百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

カテゴリ:自然とのつながり( 94 )

散歩に行こうと外に出た途端、空気の冷たさに驚きました。

今日は冷え込みました。

でも、満開の梅があると聞いたので、近くを散歩することにしました。

3分咲きや5分咲きの梅です。

e0288951_1943691.jpg


e0288951_19444750.jpg


すぐそばに、ウサギと数羽のニワトリがいました。

e0288951_1947391.jpg


e0288951_19475764.jpg


そして満開の梅

e0288951_19513396.jpg


e0288951_19521965.jpg


e0288951_1954114.jpg


カメラのシャッターを押す手が悴んでしました。

空気は冷たいけれど春はすぐそこまで来ていますね。



by gutsuri | 2013-02-08 20:04 | 自然とのつながり | Comments(2)

冬のお月さま

夜が長いこの頃はお月さまがきれいだなあと思います。

冷たく澄んだ空気ではお星さまもたくさん見ることが出来ます。

今は夜になるとカーテンを引いていますが、

以前は食堂のカーテンを引かずにいました。

明かりを消して、窓から差し込む月光をしばし楽しんだものです。

そして満月の時には、朝起きた頃、西に沈むきれいな満月に見とれていました。

朝五時半ごろちょうど満月が沈んでいましたね。

11月、12月、1月、この3か月は満月が本当にきれいです。


今日は新月です。

明日の夕方、筆の穂先でなぞったようなかすかなお月さまが西南に見えますね。

ほんの短い時間ですけど・・


今日の富士山と夕日
e0288951_2211184.jpg


e0288951_2243776.jpg


e0288951_225855.jpg


by gutsuri | 2013-01-12 22:14 | 自然とのつながり | Comments(0)

今日は冬至

今日は冬至です。

太陽が最も南寄りになります。

明日からまた太陽は逆戻りして北寄りに動き始め、

夏至の日に最も北寄りになります。

そして次の日からまた逆戻りして、今度は南寄りに動いていきます。

出発点は冬至と夏至。 

太陽はこの間を行ったり来たりしているわけです。

私が住んでいる所は、

秋から冬にかけて夕日がきれいに見えます。

夕日が沈む位置がだんだんと南へ動いていき、

冬至を境に今度は逆方向に動いていく。

背景の景色と夕日を見比べると、

夕日の沈む位置がずれていく様子が手に取るようにわかります。 

一週間でかなり移動するのです。 

面白いですよ。


出発点は冬至と夏至。

冬至の日から太陽が出ている時間は少しずつ長くなっていきます。

植物は敏感にこれを察知することでしょう。

春からの芽吹きに備えて、地面の下で根っこを張ります。

地上部は寒さで元気がありませんが、地下では活発に活動をしています。

立春になると日差しは強くなり、枝に新芽の準備が出来てきます。

春になり葉が出て花が咲きます。 

生命力が全開です。

そして6月の夏至。 

この日から太陽が出ている時間が短くなっていきます。

地上部では葉も花も盛りですが、

植物は結実、収束の準備に入ります。

そして実を結び、また冬至がやって来ます。

冬至と夏至の間を行ったり来たり。

小さな庭を楽しみながら、夕日を楽しみながら、

その変化を楽しんでいます。

だから冬至の今日は、新しいスタートだと思っています。

植物も私も太陽と共に生きていますからね。

by gutsuri | 2012-12-21 22:43 | 自然とのつながり | Comments(2)
犬を連れて裏山を散歩している人から聞いたところによると、

ステンレス製の籠の罠が、裏山の奥の方に仕掛けてあるそうです。

リス、あらいぐま、ハクビシンが増えすぎて、在来種が困っているのだとか・・・

環境関連のNGOがしているそうです。


今日、私が犬を連れての散歩の時、道路際の側溝(金属製の網のふたがしてある)の中を

ふさふさした大きなしっぽの動物が走っていて、犬がそれを追いかけました。

何かはわかりませんが、リスよりはずっと大きい動物でした。

数年前にはリスが増えて、電線の上を器用に走っているのをよく見かけましたが

最近、リスは少なくなったように思います。


以前、近所に菜園を借りていたことがあります。

畑で作業していると、キジが寄ってきたものです。

この辺りのキジは人間を恐れません。

自分たちが先住民だと知っているようです。

キジのメスは地味な色ですが、オスは見とれてしまうほどきれいです。

キジの家族もよく見かけましたから卵は順調に孵っているのでしょう。

この辺りはトンビが多いのにキジは強い鳥なんだなあと感心したことを憶えています。

今でもキジがケーン、ケーンと元気よく鳴いている声が裏山近くに行くと聞こえてきます。


母は大分落ち着いてきましたが、以前のようにはまだ動けません。

毎朝、ヘルパーさんが来てくださいます。

午後はリハビリの方が週に2回、

その他の日はヘルパーさんが来てくださいます。 

土日もです。 年末年始もです。 有難いことです。

在宅介護援助は整っています。 助かっています。


今日のバラ、夕日
e0288951_21205310.jpg


e0288951_21212829.jpg


e0288951_2122030.jpg


e0288951_21223931.jpg


e0288951_21231255.jpg


e0288951_2123438.jpg

by gutsuri | 2012-12-19 22:08 | 自然とのつながり | Comments(3)