カテゴリ:スピリチュアル( 79 )

マインドフルネスとは今ここを意識すること

マインドフルネスという言葉とよく出くわします。

スピリチュアルのサイトに行くことが多いので、そのせいもありますが、

瞑想にもこの言葉があてはまるようで、私は度々見聞きします。

初めてこの言葉を聞いた時には、

マインドフルネス?え?瞑想はマインドを鎮めるのではなかったの?

などと、その意図がわからなかったのですが、

「今という瞬間に意識して注意を向けること」

このように言われれば、ああ、あれね~とすぐに理解できますよね~

youtubeでいろいろと語られていますからね。


このところ、スピリチュアルのサイトがおしゃれになって来て、

たくさんの素敵なサイトがあって、

若者向けのセンスあるページが多くて、

スピリチュアルに向けたドアが大きく開かれている感じがして、

驚いています。

瞑想についても、同じように感じます。

瞑想といえば、すごくマニアックな感じがしたものですが、

今風に言えば、健康・・・ヨガ・・・瞑想・・・

このようなつながりでとらえられています。

ヨガのクラスでは、7~8分の瞑想をしますよね。

目を閉じて何もしないでいると、

心が静まって来て、気持ちが落ち着いてきます。

いつもと違った空間にいるようで、

まるで次元が違うような気もしてきて、

身体も心も活性化して来るように感じます。

家で目を閉じて何もしないでいると寝てしまいますけど・・・

ヨガの続きでは、身体が何かを思い出しているのかもしれません。


瞑想には、いろいろな瞑想がありますが、

初心者には、マインドフルネス瞑想が良いそうです。

呼吸を意識して、今、ここに意識を集中する。

瞑想といわれても、

初めのうちは、これほど退屈でつまらないものはありません。

でも、慣れてくると、身体も心も反応してくるのがわかります。

マインドフル瞑想は、時間がない時とか朝とか、ちょっと瞑想をしたいときに、

簡単に入っていけるそうですよ。

マインドフルネスは、(特に、今という瞬間の)物事の本質に対する気づきであり、
迷いへの解毒剤であり、ある種の「力」(パーリ語ではbala)であると考えられている。


マインドフルネスの力は、バーリ語でバラ(bala)ですって・・・



ロココが天高く咲いていました
e0288951_19415282.jpg


e0288951_19425746.jpg

コバネイナゴ(どうもミカドフキバッタのようです)
e0288951_19435843.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-14 19:49 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

soulとspirit

スピリチュアルの本を読んだり、youtubeを聴いたりしていると、

soulやspiritという言葉が頻繁に出てきます。

この二つの言葉の違いがはっきりとわからなくて、

何となくですが、おぼろげながらですが、

自分なりに解釈していました。

先日この違いを話している部分に出くわして、

少しは理解しやすくなりました。

スピリチュアルの中でのsoulとspiritについてです。

soulは魂と言われていますね。

私たちは魂の存在であり、輪廻転生を繰りかえし、何度もこの世に生きて来ている。

前世で出来なかったこと、上手くいかなかったことなどを、

今生の人生では克服できるようにと、

その気持ちを持ってこの世に新しく生れ出たのだそうです。

魂とは、電磁波体のエネルギーで、白い小さな光なのだそうですよ。

それが肉体をまとってこの世に生まれて来たのです。

魂は電磁波体なので、次元が限られることがありませんが、

人間として肉体をまとった時には、

3次元の(時間を含めて4次元という人もいますが)物理空間にしか生きることは出来ません。


spiritとは・・・

youtubeのエイブラハムやバシャールの話の中で、

ソース(source)という言葉が度々出てきます。

sourceとは、全ての源、宇宙の根源、意識を持っている生命体としての宇宙であり、

人によってはそれを神と呼ぶこともありますね。

このsourceとつながっている部分が私達にはあり、

(意識していようがいまいが繋がっているそうです)

その部分をspiritと呼ぶのだそうです。

そして、spirit は、soul の一部だとか・・・

soulとspirit・・・

何となくわかったような気が・・・しました。

海外のスピリチュアルリーダーの話を聞いていても、

これからは、少し理解しやすくなるかもしれません・・・


ブログでsoulとspiritという言葉を書く前に、ネットでちょっと調べると、

いろいろと出てきました。

面白かったのは、これです。

heart、mind、soul、spiritの使い分けというもので、

heartは、感情の中心としての心

mindは、思考、認識、判断などの働き

spiritは、肉体を超えた精神や魂

soulは、精神の宿る場所としての心

などだそうです。

使い分けるのには、訓練が要りそうですね~




e0288951_19113735.jpg


e0288951_19115321.jpg


e0288951_1912953.jpg


e0288951_1912262.jpg

お隣の屋根に鳥がいました。産毛がフワフワしているのでガビチョウのヒナでしょう・・
e0288951_1913988.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-12 19:16 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

同じは安心だけど・・・パターンを変えると・・・

同じ考えをしていれば、同じ選択を取る。

同じ選択をしていれば、同じ行動をしてしまう。

同じ行動をしていれば、同じ経験を積むことになる。

同じ経験は、同じ感情を引き起こす。

同じ感情を持てば、同じ考えを持ってしまう。

このサイクルから逃れるには・・・・


これは私が時々観ているサイトのビデオでジョー・ディスペンサの話です。

人は毎朝起きて、顔を洗い歯を磨き、シャワーを浴びたりして、

同じような服を着て、同じような朝食を取り、

同じ職場に行き、同じ仲間に会って、同じような会話をして、

同じ仕事をして、同じ時刻に帰宅し、同じような夕食を食べて、

その後も同じように過ごしてベッドに入る。

人は同じということに安心をして、変化を好まないのだそうです。

固いワイアーのように固定されたパターンを繰り返して、

安心しているのだそうです。

言われてみればその通りですね。

安定とか平安とか同じとかが良いですものね・・・

いつもと違ったら困りますよね~ 

慌てるかもしれませんね・・・


同じ流れの中にいれば、自分を変えることがどれほど難しいか、よくわかります。

狭くて小さな世界にいる私は、

少し自分を変えたいなと、変えた方が良いなと感じています。

そこで、チェンジ!と自分に掛け声をかけて、

時々は、いつもと違う行動をしようと思っています。

まずは、小さなことからですね。

ほんの些細なことを少し変えてみます。

何かゲームのようで、面白そう・・・

そう、楽しければ、その後が続くかもしれませんね・・・

限られた空間と時間と環境のなかでのチェンジ!

到達地点も大事ですが、それよりも道中を楽しまなくてはね~



マリアカラス
e0288951_19372863.jpg

アンブリッジ 今年初めてです 
e0288951_1938099.jpg


e0288951_19384238.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-07 19:45 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

戦争の役割・・・平和の有難さ・・・

昨夜、扶美さんが寝た後しばらくして、

咳き込むような声が聞えてきました。

寒いのかなあ~、もう一枚薄いものでもかけようかしらと思って部屋に入りました。

「寒い?」と聞くと

「寒いことはないよ。今ね、おむすびをたくさん握っていたのよ。みんなの分を・・・

でも、配給がないから大変なのよ~」

夢の中では、どうも戦時中のようです。

扶美さんの一生で、インパクトがあるのは、やはり、戦時中なのでしょうか・・・

多くの人にとってもそうかもしれませんね。

普通の神経では、考えられないような状況なのでしょう・・・

私の想像を超えたことばかりで、本当に、想像すらできません。

生き延びるということを常に考えて、それ以外のことは除外する・・・

70年も前のことなのに、いまだに夢の中に現れるのですから、

骨身にしみているのでしょう。

食べ物がないことを・・


「あの子たちはちゃんと食べているかしら・・・」

ひ孫たちの写真を見ながらこのように言っています。

戦時中は、子供たちは皆空腹を抱えていたのでしょうね。


戦争なんてとんでもありません。

みんなもう、わかっています。

知っています。

戦争をしてはならないと知っています。

youtubeでエイブラハムが語っていましたね。

戦争の役割とは何かと・・・

それは、平和の有難さをわからせるためだと言っていたように思います。

私たちはすでに知っています。

平和の有難さを十分に知っています。

戦争が起きて苦労して、それでようやく平和の有難さがわかるほど鈍くはありません。

平和ボケなどしていないのです。

食はファッションではないと知っています。

身体に良いものを食べています。

感謝して食べています。

美味しいものを食べるのは特別な日です。

平和ボケはしていません。

制限は、外から強制されるものではなくて、自分でするものだと知っています。

平和に甘えることなく暮らしています。

だから、平和の有難さを教えると言われている「戦争」など、

今の私たちには、まったく、縁遠いものです。

無縁のものです。

戦争など遥か彼方にあり、その姿も見えません。

見ることもありません。

消えてなくなってください!



ニュードーンが優しい香りを放っています
e0288951_1129235.jpg

ルリヤナギ
e0288951_11301267.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-05 19:00 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

カラスの役割とは・・・何でしょう・・・

昨日出先でのことです。

室内にいると、外で笛を吹いているような音がずっと聞こえていました。

笛の音と言っても、草笛のような音、鳩の鳴くような声、

すごく振動していて、空間に共鳴していて、かなり大きな音なのですよ。

子供が外で笛を吹いて遊んでいるのだと思っていました。

飽きもせず、まあ、長いこと、笛を吹いているものだわ~

今頃の流行りなのかしら・・・このような笛が・・・と思いながら・・・

ベランダに出てみると、近くに子供の姿は見えません。

リビングの前の茂った木から、その音は聞こえて来ます。


葉が茂っているのではっきりとは見えないのですが、

ぼんやりと黒い影が見えるような見えないような・・・

あ!くちばしが見えました!

カラスのようです。

カラスってこのような優しい声を出すのですね~

驚きました。

カアー、カアー、というけたたましくも耳障りな声しか知らなかったので、

本当にカラスの声なのかしらと、そう思うまでにちょっと時間がかかりました。

木の枝に巣を作っているのかもしれません。

ヒナを可愛がっている声なのでしょうか・・・

草笛の音をもっと大きくしたような、よく響く音がしていました。

近くの人は、無関心・・・のようです・・・

カラスにとっては有難いこと・・・

のんびりと子育てをしているのでしょう。

カラスの巣らしきものを見たのは初めてです。

ヒナらしき小さめの黒い影が、羽ばたく練習をしていましたよ。


一方、私が住んでいるこの辺りは、カラスもいますが、トンビもいます。

トンビが元気よく飛んでいるのをよく見かけます。

カラスとは飛んでいる高さが違います。

トンビは天高く舞っていますよね~

強風の中でも向かい風に乗って、ただ、風に乗っているように見えるのですよ。

トンビはカラスより断然強いので、

カラスの勢力は今一つでしょうか・・・

キジもこの辺りで見かけることがあります。

きれいなオスのキジと、地味な色合いのメスのキジが、

小さなヒナを何匹か引き連れて歩いていました。

3月末ごろでしたね・・・見かけたのは・・・

キジは先住民なので皆さん大事にしているようです。

トンビもそうですね。先住民です。

カラスは?

人が増えてきたのですから、カラスもやって来ますよね。


ものにはすべて役割があるそうですが・・・

カラスの役割って何なのでしょう?

すぐには思いつきませんね・・・

ひょっとすると・・・

すべて、人間の思うようにいくとは限りませんよ・・・ということでしょうか・・・

そのようなメッセージを発している?  よくわかりませんが・・・

ゴキブリの役割についてはこの前ネットで見ました。

その辺りを清潔にしなさいというメッセージだそうです・・・???



マリアカラスが輝いています
e0288951_1803269.jpg


ハチではないようなものが、イングリッシュヘリティッジにいました
e0288951_1813457.jpg


e0288951_1815183.jpg


e0288951_182527.jpg



クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-06-02 18:18 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

一日を一生だと思って生きる

昨日、いつものように、

いつものページを見ていた時に、目に飛び込んできたのは、

「一日を一つの人生として生きる」というものでした。

目から鱗・・・状態でした・・・しばらく・・・


朝の瞑想は、「一日を一生だと思って生きる」状態にしてくれるというのです・・・

毎朝起きるたびに、新しい人生の始まりだと思って、その日を生きる・・・

この考え方に深く印象付けられましたよ。

私は輪廻転生を信じていますからね。

私たちが毎朝毎朝生まれ変わっているという考え方は、面白いと思います。

眠りから覚めた朝は新しい人生のスタート!

非常に前向きで楽しい考え方ですね。

毎朝生まれ変わっていると思えば、

自分を変えることもそれほど難しいことではないかもしれませんね。

スティーブジョブズが言っていた「今日を最後の日だと思って・・・」

という言葉と重なる部分がありますね。

どちらかと言えば、一日を一つの人生として生きる・・の方が好みですけど・・・


暑くなりましたが、

扶美さんの部屋は25度を超えていないので、冷房なしです。

暑くないよ~と言いながら、届いたばかりの暮しの手帖を読んでいます。

新しい雑誌に目が輝いていますよ・・・



クレアオースティンとマルゴコスター
e0288951_19145811.jpg


e0288951_19165748.jpg


e0288951_1917187.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-28 19:19 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

マゼンタ色のパワー

マゼンタ色のバラが咲いています。

明るい赤紫、プリンターのカートリッジでおなじみですね。

この色に深~い意味があることを知り、

マゼンタ色のバラを見るときに、思い出しています。

シャルトルーズドゥパルム(パルムの僧院)
e0288951_18462026.jpg

伯爵夫人(私が名づけました)
e0288951_1847243.jpg

マゼンタ色が上手く出ていないかもしれません。

マゼンタ色は見えざる色、神聖な愛、高い精神性を表していると言われています。

見えない色
マゼンタは可視光線のプリズムの一番外側である紫よりもさらに外側にあるとされる色。
可視光線の外だから見えないのですが、すべての色を含んでいる色とされています。
七つのチャクラは身体の中にありますが、八番目のチャクラとして、頭頂のさらに上
に位置する第8チャクラがあり、それがマゼンタ色なのだそうです。第8チャクラは、
神聖な世界とのかかわりがあると言われています。
神聖な愛
ハートのチャクラが表しているピンク色は無条件の愛ですが、マゼンタ色の神聖な愛は、
身近なところに感謝や愛を感じられるエネルギーを持っています。大自然の素晴らしさ
に感動したり、ささやかなことに幸せを感じる力を与えてくれる色です。

Timeless Editionより

マゼンタ色は、優しいピンク色や可愛い桃色とは違って、ハッと目を引く色。

マゼンタ色のバラは人の目を引きつけます。

マゼンタ色のバラを見て、マゼンタ色が表していることを思い返しています。

暇人よね~

バラの季節ですもの・・・

バラと戯れています。


まあ!嬉しい!出てきたのね~

カマキリの赤ちゃんです~
e0288951_195468.jpg


e0288951_1952464.jpg

こちらも元気です。2匹同時に見ましたよ~
e0288951_1961928.jpg

獲物を待ち伏せています
e0288951_197364.jpg

赤バラ3種、シェイクスピア、ベンジャミンブリテン、パパメイアン
e0288951_199333.jpg


e0288951_19114270.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-23 19:17 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

怒りと毒

今日は子供の日です。

ゴールデンウイークも佳境に入りましたね。

お天気に恵まれてお出かけされる方が多いことでしょう。

「出かける」ということの意味を、今頃になって理解しています。

お出かけが出来るうちは、お出かけするのが良いですよ~

自由があるなら、自由を満喫しておきましょう。


有難いことに、ゴールデンウイークに関係なく、

介護サービスはいつも通りにあるのですよ。

今日、火曜日は、朝のヘルパーさん、往診、リハビリ、そしてまた夕方のヘルパーさん・・・

いつも通りのスケジュールでした。

往診の先生は、いつもは看護婦さんを従えて一緒にいらっしゃいますが、

今日は祭日ということもあってか、お一人でした。

いつも通りの診察が終わり、つい、話に花が咲き、

最近聞いたディーパック・チョプラの言葉を思い出して、そのことをお話すると、

長寿の方々は、感情の処理が自然に上手くできているようです・・・と、こうにおっしゃいます。


ディーパック・チョプラの言葉とは、

「怒りや憤りの感情を持つことは、毒を飲んでいるのと同じ」というものです。

単刀直入ですね。

怒りは本当に身体に良くないもののようです。

気を付けなくてはなりませんね。

私たちのマインドは、一日に6万回の思考をしているそうですよ。

毎度毎度、同じ考えをしている可能性もあります。

知らないうちに同じパターンの思考に走っている・・・かもしれません・・・

私も、「チェンジ!」と口では叫びながら、

どんよりとした気分のときもありますからね。

庭に出て、気分転換しましょう。


レディーヒリンドンが咲いていました。
e0288951_18352119.jpg

オダマキ
e0288951_18381287.jpg

花首にハナグモが陣取っていますよ。
e0288951_18512860.jpg

ベンジャミンブリティンの葉にキリギリス
e0288951_18532379.jpg

バラの葉のアオムシは捕っています。
e0288951_18502260.jpg

少しの時間、芝の雑草取りとしました。

アオスジアゲハが飛んで来ましたし、モンシロチョウもやって来ました。

のどかな春の一日・・・

ローゼンドルフシュパリスホープについているカマキリの卵
e0288951_1859337.jpg

ここからたくさんのカマキリの赤ちゃんが出てくるのを待っていま~す。


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ







by gutsuri | 2015-05-05 19:18 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

介護もバラもスピリチュアルも・・・

以前に家族からこのように言われたことがあります。

「生きがいがあっていいね~」

私にとって扶美さんの介護は生きがいのように見えるそうです。

明るく扶美さんに接している様子は、傍で見ていると、

楽しそうで、介護できることを喜んでいるようにも見えるのだとか・・・

扶美さんに接するときには、確かに「明るく生き生きと」なのです。

「私が明るく接すれば扶美さんも明るくなる」ことがわかっていますから、

そのようにしています。

鏡の法則でしたでしょうか・・・

そして、その方が気持ちが良いですからね。

扶美さんの介護が、生きがいかどうかわかりませんが、

「やらなくてはならないことがある」と、

これはやはり、しっかりやろうと思いますよね。

扶美さんを見ていると、

扶美さん自体がまだ、しっかりと日々を暮していますし、

自分でできることは、出来るだけ自分でやろうとする気持ちがまだ残っていますから、

応援できるところは応援しようと思っていますよ。

それが、生きがいなのかどうか・・・

ある意味、生きがいなのかもしれない・・・ですね。

ネットで生きがいを調べると(コトバンクより)
人生の意味や価値など,人の生を鼓舞し,その人の生を根拠づける
ものを広く指す。〈生きていく上でのはりあい〉といった消極的な生きがい
から,〈人生いかに生くべきか〉といった根源的な問いへの〈解〉としての
より積極的な生きがいに至るまで,広がりがある。
生きがいは,漠然とした生の実感としてほとんど当人に無意識に
生きられていく場合と,自覚的に人生の営みに取り込まれる場合とがある。

介護をしていると、

物事を見る目線の位置が異なりますから、

発見は多いのですよ~

当たり前のことが当たり前ではなくなる・・・

そのようなこと、日々の生活の中で、普通は考え付きませんから、

そのような状態を目にして、初めて、そのことに気が付く。

そして、健康とは何かとか、

寿命とは何かとか、

身体の働きや老いについてなど、

今までぼんやりとしか見えていなかったことを、

傍ではっきりと見せてくれる人がいる・・・

最近は、介護って、見えてくるものがあって、退屈しないなあ・・・

という思いがあります。

そのようなところが、家族から見ると、生きがいのように見えたのかもしれません。

でも、介護をしていると、外出が限られるのですよ~

母は自立している部分が残っていますから、

家での私の自由時間はたっぷりありますけどね。

庭仕事をしたいときには、母のことをサッサッと済ませて、

バラを見ています・・・

ブログ名通りに、今の私は、3本の柱で支えられていますね。

介護とバラと、そしてやはり、スピリチュアルにも・・・

そして、最近の発見は、

介護もバラもスピリチュアルも・・・同じだということ・・・

そう思えて来ました・・・・

感覚的なことですけどね。

長寿者がそばに居ると、やはり、面白いですね~

サクラソウ
e0288951_17203790.jpg


e0288951_1721558.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



今日のお客様です。クマンバチもブンブン飛んでいましたが撮れませんでした。
e0288951_17184939.jpg


心と身体
by gutsuri | 2015-04-19 18:55 | スピリチュアル | Trackback | Comments(0)

気が付けば・・・意識して・・・

今朝は、乳酸菌をバラの根元にドボドボと掛けましたよ~

2リットルのペットボトル10本分の乳酸菌を、この小さな場所に撒きました。

リンゴの甘い香りが広がって気分が良いですよ~

あるブログに、興味深いことが書いてありましたので、

今日は、その「興味深いこと」についてです。

私はスピリチュアル的なことに興味を持っていますから、

ブログを書きながら、なるほどなるほど・・・と、

いろいろなサイトやyoutubeを参考にして、自分なりに理解しようと努めています。

理解できたものだけを書いているわけではなくて、

学習しながら書いていることも多々あります。

一回見ただけ聞いただけでは、なかなか消化できないことも多いですからね。

バシャールやエイブラハムのyoutubeなどは、

何度見ても、何度聞いても、発見があり、新たな気付きがあり、面白いと感じています。

日々の暮らしの中では、常にスピリチュアルに沿って、

意識して生活できているかというと、そうとも限りません。

そうできるときもありますし、

忘れているときもありますし、

意識していても出来ない時もあります。

日々の雑事に飲み込まれ、はたと気が付き、我に返ることもありますよね。

ブログを書いて、youtubeを見つけて、「ああ、そうだった~」と思い出し、

そこでまた、学び、

スピリチュアルに深く染まって行けることを願っています。

このような日々の中で、時間があるときに、

いくつかのブログに立ち寄ったり、本を読んだり、サイトやyoutubeを見たりして

スピリチュアルの原点に触れ、気持ちが洗われることもあるのです。

いつも立ち寄っているブログで、

「引き寄せの法則」などで言われている「思いが現実を作る」について書かれてありましたから、

それを引用します。


  多くの場合、ほとんどの人は自分を劣っていると認識しています。
  自分は道に迷っており、何をすればいいのか分かっていないし、
  自分を弱い者として考えています。自分は自由ではないし、どこか
  歪んでいて自信がなく、劣っていると感じています。

  するとどうなると思いますか?
  エネルギーはその通りに、具体的に、文字通りそのようにあなたに
  奉仕します。朝起きてこう言うとします。「あぁ、また同じような1日が
  始まる。また人と競争しなければならないし、緊張やストレスが半端
  じゃない。私は見た目がそんなに良くないし、食べていくのがやっとだ」。
  その瞬間、すべてのエネルギーがあなたの考えるその通りに整列し、
  その日1日をそのように、あなたに文字通り奉仕するのです。


ここでいうエネルギーとはなんなのでしょう・・・

その思いや考えが発している周波数のことでしょうか。

考えていることによって、周波数は異なりますからね。

望む周波数にもっていくためには、

考えることを、選択する必要があるのですね。

望ましい現実を作りたいときには、

頭に浮かぶことをチェックする・・・とか、

意識して考える・・・とか、しなくてはなりませんね~

慣れないうちは、ちょっと大変かもしれません。

それが習慣になると良いのですね。

意識するって、意識していることを意識するのでしょうか・・・

興味深いです~


ムスカリが盛りです
e0288951_19304973.jpg

白いムスカリは咲き始めです
e0288951_19311129.jpg


クリックをお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ





心と身体
by gutsuri | 2015-03-30 19:46 | スピリチュアル | Trackback | Comments(2)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri