが、シルエットとして見えることもあります。

対岸が伊豆半島で、相模湾がまるで大きな湖のように思えることもあります。


毎日夕日を眺めていると、面白いことに気が付きます。

今日は12月8日ですから

今はだんだんと夕日が沈む位置が、左(南)にずれて行きます。

毎日、お日さまの幅一個分、沈む位置が移動する

という声も聞いたことがありますけど

一週間経つと、太陽が沈む位置がかなりずれていることに気が付くのです。

これから12月22日の冬至に向けて

太陽が沈む位置が、さらに左にずれて行きます。

そして、冬至の日は、最も左寄りに、太陽が沈むのです。

もっとも南寄りに太陽が沈むと言った方が正確ですね。


伊豆半島の山並みのでこぼこの形の変化や

近くの家の屋根や電柱、電線の位置によって

太陽が沈む位置が確認できるので、はっきりと目にわかるのですよ。

毎日夕日を眺めながら

ああ、もうこんな位置に沈んでいると気が付いたり

そういえば、もう、12月だもの・・などと

師走の気忙しさの中で

ふと、自然の営みに目を向けたり

日ごろ気が付かない壮大な宇宙に思いを馳せたりしています。

単に思いを馳せるだけですけどね・・・


じきに冬至です。

冬至を境に、今度は、太陽は、右寄りに沈むようになります。

冬至は、出発地点、夏至は、折り返し地点。

それが良く見えるのですよ。

クリスマスは、冬至のお祝いだと言われていますね。

冬至を境に、植物は春を目指して地面の下で準備に入るのだそうですよ。

地上部は枯れますが、地面の下では、新芽の準備が始まるそうです。

冬至は、スタート地点。

太陽のスタート地点だそうです。(北半球では)


よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます




乳酸菌でバラ育て
写真を撮ろうと、寒空の下ウロウロしていましたら、ラヴェンダーの香りが・・・
2~3輪咲いていました。日が差せば咲くのでしょうね。
バラは蕾がチラホラ見られますが、どうなるのでしょうね・・・
今日の寒さで震え上がったのは私だけではないでしょう。

ラヴェンダー
e0288951_1673032.jpg


昨日の夕方 雲に隠れた太陽が海に映っています
e0288951_1684594.jpg


昨日の夕日 伊豆半島に沈んでいます。なだらかな山並みが見えます。
e0288951_16101073.jpg




by gutsuri | 2013-12-08 16:32 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

太陽と月

今日は風が強いです。

今年最後のマリアカラスの蕾が開きかけていたのですが

開きかけた花びらが風で飛ばされています。

海は濃い青色。

白い波がささくれ立ったように海面に見えています。

それでも、気持ちの良い秋の一日です。

暖かい日差しがやさしく感じられ

澄み切った青い空に吸い込まれていきそうです。


今日は満月です。

今朝6時前に、家族を最寄りの駅まで送って行ったのですが

丁度その時に、ブルーグレーの空に黄色の満月が西の空にぽっかり浮かんで

沈んでいくところでした。

きれいでしたよ~

以前は、11月、12月、1月の3か月間は

早朝に満月が沈むのを楽しんでいました。

お月さまが低くなるにしたがって

だんだんと黄色からピンク色に変わっていきます。

満月が沈む間際は、ほとんど赤く見えました・・・


この3か月間は、太陽が顔を出している時間が短くて

早く帰らなくてはと、急かされているような気がします。

日暮れが早いですからね・・・

でも、早朝に満月が沈むのを眺めたり

夕方、お日さまが沈むのを眺めたり

この時期ならではの太陽と月を楽しんでいました。

今朝、久しぶりに、満月が沈むのを見て

お月さまはゆったりとしているなあ

お月さまのように、ゆっくりとしていて良いのだ

ノンビリとやっていこう

などと、思った次第です。


満月を見て

お月さまがやさしく語りかけてくれている・・・

そんな風にも思えて

それはどんなメッセージだろう・・・

ちゃんと受け取ったかしらなどと思いながら帰宅しました。

太陽や月や星は綺麗ですね。

太陽も月も星も、そして地球でさえも

まだ、なぞのかたまりですよね・・・

私は、科学的なことは全く知らないのですが

なぜか、惹きつけられて、空を見上げてしまいます。

謎の世界は魅力がいっぱいです。



昨日はひ孫たちの顔を見て、母はご機嫌でした。

しっかりとしていて、力強さを感じました。

誰だって、いつも元気とは限りません。

波があって当然です。

私だってそうですから・・・

まして百歳だと、波の上下の幅も大きいことでしょうね~

孫の一人がお泊りしました。

久しぶりに母親気分。

それもまた楽し・・・






よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます





今日の庭
強風でバラの花びらが飛ばされそうです。今は花持ちが良い時期ですが
この風で散ってしまいそうです・・


アンブリッジ
e0288951_1658444.jpg



こぼれ種から咲いたスミレ
e0288951_1659167.jpg





by gutsuri | 2013-11-18 17:10 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

介護とバラ

母の介護を中心とした私の生活は、まあ、どうにか回っています。

介護が、柱または重石となっていて

浮き立つことが多い私の気持ちを支えているようにさえ感じることがあります。

介護をしていると、今まで気が付かなかったことや

見ているのに見逃して通り過ぎてきたことなど

そして、実際にそれを通してしかわからないことなど

そのようなことが見えてきたりします。

今まで私は本当にぼんやりと過ごしてきたのだなあと気が付き

親は幾つになっても親

最後まで教育してくれるのだなあという気持ちです。


介護をしていて気が付いたことは

介護とバラ育ては似ているということです。

「介護の極意は楽しませること」

これが私の指針ですが、

バラ育ては、「バラを喜ばせること」だと思っています。

バラに話しかけるなんて,頭のおかしい人だと思われそうですが

まあ、少しはおかしいのかもしれませんが

バラに話しかけると、バラは喜ぶような気がします・・・

話しかけるまでしなくとも

愛を持って見守る、手を掛けるなど

心から敬っていれば、バラは応えてくれますね。

短期間で効果を得ようと思ったら、それは、残念ながら

ビジネスライクのような繋がりに思えてしまうのです・・・

自分がバラだったらどのようにして欲しいかですよね。


生き物は強いです。

人間も植物も強いです。

どのような環境でもそれなりに逞しく育っていきます。

何が良いかは、何がベストなのかは、そのような答えはないのでしょう。

バラはその環境で、その人に沿って、その人を頼って信頼して

育っていきますよね~


さあ、今日も午後はお出かけです。

母も元気ですし、嬉しいで~す・・・



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます





今日の庭
今朝、風が冷たいのに驚きました。これで普通の10月になったのでしょうか・・
葉っぱが青々としていて嬉しいです~ バラの蕾もチラホラ見えています。


ゼラニウム
e0288951_124881.jpg



e0288951_12483654.jpg





by gutsuri | 2013-10-17 13:47 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(0)

青い空と青い海

抜けるような青空、気持ちの良い空気に誘われて

近所をお散歩しました。

富士山はぼんやりとしたシルエット、目を凝らしてようやく見えます。

空も海もきれいな青。

そして、夏と秋が混在していましたよ。

暑い日には、お散歩しようとは思いませんが

ようやく秋らしいお天気に恵まれ、フットワークも軽く、出かけました。

海を見て、心が広くなり

青い空を見て、吸い込んだ空気が気持ち良く

最高のお散歩日和です。

e0288951_146945.jpg


e0288951_147263.jpg


e0288951_14115033.jpg


e0288951_1481335.jpg


e0288951_1493052.jpg


e0288951_1495913.jpg


e0288951_14134996.jpg





よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます






今日の庭
バラの写真を撮ったついでに少し佇んでいると、気持ちが落ち着きますね~ 
こんなに小さな空間でも、信じられるものがあるということは嬉しいことです。
ニュースを聞いていると、一体世の中どうなっているのでしょうね・・
わけがわかりません。 でも、ちょっと庭に出てみると、見慣れたバラが
新芽を出して、これから花を咲かせようとしています。元気が出ますね。

ナエマ
e0288951_14311767.jpg



ローゼンドルフシュパリスホープ
e0288951_14315869.jpg




by gutsuri | 2013-10-13 15:41 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(2)

台風一過、

今日は素晴らしいお天気ですね。

私が住んでいるところは

今回の台風は、雨が少なくて、風もそれほど強くなくて

本当に助かりました。

台風の進路からずれたようです。

昨日は夕方は、水で洗い流しましたよ。

台風の後は、いつものことなのですが

窓という窓は全部、ホースで勢いよく水道水をかけ

塩を洗い流すのです。

次には、バラの枝に次々と真水で洗い流しました。

そして、台風対策として結んでいたひもをほどきました。

塩でやられて、縮んだようになっていた葉や茶色に変色した葉は、少しでした。

蕾もすべて取りきれなくて、残しておいたものもあったのですが

大丈夫そうでした。

これから咲いてくれるかもしれません。

思いがけなくほとんどのバラの枝が元気だったので嬉しくなりました。

夕暮れが余りにもきれいだったので、写真に撮りました~
e0288951_15132532.jpg

昨日は午後入浴の日でしたが

台風の勢力が増したとの報道を耳にしましたから変更をお願いしました。

ということで、今日の午後は、往診、リハビリ、訪問入浴の予定になりましたから

母にとっては忙しい午後になります。

今、母はお昼寝タイムで、私はいつもこの時間にブログを書いています。

昨日が敬老の日だったからなのでしょうが

今日、市から百歳のお祝いの品が届きました。

内閣総理大臣からの賞状と銀杯、

そして市からは、毛足の長い敷き毛布です。

本当に立派な敷き毛布なので、有難いことなのですが

残念ながら母には使えません。

母は紙おむつをしていますし、

床擦れ防止用のハイテクエアマットを使用していますから

このような毛足の長いシーツは使うことが出来ないのです。

残念ですね・・・・

他の人に際あげるものって、難しいことですよね。

百歳の高齢者が身近にいる人なら、良くわかっていますが、

そうでない人は、なかなかわからないものです。


老化もそうですね。

自分がその歳になって初めて気が付くことがたくさんありますから

私も大きなことは言えません。

母をそばで見ていて、老いていくことがどのようなものか、ようやく理解できますが、

老いていく人の心が、どのようなことを感じているのかは、

その歳になってみないとよくわからないことです。

みんな、みんな、同じ方向に向かって歩いているのですが、

先のことは、そこに辿り着いてからようやくわかるのですからね。

表彰状と銀杯を見て、母はとても喜びました。

私も嬉しかったです。

母が百歳を迎えたことが実感できました。



よろしければクリックをお願いいたします
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ





ご訪問ありがとうございます



今日の庭
今回の台風は塩害は余りなかったようで助かりました。まだわかりませんが・・
一週間くらいして出てくるときもあるのですよ。
残っていた蕾が咲いていました。

クイーンオブスエーデン
e0288951_16112352.jpg

フェリシア
e0288951_1612457.jpg


by gutsuri | 2013-09-17 16:22 | 自然とのつながり | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri